2015.07.19

2015.07.18.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト

本日もありがとうございました。

【演奏曲目】
それはスポットライトではない(浅川マキバージョン)
サニー・アフタヌーン(キンクス)
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ビートルズ)
ロックンロール・ジプシー(ジェシ・デイヴィス/三宅伸治)
ノーウーマン、ノークライ(石田長生バージョン)
(以下、「じゅんとまろ(仮)」にて)
サティスファクション(ローリング・ストーンズ)
ヘイヘイ・マイマイ(ニール・ヤング)
ウエイト(石田長生バージョン)

共演の鈴木準二さん、赤崎和幸さん、FATBOYさん、バラダヒロユキさん、アルマナックハウスの鈴木さん。いらしていただいたみなさま、ありがとうございました!

石田長生さん、たくさんの音と言葉とインスピレーションをありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.27

街の小さな本屋さん

いつも行く、近所の街の本屋さん。
今日は、入口付近に小さな子どもたちが集まっていました。

『テレビマガジン』や『コロコロコミック』などの雑誌を数人で見ながら、お気に入りのキャラクターについて、ワイワイ。
お店の中から店員さんが、台車に本を積んでやってくる。
「ちょっとごめんねー、通してねー」

女の子が、店内のポスターに気がつきました。
「あっ、ふなっしー!」
そして、子どもたちは、導かれるように店内へ……。

本屋さんには、子どもが似合う。
うれしくなって、僕もついつい店内へ。
あ、こんな新刊が出てる……。
あ、新潮文庫のフェアに、あの地味だけどとってもいい本が選ばれてる……。
あ、読みたかった本が、文庫になってる……。

しょっちゅう来てるのに、毎日新しい発見がある。
小さな子どもたちなら、もっといろいろなものを見つけるだろうな。

本屋さんには、子どもが似合います。
あの子たち、「今日の一冊」を買ってもらえるといいなあ。
大事に抱えて持って帰って、ドキドキしながら袋をあけてくれるかなあ。

街の本屋さん。
語りだしたら止まらないほど、思い出があります。
生まれた街で。通学した街で。一人暮らしをした街で。ちょっと出かけた街で。

超大型書店じゃ、子どもは迷子になっちゃう。
そんなに高い書棚、子どもには手が届かない。

街にある本屋さんの役割は、とっても大きいと思います。
そういう本屋さんを支える人たちもいます。
僕は、ずっと街の本屋さんの味方でいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.06.20

カチンときた

「カチンとくる」「カチンときた」「カッチーン!」などなどの表現がありますね。
「カチンがきた」「カチンがくる」とはいいませんね。
なぜ「カチン」の後には「と」という助詞しか続かないのでしょう?

「と」が続くということは、「カチン」の他に、もうひとつ何かがある、ということではないでしょうか。

カチンには、妹がいます。「コチン」です。
兄のカチンは、気が短くて、いつもぷりぷりしています。
何かあるたびに、すぐに「カッチーン!」。

妹のコチンは、おおらかな性格で、いつもニコニコしています。
穏やかな心をもっていて、「お兄ちゃん、そんなにカリカリしなくても……」と、いつもなだめています。

腹がたって、兄のカチンが頭から湯気を出しているときでも、たいがい妹のコチンは冷静です。
カチンが現れたとき、かならず近くにコチンもいるのです。

しかし、そんなやさしいコチンも、怒るときがあります。
兄妹が、一緒になって腹をたてるのですから、よほどのことです。

「カチン! コチン!」
は、とんでもない事態なわけです。こうなってしまったら、誰も兄妹をとめることはできません。

誰の中にも、カチンとコチンはいます。
カチンはわかりやすいのですが、コチンは何のためにいるのでしょう?
そこで、人々はコチンに尋ねます。
「きみ、誰と来たの?」
「カチンときた」

だから、「カチンがきた」でも「カチンがくる」でもなく、「カチンときた」なのです。

実はこの兄妹を題材にした、「カチンときた!」というアニメ番組が、昭和の時代に作成されたことがあります。
毎回クライマックスでは、あまりに理不尽な事態に、兄妹が一緒に怒ります。
「カチン! コチン!」
まあ、水戸黄門の印籠のようなものです。

手塚治虫先生も絶賛したというこのアニメ番組、開始直後に打ち切りとなったため、ほとんどの人がその存在を知りません。
なぜ打ち切りになったのか。
残念なことに、キメ台詞の「カチン! コチン!」の中に、放送するのには不適切な単語が隠されていたからです。

幻の名作、「カチンときた!」はいまでは誰も見ることができません。
ただ、「誰の心の中にも、カチンとコチンがいる」ということは、時代を超えた真実なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.24

2015.05.23.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト

本日もありがとうございました。

11265037_1020259298002668_137356220

【演奏曲目】
ロックンロール・ジプシー(ジェシ・デイヴィス/三宅伸治)
それはスポットライトではない(浅川マキバージョン)
愚か者の涙(ローリング・ストーンズ)
明日なき世界(RCサクセション)
アナーキー・イン・2DK(セックス・ピストルズ)
こりゃどうも
(以下、「じゅんとまろ(仮)」にて)
サティスファクション(ローリング・ストーンズ)
ヘイヘイ・マイマイ(ニール・ヤング)
ウエイト(ザ・バンド)

共演の鈴木準二さん、佐藤慶吾さん、アルマナックハウスの鈴木さん。いらしていただいたみなさま、ありがとうございました!
また、共演のYOSHIHIROさんの時間に2曲、リハなしのセッションをさせていただきました。すっごく楽しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.29

2015年4月はじまりの22:00ドラマ

今期も新しいドラマが始まりました。
録画を全部観ることができなままですが、取り急ぎ初回を観た感想を。

【火曜日】戦う!書店ガール(関西テレビ系)
原作は、全部読んでいました。

原作とドラマは、まあ、違ってあたりまえ。
問題は、渡辺麻友みたいな社員が入社してきた場合、どう指導したらいいのか。叱れば辞めるでしょう。ほめたら、「やっぱり自分は正しい!」と突っ走るでしょう。
しかし、彼女のような発想を、上手に従来の仕事の中に取り入れていくのが、上司の腕だと思います。
それにしても、稲森いずみ。22:00ドラマにおける彼女の不幸っぷりときたら、どうでしょう。
医龍-Team Medical Dragon-は、まあいいとして、「雲の階段」「クレオパトラな女たち」「アイシテル〜海容〜」と、なぜここまで男運が悪く、また幸薄いのか。
あなたのまわりにも、稲森いずみはきっといる。

【水曜日】Dr.倫太郎(日本テレビ系)
いまや国民的俳優となった堺雅人。今回は精神科医の役柄です。
よくある「大学病院モノ」のラインに、吉瀬美智子、内田有紀、長塚圭史、松重豊、小日向文世という、盤石の布陣。
一方、何やら訳ありげな新橋の芸者さんラインに、蒼井優、余貴美子。こちらも手ぬかりなし。
22:00ドラマをこのところ、陰で支えている重要な人物、高畑淳子が今後どんな役を演じてくれるのか。期待はそこにかかっていると思います。

【木曜日】医師たちの恋愛事情(フジテレビ系)
今期は大学病院を舞台にしたドラマがかぶっています。かたや、斎藤工と石田ゆり子。
「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」で、なんとなくエッチな俳優さんになっているようですが、いやいや、あのドラマでいちばんエッチだったのは吉瀬美智子ですから。
斎藤工は、「37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜」「最上の命医」と、医者役はお手の物。このたびはどんな医者を演じてくれるのでしょうか。
気になるのは、肉食系女に転じた、相武紗季。平山浩行は、「ディア・シスター」では、好きな女の前では何も言えない、気の弱い男だったのに、すっかりたくましくなっちゃって。

【金曜日】アルジャーノンに花束を(TBS系)
言わずと知れた名作のドラマ化です。

2002年には、ユースケ・サンタマリアと菅野美穂でドラマ化されたいたんですね。観てないけど。
野島伸司脚本ということは、こちらも身構えて観る必要がありそうです。
栗山千明、谷村美月、大政絢といった女優陣に期待します。窪田正孝は、「Nのために」に続いてこの曜日で重要な助演。がんばれー。

浅そうで深いのが「戦う!書店ガール」、安心していられるのが「Dr.倫太郎」でしょうか。
堺雅人、どこまでいくのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.24

ペットボトルのキャップ、どうしますか?

息子たちが通っていた中学校では、生徒会が中心となって(※正確な流れはわかりませんが、つまり生徒たちが主導する形で)ペットボトルのキャップを集めてきました。

わが家では、子どもが卒業したいまも、キャップを取っておく習慣が続いています。
そこへ、このニュース。
ペットボトルふた回収のNPO、ワクチン代寄付滞る

NPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」が、2013年9月以降、キャップの売却益があるにもかかわらず、ワクチン代に寄付していなかったという記事です。
ただし、うちの子たちが通っていた中学校で集めたキャップが、どこへ送られていたのかは、未確認です。
もしかしたら、別の団体に送っていたのかもしれません。

NPOの運営は、大変だと思います。
利益を超えた目的があるとはいえ、団体を維持するためには経費がかかるでしょう。
それがうまくいかなかったのかもしれません。
しかし、全国で「善意」の名のもとに、ボランティア活動を推進してきた子どもたちがいるわけです。
NPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」には、そうした善意のボランティアを行ってきたたくさんの人々に対して、説明責任があると思います。

「ボランティアっていっても、結局大人たちは自分のことしか考えてないじゃん」
と、子どもたちに感じてほしくない。

息子たち、ふたりとも高校ではこのような活動はないようです。
しかし、家庭でキャップを集めるという習慣は、簡単には変えられない。

調べたら、イオンがキャップ回収に取り組んでいるようです。
Index_img004jpg_1829117454

この図を見るかぎり、今回ニュースになったNPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」は経由していないようです。
イオン → リサイクル業者 → 現金がイオンへバック → その現金を3つのNPO法人に提供
という流れ。
今後は、たまったキャップはイオンに持ち込もうかなあ。

そしてもうひとつ。
小学校では、ベルマークを集めていました。月に一回、PTAの役員さんがまとめて、たまったら学校の設備を購入していました(一輪車とかね)。
ファミリーマートのおにぎりにはベルマークがついている

とっくに小学校は卒業したのですが、ベルマーク集めの習慣は変えられません。
いまでもベルマーク、集めています。
たまったベルマークは、ファミリーマートに持っていきます。
自分の子どもたちが通った学校にわたるとはかぎりませんが、どこかの学校の役に立てばうれしい。

キャップもベルマークも、それ自体が問題なわけじゃない。
たまたま、キャップの回収をしていたNPOのひとつがワクチンに変えられなかったのだ、と理解しています。

このニュースで、ボランティアとか、ちょっとした社会貢献などを、疑ってしまう人たちがいるとイヤだな。
ちゃんとしてるところも、あるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.20

助演(脇役)に観る2015年1月はじまりの22:00ドラマ

すみません。今ごろになって、ようやく2015年1月始まりのテレビドラマの録画をようやく観終わりました……。
もう、4月の新ドラマ始まってるし……。

最終回まで観終えた印象として、とくに助演(脇役)にスポットをあてて、振り返ってみます。

【火曜日】銭の戦争(関西テレビ系)
主演は草なぎ剛。この人は、キムタクよりずっと幅広い演技ができます。
大島優子も、渡部篤郎も、大杉蓮も置いといて、木村文乃に注目。
「蜜の味~A Taste Of Honey~」、「黒の女教師」、「雲の階段」、「明日、ママがいない」、「素敵な選TAXI」と、22:00ドラマでは重要な役柄をこなしてきた木村文乃。
今作でも、お金持ちでありながら悩める令嬢というはまり役を淡々とこなします。
大島優子が「ヘビー・ローテーション」を歌っていた頃から、木村文乃は、金持ちで鼻持ちのならないお嬢を、淡々とやっていたのです。木村文乃の前に貧乏なく、木村文乃の後に貧乏なし。

【水曜日】○○妻(日テレ系)
家政婦のミタ」のスタッフが再結集したそうです。音楽が特徴的。ドラマにおける、音響効果がいかに重要か。
「家政婦のミタ」で、斉藤和義のギターイントロが効果的に使われていましたが、今作では椎名林檎。「おねがい~♪」のメロディだけでメロメロよ。
注目したいのは、蓮沸美紗子。「独身貴族」、「夜のせんせい」に続いての22:00ドラマ降臨。
いまや、町を歩けば「蓮沸風ガール」だらけだ。鳥取県鳥取市出身とういうこともあって、応援しちゃうよ。がんばれ、次は主役だ!

【木曜日】問題のあるレストラン(フジテレビ系)
真木よう子主演とくれば、黙ってても応援するのですが、ちょっと前半もたついたかなー。
本作の助演賞は、もちろん安田顕でしょう。女装好きなゲイのパティシエ。明らかに、出演メンバーの中で一番美しい。すばらしいわ。ブラボー!
二階堂ふみはもちろん、松岡茉優、高畑充希は「めっけもの」。これからどんどん有名になっていくことでしょう。がんばれー。

【金曜日】ウロボロス〜この愛こそ、正義。(TBS系)
生田斗真が原作のファンで、小栗旬に共演を持ちかけたそうです。
上野樹里が、いつ「のだめ」になってくれるのかと楽しみにしていましたが、結局いつものままでした。
助演賞は、、滝藤賢一でも吉田羊でもよかったんですが(あ、広末涼子は別格ね)、ここはあえて田村小夏役の清野菜名に注目しておきましょう。「素敵な選TAXI」では元レディースを演じていました。
最終回直前に突然の存在感。忘れられていたのか、忘れられていなかったのか。微妙な役柄。アクションシーンが得意なようなので、どうぞ今後もごひいきに。

というわけで、今期は「最終回まで観終わってからの」感想になってしまいました。
案外引き込まれたのが、「銭の戦争」。「○○妻」の柴咲コウくらい無印良品のボーダーシャツが似合う人になりたい……というのが総評です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.15

高校生になった次男の動向

次男が晴れて高校生になりました。
中学の進路選びで伝えたことは、長男と同じ。
「高校に入って、何がしたいのか、よく考えて。なんとなく高校生になるのと、”高校生になったら、これをやる!”と決めて受験勉強をするのでは、意味が違う。何がしたいのか、3年間でどうなりたいのか、よく考えて具体的にしてごらん」

長男はシンプル。
「バンドと、バイトがしたい」
バイトが許される公立高校を選びました。
そして、面接をいくつも落ちたうえで、1年生の夏前にようやくバイトが決まりました。
バイト先には、ほとんど年上の人ばかり。少し年上の大学生や、プータロー、外国人の人とも一緒に働きました。
それが、彼にとってはとてもよかったと思います。

さて、次男は、やはり「バイトとバンド」。さらには「将来は海外に通じる人間になりたい」。
国際教養科のある学校を自分でさがして、無事に合格しました。

入学式から一週間も経たないのに、バイトの面接に行きました。
スーパーの精肉担当。すぐに面接に行き、無事に採用になりました。
もちろん、すぐに肉に触れるわけではないので、これから研修を受けて、レジ打ちと品出しが主な仕事になりそうです。

そしてバンド。軽音楽部に入部するや否や、すぐに気の合う、というか「手の合いそうな」先輩が見つかったそうです。
今週は、さっそく彼らとはじめて練習スタジオに入りました。
ジャズ系ライブハウスのセッションに毎週参加しているというドラムの先輩(2年生)。
そして、その先輩が連れてきたギタリスト(3年生)は、なんと長男とバンドを組んだことがあったそうです。
「世間は狭いねぇ」

学校には、でかいベースをかついで登校しています。
すると、やはり目立つので、いろんな人から声をかけらるそうです。
今日は、教室練習で、初対面の先輩たちと音を出してきたそうな。

なんなんだろう。彼の行動力と、出会いを引き寄せる力は。
入学して、10日も経ってないのに。
やっぱり、やりたいことをはっきりさせて、ビジョンを明確にしておくと、叶うのね。

長男のときと同じく、高校生になったらお弁当は自分で詰めてもらいます。
だって、毎日僕がお弁当をつくるって、無理だと思うもん。
それに、どうせ文句言うし。
「じゃあ、自分で好きなものを持ってってちょうだい。お兄ちゃんもそうだったんだから」

これからの3年間、彼はいままでより、はるかに多くの人と出会い、さまざまな経験を積むことでしょう。
親が言うのもヘンだけど、どうなるのか、楽しみです。

英語は勉強しとけ。
あと、第二外国語も。
ベースかついで、世界に飛び出せ!
……ってのは、親の勝手な思い込み。
彼が自分で、道を選ぶことでしょう。

「ジャコ・パストリアス、意外に弾けるよ」なーんて生意気を言っていましたが、最近になって、「やっぱ、ジャコはすごい!」と言い出しました。
高校受験の間は、ずっとチャーリー・ミンガスと、レイ・チャールズをBGMにしてたしな。
どんなことをしでかすのかなー。
ワクワク。

しかしオレ、いつの間にか、子どもに依存している。
子離れに向けて心の準備をしないと。
誕生日には、ジャコ・パストリアスのCDを買ってやろう。親バカ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.03.21

2015.03.21.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト

本日もありがとうございました。

11066024_987270374634894_7026025454
腰痛をうったえるワタクシ。

セットリストです。

【演奏曲目】
ロックンロール・ジプシー(ジェシ・デイヴィス/三宅伸治)
それはスポットライトではない(浅川マキバージョン)
ワイルドサイドを歩け(ルー・リード)
素晴らしきこの世界(真心ブラザーズ)
思ってみない世界へ(松阿彌靖)
こりゃどうも
(以下、「じゅんとまろ(仮)」にて)
サティスファクション(ローリング・ストーンズ)
ヘイヘイ・マイマイ(ニール・ヤング)
ウエイト(ザ・バンド)

共演の鈴木準二さん、TMラスさん、アルマナックハウスの鈴木さん。いらしていただいたみなさま、中には遠方からの来客も。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.04

親子でKISS

今日、2015.03.03.は、東京ドームでKISSを観てきました。
昨年末のサンタクロースさんがプレゼントしてくれたチケットで、息子たち二人と。

14378_799278273479960_9205338794508

ゲストのももクロ、がんばっていたと思います。
KISS側も、ももクロがアウェイにならないように気を遣ったんじゃないかな。
しかし、ももクロ、ちっちゃい。いや、KISSがでかいのか。

ステージは、もう、いつもと同じ。
ジーンが天井に昇り、火を吹き、血を吐き。
ポールがワイヤーで一気にドーム中央までロープウエイ。
ギターから火が出て、ドラムセットがせりあがって、紙吹雪がこれでもかと舞い降りる。
たぶん、ずっと同じ。

もう11回目の来日なのだそうです。へえ。
今日の演奏は、知らない曲と知ってる曲が適度にまざってて、ちょうどよかったんじゃないかな。
息子たちが「パラサイト、よかったね」って言っててびっくり。地味な曲だよね?

これで、息子たちとは、ローリング・ストーンズとKISSを一緒に観ることができました。
KISSは、やっぱり子どもにみせときたいじゃん? 早いうちに。
そう思うのは、僕だけ?
いやあ、KISSを観て育った子は、まっすぐに育つと思うなー。

調べてみたら、2008.08.24.に「KISS世襲制問題を考える」というブログ記事を書いていました。
うん、やっぱりそうだと思う。
KISSは襲名制でいい。
ボリショイ・サーカスとかと、同じくくりでも、もういいと思う。

それより、いつか観られなくなることのほうがイヤだ。
案外、ももクロが跡目を……と思ったけど、ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«フェンダー・ジャズ・ベース