2016.09.20

活字のチェイサー

活字に関わる仕事をしています。

だいたい、7万文字から10万文字くらいの文字を、ワープロソフトや出力した紙で、
チェックしたり、書き換えたり、構成を入れ替えたり、
場合によっては、取材音声を起こした文字データを整理したり。

何日もその作業を繰り返していると、たぶん脳が活字の脳になるんでしょう。
寝る前とか、仕事に取り掛かる前とかに、全然関係ない内容の活字が読みたくなるのです。

最近気がついたのですが、これって「チェイサー」なのではないか。
強い酒を飲むときに、ウイスキーなら水、電気ブランならビールを一緒に飲みます。
あれと同じじゃないか。

長年お気に入りの「チェイサー」は『週刊プロレス』です。
毎週発売日に、同じ本屋さんで買って、仕事の合間に読みます。
『週刊プロレス』は首都圏では水曜日発売。
仕事がはかどらないときは、ついつい『週刊プロレス』を読み込んでしまうので、金曜日くらいに全部読み終わります。
仕事が順調に進んでいるときは、次号発売日くらいに読み終わったりします。

しかし、『週刊プロレス』は、なかなかクセの強い文章が多い雑誌なので、並行して何かの単行本とか、コミックとかを読みます。
つまり、常に同時進行で3冊くらいの文字に触れていることになります。

たまに本屋さんをゆっくり眺めると、読んでみたい本が多すぎて困ることがあります。
いくら「チェイサー」とはいっても、そんなに量が読めるわけではありません。
なにしろ、『週刊プロレス』は全部読まなきゃなりませんから。

「今月中に読める分だけしか買わないようにしよう……」
最近はそう考えるようにしています。
少し前までは、「出会ったときに買っとかなきゃ、次にいつ会えるかわからない」と、本代はケチらなかったのですが、さすがにそのツケがまわってきて、本棚があふれました。

いまは、アマゾンの「ほしいものリスト」に入れとけば忘れないので、便利になりました。

「チェイサー読み」って、案外みんなやってるんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?

とりあえず、「なにかチェイサー的な活字がほしい!」という方がいらっしゃいましたら、まず『週刊プロレス』をおすすめします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.08.01

2016.07.31.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト

本日もありがとうございました。
新ボーカル「ゆき」ちゃんを迎え、構成は「青い三角定規」と同じです。

【演奏曲目】
風が強い日(ザ・ストリート・スライダーズ)
サニー・アフタヌーン(キンクス)
ペイン・イン・マイ・ハート(オーティス・レディング)
マイ・ジェネレーション(ザ・フー)with Charlie
サティスファクション(ザ・ローリング・ストーン)with Charlie
ヘイヘイ・マイマイ(ニール・ヤング)じゅんとまろ(仮)
愛は花、君はその種子(ベット・ミドラー)薄青い三角定規(仮)
ウエイト(ザ・バンド/石田長生)薄青い三角定規(仮)

共演の鈴木準二さん、益山ゆきさん、ボギーさん、茶柱吾朗さん、池原悠仁さん、アルマナックハウスの鈴木さん(ハッピーバースディ!)。いらしていただいたみなさま。ありがとうございました!

13879304_511730375704887_3560566605

当日のライブから、「サニー・アフタヌーン」音源です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.06.18

ドラマ「重版出来!」が終わってしまった

火曜日のテレビドラマ「重版出来!」が終わった。
実に、泣かされた。

かつて出版社の営業マンだった身として。
「じゅうはん、しゅったい」とは言わなかったなー。「じゅうはん、でき」だった。

自分が責任者として重版を決定するのは、責任も伴ったけれど(売れ残ったらどうしよう……)、やっぱり編集者や他の営業マンや、著者と喜びを分かち合い、「よっしゃ、もっと売るぞ!」という高揚感に包まれる、幸せな瞬間だった。

生瀬勝久演じる営業部長は、そのあたりの裏腹さが感じられる、いい人だった。
刷ったからには、全部出荷する。その覚悟と裏付けがあって、なおかつ「売れる!」という確信がなければならない。
要するに、バクチ。プロのバクチだ。

1000部がいいのか、3000部がいいのか、5000部がいいのか、20000部がいいのか。
終わってみないと正解はわからない。
でも、刷った責任はあるから、返品の山ができたら、断裁処分する前になんとかもう一回市場に売り出すチャンスはないか、常に考えていた。

高田純次社長が、返品本の断裁処分の現場に立ち会うシーンに心を打たれた。そうなんだよなー。
ちなみに、現実の僕の会社の社長は、返品の山を目の当たりにして、「これ全部、印税もう払っちゃってるんだよなー、もったいないなー」と考え、「実売印税」という当時は珍しかったシステムを編み出した。すげー。

ドラマの中で、ライバル社の営業マンが勝手に棚の本を動かして、自社の本を目立つところに動かすシーンがあった。
僕は、著者にそれをやられた。
複数の書店から、「ある本が、売り場の中で勝手に動かされている」という連絡を受けた。担当編集者に問い詰めたが「自分の会社の著者を疑うんですか!」と開き直られて、いったん引いた。
それが悪かった。やっぱり、犯人は著者だった。
全国でも有数の某書店担当者が激怒した。呼び出され、「出版社として著者の教育ができていない!」と怒られた。ペナルティとして半年間、そのフロアにはわが社の本は(その著者の本以外も)まったく置いてもらえなかった。
それだけ「やってはいけないこと」なのだ。

10年以上前、たまたま本が売れた女性経済評論家が、自分の本の中で「私は書くこと以上に本を売ることを考えている。ひまがあれば書店に行って、手書きのPOPを渡してきている」と得意気に書いた。
いっせいに日本中の著者が真似をして、いまもそれがあたりまえのようになっている。
こわいこわい。
坂口健太郎、生瀬勝久の真剣さを、わかってほしい。

また、坂口健太郎がライバル社に負けまいと、「著者のサイン色紙を書店に渡したい!」と言い出したけれど、ひっこめたところも見どころでした。
「戦う相手を間違えていました」
深い。
「POPを持ってくるから置いてくれ」「ポスター作ってくるから置いてくれ」って、なんて簡単で浅はかな営業方法だろう。まあ、よっぽど人気のある著者ならわかるけど。

などなど、つい力が入ってしまうのですが、なかなか理解しにくい出版業界のさまざまな面に光を当てる原作本を、殺すことなく、うまーく料理したドラマだったと思います。
ふうー、黒木華ロス。

原作本で、一番好きなシーン。
Images


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.06

2016.06.05.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト

日曜日のライブでした。
本日もありがとうございました。

【演奏曲目】
マイ・ジェネレーション(ザ・フー)
サニー・アフタヌーン(キンクス)
ペイン・イン・マイ・ハート(オーティス・レディング)
Oh! Baby(RCサクセション)
思ってもみない世界へ(松阿彌靖)
ヘイヘイ・マイマイ(ニール・ヤング)★
ウエイト(ザ・バンド/石田長生)★

★印は。「じゅんとまろ(仮)」にて。

共演の鈴木準二さん、 川端深雪さん、西村卓也さん、アルマナックハウスの鈴木さん。いらしていただいたみなさま。ありがとうございました!

20160605


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.05

2016年4月始まりの22:00ドラマ

今期はまじめに(?)観ています。
というのも、定期観察しているドラマ枠に、火曜日「重版出来!」が重なったから。
週に5日ドラマを観ることになります。

【火曜日】僕のヤバイ妻(フジテレビ系)
初回2時間でスタートした、サスペンスというか、なんというか。
伊藤英明、木村佳乃、相武紗季、宮迫博之、佐藤隆太、佐々木蔵之介……。これだけ芸達者な人たち(一部除く?)が出ていて、誰にも共感できず、これといった魅力も感じず。
ただ、「被害者のはずだった妻が、実は首謀者だった」というどんでん返しを早々に使ってしまって、残りをどう展開するのか。そこだけは気になります。

【水曜日】世界一難しい恋(日本テレビ系)
大野智と、いまをときめく波瑠による、恋愛もの。
しかし。決め手は小池栄子だった! すばらしい。そういえば、「好きな女優さんは誰?」と聞かれると「永作博美」と答えてきましたが、小池栄子も好きです。ひとり舞台を見に行きました。そうだったそうだった。
もう、今後の展開で、大野智が波瑠に相手にしてもらえず、結局小池栄子と結婚する、っていう話になっても許せるくらい。
毎週水曜日の夜には、あちこちから「波瑠より小池栄子のほうがいいじゃん!」というつぶやきが聞こえてきそうです。すばらしい。
Images

【木曜日】早子先生、結婚するって本当ですか?(フジテレビ系)
松下奈緒(劇中年齢34歳)の、コンカツもの。小学校の先生という、松下奈緒にお似合いの役なのだから、もっと学校内の場面があってもいいような気がします。
でも、学校の同僚に、貫地谷しほり、八嶋智人、小芝風花がいるので、許します。
松下奈緒が暮らしている実家は、豆腐屋さんで(立木豆富店)、お父さんが尾藤イサオ、お母さんが松坂慶子。
主人公の年齢・職業と、実家暮らしという環境。これが金曜日のドラマとの大きな違いになっています。

【金曜日】私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(TBS系)
タイトルの「私」と「結婚」の間は、半角アキです。変なの。普通「、」を入れるでしょ。あ、後でもう一回「、」があるのか。
中谷美紀様が22:00ドラマに降臨なさいました! いつ以来? なんということでしょう。
中谷美紀の劇中年齢が、39歳。開業した美容皮膚科医で、院長。高級マンションにひとり暮らし。母親が、着物を着て高級そうなお菓子を携える夏木マリ。どうですか、木曜日のコンカツものとの違い。
いまのところ、これといったドラマチックな展開のないドラマ。藤木直人が、いつものクールな役で(これしかできない)、ビシビシと指南するコンカツ・テクニックが、女子にウケるかどうかでしょう。僕にはウケませんでした。
毎回出てくる大政絢を楽しみに、修行を重ねます。

やっぱり、水曜日の小池栄子。杉本哲太の社長付き運転手も、いい感じだし。
火曜日に重なってしまった「重版出来!」については、あらためて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.21

2016年1月始まりの22:00ドラマ

録画を見るのが追いつきません。
もう終わってしまいましたが、22:00ドラマの感想です。

【火曜日】お義父さんと呼ばせて(フジテレビ系)
遠藤憲一、渡部篤郎の二大巨頭に、蓮佛美沙子がからみます。
僕が思う、理想的な22:00ドラマ。要するにファミリー・コメディです。
時間帯のせいで、社会的な問題をはらむドラマが多い中(警察モノ、病院モノなど)、これといった大きなテーマもなく、ただ淡々と家族を描く……ドラマってそれでいいんじゃないか。
和久井映見って、僕にとって「川口顔」の典型。川口に行くと、あんな顔の美人がたくさんいる。かもしれない。

【水曜日】ヒガンバナ~警視庁捜査七課~(日本テレビ系)
いちばん感じるのは、YOUの重要さ。女性5人だけでつくられた捜査課。こういうときに、YOUが必要。ひとりいるだけで、女子グループができあがります。すごいぞ、YOU。
このドラマの本当の主役は、堀北真希でも大地真央でもなく、檀れいだと思う。いまどき「そ、そ、そんなことを言われても!」などという、セリフの頭でどもる演技なんて、なかなか観ることがありません。
女子に人気がなさそうな壇れい。金麦のコマーシャルって、女性の9割が「けっ!」と思っているのではないでしょうか。
そんな檀れいを救うのが、このドラマの裏のテーマです。
男性陣では、平山浩行。この時間帯に出ずっぱり。いい感じです。

【木曜日】ナオミとカナコ(フジテレビ系)
もう、なんといっても高畑淳子でしょう。もともとこの時間帯のドラマには欠かせない女優さんなのですが、今回は突き抜けています。
Index2
すばらしすぎる! そして、広末涼子も内田有紀も、吉田羊も佐藤隆太も、全部食ってしまいました。サスペンスなのに、「リ社長」が出てくるのが楽しみで楽しみで。
しかし、広末涼子はアカンなあ。映画「おくりびと」で見直したんですが、やっぱりドラマでの演技はダメダメ。いわゆる「キムタク・タイプ」。どのドラマでも同じ演技。「リ社長」を見習ってほしいものです。

【金曜日】わたしを離さないで(TBS系)
過去に映画化、舞台化されている作品。演出から音楽から、不穏な空気が漂い続けました。
幼少時代の話が長すぎませんか? だんだん、どうでもよくなってきませんでしたか? 僕はなりました。
綾瀬はるかを、こういうふうに浪費してはいけないと思います。
しかし、水川あさみは、こういう「嫉妬深くて意地悪な女」が似あいますねー。普通の役をやっていても「こいつ、腹の中は黒いんじゃないか」と思っちゃいますもんね。女性の感想を聞いてみたいものです。

僕の好みとしては「お義父さんと呼ばせて」なんですが、やはり高畑淳子の「ナオミとカナコ」が一番でしょうか。
吉田羊も怖かったし。
最後に、羊さんのブログより、「アケミとヨウコ」の写真を。
Index

「リンサンワ、ミツ・ニュウコクシャ、テシタ」が耳にこびりついて、離れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.11

2016.04.10.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト

日曜日のライブでした。
本日もありがとうございました。

【演奏曲目】
マイ・ジェネレーション(ザ・フー)
ガソリン・アレイ(ロッド・スチュワート)
ロックンロール・ジプシー(ジェシ・デイビス/三宅伸治)
ペイン・イン・マイ・ハート(オーティス・レディング)
ノー・ウーマン・ノー・クライ(ボブ・マーリィ/石田長生)★
ヘイヘイ・マイマイ(ニール・ヤング)★
ウエイト(ザ・バンド/石田長生)★

★印は。「じゅんとまろ(仮)」にて。

共演の鈴木準二さん、 ボギーさん、はたのようじさん、そしてアルマナックハウスの鈴木さん。いらしていただいたみなさま。ありがとうございました!

12985350_990779094333547_408220255912938114_1024088190998966_562278021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.08

今日中に治せよ、こら

高1の次男は、今日は学校お休み。卒業式のため、1年生は休み。

朝からうだうだしてるな、と思っていたら、「具合が悪い」と。
熱を測ったら、38.4℃。ダメじゃん。

近所の病院が開いていることがわかり、すぐに行かせました。
そしたら、恐縮なことに先生から電話がありました。
「インフルエンザはいまのところ反応がありません。これから出るかもしれないけど」
「肺、腎臓の検査もしました。異状ありません」
「なので、抗生剤と風邪薬、解熱剤を出しますので、一日様子をみてください」
わざわざ電話で親に説明してくれるなんて、びっくり。
いや、次男がまだまだ子どもに見えるのか。
JRに子ども料金で乗れるかもしれない、まだ。

実は彼の高校の期末試験は明日から。
「インフルエンザだったら、免除になったのになー」
こらこら、そういう問題じゃない。

買ってきたサンドイッチを食べて薬を飲んで横になった息子に、気がついたら言っていた言葉。

「こら、今日中に治せよ。わかってんだろうな」

口に出してびっくり。こりゃ病人にかける言葉じゃないよな。

「大丈夫? 無理しないで、よく寝るんだよ」
とか言うべきなのか?

でも、
「家に寝ていられるのもうっとうしいから、さっさと直してとっとと学校へ行ってくれ!」
というのも本心だ。

言い方の問題というのもありますね。これじゃ、チンピラだ。
しかし、
「よく休んで、今日中に治しなさいよ」
では、インパクトがないというか、聞いてもらえないような気もする。あまりにも当たり前すぎて。

「おいこら。今日中に治せよ、こら」
長州力が言いそうな、この口調が、いちばんぴったりくるような気がするなー。

そのへん、どうなんでしょう?
まあ、親がどういう言い方をしようと、治るものは治るし、治らないものは治らない。
でもなー。
親として、どうなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.20

今ごろになって、2015年10月始まりの22:00ドラマ

ほんと、すみません。いまごろになって。ようやく年内の録画を見終わりました。

【火曜日】サイレーン 刑事×彼女×完全悪女(フジテレビ系)
松坂桃李と木村文乃主演の、アクションサスペンス。
木村文乃は、「あやの」じゃなくて「ふみの」だったんですね。今まで間違えててごめんなさい。
やはり見どころは、菜々緒なんでしょう。こわいー。アクションシーンも違和感はありません。
しかし、マンガが原作で、「オリジナルとは違うエンディング」をうたっちゃったせいか、後半のどんでん返しに続くどんでん返しには、ちょっとついていくのが大変でした。「整形手術で別人になりかわる」っていう設定は、一回だけにしようよー。
山口紗弥加についてはのちほど。
でも、毎回楽しめました。「里見くんの家に、頭向けます!」

【水曜日】偽装の夫婦(日テレ系)
天海祐希と沢村一樹主演。たしかに沢村一樹って、ちょっとゲイっぽく見えるもんなー。
工藤阿須加はこのところ、この時間帯のドラマにでまくってます。次は朝ドラか?
いちばんよかったのは、キムラ緑子かなー。天海祐希、今回はちょっと残念。
このドラマも、終盤でどんでん返しのどんでん返し。
うーん。少なくとも僕は、ここまでドラマチックな展開は求めてないかなー。静かに眠りたい。

【木曜日】オトナ女子(フジテレビ系)
アラフォー恋愛もので、篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽と揃ったら、そりゃ期待しますよね。
しかし。案外誰にもそそられず。
それよりも、谷原章介、江口洋介、平山浩行、丸山智己という、いかにも22:00ドラマな男性陣が印象に残りました。さすが谷原。さすが江口。
千葉雄大くんも、この時間帯でちょこちょこ見かけます。頼むよ。谷原の後は、千葉が継げ。朝ドラに行くな。

【金曜日】コウノドリ(TBS系)
原作がマンガ。読んでませんが、読みたくなりました。
NICU(新生児集中治療管理室)のネタはダメー! 長男が一時期入っていたこともあって、泣ける泣ける。
綾野剛演じるコウノドリ先生、どんな場面でも、どんな相手にでも、ていねいな話し方を崩しません。「四宮、この患者さんは4年前の患者さんとはちがうよ!」。手術中も丁寧語。でも、それがいいんですよね。
小栗旬はじめ、毎回のゲストも豪勢。吉田羊もブレイクしていますね。
松岡茉優、かわいいのに、なぜか思い入れがもてないのは、やっぱりNTT東日本のCMのせいだと思う。罪作りだなー、社長!
地味ですが、清野菜名がちゃくちゃくとセリフを増やしています。目指せ、21:00。朝ドラは、まだいい。


今クールの注目は、火曜日の「サイレーン」と、金曜日の「コウノドリ」に出演していた山口紗弥加。これまでにも22:00ドラマに出ているんですが、今クールでキャラが定まりました。このまま行ってくれー。君も、朝ドラはまだいい。
Index


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.06

ンバヤ・ンバヤ・マハトバ!

毎朝寒いですね。布団は温かいですね。冬ですもんね。

次男は毎朝06:30起床。いちばん早起きしなくてはなりません。
が、寒いもんですから、なかなか起きられません。

今朝、僕が先に起きて、トイレに行って、温水器のスイッチを入れて、昨夜の食器の残りを洗い、朝食の準備をして、して、して、でも起きてきません。

「起きなさい! もうすぐ7時になるよ!」
起きません。

そのとき、ふと頭をよぎったのです。

彼はどうせ半分眠っている状態。ろくに僕の言葉など聞いちゃいないでしょう。
そして、この時間のこのタイミングで、自分に何を言われているのか(早く起きなさい!)、たぶん状況的に分かると思うのです。
わかっちゃいるけど、布団から出られないだけなのです。

なら。
別にイライラした声で「早く起きなさい!」と何度も言う必要はないのではないでしょうか。
「何かの声」を発しただけで、彼には僕が言いたいことは伝わるのではないでしょうか。

で、やってみました。
「ンバヤ・ンバヤ・マハトバ!」(スワヒリ語で「朝だよ」の意)

反応がありません。
2分後にもう一回。
「ンバヤ・ンバヤ・マハトバ!」

「ん、わか……った」
かすかな反応がありました。

さらに2分後。
「ンバヤ・ンバヤ・マハトバ!」

「わか……った。起きるよ……」
起きてきました!

この時期、子どもを起こすのに苦労する親は多いと思います。
「いいかげん、起きなさい!」
「遅刻するよ!」
「いつまで寝てるの!」
子どもを責めてもしょうがない。親の小言よりも、温かい布団のほうが魅力的に決まっています。
そんなときは、魔法の言葉。
「ンバヤ・ンバヤ・マハトバ!」
これです。
「朝から小言を言ってしまった……」
そんな、若干嫌な気分にならなくても、通じるのです。

ビバ、スワヒリ語!
……正しいスワヒリ語だとしたらですけどね。もちろん出まかせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016.01.30.ライブ@市川真間アルマナックハウス、セットリスト