« 冷たい雨 | トップページ | ジョンレノンの歳を超えてしまった »

2005.03.26

憂歌団について

憂歌団のすごさについてブログに書いておきたくてCDラックを漁ったのですが、実はほとんどCDを持っていないことに気がつきました。学生時代、ほとんどのアルバムをダビングしたカセットテープで聴いていたのでした。申し訳ない。でもお金もなかったんだよ。

ライブによく通うようになったのは、かえって東京に来てからです。九段会館、渋谷クアトロ…。「忘年会ライブ」に毎年通ってた時期もありました。

「嫌んなった」「おそうじオバチャン」など以前から聴いたことはありましたが、一番衝撃を受けたのはファーストアルバム「憂歌団」に入っている「シカゴバウンド」でした。

仕事をやって金を貯めてピストル買うんだ
ピストル買って頭めがけぶち抜こうと思ったけど

木村秀勝(今は木村充輝)のあの独特の歌声が、明日どうなるかわからない、アパート暮らしの地方出身プータローの胸に突き刺さりました。
内田勘太郎のギターは神業のようで、でもいつも木村の歌をサポートしていて、ボーカルを聴かせるためのギターなんだな、と強く感じました。

初期の名曲は数え上げればキリがありませんが、実はその後の歌も大好きです。
気分」収録の「ナイフ」「どす黒いやつ」「ザ・エン歌」、「Big Town,Small Hands」収録の「キスに願いを」、そして「胸が痛い」。

あの頃知らずに生きてたこんな淋しさ
知らないままでずっといられたらよかった
胸が痛い 胸が痛い 救け出してくれここから
胸が痛い 胸が痛い せつな過ぎてうずくまる

ライブで聴く「胸が痛い」ではいつも思わず目を閉じてしまいます。僕の中のどこかにいまだにある、青臭くて切ない部分に歌声が直接飛び込んでくる。耳からだけでなく、体中で歌を感じてしまう。シングルヒットを狙った曲なのかもしれませんが(事実、当時のカラオケには入ってたんだよね、この歌。でもとても素人が歌えるようなうたではありません)、とても清らかで純粋な歌。大好きです。

今はメンバーは各々で活動されているようです。でもぜひ、木村・内田・花岡・島田の4人の憂歌団をまた見たいと思います。強く願います。

比較的入手しやすそうなベストアルバムは、あえてライブ盤を紹介します。→ UKADAN LIVE’89~

一冊だけ本が出てます。メンバーへのインタビューや他のミュージシャンのコメント、シカゴ遠征日記など、中身の濃い本です。売らないもんね~。 憂歌団DELUXE

1989年発売のライブビデオがインターネットで配信・販売されています。http://www.showtime.jp/music/ukadan/

|

« 冷たい雨 | トップページ | ジョンレノンの歳を超えてしまった »

コメント

初めまして。
ワタシが憂歌団の初体験は「生聞59分」でした。10$の恋でノックアウトされ、ステイウィズフォーエバーでダウンしました。

投稿: しゅうきち | 2005.03.28 21:32

しゅうきちさん、コメントありがとうございます。「10$の恋」僕も好きです。甲斐よしひろがソロアルバム「翼あるもの」で歌ってましたね。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008NKB0/

投稿: まろ | 2005.03.28 23:20

イントロで歌入りのタイミングを間違えて、カウントから録り直したテイクですね。持っています、愛聴盤の一つです。

投稿: しゅうきち | 2005.03.29 07:04

シカゴバウンド、で反応してしまったよ。
「胸が痛い」は、聞くたびに胸がいっぱいになります。
シカゴバウンド、あの赤ちゃんサングラスのCDは、アメリカで無性に聞きたくなりました。

投稿: SHOKO | 2005.03.29 23:59

SHOKOさん、コメントありがとう。やっぱりシカゴバウンド、みんなの心を打つ歌ですね。

投稿: まろ | 2005.03.30 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/3439772

この記事へのトラックバック一覧です: 憂歌団について:

« 冷たい雨 | トップページ | ジョンレノンの歳を超えてしまった »