« 入院日記(3)~鼻からチューブ | トップページ | 入院日記(5)~手術が終わって »

2005.04.21

入院日記(4)~手術前夜

4/3(日)
06:00起床。やはりワイヤーで鼻、のどに異物感。PMにやっとワイヤーとれました。

看護婦さんから手術の説明。準備するもの:和式寝巻き、ティシュペーパー2箱、洗面用具。
手術前日にすること:除毛、おへその汚れをとる(!)、入浴・洗髪、爪きり、夕刻下剤を飲み、夜浣腸。
手術当日朝にすること:歯磨き、血圧・体温・脈拍測定、着替え、鼻から胃へチューブ入れ、麻酔がかかりやすくなる筋肉注射。
手術室ですること:腰椎麻酔(背骨の中央あたりに細いチューブを入れる)、全身麻酔(吸入マスクで)、膀胱に管を入れる。
手術後数日は集中治療室に入るそうです。手術後は、胃チューブ、点滴、尿管が入っている状態になります。


4/4(月)
06:00起床。08:00すぎ売店へ新聞を買いに行く。ここまで毎日新聞を買ってるんですが、病院にいると日曜日と月曜日の違いがあまりありません。ちょっと感慨深い。

10:30、きました、剃毛。さあ、思う存分剃ってくれ! ベッドに寝たまま、まずはハサミで荒く刈っていきます。胸から足の付け根までと両腕。その後石鹸をつけて電気かみそりで剃る剃る。でもあんまりきれいには剃れないね。床屋さんなら怒るね。
点滴がいったんはずれました。次はもう手術用の太い点滴に変わるそうです。

絶食して6日目に突入ですが、飢餓感はそんなにありません。時々「あ、腹減った」と思うことはありますが長くは続きません。ただ入院後ずっとだるく、36.8~37.5度の微熱が続いています。血圧もいつもより低く、上が100を超えません。絶食と関係あるのかな?
12:30入浴。ゆっくりヒゲを剃りました。

18:00、妻、姉立会いで先生から手術の説明。
「食道の筋管に切開を置き、その部分を覆うように胃の組織でえりまき状にふたをして縫合します(食道の一部が固まって動かないので、その部分に数センチたてに切れ目を入れ、近くの胃を持ってきてふたをします)」
「腹腔鏡下手術で、まず臍の下を切り、あとは状況に応じて腹部に5ヶ所程度を数箇所切ります」
「起こり得る合併症は、穿孔、出血、開腹手術への移行、膿瘍、創痛、脂肪塞栓、肺塞栓、肺炎などがあります」
「加減が難しい手術なので、術後に狭窄症状、逆流症状が出る可能性があります(食道下部のふさがっている部分を切開するんですが、切り足りなければつまりが解消されないし、切りすぎれば胃から逆流が起きるということです)」。
麻酔や輸血に関する承諾書にたくさんサインしました。姉は途中で気分が悪くなって席をはずしました。(続く)

|

« 入院日記(3)~鼻からチューブ | トップページ | 入院日記(5)~手術が終わって »

コメント

大変な手術だね。。。
マリアカラス、聞いてくれたんですね。
ありがとう。大好きな1枚です。
体調はどうですか?無理しないでくださいね。

投稿: モモ | 2005.04.22 01:15

同じような手術する人の参考になれば、と思ってます。さすがに直前になると日記の内容が重いですね。現在自宅療養中。のんびりしてますよ。ありがとう。

投稿: まろ | 2005.04.22 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/3799000

この記事へのトラックバック一覧です: 入院日記(4)~手術前夜:

« 入院日記(3)~鼻からチューブ | トップページ | 入院日記(5)~手術が終わって »