« 昨日のブログ、一部訂正 | トップページ | TATOO ME »

2005.05.17

マンガ喫茶の20thセンチュリーボーイ

手術前、病院で一日検査をした日に次の検査まで中途半端に2時間以上空き時間ができてしまったことがありました。その病院の待合室は5ページ以上本を読むとどうしても眠くなるという最新設備が導入されており、すでに1回目の検査の前にひと眠りしていた僕は、これ以上の惰眠は人生における大きな損失であると考え、街へ出たのでした。

ふらふら歩いていると目に付いたのがマンガ喫茶。数年前に出張先でインターネットを使用する必要に迫られ、はじめてネット喫茶というものに入り、「使えねェーな」と30分で出てきたきり、この手のところは敬遠していたのですが、最近のマンガ喫茶の充実ぶり、快適さは、特に若手の皆さんからひんぱんに聞かされており、ちょうど充電が切れそうになっていた携帯電話も何とかする必要に迫られてもおり、フラッと足を踏み入れたのでした。

店員のおニイちゃんの言葉に従い、携帯を充電装置にセットし、指定された喫煙可能なスペースへ。平日午後は、おそらくネットゲームでもやっているのであろう学生か、昼寝しにきた営業マンで結構混んでいました。

さて、なに読もうか?

ふと思い当たったのが、以前から気になっていた浦沢直樹の「20世紀少年」。タイトルとカバーのイラストを見て、ロックっぽいマンガを浦沢直樹が描いているなら読みたいなーと思っていたんですが、そのときすでにコミックは10巻を超えており、「BECK」山積み、「のだめカンタービレ」も毎巻買ってはアマゾンマーケットプレイスに売るのでストーリーが毎回わからず、そろそろ「BANANA FISH」も手放そうか、という書棚の状況。数ヶ月前にも藤子不二雄Aの「まんが道」でえらいめにあったところです。
買い始めれば、面白かろうと面白くなかろうと全巻揃えなければ気がすむはずもなく、これまでも書店で「20世紀少年」の棚につい手が伸びそうになるたびに、いかんいかんと首を横に振るという、万引き初心者のような動きを繰り返してきたのでした。
そうだそうだ、ここで「20世紀少年」を読んでやろうと思い立ち、膨大な書棚から4~5冊抜き取ってタバコをふかしながら読み始めたのでした。

--------------------------------------------
20世紀少年(原曲:「20th century boy」Marc Bolan & T. Rex 替え歌:まろ)

愛だとか夢だとか、みんなが言うほど簡単じゃねぇ
覚悟とか決意とか、要するにそれはただのロックンロール
甘い言葉にだまされんなよ!
おもちゃをあげよう、20世紀の

壊れたりイッてたり、みんながみんなそれをコントロール
迷ったり倒れたり、要するにそれはただのロックンロール
甘い言葉にだまされんなよ!
おもちゃをあげよう、20世紀の

20世紀生まれ しぶとく生きてこうぜ!
20世紀生まれ したたかに生きてこうぜ!
20世紀生まれ しなやかに生きてこうぜ!
20世紀生まれ したたかに生き残ろうぜ!
--------------------------------------------

やはり正解。読み進めるほどに続きが読みたくてたまらず、結局退院後にかけてマンガ喫茶でほとんどの巻を読み、ただし最新の2巻だけはがまんできず書店で購入したのでした(もう売っちゃったけど…)。

もしも次のライブのフライヤーを作るとしたら、ランニングシャツのケンジ少年がホーキのギターを持ってロックンロールしてるイラストを使いたいなー。もちろん違法ですが、大した影響はないし、許されたし。

|

« 昨日のブログ、一部訂正 | トップページ | TATOO ME »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/4173007

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ喫茶の20thセンチュリーボーイ:

» 20世紀少年 [マンガの知識館]
20世紀少年『20世紀少年』(20せいきしょうねん)は、浦沢直樹の長編サイエンス・フィクション|SFサスペンス漫画。1999年から週刊ビッグコミックスピリッツで連載中。2003年、ヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレーム国際漫画祭の最優秀長編賞受賞を受賞する。その他にも、第6回文化庁メディア芸術...... [続きを読む]

受信: 2005.06.07 02:42

« 昨日のブログ、一部訂正 | トップページ | TATOO ME »