« 一大イベント予告 | トップページ | おしゃべりなたまごやき »

2005.06.20

前代未聞な退社あいさつ

しばらく体調不良のため休職していた会社を、本日6/20退職しました。今日は月曜日。本社社員(約50名)が一堂に会する朝礼がある日。そこで僕の退職が発表され、挨拶をすることになっていました。しかし、どうもこれまでの退職の挨拶って楽しくない。そこで、涙ぐんだとしても顔は笑ってる、そんな退職挨拶を考えたのでした。

まず現状の主夫生活との兼ね合いからいうと、次男(5歳)の幼稚園の送り迎えがバッティングします。しかしこいつはお調子者の芸人肌。使わない手はない。先週のうちに園長先生に相談しました。「月曜日の朝、私が会社で退職の挨拶をしなければならないので送り迎えができない。ついては、慣れない人に送迎をお願いするよりも、むしろ一日お休みをいただき、その現場に連れて行きたいのですが。」
あっさりOK。「それはとてもいいことです」と言ってくれました。よっしゃー。

前日の夕飯後、家族を集めました。「父さんはずっと会社を休んでたけど、明日で辞めることになったんだ。で、(次男)は幼稚園を休んで一緒に父さんと一緒に会社にきてほしい。(長男)は、覚えてないけど以前に会社にきたことがある。でも(次男)は一度もないから。」「わかった!」「では打ち合わせをしておきます。朝はいつもより一時間早く家を出ます。」「えぇ~。」「大丈夫大丈夫、父さん、目覚しふたつかけとくから。でね、こんなふうにしようと思うんだ…。」あたためていた計画を話すとみんなウケまくり。リハーサルまで行ったのでした。よっしゃー。

当日朝、むしろ僕の髭剃りに時間がかかり、予定より10分遅れの出発でしたが、まだ余裕はあります。駅で念のためトイレに行かせ、一番心配だった朝の通勤ラッシュ。5歳の次男に耐えられるか? うーむ、やはりそこそこ混んでます。通路の真中、両側のつり革にぶら下がってる人の背中にはさまれるポジションをゲット。用意していた飴をなめさせたり、お話をしたりしてなんとか乗り切りました。

10年以上在籍した会社で、楽しいことも、嫌なこともありました。しかしバタバタと決まった退職で、まだその情報は社員のみなさんがご存知ないようです。しかしそこが狙い目。サプライズはエンターテインメントの基本ですよね。

09:00、朝礼スタート。最後が僕たちの出番です。次男の頭に手を乗せ「頼むぞ」「わかった!」と小声で確認。さあ、まずは僕のスピーチです。

---------------------------------------------------------------
しばらく体調不良のためお休みをいただいておりましたが、その後の回復が思わしくなく、本日6/20付けで退社することになりました。当面は主夫見習いとして家事・育児に専念いたします。ジョン・レノンも主夫やってましたしね。

みなさんへのメッセージです。この会社にいて何が面白かったのかといえば「前代未聞」をたくさん生み出したことです。
「前代未聞」は楽しいです。楽しい職場から「前代未聞」は生まれます。
僕の「イズム」てなものがあるとしたら、もうそれはみなさんに伝えきったと思っています。僕の後ろを走っていると感じている方がいるとしたら、僕を追い抜いてください。そしてみなさんならではの「前代未聞」を生み出してください。
僕も「前代未聞」の主夫になろうと思います。幼稚園ママたちはまだちょっとコワイです。料理のレパートリーも少ないです。でも「前代未聞」の主夫になります。会社の環境は整っているはずです。僕には思いもつかない、みなさんの痛快な「前代未聞」を楽しみにしています。

10数年前、プータローだった僕を、応募30社目くらいで拾っていただき、その間ネクタイを締め、スーツを着る会社生活の中で、僕はとても充実した仕事をすることができました。僕はまたプータローに戻ります。

みなさん、ありがとうございました。みなさんがいなかったら、とうの昔につまらない理由で辞めていたと思います。どうもありがとうございました。
---------------------------------------------------------------

ここで、「おーい、例のアレ、持ってきてください!(笑点の円楽さん風に)」「はーい!」リハーサルどおり次男がギターを持ってきます。僕はジャケットを脱ぎ、ネクタイをはずし、ワイシャツを脱ぎます。ボブマーリィのTシャツを着て、象牙のチョーカーを下げた怪しいプータロー主夫スタイルに変身! ギターをさげて一曲。手拍子してもいいんですよ!

---------------------------------------------------------------
バイバイ   byまろ

バイバイ バイバイ
バイバイ バイバイ

スーツにバイバイ / 売買にバイバイ
会社にバイバイ / 仲間たちにバイバイ

バイバイ バイバイ
バイバイ バイバイ

新聞にバイバイ / テレビにもバイバイ
ユウウツにバイバイ / 涙にバイバイ

バイバイ バイバイ
バイバイ バイバイ バイバイ!
---------------------------------------------------------------

サンキュー、バイバイ。ウケてる、ウケてる。
「なお次男には、会社の女の人たちは机の中にたいがいおやつを持っていると教えてあります! のちほど紙袋を持って回らせます。まさか出さないわけにはいかないでしょう! バイバイ!」

で、次男にリハどおりに紙袋もって「おねえちゃん、お菓子くれない?」って回らせたら、集まるわ集まるわ。帰る頃には紙袋が三つになってました。すげー、僕より営業力ある! でも子どもと動物は反則ですよね。ちなみに、保険会社の販促グッズの「声が出る人形」くれた人、あれ、家ではうるさいです、社長。

片付け物と手続きをしてお昼には帰りました。が、二人とも大荷物抱えて途中で座ったら寝ちゃって、駅三つ乗り過ごしました。
最寄駅でご飯を食べたのですが、近所の小売店に我が社の商品群発見。「これ全部、さっきの会社で作って、ここに置いてくださいってお願いしたからここにあるんだよ。さっきの会社の人たちが働いたからここにあるんだよ」って言ったらびっくりしてました。うーん、話できすぎ。絶対、園長先生喜ぶ展開。

という訳で長くて劇的な午前中でした。が、午後は主夫に変身。次男を歯医者に連れて行き、帰りに大根と油揚げを買って帰りました。前に買ったアジの開き、そろそろ食べちゃわないと。

というわけで、退社にかこつけたプチライブ、無事終了しました。ライブって、1曲歌っても、10曲歌っても同じくらい疲れるね。

|

« 一大イベント予告 | トップページ | おしゃべりなたまごやき »

コメント

この頃の貴方様、すごく素敵すぎて、
ずるいなぁ!と思っちゃうくらいストークしていますね! 海から上った濡れた体が
乾いた時に肌に感じる、いい風感のような
感じが、私の思う、ストーク感です。
とっても、憧れているの。
いい風が吹き始めそうですね!

投稿: サトマリ | 2005.06.21 22:47

まさに前代未聞☆
まろさん、やるなぁ。
かくゆう私も引き出しの中はお菓子がいっぱい。
「前代未聞」かぁ。。
いいコトバだね。うんうん。
オンリーワンである事を恥じない生き方、したいな。

投稿: モモ | 2005.06.21 23:25

サトマリさん、ありがとう。ストークしてる僕ってストーカー? そんなに素敵? やだな、もっと早く言ってくれればいいのに。もっとほめてほめて! ほめられるの大好き。

モモちゃん、サンキュー。「前代未聞」が「空前絶後」だとちょっとニュアンス違うもんね。連発しなくちゃね、「前代未聞」を。

投稿: まろ | 2005.06.22 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/4640949

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞な退社あいさつ:

« 一大イベント予告 | トップページ | おしゃべりなたまごやき »