« 夏休みの宿題 | トップページ | 子ども達が帰ってきた! »

2005.08.27

アフリカンリズムは「うなる」

今日はアフリカンドラムのレッスンの日でした。ちょっと遅刻して行きました。
ずっと思っていたのですが、モフラン先生の叩く音が僕には出ない。「タン!」「トン!」という気持ちいい音が出なくて「ボクッ!」「ズボッ!」みたいな音になる。
もちろん楽器の良し悪しとか、チューニングの具合もあるんでしょうが、根本的に違う気がする。というのは、小さい子ども達はとてもきれいな音を出すからです。なぜ? 手が小さいから? 手首が柔らかいから? 今日は密かに「いい音」で叩くことを自分のテーマにして行きました。

モフランさんがジャンベを打つ手を見ていました。そしてなんとなくわかったこと。打つところは真似できてるんですが、打った後の手の形が違う。「トン」と叩いた後、その手の上げ方。低く止まる時と高く止まるときがあるようです。そうすると同じ手で同じ場所を叩いても「トン」だったり「ドン」だったりする。違うかな?

パートに分かれて練習していたら、一人の奥さんが「いま、すごく気持ちよかった! なんか空気がうねってる気がした!」と言いました。それそれ! 僕もこないだから感じてるの、それ。やった、またひとり仲間が増えた。モフランさんがよく言う「ココ(頭)じゃなくてココ(ハート)にリズムを入れる」って、そういうことだと思う。

最近すっかり楽しくて、子ども達の練習時間にも参加したりしてるので、終ると手のひらが痛い。
毎回ごほうびに、帰り道にある駅のベンチに座ってジュースを飲みます。手のひらが冷たくて気持ちいい。
焼き鳥屋さんの前の自販機でジュースを買ったんですが、空き缶を捨てようと思ったらご主人らしい人がいたので「ごちそうさま」と言ったら、「あいよ、ありがとう。あれ、変わった楽器持ってるね?」「今レッスンの帰りなんです」「へえ、がんばんな」。ちょっと嬉しい帰り道でした。

|

« 夏休みの宿題 | トップページ | 子ども達が帰ってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/5654193

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカンリズムは「うなる」:

« 夏休みの宿題 | トップページ | 子ども達が帰ってきた! »