« 死ぬときゃポックリ | トップページ | リッチーブラックモア生産工場発見! »

2006.04.30

PTAは楽し

次男が小学校に入学し、昨年12月に転校した長男が五年生になりました。
一番大きく変わったのが、幼稚園送迎がなくなったこと。兄弟で出かけて、兄弟で帰ってきます。朝食すませて、子ども達を追い出したら、洗い物して洗濯して、さて何しよう?

今までは9時の送り、14時のお迎え、という2本柱が僕自身の生活リズムを支えていたのだなぁと思います。それがなくなり、4月早々からなんかボーっとしてました。
買い物以外に出かける必要もなく、子ども達が帰ってくるまで寝てたってかまわない。買い物するお店の人以外誰にも会わない。幼稚園のお母さん達と雑談するのって、結構気がまぎれてたんだなぁ。2~3日で空虚感におそわれました。いかん。

毎朝の「オフィス・ベローチェ」への出勤は欠かせません。カフェラテ飲んで、家計簿つけて、スケジュールを確認して、朝の薬飲んで。あとはブログの原稿書いたり、本読んだり。
しかし、一人です。まだまだ時間はあります。
お母さん達、みんな何してるんだろう?

まあ、こんなゆとりのある生活もあとしばらく。たまっている「ツンドク」本にでも手をつけましょうか。でも家で本読んでると、すぐ寝ちゃうんだよなぁ。

で、PTAです。
幼稚園の頃から「クラス懇談会」「参観日」の類にはできるだけ出ることにしていました。行ってきました、小学校のクラス懇談会。
そしたら、最初の会合ではPTAの各委員の選出があったんですよね。
そもそも出席してるのは、基本的に働いていないお母さん達。そうすると人数的に、必然的にほぼ全員がなにかしらの委員にならざるをえないんですね。
僕は年間通しての委員は難しいので、「広報」にしてもらいました。PTA新聞の発行が主な仕事です。

「広報」委員の集まりが早速行われました。年3~4回の発行。僕は第一号の担当をお願いしました。
そして第一号チームの打ち合わせ。
「広報」委員の経験者が一人もいなくて、完全な手探り状態です。それでもページの割り振りを考え、僕はA3見開きの「先生紹介」の係りになりました。
ペアのお母さんと携帯メールでやりとりして、PTA総会の日に「広報」の腕章つけて、先生・職員方の写真を一枚ずつ撮っていきます。
女性の先生には「モデル立ち」を教えてあげ(身体を斜めにして立つ「パニオン立ち」ですね。女性の校長先生が「パニオン立ち」を「仁王立ち」と聞き違えて大笑い)、みなさんのいい笑顔を集めました。

同時にアンケート。
(1)リラックス法はなんですか?
(2)おすすめの本を教えてください
(3)好きな歌手・タレントは?
こちらの意図どおりに、あまりくだけすぎず、みなさんの素顔が引き出せる回答が集まりました。あ、3年3組のN先生、最後の一人です。提出お願いします。
そして「おすすめの本」リストは図書の先生にお渡しし、先生方の手書きPOP付きの図書室フェアを提案。実現は未定ですが、喜んでいただけました。

別ページ担当のお母さんと学校のコンピューター室で待ち合わせて、使用ソフトの確認。小学校のパソコンは、ソフトのインストールとかデータ保存に制約が多くて大変。USBメモリースティックで全部やらなければなりません。
しばらく苦闘して、ようやく灯りが見えました。

今週はなんだかんだで、ほとんど毎日小学校へ通いました。
でもPTA、なんか楽しいです。
幼稚園と違って、じっとしてたらお母さん達と顔を合わせる機会がほとんどないので、誰かと話してるだけでもリラックスできます。先生方にも「毎日学校にきてるヘンなお父さん」と認識されてるようです。

第一号新聞は五月中旬発行予定。楽しみ楽しみ。

|

« 死ぬときゃポックリ | トップページ | リッチーブラックモア生産工場発見! »

コメント

へぇ~。私よりよっぽど母さんに向いてますね~。つーかお父さんだから特別扱いで居心地良かったんじゃないですかね?
時間が余るんですか?私は毎日ケツカッチンです。居間で倒れて服のまま寝ちゃうくらい。掃除、洗濯、アイロンがけ、庭の手入れ、習い事の送り迎え、子供の家庭教師、料理だって凝れば昼間から仕込み。のろまなのかな~?

投稿: curious mama | 2006.04.30 23:09

はい、お父さんは特別扱いだと思います。特権特権。
うちは習い事ほとんどないし、宿題は勝手にやってくれるし。アイロンはできるだけかけなくていい服しか着ないし。
子ども達が遊んでる時はできるだけ同じ部屋にいないようにしています。多少泣き声が聞こえてもしばらくほっときます。
要は手抜いてるってことですかね。

投稿: まろ | 2006.05.01 07:53

手抜きが上手ということはやはり「主婦」に向いてる!私、雑なんだけど、何にでも入魂だから疲れる~。

投稿: curious mama | 2006.05.01 10:06

「燃える闘魂」は小学生の頃から好きですが、めったに火がつきません。晩年のアントニオ猪木の試合のようです。手抜き手抜き。
やっぱりプロレスに学ぶものは多いなぁ、ウンウン。

投稿: まろ | 2006.05.01 19:25

晩年の猪木か~。私は明日のジョーだな。母さんが毎晩、毎晩「燃え尽きたよ・・・真っ白にな・・・」状態の家庭ってイヤだなぁ~。

投稿: curious mama | 2006.05.01 23:03

相手(子ども)の技を受けて受けて、最後は相手の力を利用して勝つ。風車の理論ですな。
長男にはお米の炊き方を教えました。
次男にはお風呂の沸かし方を教えました。
猪木も痛風や糖尿や借金で、体は動かず、首も回らなかったようですからね。
金ならないぞ。しかし猪木のようにしぶとく生き残ります。

投稿: まろ | 2006.05.02 07:43

げんきですかっ!?ダァ~ァ!!

投稿: curious mama | 2006.05.02 09:52

猪木といえば「ダァ~ァ!!」の人になっちゃいましたね…。昔はこんなじゃなかったのに…。

投稿: まろ | 2006.05.02 16:09

猪木は大学生時代の私にはタイガーマスクと並んで最高のヒーローでした!!(その前もそうだけどね)
あのハルクホーガンのアックスボンバーで猪木が舌を出して失神した日・・・。
テレビを観て泣きました!!食事中に・・・
その日は金が無くて、
生玉ねぎをスライスして焼肉のたれをつけながら辛味を利用して御飯を三合食べるという力技で腹いっぱい食べる作戦を敢行してる最中だった。
名付けて(これは焼肉を腹いっぱい食べてるに違いない作戦)。
茶碗を持ちながら流れ出る涙を押さえられなかった・・・。

勝ったハルクが、「勝っちゃったよ・・・どうしよう」みたいにうろうろしてたのが余計でしたが。

投稿: いさお | 2006.05.03 03:51

猪木時代の話はきりがないですね。近々そのネタで記事を書きましょう。
焼肉、食いてぇ!

投稿: まろ | 2006.05.03 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/9827457

この記事へのトラックバック一覧です: PTAは楽し:

« 死ぬときゃポックリ | トップページ | リッチーブラックモア生産工場発見! »