« ブックオフのマネジメント | トップページ | ロッド・スチュワート「明日へのキック・オフ」 »

2006.06.28

僕らのヤング・ミュージック・ショー


僕らのヤング・ミュージック・ショー
著:城山隆 表紙イラスト:浦沢直樹

著者の城山隆さんは1964年生まれ、僕と同じ歳です。
伝説のヤング・ミュージック・ショー「KISS」(1977年5月7日放映)を当時鹿児島で見て鳥肌を立ててたそうです。同志ですね。

2004年5月2日、番組「NHKアーカイブス」でKISSのヤング・ミュージック・ショーが27年ぶりに再放送されました。それをきっかけに書かれた本です。

「アーカイブス」放送担当ディレクター、収録当時のスタッフへの取材から始まります。KISSの番組をはじめに重点的に紹介。収録裏話も盛りだくさんです。
以降、ヤング・ミュージック・ショーの放映を軸に、当時の文化・社会を年表に沿って追っていきます。時系列に沿ってロックと社会の変遷を「テレビ」という視点でまとめた一冊は、その分厚さにかかわらず、読んでいて飽きません。

「ヤング・ミュージック・ショーのKISSを何歳の時に見たか?」これは重要です。著者と僕は13歳の時です。中学二年生の5月。
KISSの武道館公演のの放送は、ヤング・ミュージック・ショーの26回目だったそうです。ちなみに第一回の放送は1971年のクリーデンス・クリアウォーター・リバイバル。僕は7歳、小学校2年生。さすがにまだロックに目覚めてはいませんでした。

KISSが放送された1977年、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ストラングラーズ、エルヴィス・コステロ、テレヴィジョンらがデビュー。ジェフ・ベック「ライブ・ワイヤード」発売。イーグルス「ホテル・カリフォルニア」ヒット。邦楽ではピンク・レディーの絶頂期「カルメン’77」「渚のシンドバッド」「ウォンテッド」「UFO」。キャンディーズ「やさしい悪魔」、山口百恵「秋桜」、沢田研二「勝手にしやがれ」。村上龍、デビュー第二作「海の向こうで戦争が始まる」発表。
この年のヤング・ミュージック・ショーの放映ラインナップは、「ベイシティローラーズ」「ローリングストーンズ」「KISS」「GO~ツトム・ヤマシタ、ロックの旅」「ブライアン・フェリー」「グレッグ・オールマン」「サンタナ」です。

繰り返しますが僕は中学2年生。まだガールフレンドと付き合ったこともなく、友達にLPを借りてダビングしたり、FM放送を録音したカセットテープを一生懸命聴いていた頃。
まだエレキギターは持っていませんでした。姉のクラシックギターをポロポロ弾いていました。

この本の面白さは、こうして自分自身の「あの頃」を年表と重ね合わせて読めることです。
中学生が高校生になり、大学生になって独り暮しを始める。その軌跡に「ヤング・ミュージック・ショー」を重ね合わせることで、ロックの歴史と日本の文化が重なります。

今でこそローリング・ストーンズが大好きな僕ですが、ロックに目覚めた頃のストーンズは「愚か者の涙」「ミス・ユー」「エモーショナル・レスキュー」の時代でした。そりゃピンとこないわな。
しかしヤング・ミュージック・ショーでのパリ公演の映像の「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」は胸にこびりつきました。「へえ、ローリング・ストーンズってかっこいい曲もあるじゃん」。

2004年、27年ぶりの「KISS ヤング・ミュージック・ショー」が「アーカイブズ」で放映された日、僕は40歳で、自分の家族と姉の家族、うちの両親と熱海あたりに小旅行に行っていました。放映時間には民宿の喫煙所で煙草を吸っていました。なぜか出かける前にビデオをセットしておく気にはなりませんでした。「そこまでして見なくてもなぁ」という感じでした。僕の身体が壊れ始めていた頃。24時間仕事のことを考えていた頃。

ヤング・ミュージック・ショーは僕らにとって大切な番組でした。
そして僕らは大人になりました。
僕は主夫になりました。
やっぱり録画しとけばよかったかなぁー、KISSのヤング・ミュージック・ショー。
今は「ぜひ見たい」と思います。でも見たらレスポールが欲しくなるだろうなー。
不惑あたりのみなさま、おすすめの一冊です。

|

« ブックオフのマネジメント | トップページ | ロッド・スチュワート「明日へのキック・オフ」 »

コメント

どもっ、不惑のハルです。KISS見ましたね〜。僕は65年生まれなので、中1の時かぁ。僕が洋楽を聞き出したのが中1なんで、まさにドンピシャでした。ベイシティローラーズも見た記憶あります。でもストーンズは見てないです。クラッシュはやってませんか? NHKでライブを見た記憶があるんだけど…。それにしても「ヤング・ミュージック・ショー」って番組名は泣けます。

投稿: ハル | 2006.06.28 23:46

ハルくん、コメントありがとう。NHKがやったところに意義があると思いますね。全国津々浦々に届いたわけだから。
あ、あと著者と僕は1964年の早生まれですからね、年齢換算に注意。

投稿: まろ | 2006.06.29 08:05

64年早生まれです。

その頃、洋楽の映像を観れるは稀でしたね。私は「ギンザNOW」の木曜日(?)を必死で観ていました。QUEENの「伝説のチャンピオン」が長く1位だったような記憶があります。pvらしきものが流されてました。ピタピタのモノトーンの全身レオタードのフレディが毎週観れました。kissは「love gun」の頃かな?charもレギュラーで出ていて、番組の最後に1曲演奏するという・・・今思うと贅沢だな~。

投稿: curious mama | 2006.06.29 13:23

curious mama さん、同い年同盟。島根の田舎では「ギンザNOW」はやってませんでした。でもCHARは大人気でした。ザ・ベストテンに出て、ラストでギターをぶん投げたんだけど、慌てて拾いに行ったんだよね。

投稿: まろ | 2006.06.29 16:35

確か松阿彌とデパートに行ってて、電化製品売場のテレビでレインボーを見た覚えが・・・。
Voロニー・ジェイムス・デュオ、Drコージー・パウエルの絶頂期だったと思います。
カッコえかった~!!
KISSは家でラジカセをテレビの横に置き録音したのをギターでコピーしてました。
7インチレザーヒールに憧れて、お袋のサンダルを履いてパフォーマンスの真似をしてたら捻挫しました。

投稿: いさお | 2006.06.29 18:45

KISSの再放送を出先でみたような気がするんですが。
そうですか、捻挫しましたか。中学生ってヘンなことを思いつくものですね。でもあれはいてジャンプしまくるポールもすごいですよね。

投稿: まろ | 2006.06.29 20:18

向こうはレザーブーツ、こっちはお袋のサンダルですから当然っちゃ当然ですが・・・。
ポールが7インチのサンダルでジャンプしたら、そりゃすごいかな。

投稿: いさお | 2006.06.30 01:10

こんにちは。1974年生まれです。60年代生まれコミュニティに混じってコメントするのは勇気が要りまっす。洋楽を聴き始めたのはやはり中学1年ぐらいですが、私のアイドルはシンディローパーとマドンナだったです…。1977年当時は3歳。キャンディーズよりピンクレディーより、サザン(の歌詞)を訳もわからず鼻歌で歌っていました。

投稿: ぺこ | 2006.06.30 11:19

いさおくん、ポールは脚の間でギター弾くのもやってましたね。あれもブーツじゃないと無理ですね。
KISSの衣装もいろいろ変わりましたが、ヤング・ミュージック・ショーのが一番好きでした。

投稿: まろ | 2006.06.30 19:59

ぺこさん、10年違うのね。3歳でしたか…、大きくなりましたね。
シンディローパー、マドンナ…MTVが出てきて、ヤング・ミュージック・ショーが役割を終える頃ですかね。

投稿: まろ | 2006.06.30 20:01

みんな年齢をカミングアウトしてからコメントしてる(笑)ネットの中だけでも5歳くらいサバ読みたかったな~。

投稿: curious mama | 2006.06.30 21:48

ハハハ。ご依頼があれば修正しますよ。でも内容でばれると思いますが。あの頃の日本ロック御三家って、CHARと原田真二と、あとだれだっけ? ゴダイゴ?

投稿: まろ | 2006.06.30 22:19

ん?ツイストだったんじゃない!?多分。

投稿: いさお | 2006.06.30 23:13

あ、そうか。「宿無し」「銃爪」だ。そうだそうだ。
リューベンじゃないことは確かだと思ったんですが、出てこなかった。

投稿: まろ | 2006.07.01 08:51

その頃ゴダイゴはまだトランザムみたいな地味な活動中ですね~。日立製作所とかアオハタマーマレイドのCMソングとか。LP持ってた(笑)

投稿: curious mama | 2006.07.01 19:43

「トランザム」みたいな活動ですか…。チャーと一緒にツアーまわったんだよね、ゴダイゴ。松阿彌くんは見に行ったはずです。
あとチャーの「女子禁制ライブ」とかもあったんじゃなかったっけ?

投稿: まろ | 2006.07.01 21:12

うわ~ジャストな話題がたくさんですね。
私'65生まれです。
初めて買った洋楽のアルバムが「LOVE GUN」でした。
KISSは小学6年生の時、ヤングミュージック・ショーで見ました。
当然、再放送もバッチリ見ましたよ。
ギンザNOW!そうそう、木曜日!見てましたね~♪
ジミー・クリフ見て涙したのを憶えてます。
エドワード・ヴァンヘイレンに狂喜したりして。

クラッシュもやってましたよね。
確か、パール・ハーバーが出てきてジョー・ストラマーと
「フジヤマ・ママ」歌ってましたね。
いや~、同世代の話題っていいですね(笑)

投稿: | 2006.07.01 22:30

↑興奮して、名前入れ忘れました。スミマセン。

投稿: 香夜 | 2006.07.01 22:32

香夜さん、いらっしゃい。「LOVE GUN」は予約特典で紙製で自分で組み立てるピストルの玩具がついてなかったっけ? 「ALIVE2」のほうかな?
ジミークリフ…。many rivers を渡ってきましたね、我々も。

投稿: まろ | 2006.07.01 23:33

ん?昨日まで無かった29日のMTさんって何なん?
ブログってこういう事起こるの?????
それとも荒らし???
海外の投稿???

投稿: いさお | 2006.07.02 03:50

あれ?
消えた!!!!!
そんな・・・さっきまであったのに!!

投稿: いさお | 2006.07.02 03:53

土曜の夜でココログがパンクしたみたいです。もう大丈夫です。

投稿: まろ | 2006.07.02 09:25

島根でやってないのにギンザNOW話でごめんね~。
コステロとイアンデューリーが「注目のパンクアーティスト」として紹介されて、イギリスでのライブ映像が流されたのにはガビ~ンとなった。
イアンデューリーのこと忘れてたよ~。この記事のお陰で思い出した。

投稿: curious mama | 2006.07.02 10:20

ヒッミー、ヒッミー、リズムスティック!
清志郎の最初のソロアルバムのバックがブロックヘッズだったんだよね。
先日、急に聴きたくなってDr.feelgood のCD買っちゃいました。

投稿: まろ | 2006.07.02 11:02

ひょえ~、Dr.feelgood !
少し前から私の中で復活していて
ここの所、通勤はDown By The Jettyです~♪
ブーン、ブーン、ブーン、ブーン ♪

投稿: 香夜 | 2006.07.02 11:52

僕はピストルズもクラッシュも当時あんまりピンと来なくて。むしろテレヴィジョンとかパティスミスが好きでした。あとジョニーサンダース。
イアンデューリーもウィルコジョンソンも、ずっと後になってからはまりましたね。

投稿: まろ | 2006.07.02 17:01

俺らって中学生ぐらいの時、ハードロック(決してメタルではない)か、フォーク・ニューミュージックかの両極端で、真ん中が抜けてたよな!?
ラジオでは小じゃれたクリストファー・クロスだことのエア・サプライだの聞いてはいたけど。
いざライブとなると、「レインボー」をやってたと思えば、別な場では「さだまさし」やってたりとか・・・。
まろがグレープ「三年坂」のさだまさしのセリフ、「うっうるさいわよ!!う、う、う、うるさいわよ!!」を連発してたのを今でも覚えてます。

投稿: いさお | 2006.07.03 01:31

そうそう。あれは「ヤングギター」が悪いと思うな。パンクの情報ってなかったもんね。「ロッキンf」(我々は「ロッキンナ」と呼んでましたが)には多少載ってた気がするけど。当時みんなのバイブルは「ヤングギター」だったもんね。ツェッペリン特集とか、ヴァンヘイレン特集とか、買ったなー。

投稿: まろ | 2006.07.03 12:54

何度もスミマセン。
ジョニー・サンダースが初来日の時
39度の熱で観にいきましたよ~。
今は無き有楽町そごうの読売ホールへ。
2度と来ないと思ってたら、その後何度も来てたけど。
そういえば、うちで最近、発掘したんですけど
パティ・パラディンとCOPY CATSなんてアルバム出しましたね。

投稿: 香夜 | 2006.07.03 21:39

ジョニーサンダース、結構来日してるんですよね。実は一度も見てません。無念。
同じジョニーでも、ウインターさんは持病の常備薬が日本では禁止されてるという理由で来日が中止になりました。
サンダースさんのほうがよっぽどなのにね。

投稿: まろ | 2006.07.03 22:33

ウインターさん、見たいですよね。
仕方ないので、弟のエドカー・ウインターは見ましたけど、やっぱりね~。
(話が止まりませんね。笑)

投稿: 香夜 | 2006.07.04 06:05

ウインターさんは確か中野サンプラザの予定だったんだよね。行く気まんまんだったんですが。
島根にいた頃は外タレのコンサートなんて「行く」ものだとは思っていませんでした。島根までツアーで来るのは、さだまさし、オフコース、甲斐バンド、チューリップ、松任谷由美、浜田省吾といった人たちでした。そのせいで地元では「浜省」は大人気でした。

投稿: まろ | 2006.07.04 14:27

はじめまして。
こんな古い日記にコメントしてすみません。
一年ほど前にまろさんのブログにたどり着き、時々覗くのを楽しみにしてる者です。
いつもありがとうございます。

先週からバックナンバーを順に読んでいたところ、この日記にたどり着きビックリしました。
この著者と同級生なんです。
私と彼が出会ったのはまさに中二の時。
私の今まで続く音楽の旅の始まりでもありました。
先日まろさんの日記で浦澤直樹の漫画のことを読み、
「あ、そういえば城山君の『ヤングミュージックショー』も久し振りに読んでみようかな」
ってちょうど思っていたところでした。(表紙の絵を浦澤さんに描いていただいているので)
なんか偶然にビックリして、恥ずかしいけど思い切ってコメントしてしまいました。

これからもブログ楽しみにしています。

投稿: ぶんぶん8 | 2012.10.15 13:49

ぶんぶん8さん、こんにちは。
えっ、そんなに読んでくれてるんですか? 恥ずかしいな~。もう自分でも昔何書いたか忘れてるし。でも、ありがとうございます!

ほう、著者と同級生ですか。LP時代の話を始めると、長くなる世代ですよね~。

投稿: まろ | 2012.10.15 15:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/10715917

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らのヤング・ミュージック・ショー:

« ブックオフのマネジメント | トップページ | ロッド・スチュワート「明日へのキック・オフ」 »