« ライブ@東麻布 | トップページ | 僕らのヤング・ミュージック・ショー »

2006.06.24

ブックオフのマネジメント

昨日出かけた先にブックオフがあったので寄ってきました。いつも行く店よりはずっと狭く、あまり期待もしなかったのですが……。

基本的に「105円」の棚を見たかったのですが、そこには踏み台に乗って手際よく棚の整理をする20代らしき女性の店員さんが。お客の僕がいるのも気にせず、すごい勢いで棚から本を抜き、並べ替え、本を詰め込んでいます。

一般の本屋さんでもよくある光景。今時どうなのかわかりませんが、本屋さんは棚の商品を覚えています。大きな本屋さんでしっかりしてるところでは、棚から一冊売れたら、棚下の引き出し(ストック)から在庫の本を出して補充、もし在庫がなければ発注をします。
そして長らく売れていない本を抜き取り、しばらく動いていない平台の本を棚に入れ、新刊を平台に置く、または新刊を棚に差す。
本屋さんの棚はメンテナンスが命です。

高校時代「汽車」通学だった僕は、一時間に一本しかない次の「汽車」を待つ間、駅の中の本屋さんでずっと書棚をにらんで時間をつぶしていました。買いもしないのに文庫のコーナーに毎日通っているうちに商品を覚えてしまって、なにかの本が売れるとすぐに気がついたものでした。

さて、昨日のブックオフの棚詰め女性、しばらくするとオジサン店長を連れてきました。
「今、この棚一本整理しましたが、商品の構成がめちゃくちゃです。なんで”なかたに”さんの本が”か行の著者”のところにあるんですか? 入れ方が杜撰すぎます。この棚だけで間違って差されていた本がこれだけあったんですよ。これはお客様が動かしたとは考えられません。棚詰めのアルバイトさんを、店長が厳しく指導してください。これまでいろんな店を見ましたが、これだけひどいのは初めてです。」

なんと若い女性は「本部」から来た「スーパーバイザー」さんだったのでした。オジサン店長は「はい、わかりました、すみません」と恐縮することしきり。
思わず勢いで、目の前の棚にたまたま差さっていた「ブックオフ 情熱のマネジメント」という本を買っちゃいましたよ。

確かにブックオフって、見当違いの棚に全然ジャンル違いの本が著者名だけで差してあったりしますが(それで「掘り出し物」感を味わったりもするんですが)、こんな努力を地道に続けられると、新刊書店もますますウカウカできないかもしれませんねー。


ブックオフはマツモトキヨシの店作りを参考にしてたんですね。新規出店の立地条件は「売れる」場所より「売っていただける」場所。なるほどねー。


こちらはまだ読んでいませんが、パートさん出身の女性社長になるんですよね。店内アナウンスでおなじみの清水国明さんの実のお姉さんだとか。注目です。

|

« ライブ@東麻布 | トップページ | 僕らのヤング・ミュージック・ショー »

コメント

私は高校生の頃レコード屋でバイトしてましたが、週に2日しかいかなくても、どのラックの何番目には何が入っているか完全に頭に入っていてましたね~。どんなにマイナーなアルバムでもお客さんに訊ねられると間髪入れず「こちらにございます」だし、ない商品は調べなくても「そちらは2週間ほどお時間を頂き、お取り寄せになります」社員教育なんかしなくても自然にそういうものだと思ってました。以前にも書きましたが本部になんか威張らせない情熱のある店舗があればネットでばかり買い物せず、バンバン出掛けていますよ!

投稿: curious mama | 2006.06.25 11:29

curious mama さん、勇ましいコメントありがとうございます。POSやコンピューター使っても、現場の意識が高まらないとどうしようもないですからね。
でも好きで働くには給料安すぎるかもしれませんね、本屋もCD屋も。

投稿: まろ | 2006.06.25 21:07

給料安いから好きじゃなきゃダメなんじゃないですか~。
買うか買わないか決まってないお客に熱い接客をして売る!くらいの本屋やCD屋があったら面白いのに。買わされて首を傾げながら家に帰ってCD聴いてみたら、今の精神状態にピッタリで「買って良かった~」なんてね。販売員冥利につきるんじゃないでしょうか(笑)

投稿: curious mama | 2006.06.25 21:36

店内にカウンセリングルームがあって、30分話しを聞いてあげて、おすすめのCDを選んであげるとか。
平日昼間は年寄りで混みあいそうですね。在庫たまっちゃった浪曲のCDとか売りつけちゃったりして。

投稿: まろ | 2006.06.25 22:07

大阪に転勤していた時、久しぶりに「カラパナ」を聞きたくなって、某有名レコード店に行きました。
俺「あの~カラパナのCDって置いてますか?」
店員「はい、置いてますよ。」
案内されたら
「パラパラ」のコーナーで、
俺「すみません。パラパラじゃなくてカラパナってグループなんですけど・・・」
店員「はぁ???」
俺「あの、ハワイ出身で・・・」
店員「あ~っ!!」
案内されたら
「ハワイアン」のコーナーでした・・・。
結局、その日はあきらめて東京出張の日にお茶の水まで行き、中古で買いました。

投稿: いさお | 2006.06.27 03:01

あー、ありそうですねー。そういうことあるとネットに行っちゃいますよね。
でも、たまにディスクユニオンとかにいくと、知らない新譜とかあったりするんだよね。

投稿: まろ | 2006.06.27 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/10661933

この記事へのトラックバック一覧です: ブックオフのマネジメント:

« ライブ@東麻布 | トップページ | 僕らのヤング・ミュージック・ショー »