« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.29

πの字、川の字

2006年は早かったなぁ。あっという間でした。あんまり自分に余裕がなかったのかもしれません。新しい生活、新しい仕事。
でも、一年は一年なんですよね。

主夫生活にもなじんできた気がします。
毎晩、明日と明後日の献立を考えて、買い物リスト作成。毎朝ベローチェでコーヒー飲んで、スーパーへ。
子ども達が小学校から帰ってくるまで、昼間の仕事タイム。夕方からはご飯作って、子どもと遊んだり、テレビ見たり。

子ども達は21:00には就寝です。5年生の長男はもう少し起きていたいようですが、1年生の次男は21:00が限界。
それに、早く寝てもらわないと、仕事ができない。
お風呂に入って、夜の仕事タイム。あんまりお酒を飲まなくなりました。

だいたい24:00には睡眠薬飲んで寝ます。
真っ暗な寝室に入って、読書用のスタンドをつけると、子ども達はよく寝ています。
窓際から、長男、次男。僕は押入れ側。三人分の布団で部屋はいっぱいになります。

夏ならたいがい次男があちこち転がって、川の字ならぬπの字になっています。
よっこいしょっと元に戻すんですが、寝たまますごく迷惑そうな、イヤそうな顔をするんだよね。許せ。
今は寒いので、あまり転がりません。掛け布団を直してやって、やっと僕も布団に入ります。川の字。

今年も暮れるんだな。
新しい年を迎えて、子ども達はまた大きくなるんでしょう。うかうかしてると長男に身長抜かれる日も、案外近いのかもしれません。(僕は背が低いんです)
ハロー、2007年。また一年、生き延びていこう。この一年を生き延びよう。
ではみなさん、よいおとしを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.26

泉谷しげる「吠えるバラッド」

00000076
 
 
 
 
 
 
泉谷しげる「吠えるバラッド」

1988年発売のこのアルバムが無性に聴きたくなり、CDラックを探したのですが、どうしても見つかりません。おかしいなー、何度も聴いたのに。

ヤフオクで入手しました。

曲目リストを見てたら徐々に記憶が。
これ、LPで買ったのかもしれない。
6曲目、忌野清志郎がピアノを弾いている「美人は頭脳から生まれる」はCDのみの収録曲で、これはラジオを録音して聴いた気がする。
たぶん引越しのときに、まとめて実家に送ったLPの中にあるんでしょう。

このアルバムは、当時、泉谷しげるが「最強のバンド」を作りたいとわがままを言って、ルーザーというバンドを結成した、最初のアルバムです。
 ドラム 村上ポンタ秀一
 ベース 吉田 健
 ギター 仲井戸麗市
 ギター 下山 淳
いやあ、すごいメンツ。ライブも何度か見に行きました。
ちなみに、ギターのチャボは途中で抜けちゃうんですが、その理由は「こんないいバンドにいたら、俺はダメになる」というものだったそうです。

今回聴きたくなったのは「野性のバラッド」。アルバムバージョンは、新宿の街頭のノイズをバックに、泉谷しげるがほとんどボーカルのみで叫んでいるんです。

♪Oh なんてお前に伝えよう/騒ぎの好きな俺について
♪Oh なんてお前に伝えよう/静かに暮らす、いらつきを

「野性のごとく叫んでられたら、このマチにも用がなくなる」
当時独身でプータローだった僕に、勇気を与えてくれる曲でした。
そして今、フリーランスなどと気取っていても、所詮プータローに戻った僕の脳みそが、またこの曲を欲しがったのだと思います。

18年前と18年後のプータローの自分が、泉谷しげるでつながりました。
さて、来年は青色申告に挑戦しようかなぁ…もう大人だし。
でも18年前も、大人っちゃあ大人だったんですけど。
おい、18年前のプータロー。もうオレ、子どもがいるんだぜー。
想像できるかい?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.19

ザ・ビートルズ「LOVE」

主婦の先輩、小径さんのブログを読んで思わず買っちゃいました。


LOVE/ザ・ビートルズ

決め手になったのは「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のアコースティックバージョン。
僕にとってこの曲が特別になったのは、実はRCサクセションなんです。

the TEARS OF a CLOWN /RCサクセション

「Sweet Soul Music」の中で、「あのレノン、ガッタ・フィーリン、ベイベー」と歌ったあと、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の一節をキヨシローが日本語英語で歌うところが大好きなんです。
いつか僕も、ソロにアレンジして歌ってみたいなぁと思っていました。

今回のアルバムのために、オノ・ヨーコさんが提供してくれた初音源のようですが、正直もうちょっと長くデモ版を聴きたかったなぁ。

あとよかったのは、既発表のようですが初めて聴いた「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウイープス」のアコースティック・バージョン。これはいい!
アマゾン等のレビューでも、小径さんのレビューでも、みなさんがおっしゃているように、今回のアルバムではジョージの曲がいいですね。

あと、ラストの「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ」、あらためて聴いていい歌だなぁと思いました。これまでは正直、「フン」と思ってたんですが。

ジョージ・マーチンとジャイルズ・マーチンによって、ビートルズがぐちゃぐちゃにコラージュされたアルバムですが、思ったほど違和感はなかったですね。
73分は長いですが、楽しめました。「オー」とか「ホー」とか言いながら。

実はジョージ・マーチン、こんなアルバムも作ってるんです。

イン・マイ・ライフ /オムニバス

いろんな人がビートルズのカバーをやってます。
が、圧巻はやはりジェフ・ベックの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」!
ギターが歌っています。「I read the news today oh boy…」。
これも歌ってみたいなぁ、ジョンのとこだけ。

実はビートルズはあんまりCD持ってないんです。「アンソロジー」に手を出してしまいそうですが、今回の「LOVE」でCDラックがいっぱいになりました。
さて、どうしたものやら…。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.12.16

続・ブロッコリーはどこまで食べられるのか?

前回の記事につけていただいたコメントで、やはり気になるのがブロッコリーのお値段。昨日、行きつけのスーパーをのぞいたのですが、やっぱり198円。この店、高いのかなぁと気になり、本日、ブロッコリー狩りに行ってきました。

A
A:行きつけのスーパー、エコスたいらや。
昨日は198円だったのですが、今日は特売で98円でした。しかしいつものよりやや小ぶりです。
 
 
 
 
 
 
 
B
B:ダイエー。やはり198円。
 
 
 
 
 
 
 
 
C
C:駅内スーパー、九州屋。150円。
店頭にうずたかく積まれていました。
 
 
 
 
 
 
 
D
D:商店街の名前のわからない八百屋。120円。
小学生のお孫さんが店番してました。
 
 
 
 
 
さて、出揃いました。値段の順番は、
A:エコスたいらや 98円
D:八百屋 120円
C:九州屋 150円
B:ダイエー 198円 となりました。

ただ、写真ではわかりにくいのですが、大きさはまちまちです。
そこで重量を測ってみました。

A:エコスたいらや 230g  98円 1グラム当たり0.43円
B:ダイエー    380g 198円 1グラム当たり0.52円
C:九州屋     364g 150円 1グラム当たり0.41円
D:八百屋     326g 120円 1グラム当たり0.37円

グラムあたりでみると、安い順は
1位 D:八百屋
2位 C:九州屋
3位 A:エコスたいらや
4位 B:ダイエー  となります。
特売やってたエコスたいらやも、店頭で山積み販売していた九州屋も、商店街の小学生八百屋さんにはかなわなかったわけですな。

形状で見ると、写真ではわかりにくいのですが、A:エコスたいらや 230gは花が多くて茎は小さめ。B、C、Dは「茎もたっぷり食べてね」型です。
たぶん、品種の違いじゃないかなぁ。

というわけで、近所のブロッコリー調査の結果、「このあたりではブロッコリーは150円くらいする」ということですかね。
産地によって品種が違ったりすると、値段や形状が変わるかもしれませんね。
読者の皆さんからの情報もお待ちしております。

しかし、一日でブロッコリーを4房も買ってしまいました。どうしましょう…。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.12.11

ブロッコリーはどこまで食べられるのか?

20061209105754
スーパーで買ってきたブロッコリーです。198円だったかな?
緑の野菜を子ども達に食べさせようと思って時々買うのですが、毎回切り分けるときに考えてしまいます。
茎はどこまで食べられるの?

写真をみてください。これ、ほとんどが茎ですよね。花(?)の部分より茎のほうがはるかに多い。
当然茎も食べるのですが、一番根っこの部分を切り落とすときに、毎回迷ってしまうんです。どこまで食べられるの?
一番根っこに近い部分は、スジがありそうだけど、どうなの?
で、迷ったあげく、1cmくらい切り落として、釈然としないまま茎を刻んでいました。

先日、特売で冷凍のブロッコリーを買ってみました。そしたら見事に花(?)の部分だけなんですね。
ブロッコリーの茎を大切に食っているのは我が家だけなのか? とますます不安が募りました。
でも、茎食べられるし、おいしいし、そもそも買ってきた段階で大部分が茎だし。

先週、主婦の集まり(!)に参加する機会がありました。
雑談の中でふと思い出して、「ねえねえ、ブロッコリーの茎ってどこまで食べてるの?」と聞いてみました。
全員から即座に答えが。「全部ー!」

で、うだうだ話してみると、みんな茎のほうがおいしい、ということで一致。
根っこの端っこは少し切り落とすだけでいいのよ、
固そうなときは皮をむけばいい、
輪切りより繊維に沿って縦に切ったほうがいい、
きんぴらにもあう、
最近のブロッコリーの花(?)は味がない、
おいしいブロッコリーが少ないので、もっぱらカリフラワーを買っている…。
出るわ出るわ、ブロッコリー話。

昨夜はブロッコリーをひき肉と春雨で炒めました。もちろん立派な茎も全部いただきました。
これでいいのだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.12.07

ジョン・レノンが流れてる

Y君へ

元気ですか?
毎年、12月になるとジョン・レノンを聴きます。街のクリスマスソングとともに、僕にとってのジョンの季節が始まります。
「ジョンの魂」「ロックンロール」「Acoustic」「ダブルファンタジー」…。
毎日バタバタと、またはなんとなく暮らしていて、12月になると、おっといけない、という感じでジョン・レノンを聴きます。

ジョン・レノンに関するトークイベントに行って、ゲストのチャボと握手して、君に思わずハガキを出したのは2年前だよ。なんかずいぶん昔のような気がするなぁ。いろんな12月があるね。

2006年のテーマは「しゃがむ」でした。ウン、しゃがんでた。やることはやった。やるべきこと、やりたいこと、今年は今年なりになんとかやった。でもトータルではしゃがんでました。君はどんな一年でしたか?

引っ越してから一年たち、夏暑くて冬寒い新しい部屋にも慣れました。環境の変化がありましたが、なんとかみんな元気です。
子ども達も気がついたら各々成長してるし。一年前に比べたら、ずいぶんたくましくなりました。

オレはなにか変わったかな? 自分ではよくわかりませんね。
どうだろう、君の目から見て、僕は相変わらないのかな? それはそれでいいけど。
ストーンズが来たときに、少し会えましたね。オーティス・レディングを聴いてるって言ってたよね。キヨシローのTVは見た? かっこよかったね。

さて、2007年はどんな年にしようかな?
君はどうですか?
ストーンズが来ても来なくても、また会いましょう。
またストーンズや、ザ・フーの話で盛り上がりましょう。
僕のライブにも来てもらえるとうれしいな。
寒いね。
じゃあ、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »