« 2007.01.23.原宿クロコダイルでライブ | トップページ | 六畳一間でいい »

2007.01.29

二日分の献立メモ

毎日の食事を作るにあたって、献立メモを作っています。
そもそものきっかけは、主夫になりたての頃、長男は週三回のフリースクール通い(要弁当)、次男は幼稚園(週二回弁当)で、「明日は誰の弁当が要るのか?」が混乱してわからなくなるからでした。

毎晩、簡単なメモを作って、二日分・二枚の献立メモを冷蔵庫にマグネットでとめておきます。
なぜ二日分かというと、前日の夜になって「あ、明日お弁当だ」と気付いても買い物に行けないからです。前々日にわかっていれば、前日に買い物ができます。
例えば、1/28には、冷蔵庫に1/28と1/29の二日分のメモがあります。で、夜に終わった1/28分のメモを捨て、明後日1/30のメモを考えて書いて、また二日分とめとくわけです。
例えば、

 1/29(月)
 (朝)
 みそ汁
 ごはん
 生卵
 キンピラ
 (夜)
 さんまミリン干し
 ごはん
 みそ汁(トーフ、わかめ)
 サラダ(トマト、セロリ、きゅうり)

 1/30(火)
 (朝)
 みそ汁
 ごはん
 納豆
 (夜)
 焼きそば(ニラ、もやし、ベーコン)
 みそ汁(大根、油揚げ)

という感じです。みそ汁は毎晩二食分ずつ作って、朝は温めるだけにします。
と同時に、必要な買い物・食材をピックアップし、財布の中の「買い物メモ」に書き抜きます。
近所のスーパーの特売日は、だいたい月・木・土です。買い物はその週三回に限定し、できるだけちょこちょこ買いは避けています。

今は子ども二人とも平日は毎日給食なので、ずいぶん楽になりましたが、このメモは便利なので続けています。
毎日夕方になって「さあ、今晩はなににしようかな?」と考える必要がありません。献立を考えるのは毎晩一回。あとは一回忘れておいて、冷蔵庫のメモを見て「ああ、そうそう、今夜は肉だった」と思い出しながら機械的に作ればよいわけです。
昼間や夕方に「今晩なににしよう?」と考える時間がゼロなので、気持ちも楽になります。

もちろん、突発的ないただきものとかがあれば、臨機応変にチェンジ。あんまりガチガチにすると、かえってストレスフルです。あくまでも予定ですから。

我が家の献立は、基本的に「ごはん、みそ汁、+おかず一品 or 二品」。みその消費量はすごいです。
ご飯を炊くのは長男の仕事。お箸を並べるのは次男の仕事です。
夕方、子ども達が帰ってきてからは自分の仕事ははかどらないので、子どもと同じ部屋で一緒に遊んだり、本を読んですごします。暖房費の節約にもなりますしね。
子ども達のお腹のすき具合を確認して、だいたい18:00には「さて、じゃあ父さん、ご飯つくるわ」。

そんなに料理のレパートリーがあるわけでもなく、ストイックな食生活なので、たま~の外食や、「好きなカップラーメンを選んできて食べる日」や、僕が仕事等で遅くなる日の「二人で1000円、コンビニで好きなものを買っていい日」には大喜びです。
そういうのはあくまでも「イベント」にしたいので、できるだけ小出しに使っています。たまにあるから嬉しいんだよね。

子どもの体調も、食事を見ているとわかります。小さい子どもは、37.5℃くらいの熱だと元気にしてるんですが、確実に食が細くなっています。
食生活は大事ですね、といいながらロクなものを食べさせていないので、新聞のレシピを切り抜いてみたりしています。
これでいいのか? これでいいのだ!

|

« 2007.01.23.原宿クロコダイルでライブ | トップページ | 六畳一間でいい »

コメント

田舎育ちの我々としては(特に海が近いので)魚食わされたよねぇ~!?
今や贅沢(?)な話となりつつありますが、半分ぐらいもらった魚とか、近所からもらったオカズだったんだよなー。そう考えると田舎のありがたさって沁みてくるなー。

投稿: いさお | 2007.01.31 06:40

実家に帰ると、やっぱりご近所とオカズが行き来してましたね。
子どもの頃は魚の行商のおばさんとか来てましたね。
確かに、魚率は高かった。

投稿: まろ | 2007.01.31 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/13701819

この記事へのトラックバック一覧です: 二日分の献立メモ:

« 2007.01.23.原宿クロコダイルでライブ | トップページ | 六畳一間でいい »