« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007.04.27

三宅伸治「BLUES'N ROLL」

久しぶりに何度も聴き返すCDに当たりました。
三宅伸治「BLUES'N ROLL」
01 Fly me to the High way
02 月がかっこいい
03 夢の途中
04 Forever Young
05 Birds
06 いっしょのブルース
07 BLUES'N ROLL
08 夏が終わる頃
09 夕立ち
10 Midnight Special

三宅伸治さんは、RCサクセション時代のキヨシローの運転手をしてた人です。「笑っていいとも」にキヨシローが出演したときは、頭を「落書きボーズ」にして、アンプ持ちとして出演していました。

その後、自身のバンド「MOJO CLUB」を結成、アナログのライブ盤LPが発売されました。吉祥寺のレコード屋で買ったそのLPがなかなかよかったので、今はなき新宿ロフトへライブを見に行きました。

その後もソロ活動と平行して、タイマーズへの参加をはじめとしてキヨシロー、チャボとの共演も数多く行なっています。
年末のチャボのライブにゲスト出演し、チャボが「伸ちゃんとこの曲やりたかったんだー」と言ったのは「年の瀬」という曲だったでしょうか。渋谷公会堂だったと思います。
また、キヨシローのバンドでは、バンマスの役割も見事にこなしています。

まず、声が好き。少しかすれていて、伸びのある歌声です。さすが、キヨシローの直弟子(?)、僕の好きな、歌詞が聞こえる声です。
次にギターが好き。ブルース、ブギー、ロックンロール、カントリー、R&B、なんでもこいです。
そしてなにより、歌詞が好き。きっといい人なんだろうなぁと思います。今回のアルバムでも、耳に残るフレーズが多々あります。
♪裏通りの話はもう まるで興味がないんだ(Fly me to the High way)
♪あん時ゃ悪いことしたな/どうか君、友達でいてくれよ(Forever Young)
♪彼女は俺のもの 稲妻が走る(BLUES'N ROLL)
♪朝日が夜を消してくれるまで/あの娘をギュッと抱きしめる(Midnight Special)

ちょっと友部正人を感じる(僕も三宅さんも、友部さんが大好きです)、ピリッとした日本語を歌う人です。

そしてそしてこのアルバム、10曲入りで、全部通して46分程度なんです。
何度も書いてる気がしますが、アルバムはLP時代の46分がいい。
途中でタバコ吸いに行きたくならないし、トイレに行きたくならないし。ついもう一回聞きたくなってしまう、ちょうどいい長さ。

そこらのCDショップではなかなか見つからないのかもしれませんが、ぜひ多くの人に聴いてもらいたい一枚です。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.04.18

PTAの役員決め、沈黙の時間…

先週、小学校のPTAの役員決めがありました。クラス懇談会のメインイベントです。
在宅・フリーで仕事をしているので、比較的平日昼間の時間が取りやすい僕としては、何かやってもいいかな、と思っていました。ちなみに去年は「広報委員」でPTA新聞を作りました。
で、6年生のクラスで「保体委員」になりました。主な仕事は、5月の運動会の裏方仕事と、年一回の「給食試食会」の開催。年間通して忙しいわけではなく、仕事の期間が集中しているので、これならなんとかなるかと。

2日間にわたる懇談会。初日の6年生のクラスで委員になったので、2日目の2年生のクラスではお役御免。
…なんですが、2日とも、なかなか委員って決まらないんですよねぇ。司会者も指名するわけにもいかず、あくまでも立候補で決めたい、じゃんけんやくじ引きにしたくない、とがんばっておられるのですが、いやぁ~な沈黙の時間が続きます。
「どなたか立候補、おねがいできませんか?」
「(しーん)」

僕はあの沈黙の時間が耐えられない。パパッと決めちゃおうよ!
2学年で委員、掛け持ちしてやろうかと、真剣に思ったですよ。

そして2日目の懇談会の後、「保体部」の顔合わせ。各クラスから一人ずつ選ばれたお母さんが集まります。そして、部長・副部長を決めるわけですが、ここでもまたあの、いやぁ~な沈黙。もうダメ。我慢できずに、部長になりました。

ただでさえ、仕事のやりくりがうまくいかず、家計は火の車なのですが、PTAの部長とかやってていいんでしょうか?

そして昨日はPTAの役員会。前年の部長さんと仕事の引継ぎをしました。
資料はきちんと整理されており、活動実績もわかりやすくまとめてあります。ほら、主婦もちゃんとした仕事、してるじゃん。
前の部長さんとは顔なじみだったので、困ったときには気楽に相談できます。よかった。思ったよりも仕事は楽そうです。

役員会の報告の順番が回ってきた際、アドリブで
「さっそく、保体部から連絡があります。本日お集まりのみなさんは、運動会前日、全員てるてる坊主を作って、各自自宅にぶら下げてください」
と言ったら、きっちり議事録に残ってしまいました。
ありゃりゃ。ウケようと思って、うかつなこと言えないのね…。

まずは5月の運動会。
明るく、気持ちよく、ケガがなく。楽しく裏方仕事をしたいと思います。
「てるてる坊主運動」、広めたいですね。全校の教室や職員室、全生徒の家庭に、いっせいに、思い思いのてるてる坊主が下がるって、楽しくないですか?
「てるてる坊主コンテスト」とかも面白そうだなぁ。いやいや、あんまり新しいことやると来年の人が大変になるのね。
穏便に、穏便に…。でもやってみたーい!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007.04.10

次男にグローブを買ってやった日

春休みがようやく終わりました。
夏休み、冬休みは帰省というイベントがあるのですが、春休みは盲点でした。
小学校の新6年生と新2年生の息子二人が毎日、家にいるのです。
…仕事ができません…。やっぱり狭い家の中に子ども達がいると、集中できないんですよね。この期間、仕事は毎回土壇場で、火事場の馬鹿力でこなす連続でした。

今年は土日がうまくくっついていて、春休みが長かったんです。
もうひとつのストレスは、毎日子どもの分も昼食がいること。一人なら、さらっと外で食べてきたりできるんですが。給食ってありがたいなぁとしみじみ感じました。

子ども達は子ども達で、いい加減退屈していたようです。いつもの「カードゲーム」「あやとり」「読書」などだけでは、飽きちゃいますよねぇ。
長男はグローブを持っています。ずいぶん昔に買ってやったものです。ボールを引っ張り出してきて、一人でアパートの庭の壁相手にキャッチボール。
次男にはグローブがありません。長男は左利きなので、貸してもらっても使えないのです。

僕が小学生だったころ、ご多聞にもれず、野球が流行りました。「今日は●●のグランドで3組と試合な!」と号令がかかります。
しかし僕の親は、なぜかグローブを買ってくれませんでした。何度も、何気なく「グローブ、欲しい」と僕なりに気を遣いながら、遠まわしに匂わせたのですが、ダメでした。幼稚園の頃にひとつ買ってもらっていたからだと思います。しかし、そのグローブはいかにも小さく、軟式ボールをまともに取れない、ちゃちなものでした。
その代わり、母親は勤め先の高校の野球部が捨てていった、折れたバットを持って帰ってくれました。

当時、道具を持っていない子は放課後の野球に誘ってもらえませんでした。僕に声がかかったのは、ビニールテープでぐるぐる巻きにした、折れたバットを持っていたからでした。
しかし、グランドへ行っても、守備にはグローブを持っている子しかつけません。両チームあわせて、グローブの数はギリギリでした。
僕は同じようにあぶれた子同士で、砂場で遊んだりして過ごしました。

僕は球技が苦手です。
サッカー、ラグビーならヘタなりにどうにかなるのですが、何しろグローブがないとキャッチボールがまともにできない。どんどん球技が苦手になっていきました。
僕の左手の薬指は、他の指と違って後ろに反らないので、ギターを弾くとき困ることがあるのですが、これはグローブなしでキャッチボールをやってたときに突き指をしたからです。

僕はグローブ貯金を始めました。毎週、たしか10円ずつ。もらったお小遣いを貯金箱に入れ、うっかり使わないように、仏壇に置いていました。でも結局買えませんでした。悔しくて、残念でした。
そのうち、バット(当時、金属バットなんてなかったですね)を持つ子が増え、いつのまにか放課後の野球には声がかからなくなりました。

という過去のトラウマがあったので、次男には速攻でグローブを買ってやりました。「おぉ~」と歓声があがり、早速兄弟で外へ飛び出していきました。
とりあえず、春休みの遊びがひとつ増えました。しかも外で。
よかった、よかった。

しかし、その分仕事が捗るかといえば、否。相変わらず締め切りとの戦いは続いています。
締め切りにもマケズ、春休みの子ども達にもマケズ、テキパキと仕事をする。
そういう人に、わたしはなりたい。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2007.04.05

お母さんはいつから天丼を大盛りで頼むのか?

しばらく前のことですが、小学校のPTAの集まりで、和風ファミリーレストランに行ってきました。当然、僕以外はお母さんばかり。7~8人だったでしょうか。

ランチのメニュー選びでまずは大騒ぎ。なかなか決まりません。セットメニューなのですが種類が多くて、「こっちはドリンク付きなのよね」「家であんまり作んないから、天ぷらもいいわねぇ」「このセット、きっと現物来たらこんなに多くないわよ」、とひとしきり揉めたのでした。

そしてようやくオーダーの段になると、「私、天丼セット、ご飯大盛りにしてください」という人が約2名。メニューの写真を見る限りでは結構ボリュームありそうなんですが。

お母さんはいつから天丼の大盛りを頼むようになるのでしょうか?
・もともと大食
・だってお腹空いてるんだもん
・いまさらカロリー計算なんてしないわよ
などが要因なのでしょうが、ちょっとビビりました。
いまさら男の目など気にすることもなく、多少太っても満足いくほど食べたいという欲求優先。若い頃はがまんしてたんでしょうかね?
普通の握り寿司のセットを頼んだ僕に、「それで足りるの?」的な視線を感じました。

さらに……みなさん当たり前のようにデザートにあんみつとか頼むのでした(一人だけデザートじゃなくて生ビール、っていう人もいましたが)。
僕も勢いに押されて「豆かんてん」を食べました。

お母さん達、よく食べます。そしてその分のカロリーを今すぐに使いきろうとでもしているかのように、よくしゃべります。
今回の話題のテーマは、主に来期のPTA活動について。本部役員になってくれと水面下で根回しを受けている人、部長にならなくてすみそうな委員はなにか? そして先生の異動についての憶測。
11:30に集合して、解散したのは15:30でした。酒も飲まず。

信じられなーい。すごいパワー! そりゃ大盛りも頼むわな。
僕はほとんど聞いていたのですが、途中で疲れました。大盛りにするんだった。
昼間の専業主婦たちはパワーを持て余しています。PTA委員とかで発散してほしいものです。

僕は「主夫」がウリのキャラクターだと思っているので、今期もPTAの委員はできるだけやろうと思っています。
お母さん達の生態、面白すぎ。

清算時には、PTAからの「打ち合わせ代」と、各自持参の割引クーポン券を差し引いた上で、各自自分の頼んだ分だけを支払います。会計係のお母さんは電卓持参。きっちり割り勘です。男同士だったらアバウトに割っちゃうところですね。

いやー、主婦って面白いです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.04.01

3/31 恵比寿「5F」ライブ

3/31(土)、恵比寿「communication lounge 5F」でライブをやってきました。
約束の時間に着いたら、本日の主催者の松阿彌 靖くんと、ブルースハープの森澤郁夫くんがリハの最中で、セッティングはできあがっていました。

僕も簡単にリハを済ませたら、開演一時間前。無性にビールを飲みたくなった僕が、「ちょっとビール一杯飲んでくるわ」と出かけようとしたところ、森澤くんもご飯食べときたい、とおっしゃるので、二人で駅前の居酒屋「三橋屋」へ。
開店直前だったのが幸いして、奥の離れの座敷へ通していただいたのでした。まだ仕込み中とのことで、刺身と冷奴でビール。キリンクラシックラガーです。
頼んだ中落ちもホタルイカも大盛り。普通の店の三倍くらいありそうなのに、良心的なお値段。「のれそれ」まで頼んですっかりくつろぎモード。中瓶二本飲んじゃいました。

そして開演時間を少し過ぎて会場に戻ると、すでに松阿彌くんのステージが始まっていました。いやぁ、すまんすまん。

本日のセットリストは以下のとおり。
1)Tangled Up in Blue /ボブディラン
2)アナーキー・イン・2DK/セックス・ピストルズ
3)ガソリン・アレイ/ロッド・スチュワート
4)クレイジー・ラブ/ヴァン・モリソン
5)野生の王国/(オリジナル)
6)ハッピーのテーマ/(オリジナル)
7)こりゃどうも/(オリジナル)
8)ワイルド・ホース/ザ・ローリング・ストーンズ

意訳替え歌は控えめに。ボブディランとストーンズは初お披露目でした。
途中、松阿彌くんがギター&コーラスで突然参加してくれ、盛り上げてくれました。サンキュー。

僕の次に登場したのが、「六九狂木版、打撃六弦弾、六力霊媒師」のヴィヴィアン・アリスさん。独特の雰囲気を持った女性でした。弾き語りとポエトリーリーディング、なんか目をそらせない、絵になる人でした。
彼女の木版画はこれまた独特の雰囲気を持っており、こちらもなかなか気に入りました。どーぞ、よろしく。

そしてトリは、松阿彌 靖くんと森澤郁夫くんのステージ。さすがというべき貫禄で、アバウト感とエンターテインが同居した「ロック」なライブを延々と繰り広げました。

今回子ども達は、「長い時間つき合わされるのは退屈だ」というので、お留守番。夕飯はファミリーマートで、カラアゲと菓子パンを買ってきて食っていました。僕が帰宅したときには爆睡状態。何事もなかったようです。
安心して、あらためてゆっくりビールを飲んだのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »