« サンタは、いる。 | トップページ | ハロー、2008! »

2007.12.28

GLAYを観ながら、年の瀬

ブログ友達の小径さんから、GLAYのDVDを送ってもらいました。正直なところ、GLAYは守備範囲ではないのですが、小径さんの気持ちがありがたく、今月上旬に届いていたのを、昨夜やっと観たのでした。

ギターのTAKUROが一人で「20th Century Boy」風なフレーズを弾くところから始まります。一人ずつメンバーが出てくる演出です。
TAKUROっていう人はきっと、真面目で誠実な人でしょうね。とてもていねいにギターを弾く人だなぁと思いました。
メンバーの中で、唯一ちょっと黒っぽい。他のメンバーは白いので、混ざってグレイなんでしょうね。

「HOWEVER」と「誘惑」はバンドでやったことがありました。友人の結婚式の二次会。コード進行や、レゲエっぽいリズムが独特で、ものすごく苦労してギターを弾きました。
そのときの模様を、友人でいま一緒にバンドをやっている松阿彌靖くんが、面白おかしく「グレイ・ブルース」という歌にしてくれました。

久しぶりにちゃんと聴いたGLAYは、BOOWYっぽさが少し抜けて、ちょっとエアロスミスや、ガンズアンドローゼズみたいなところもありました。
でも、小径さん、ごめん、歌詞が聴き取れないよー。
もう一人のギターの人は、「ゼマティス」というメーカーのギターをメインに使ってましたね。高いんですよー、あのギター。キース・リチャードやロン・ウッドが使って有名になりました。布袋寅泰も持ってたな。あ、あと、元プリンセス・プリンセスの中山加奈子も、こないだ使ってました。

我が家の子ども達は、スキマスイッチとコブクロとポルノグラフィティを、ずーっとかけています。これからラジオを聴いて、幅を広げてほしいものです。
さて、彼らはこれから、どんな音楽にハマっていくのでしょう? 今はBGMみたいにして聴いていますが、いつか、ラジカセの前に正座して、同じ曲を何度も何度も繰り返して聴くような歌にめぐりあってほしいものです。
ラジカセは、少年の武器だから。

明日から島根に帰省しますので、しばらくブログの更新はお休みします。
それではみなさま、よいお年を。

|

« サンタは、いる。 | トップページ | ハロー、2008! »

コメント

送ってからしばらく経つので少し後悔していたところです。
余計なお節介だったかしら・・・って。

すみませんねぇ、お時間を割いて見てくださって。

TAKUROさんだけでなくメンバーは全員真面目で誠実です。
一番真面目なのはベースのJIRO君です。

ゼマティスを弾いているのはHISASHIさんです。かれはもう1本このギターを持っています。メタルとシェルを。

歌詞が聞き取れない!!
きっとLIVEハウスだからかな・・・
昔チャゲアス・ファンの友人をドームに連れて行ったとき、「凄いかつぜついいね。アスカなんか全然何言ってるかわからないよ」と言いました。
まあ、TERUさんの発音は癖があるから
ファンにしか聴こえない音があるのかも(笑)

では、ご実家で良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしく(^o^)

投稿: 小径 | 2007.12.28 18:07

なるほど、ベースのJIRO君が一番真面目ですか。確かにそんな気がしますね。
TAKUROさんは、インタビューも感じよかったです。彼がバンマスっぽいですね。

では、小径さんも、よいお年を。

投稿: まろ | 2007.12.28 19:03

息子さん、これから楽しみですね~♪

今年はいろいろとお世話になりました。
お会いできたのも、嬉しかったです。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 香夜 | 2007.12.29 11:58

あけましておめでとうございます。
さて、子ども達はこれからどうなっていくのやら……。
どたばた家族、今年も前を向いて進みます。

投稿: まろ | 2008.01.05 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/17502795

この記事へのトラックバック一覧です: GLAYを観ながら、年の瀬:

« サンタは、いる。 | トップページ | ハロー、2008! »