« 10円ハゲ、その後 | トップページ | 一年分の感謝 »

2007.12.22

麗蘭@横浜・THUMBS UP

12/21(金)、麗蘭を見に行ってきました。自分へのクリスマスプレゼント。
麗と蘭 2007年冬季限定 アコースティカルライブ 「1+1」。

横浜までは一時間ほどかかりますが、実は乗り換えなしで行けるので、案外近いのです。とはいえ、あまりなじみのない横浜、それも結構様変わりしていて、駅の中でちょっと迷ってしまいました。
会場のTHUMBS UPはかなり広くて(100席くらい?)、食事メニューも豊富で(食べませんでしたが)、ちょうどクロコダイルを広くしたような感じ。
整理番号は80番台だったのですが、早めにいったので、ステージ正面のいい席に座れました。

2年ぶりの麗蘭。今回はリズムセクションなし、仲井戸”チャボ”麗市と土屋”蘭丸”公平の二人だけ、アコースティックバージョンのツアーです。
10月に発売されたミニアルバム「1+1」からはもちろん、古い曲も二人用にアレンジして、たっぷり聴かせてくれました。
オープニングは『ミッドナイト・ブギ』。17年前、麗蘭結成、最初のツアーを水戸まで見に行ったときのオープニング曲です。二人ともギターはオープンチューニング。バンドバージョンより少しテンポを落としたブギーでステージは始まりました。

チャボはこの店で不定期にDJをやっているそうです。蘭丸はこの店の店頭に飾りでぶらさげてあったフルアコのギターが気に入って譲り受け、修理して今回のツアーで使っています。「里帰りです。社長、ありがとう!」と言っていました。

「1+1」のアルバム、正直なところ、当初はあまりピンとこなかったのですが、聴き込むうちにだんだん好きになってきました。これが二人の「今」のブルースなのだな、と思いました。
アルバム以外の曲では、『マンボのボーイフレンド』『メリークリスマス・ベイビー』がよかったなぁ。

テーブル席に相席で座っていたのですが、僕の対面には、20代くらいの女の子が一人で来ていました。
スケベオヤジみたいですが、なにしろ目の前にいるので、どうしても彼女の動きが目に入るんです。
飲み物はホットティー。フライドポテトが夕食でしょうか。開演前にグッズを買い込んでいました。その若さで麗蘭が好きって、将来楽しみだなぁ、ウンウン、と、とても嬉しい気持ちになりました。
開演まで、しきりと手帳を開いては何やら書き込んでいます。日記かなぁ?
「ここの席、空いてますか?」「はい」しか言葉をかわしていないのですが、とても好ましい女の子だと思いました。

彼女は何を感じて帰るんだろう?
とても嬉しそうに拍手をする彼女の姿に、なんだかとても「いいなあ」と思ったんだ。
世の中、捨てたもんじゃないな、と思ったんだ。
いや、だから、スケベ心じゃなくてね。

自分へのクリスマスプレゼント。
いい子にしてれば、いくつになっても、サンタはやってくる。君にも僕にも。

あ、チャボが「ツアー中、ハヤカワとメール交換もしたんだ。絵文字入りだぜ」と言ってました。早川さん、どんなメール送ってるんですか!

|

« 10円ハゲ、その後 | トップページ | 一年分の感謝 »

コメント

向かいの女の子も含めて、いいライブだったみたいですね。くやしいなぁ、行きたかったなぁ。

投稿: ハル | 2007.12.24 00:41

よかったですよー。THUMBS UPは、我々40代にやさしいお店でした。
麗蘭結成20周年の時には、チャボ60歳、蘭丸50歳だって。感慨深いです。

投稿: まろ | 2007.12.24 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/17442407

この記事へのトラックバック一覧です: 麗蘭@横浜・THUMBS UP:

« 10円ハゲ、その後 | トップページ | 一年分の感謝 »