« 一番すげえのは、プロレスなんだよ! | トップページ | 眠いのです »

2008.02.20

息子にAマイナーのコードを教えてやる

小6の長男が、がんばってギターの練習をしています。あれこれ弾いていたのですが、今挑戦しているのは、ローリング・ストーンズの『アンジー』。
僕の本棚にあった『ソロギターのしらべ』という本を引っ張り出してきて、譜面を追っかけはじめました。

次男に向かって、『アンジー』ってさ、元のタイトルは英語で『Angie』だけなのに、なぜだか日本語のタイトルは『悲しみのアンジー』なんだよ。「悲しみの」なんて単語、ホントはついてないんだよ。これって、ひどくネ? と言っていました。ごもっともでございます。
何でもかんでも「悲しみの」とか「恋人達の」とかつけちゃう時代だったんだよ。

『ソロギターのしらべ』は、アコースティック・ギターで、バックのコードと主旋律を一緒に弾くという、かなり高度な本です。
そこで、一番かんたんなコードの押さえ方を教えてやりました。まずはAm、そしてE7。紙に押さえる弦と指使いを書いてやりました。
これが押さえられるようになったら、次はG、そしてF、Cと待っています。

僕もはじめてギターを持ったときは「ヤングフォーク」とか「ガッツ」とかの雑誌を見て、コードを一個ずつ覚えたもんなあ。がんばりたまへ。

中学にいっても、できれば部活はやりたくないそうです。それより家に帰って、本を読んだり、CDを聴いたり、ギターを練習したりしたいと。
まあ、それならお金もかからないのでありがたいっちゃあ、ありがたいんですが。

ただいま、隣りの部屋でAマイナーのコードが鳴っています。まだまだ時間はかかるでしょう。飽きずに続けられるかどうか。

長男がはじめて覚えるコードはAマイナー。Aマイナーな人生にならないことを祈ります。
あ、でも待てよ、Aマイナーでもいいか。Gに展開するときに気持ちいいもんね。


|

« 一番すげえのは、プロレスなんだよ! | トップページ | 眠いのです »

コメント

「ヤングフォーク」とか「ガッツ」でコード覚えたんだ。俺は「平凡」とか「明星」のソングブックで覚えた様な気が・・・。
その後は、「ヤングギター」と「プレイヤー」かな?
息子とセッションする日が来たら楽しいだろうね!!

投稿: いさお | 2008.02.20 23:35

「ヤングフォーク」とか「ガッツ」……。
姉貴が買ってきてたものです。家に転がってたのを、勝手に失敬して読んでました。

荒井由美が「ヤングフォーク」にエッセイの連載をしていて、横田基地のパーティにもぐりこんでピザを食べた話を書いていました。
その頃、ピザというものが如何様なものなのかわからず、空想していました。
まさか、同級生がピザ屋さんになるとはね。

投稿: まろ | 2008.02.20 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/40195271

この記事へのトラックバック一覧です: 息子にAマイナーのコードを教えてやる:

« 一番すげえのは、プロレスなんだよ! | トップページ | 眠いのです »