« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.31

チャボのギターが盗まれた……

仲井戸麗市”チャボ”の楽器を乗せた機材車が、車ごと盗まれたらしい。
以下、公式サイトより引用です。

--------------------------------------------

盗難楽器の発見にご協力下さい。

機材車の車両盗難が発生し、積み荷の仲井戸麗市の機材も併せて盗難されました。
早期の換金売買の可能性が高いと思われる為、些細な情報でも構いませんので、
心当たりが有る方は是非ご連絡、ご協力をお願いいたします。

以下が盗難機材です。

Gibson Chet Atkins SST
(ギブソン チェットアトキンス)
日頃、SOLOのステージなどで頻繁に使用していたギターです。
ステッカーが剥がされている可能性がありますが、ボディが黒く塗られているものは他には無いと思われます。

Fender JAPAN Telecaster Custom
(フェンダー テレキャスターカスタム)
黒のカスタムです。ヘッドのロゴ部分に「Plusten」と書いてあるステッカーが貼ってあります。剥がされたとしても長年貼ってありましたので、日焼けの後も残っています。ピックガードを外すと「試作」というシールが貼ってあります。

TRACE ACOUSTIC TA200S
(トレースアコースティック)
チェットや他のアコースティックギターを弾くときに使っていたアンプです。黒いケースに入っています。
アンプ上面に鳥の羽根のシールが貼ってあります。アンプの枠は木製で色はナチュラルです。

Fender Pro Jr.
(フェンダー プロジュニア)
ボリューム位置に目盛りの印が貼ってあります。
キャビネット内に共振防止に使うゴム板を入れてあります。箱はFender G-DECの箱です。

YAMAHA DD-7
おもちゃの様なリズムマシンです。
黒のゴッホの布トートバッグに入れてあり、アダプター(延長しているのでコードは長いです)も一緒です。

以下、エフェクターです。
特徴は特に有りませんが一度に大量に目にする機会が無いと思いますので、情報をお待ちしています。
BOSS FBM-1
BOSS PH2(使用感が大分あります)
DOD コーラス(相当古いです)
BOSS DM-2(使用感が大分あります)
以上、エフェクターボードに収納されています。
・BOSS FBM-1(箱付きです。) ・VESTAFIRE オーバードライブ

また、機材車の中に残されている可能性もありますので、
長時間放置されている車がお近くに有る場合はご連絡又は警察への通報をお願いいたします。
機材車の特徴は以下です。ナンバープレートは交換されている可能性があります。
・メーカー:トヨタ
・車種:ハイエース SUPER GL
・年式:平成17年
・ナンバー:横浜400 に 3744
・車台番号:TRH200-0028012
・色:ダークブルーマイカメタリック(青)
・特徴:ノーマルの200系ハイエースです。右後部バンパーに擦り傷、左前部バンパーに擦り傷があります。荷室の床には木の板が敷いてあります。

盗難日時:平成20年3月26日17時頃~翌27日10時頃の間
盗難場所:神奈川県横浜市港北区樽町4-5 (月極駐車場内)
届出警察:港北警察署

ご連絡先:TEL,03-3721-9284

(詳細は公式サイトをチェックしてください)
--------------------------------------------

チャボのショックは大きいだろうなぁ……。

G10ギブソンのチェット・アトキンスモデルは、RCサクセションが活動を停止して、麗蘭を始めるときに、心機一転購入したギター。約20年前でしょうか。
麗蘭の最初のツアーでは、ほとんどこのギターを使っていました。「どこのギターだろう?」と思って、御茶ノ水の楽器屋さんを探した記憶があります。でも、当時もこの色はなくて、ナチュラルカラーしか売ってませんでした。
今でも現役バリバリで使っていたので、チャボにとっては相当思い入れがあるはず。

G08フェンダージャパンのテレキャスターカスタムは、それよりもっと前。RCの活動と並行して出したアルバム『絵』のツアー。今はなき、新宿の日清パワーステーションのライブでこれを取り出し、歌ったのは『ホームタウン』でした。ガンガンハウリングさせて、狂気の叫びを鳴らしていたギター。

エフェクターだって、相当年代物。長い時間をかけて選び抜き、生き残ってきた現役の機材のはず。

本人にとってももちろん大切な、大切な楽器ですが、ファンにとっても大事な楽器なんです。

楽器だけじゃなくて車ごと、っていうのが心配です。
数年前、友人がパーキングエリアで5分ほど離れた隙に車を盗まれました。警察は「あー、それ、たぶん返ってこないから、免許やクレジットカードの紛失手続き、早めにしてね」という態度だったそうです。
「今頃、車体番号削られて、東南アジアかなんかに売り飛ばされてるんだろうね」なんて話してました。

チャボのギター、粗末に扱ったら、ぶっとばすぞ!

僕に何ができるのだろうか、と考えて、ブログの記事にしました。
そのギター、質屋で見かけた、とか、放置されてるハイエースがある、とか、お客さんが売りに来た、とか、なんでもいいから見つかってほしい。

清志郎の自転車が盗まれたときは、確か新聞に載って、一般人が放置されてるのを見つけたんだよね。
あの奇跡をもう一度。
チャボはバンドマンなんだよ。ギターを愛してるんだよ。わかってくれよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.03.29

長男・みちのくひとり旅~その後

2008032723115520080327231333

三泊四日のひとり旅から、長男が無事に帰ってきました。
夜の20:00過ぎの帰宅だったのですが、ドアチャイムが鳴ったとたん、次男がダッシュで迎えにいきました。次男も寂しかったんですね。

「ただいま」という顔を見て、ちょっと驚きました。いつもむっつり、不機嫌な顔をしているのに、笑ってる!
ニコニコしながら「いやー、疲れたよー」と言っています。
その顔を見ただけで、行かせてよかった、と思いました。

そして、お土産を披露。
八戸で買った「せんべい汁」と「フリーズドライりんご」。
十和田湖で買った、ふくろうのストラップ(なぜか北海道土産、と書いてありましたが……)。
盛岡で買ったせんべい二袋。
そしておまけは、十和田湖のおみやげ物屋さんで、ひとり旅だといったらおまけしてくれたというお菓子。
盛岡の南部せんべいは、「はじき」といって、ちょっと壊れたり焦げたりしたものの詰め合わせ。この辺は、オレの息子だなあ、としみじみ。

ビジネスホテルの朝食バイキングで見かけた面白い話、乗り継ぎで2時間待たなければならないのに何もなかった宮古駅。辛かった盛岡の冷麺……。
たくさんの土産話を持って帰りました。

次男はすっかり甘えモード。ちょっとしたことで赤ちゃん泣きをしてしまいましたが、長男は笑いながら「おまえ、泣くことないだろ?」と余裕で軽くいなしています。
うん、たくましくなった気がする。

39枚全部撮り貯めたインスタントカメラは、早速現像に出しました。しかーし。十和田湖の白鳥以外は、なぞの風景ばかり。本人以外には意味不明です。ま、いいか。

でも、さすがに疲れたのでしょう。翌日には高熱とじんましんで寝込みました。
うん、よくがんばった。たくさん休んでくれ。おかえり。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.03.27

昨日は久しぶりに大酒を飲んだのでした

10年ぶりに会った方と、15:00からファミレスでビールを飲み始め、その後二軒はしごして、23:00まで。さすがに、帰宅してからの記憶がありません。よく飲んだなー。

今日は子ども達が二人ともいません。
月に一回の精神科のカウンセリングに行きました。新しい先生です。
帰りに途中下車して水天宮へお参りに行きました。知り合いの方のおめでたが続いているのです。安産祈願の絵馬を三つ買いました。

いい天気。水天宮の桜の花は開ききっています。
喫茶店の隣りの席では、就職活動中らしきスーツの女子大生が履歴書を書いています。
なんか、春ですね。

世の中が決算を迎え、また新しい季節が始まります。
こんなとき、オレハコンナコトヲシテイテイイノダロウカ? と、どうしても考えてしまいます。銀行へ寄ってお金を引き出したとき、残高を見てすっかり憂鬱な気分になったので薬を飲みました。

夜には長男がひとり旅から帰ってきます。「お土産が増えて困っている、と弟に伝えてください」というメールが届きました。元気そうです。

今日はいつものスーパーの特売日。
さて、また主夫に戻らないと。

悲しい気分をぶっとばすには、ロックンロールだな。
昨日届いた、自分宛の誕生日プレゼント、ボブ・ディランのDVDを観るとしましょう。
新しい替え歌を思いついたんだ。
四月にはきっとお届けできると思います。
どうぞ、よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.25

長男・みちのくひとり旅

小学校の卒業式を終えた長男が、ひとりで卒業旅行に出かけました。八戸~盛岡の三泊四日。
そもそものきっかけは、長い春休みは持て余すだろうなあと思い、「おまえ、ひとりでおじいちゃんちとかへ遊びに行くか?」と問いかけたことでした。長男は「ひとり旅」という部分に強く反応しました。

当初の彼のプランは、「計画なし、お金なし、いつ帰るかの予定を決めない放浪旅」でした。行き先は風任せ、寝袋ひとつの気ままな旅。
うーん、気持ちはわからんでもないが、行く先々で保護・補導され続けることは確実。毎日身元確認の電話が鳴ることでしょう。それは、めんどくさい。

それにまだ夜は寒いです。野宿には限界があるでしょう。かといって、ホテルや旅館に飛び込んでも、小学生一人を泊めてくれるわけがありません。
そう説明をして、「最低、宿泊先は事前に決めて予約しておかないとダメ」と無理矢理納得させました。

宿を決めるとなると、自然に日程を組まざるをえません。そもそもどこへ行きたいのかもまだ決まっていないのです。
自分でネットでいろいろ調べて、出た結論が東北。なぜ十和田湖なんでしょう? 僕にはわかりません。たぶん本人にも、たいした理由はないと思います。
次は時刻表を見ながらルートを選定。八戸・十和田湖間のバスの運行状況が不明だったので、自分で電話して確かめさせました。

ルートと日程がほぼ決まったので、JRのびゅうプラザへ行きました。応対してくれたお姉さん、最初は驚いていたのですが、長男の希望を根気強く聞き、詳細な旅行プランを作ってくれました。お姉さん、ありがとう。
往復のチケットの手配と、ビジネスホテルの予約、支払いをして、保護者承諾書にサインしました。

昨夜、「ホテルは快適。今のところ厄介事はなし」とメールが届きました。今日は十和田湖観光、明日は各駅停車を乗り継いで、一日かけて盛岡へ移動です。
着替えの他の持ち物は、文庫本、MDプレーヤー(ヤフオクで1000円で落としました。彼のお年玉での購入です)、そしてノートとペン。

きっと旅先では、知らない大人とたくさん触れ合うでしょう。
三陸の海を見ながら列車の中で聴くのは、ボブ・ディランかな? ストーンズかな? それともB’zかな?
たくましくなって帰ってきてくれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.23

さよなら、銀色の自転車

長男が、おじいちゃん・おばあちゃんからもらった中学入学祝で自転車を買いに行きました。自分がもらったお金で、自分で選ぶので、ちゃんと予算も考えて買いました。上はキリがないですから。
青い、渋めのデザインの26インチ。「マウンテンバイクじゃなくてもいいけど、ハンドルは横にまっすぐなほうが乗りやすい」というこだわりだけはあったようです。うん、なかなかかっこいい。

喘息で寝込んでいた次男も、ようやく起き上がれるようになったので一緒について行きました。お兄ちゃんが乗っていた自転車が、今度は弟にお下がりです。高さを調節してもらって、嬉しそう。
早速二人で乗り回してきました。長男は、タイヤがでかくなったぶんだけスピードが出るのでびっくりしたそうです。次男はまだ慣れなくて、踏み切りの段差で二回転んだそうです。

そして、長男から次男へと乗り継がれてきた小さな自転車は、お店に引き取ってもらいました。
銀色のボディに赤いパーツの自転車。
我が家に来たのは8年前のクリスマス。長男4歳、次男が産まれた直後でした。
サンタさんから届いた、ピカピカの自転車。長男はとても喜んだものでした。
補助輪を付け直して次男のお下がりとなったとき、次男もとても喜びました。
補助輪が取れたのは、二人とも6歳のとき。どちらのときも、僕と一緒に神社の境内で練習して乗れるようになりました。あの瞬間って、嬉しいですよねー。

8年も乗れば、すっかり土にまみれ、あちこちへしゃげ、すっかり風格があります。
兄弟を乗せて8年間走ってくれた銀色の自転車。
本当にいろいろなところへ連れて行ってくれた、銀色の自転車。
長い間おつかれさま。
ありがとね。バイバイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.21

子どものケータイ

長男には、3年生だか4年生だかのときに携帯電話を買ってやりました。一人で一時間かけてフリースクールに通っていたので、「今から帰る」「電車が遅れてる」といった連絡がとれるようにと持たせました。
当時はまだキッズ・ケータイがなかったので、大人用のもの。いまだに同じものを持っています。先日、無料の電池交換をしてきました。

去年は一回、無料の音楽だかゲームだかをダウンロードしてしまい、パケット料金が2万円以上かかったことがありました。ちょうどよい機会だったので、携帯電話の料金と通信の仕組みを教えてやりました。

6年生になると、同級生もちらほら携帯を持つようになり、時々友達からメールが届くようになりました。
いつぞやは、立て続けにメールが来て、いちいち返信しているので怒りました。「電話で話したほうが早いだろ!」

卒業式の翌日の謝恩会の日、子ども達のテーブルではケータイを持ってる子同士で、電話番号やメールアドレスの交換をしていた様子。きっと長男のアドレス帳も、少し件数が増えたことでしょう。ちゃんと女の子のアドレスも交換したか?

中学生になって自分の部屋を持つ子が増えると、寝る前に仲のいい友達にメールを送りたくなるのは、わかるような気がします。きっと、修学旅行の夜みたいな感覚でしょうね。僕もそんな環境があったのなら、きっとやってると思う。
しかし、我が家は当分「川の字」。子ども各自の部屋を持てる予定はありません。一人暮らししなさい。

でも「30分以内に返信しないと仲間はずれになる」とかってなっちゃうと、明らかに行き過ぎですね。
「メールは電話と違って、後で返事をしてもよいのがいいところ。あわてて返信する必要はなし。急ぎの用なら電話で」
「送って、返して、の複数回で終わらせるのが基本」
「メールの文章はキツくなりがち。工夫が必要」
「メールで第三者のことを話題にすると、こじれがち」
この際、メールのルールは教えとかないといけないですね。

と思っていたら、昨夜の夜中に長男のケータイにメールが入りました。時計を見たら一時前。長男も目を覚ましました。
「おい、メールか? 読むのは明日の朝でいいから、ほっとけ!」
これからは「寝る前にはケータイの電源を切る」というルールも必要みたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.19

髪ングアウト?

目下の悩みは散髪です。これまでのペースならそろそろスポーツ刈りにしちゃいたいところなのですが、後頭部の10円ハゲ、いまだ生えてくる気配なし。だから短くできないんですねぇ。結構目立つのです。
襟足だけでもさっぱりしようかとも思うのですが、たったそれだけのために床屋へ行くのももったいないし。まあ、しばらくはこのままほっておこうかな。

10円ハゲの写真をブログに掲載したように、僕は自分に起こった「不運」なことは、早めに自ら面白おかしくカミングアウトして、できれば笑いにしてすませたいタチです。
これって、「西」の人の感覚なんでしょうか? 小さい頃から吉本新喜劇で育っていますから。
この間読んだ、大谷由里子さんの本にも似たようなことが書いてありました。

でも、「東」の人って、そのへんの感覚が違うみたいなのです。
前の会社で、いつものように自分の悲惨な経験を暴露して笑いをとったところ、「東」の上司に呼び出され、「露悪趣味で感じが悪いからやめろ」とマンツーマンで注意されました。それからというもの、会社で自分の私生活について、誰にも話すことができなくなって、かえってストレスがたまりました。

東とか西とかの問題でもないのかなー?

近所とのトラブル、子どもの不登校、食道アカラジア、うつ病、色盲、離婚、借金、貧乏……。
できれば笑い話にしてしまいたいんですがね。当事者に迷惑がかからなければ、僕がいいのなら別に構わないと思うのですが、聞いてて気分悪い人もいるのかな? と思うと、うかつにしゃべれなくなりました。
カミングアウトすると、「いや、オレの知り合いにもこんな人がいてさー」とか「僕もおんなじですよ」とか、いろんな情報が聞けたり、アドバイスをもらえたりして、参考になることのほうが多いんですけどね。

トークの技術の問題なのかな? でもオレ、芸人さんじゃないしさ。
結論としては、やっぱり吉本新喜劇は子どもの頃から見ておいたほうがいい、ということですかね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.03.17

明日は卒業式です

長男の小学校生活が終わろうとしています。今日は最後の給食。バイキングだって。
明日が卒業式、水曜日がPTAによる「卒業を祝う会」、金曜日は中学校の新入生テスト、土曜日は保護者の打ち上げ。忙しいなあ。

卒業式の長男の服装は、僕のワイシャツ、ネクタイにジャケット。ズボンは普段履きの中でもシンプルな黒のコーデュロイ。靴だけは新調した黒のスニーカー。ワイシャツはさすがに袖が長いのですが、まくって隠すことにしました。

今朝は兄弟で一緒に登校する最後の朝でした。
思えば、登校拒否をしていた長男に学校に行かせるきっかけは、「転校する新しい学校に弟を連れて行ってほしい」というものでした。
2年間、行きも帰りも兄弟一緒でした。黄色い帽子が二つ並んで出かけるのも今日が最後です。

約2年半、長男はよくがんばって学校へ行きました。弟の面倒をよくみてくれました。
クラスでは「孤高のアウトロー」だったみたいですが、それなりに自分のキャラクターを確立したようです。担任の先生は手を焼いたようですが、すみません、こんなヤツなんです。

次男は4月から3年生。いよいよ独り立ちしなくてはなりません。自分で家の鍵を持って、一人で留守番もしなくてはなりません。
クラス替えがあるので、放課後つるむメンバーも新しくなるのでしょう。今までの友だちはクラスが替わっても友達。そこに新しいクラスの友達ができるんだから、友達の数がうんと増えるね。友達って増えていくものなんだよ。

長男は長い春休みに、ある計画を立てています。
たくましくなって中学校に行ってくれ。

さあ、春休みか。仕事が捗らないだろうなあ。どうしよう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.15

なにか始めよう、新しいこと

昨夜は雨の中、下北沢のロフト六九狂Vivienne★のライブを見に行きました。
久しぶりの下北沢、ロフトの前まで行っていたのですが通り過ごしてしまい、ちょっと迷ってギリギリに入りました。

トップがVivienne★。シルバーのグレッチ、かっこいいですね。まだ使いこなしきれていないみたいですが、空気を切り裂くギターを聞かせてほしいものです。
スペシャルで即興詩をやってくれました。客席からのお題は「山椒魚」と「クリオネ」。山深い清流にひそむ山椒魚と、北の海に浮かぶクリオネが、はるかかなたにいながら同じリズムを感じあう、という物語でした。うん、こういうの、好き。

彼女の言葉のセンスは光っています。ギターを殴り弾きしながら言葉をたたきつけるスタイルは、とてもパンクです。
ライブ、行ってあげてね。おすすめは、4/16の浅草KURAWOODだそうです。行けるかなあ?

4/16(水)Vivienne★企画第3弾「サムライワルツ」 浅草KURAWOOD
 北村幸生/もののふ(Vo&Aco)/桜の花、満開の上/エルカホン/六九狂Vivienne★

終演後、二番目に出ていた「PUMP」という二人組みのデュオの男の子達と少し話しました。滋賀から二年前に上京して、がんばっています。
声がロックですね。親を泣かすなよ。

客席にオグリ昌也くんが来ていてびっくり。おー、元気?
今夜、阿佐ヶ谷でオグリくん主宰のイベントがあります。顔出すよ。

3/15(土)Asagaya Juke Joint!! vol.1
場所→阿佐ヶ谷 Oil City
出演→オグリ昌也 北野オサム(昨夜のロフトのライブのトリの方でした) 高哲典
スタート→19:30 ¥1000(ドリンク別)

若い人達が自分なりにステージで表現しているのを見るのはいいもんですね。もちろん、稚拙だったり、物足りなかったりすることもありますが、彼らが一生懸命「今の自分」をたたきつけている姿はかっこいいです。がんばれー。

そして僕は僕で、いろんな形で表現を続けていこうと思います。
仕事もそのひとつ。
このブログもそのひとつ。
たまに歌うのもそのひとつ。
そして、さらに新しい表現に挑戦してみようと、今作戦を練っています。

会社員時代は、仕事そのものが僕の表現でした。いつも、新しいこと、まだ誰もやっていないことを探していました。
お客さんや上司や同僚に、「えっ?」とか「おっ!」とか思ってもらえるのが一番面白かったし、楽しかった。

さあ、春だ。また始めよう、新しいことを。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.13

野鳥少年

小学2年生の次男は、この一年間「クモ(蜘蛛)」が最大の関心事でした。学校の休み時間や放課後は、友だちとクモ探し。教室で飼っています。
図鑑もたくさん読んで知識も豊富になりました。先日実験をしたらしく、「クモは視界がすごく広い」という発見をし、帰ってくるなり興奮した口調で教えてくれました。なるほどー、勉強になるなあ。

彼が今、もうひとつ関心を持っているのが「野鳥」です。
去年の春、業間休みに校庭で遊んでいたら、次男の肩に小さな鳥がとまったそうなのです。驚いてみんなで図鑑を調べたところ、シジュウカラらしい、ということがわかりました。
それからというもの、何とかアパートの庭に鳥を呼べないかと、本を読んでバード・フィーダー(餌場)を工夫して作りました。
「エサは何にするの?」と聞いたところ、いろいろ彼なりに考えた結果、公園でドングリをたくさん拾ってきました。でもねぇ、ドングリを食べるくらい大きな鳥は来ないと思うんだけど。

家の近所を歩いていると、住宅街なのにいろんな鳥の声が聞こえます。スズメはもちろんですが、ちょっと変わった鳥も見かけます。
すっかり鳥博士になった次男と一緒のときは、教えてもらいます。
「今鳴いてるのは何?」
「あの、電線にとまっている鳥は何?」
メジロやムクドリ、他にも何種類かいるみたいです。

先週の夕飯のとき、ふと思い出して「鳥のエサにお米をやったらどうかな?」と言ってみました。最初はスズメだけかもしれませんが、毎日エサをやっていると、いろんな鳥がくるかもしれないそうです。
我が家のお米の管理者は長男なので、「○○ちゃん、お米、少しわけてもらってもいい?」と許可を得て、窓際の物干し台の下にお米を少し撒いて寝ました。
翌日の昼間、僕がふと見ると、お米が全部なくなっています。
「鳥、来てるよ!」

それからは、毎晩次男がお米を少し置きにいくことになりました。アパートの暗い庭に一人で行くのは、まだ少し怖いようですが、じきに慣れるでしょう。
昨日の昼間、窓際にあるパソコンで仕事をしていたら、「チー」という鳥の鳴き声が聞こえたのであわてて覗いてみたら、尻尾の長い小鳥が逃げていくところでした。

次男に教えたやったら大喜び。
「なあ、籠に入れて鳥を飼うより、鳥が毎日来る庭があるほうがいいよねえ」
「うん、絶対、そっちのほうがいい!」
ホントは大家さんの庭で、うちの庭じゃないんですけどね。

今日はまだ来客がないようです。「鳥のレストラン、開店中」の立て札がいるかもしれませんね。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.11

GW公開映画「アイム・ノット・ゼア」

「I'm not there」という映画の試写会に行ってきました。
公式ページ http://www.imnotthere.jp/

66歳にして今なお現役の、ボブ・ディランをテーマにした映画です。監督、トッド・ヘインズ。
非常にユニークなのは、ボブ・ディランの人生を6人の役柄に分割し、6人の俳優さんが演じていること。ボブ・ディランにまつわる6つのストーリーがコラージュされ、トータルで「ボブ・ディラン」を表現しています。

「プロテスト・フォークを歌う革命家」(クリスチャン・ベイル)
「古き良きアメリカを象徴する無法者=ビリー・ザ・キッド」(リチャード・ギア)
「フォークと訣別した反逆のロックスター」(ケイト・ブランシェット)
「偽りの結婚生活を送る映画スター」(ヒース・レジャー)
「アルチュール・ランボーに傾倒した詩人」(ベン・ウィショー)
「自らの音楽ルーツを探る放浪者」(マーカス・カール・フランクリン)

エピソードとして好きだったのは「放浪者」かな。11歳の少年がギターケース一つ抱えて、貨物列車で旅をします。「過去の世界ではなく、今の世界のことを歌いなさい」という言葉にショックを受けるシーンが印象的でした。

しかし、黒のサングラスに水玉模様のシャツの頃のボブ・ディランを女性が演じるというアイデアにはまいったなあ。ケイト・ブランシェット、この役でたくさんの賞を受賞したそうです。うーむ、おいしい役だ。すげえかっこいい!2008022800000001cinemoviview000この人が、「あの」ボブ・ディランをやるんですよ。びっくり!
役名は「JUDE」。イギリス公演で観客から「ユダ(裏切り者)!」と野次られるシーンが出てきますが、ライブ盤で音だけ聴く限りでは、実際にはそんなに大騒動ではなかったみたいですけどね。

僕はシャルロット・ゲンズブールがよかったなあ。アルバム『フリーホイーリン』のジャケットみたいなシーンも出てきます。『I want you』が流れるセックスシーンはとても美しいです。

ビートルズも出てきます。ブライアン・ジョーンズも出てきます。ウディ・ガスリーも出てきます。「ミスター・ジョーンズ」も出てきます。
大好きなドキュメント映画『DON'T LOOK BACK』に重なるシーンもたくさんあります。そして、ボブ・ディラン本人も出てきます。

ボブ・ディランを全然知らない人には、ちょっと難しいかもしれません。でも、ボブ・ディランが好きな人は、絶対に観たほうがいいです。お楽しみに。

エンディングだけは、ガクッとしてしまいました。
だって、まったく同じ終わり方の映画を知ってるんだもん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.09

楽しいぞ! ホワイトデーのプレゼント選び!

今年のバレンタインデーも、息子達に圧勝だったのでした。
「ホレホレ、こんなにチョコレート。欲しいか? これぜーんぶ、父さんのだもんねー」
「ちょうだい、ちょうだい!」
「ヤダ」
「えーっ!」
「うむ、まあそんなに言うならしょうがない。少しやるから、ありがたくいただきなさい。少しだけだぞ。しかし、君たちはモテないんだねー。モテないって、寂しいねー。よしよし、順番に並んで。モテなくてかわいそうな君達に、モテる父さんから少しおすそわけしてあげよう。いやー、モテないって、わびしいねー。ガハハハ」

そしてホワイトデー。
以前いた会社で、女子社員が合同でチョコレートをくれたので、
「お返しも合同にしないか? めんどくさいし」
と若い部下に相談したところ、
「いえ、やっぱり一人一人で返しましょう。僕、もう用意しちゃいましたし……」
とのお言葉。なるほどねー、そういうところが君がモテてる理由だね。手を抜いちゃイカン、ということを教わりました。

今年は遠くの人もいるので、初めてネットで手ごろなものを探しました。楽天市場の「ホワイトデー特集」コーナーへ。これが結構楽しい!
会社宛に送るから、みんなで分けられるほうがいいよなー。甘いもの(「スゥィーツ」なんていわねえぞ!)、自分でも好きなのですが、通販でお取り寄せなんてしたことがありません。
人にあげるものなのですが、食べ物の好みまではわかんないから、結局自分が食べたいもの、食べてみたいものを選ぶわけです。おいしそうなものがいっぱい!

で、あれこれ探して、コレ↓にしました。

ネット限定!いちご大福といちご桜餅
苺大福と苺桜餅の期間限定贅沢セット
12ヶセット 送料無料
いちご桜 4個いちご大福 (小倉・クリーム)各4個 合計12ヶ
価格 2,500円 (税込) 送料込

配達日指定ができて、ラッピングがついて、送料無料。分けっこして食べるのにちょうどよさそうで、季節感があって、めずらしくて、おいしそう。
日本中で2名の方に、3/13に届くはずです。心当たりのある方、お楽しみに!

でもこれ、おいしそうだよなー。
ただいま現在、自宅にもお取り寄せしようかどうか、すっごく迷っています。
うちは3人暮らしだから、こっち↓のほうがいいかな?

春限定 いちご桜餅の入った 和なごみスイーツセット
いちご桜:3個、ロールケーキ:一本、よもぎ大福:3個
価格 2,600円 (税込) 送料込
小麦粉じゃなくてお米を使ったロールケーキ。どんな味なんでしょう?

プレゼントは、もらうよりあげるほうが好き。
苦労は、あげるよりもらうほうが好き。

あ、だから貧乏なのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

GATEWAY by HARRY(ex.The Street Sliders)

ストリート・スライダーズは、2ndアルバム「がんじがらめ」からずーっと追いかけていたバンドです。
今回のアルバムは、ボーカル&ギターのハリーによる、デビュー25周年記念のセルフカバーアルバム。全曲スライダーズの曲。うー、たまらん。

スライダーズのライブには、ペイズリー柄やインドテイストの服で着飾って、髪を逆立てたファンが集まる、ちょっと異様な空間でした。
MCなんて、ほとんどなし。そのぶっきらぼうなライブには、骨太なロックンロールと、実は繊細なハリーの歌があふれていました。
アンコールはないのが普通。たまにアンコールに応えてくれると会場は大騒ぎでした。

今、ハリーはバンドスタイルとソロスタイルのライブを行っています。このアルバムは、ソロスタイルのハリーです。
アコースティックかエレキの弾き語りに、ハリー自身がギターとコーラスをダビングしています。リズム隊はなし。12弦ギターも弾いてるよ。
音からは、ジョニー・サンダースのアルバム「Hurt Me」を思い浮かべました。

収録曲を、オリジナルアルバム発表順に並べ替えてみます。

M7) あんたがいないよる (1st.「Slider Joint」)
M8) すれちがい (1st.「Slider Joint」)
M1) のら犬にさえなれない (1st.「Slider Joint」)
M5) 鉛の夜 (2nd.「がんじがらめ」)
M2) Dancin' Doll (2nd.「がんじがらめ」)
M10)TOKYO JUNK (3rd.「JAG OUT」)
M3) カメレオン (3rd.「JAG OUT」)
M6) PACE MAKER (3rd.「JAG OUT」)
M12)Easy come,Easy Go. (3rd.「JAG OUT」)
M11)Angel Duster (5th.「天使たち」)
M4) Baby,途方に暮れてるのさ (7th.「BAD INFLUENCE」)
M9) 風が強い日 (7th.「BAD INFLUENCE」)

このアルバム、全曲「BAD INFLUENCE」までの曲、つまり25年の前半の曲だけで構成されているんですね。ベスト盤では「REPLAYS」まで。
たぶん、ツアーに向けて選曲し、今回のアルバム制作にあたって”ソロで歌いたい曲”を選んだら、たまたまこうなったのでしょう。

僕は勝手に、ストリート・スライダーズの歴史は、「JAG OUT」までが”起”、「天使たち」が”承”、「BAD INFLUENCE」以降が”転”、冬眠以降が”結”だと思っています。そうするとこのアルバムは”転”までのスライダーズなんですよね。

ソロ活動開始当初のインタビューでハリーは「スライダーズでどっぷり演ってきた曲は、やりたくないんだよね」と語っていました。
しかし、いい曲はいい曲だとふっきれたんでしょう。
ハリー自身がコーラスを入れる「Angel Duster」を聴くと、胸が痛みます。やっぱりあのコーラスは、蘭丸の声がほしいなあ。でも、過去にひたるアルバムじゃないですからね。ハリーの「今」とは、こういうことなのだろうと思います。

WEBで予約をして買ったのですが、同時に届いた2枚組みのソロ(バンドスタイル)のライブ盤は、まだ封を切れないでいます。
だってこのアルバム「GATEWAY」がかっこよすぎるんだもん!

日本中のスライダーズファンが、スピーカーの前で正座して聴いていることでしょう。

HARRY公式サイト→Harry Station
(通販オンリーのCDやDVDが買えます)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.05

今週、自動車免許の更新に行ったのです。ペーパードライバーだから、ゴールドで5年ぶりの更新。で、当然、顔写真を撮るわけなんですが。
……なんや? このボーっとしたオッサンは!
5年前の顔と全然違う。ピリッとしたところが全然ない。

その後、taspoカード申請のために、自分の顔を携帯で撮ったのですが、やっぱりボーっとしてる。
イヤな大人の顔だ。いつからこんな顔になっちゃったんだろう……。

古い免許の顔は会社員時代。毎日毎日、売上げと利益と、取引先と部下のことしか考えていなかった。
今は毎日、今夜の飯のことと銀行の残高のことを考えながら、洗濯物を干している。
歳をとったからだけではなく、日々の緊張感がないのが理由のような気がします。この顔じゃあ、モテないですね。

2008年4月 僕・44歳、長男・中1、次男・小3
2011年4月 僕・47歳、長男・高1、次男・小6
このあたりまでは、フルタイムで仕事はできないだろうなあ。
あ、長男が高校に行ってるとは限りませんが。

2012年4月 僕・48歳、長男・高2、次男・中1
この年が勝負かもしれません。48歳なら、まだなんとかなるか?
2014年4月 僕・50歳、長男・大1、次男・中3
この年には、もう成し遂げていたいですね。父さんも、もう一花、咲かせたいんだよ。
あ、長男が大学に行ってるとは限りませんが。

2012年にはコトを起こそう。逆算すると、時間があるようで、実はもうあんまりないんですね。準備を始めないと。

しかし、今のこの顔じゃあねえ。ホントにイヤな顔だ。ズルくて、口先だけの大人の顔だ。

長男が中学生になります。
大人はきっと、都合がいいときには「もう中学生なんだから」と言い、
都合が悪いときには「まだ中学生なんだから」と言うでしょう。
父さんもそんな大人の一人かもしれない。
でも、そんなのに負けるな。
大人とのケンカのしかたを覚えろ。
負けるな。あきらめるな。大人を困らせてやれ。
父さんもあきらめないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

大谷由里子さん講演会

昨日、「大谷由里子の『新春』特別講演2008」に行ってきました。朝倉千恵子さんのメルマガ・ブログで大谷さんのことをベタボメだったので、申し込もうとしたらキャンセル待ち。でも、すぐにキャンセルが出たようで、チケットが届きました。

大谷由里子さんは、新卒で吉本興業に入社、横山やすし、宮川大助・花子らのマネージャーを務め、現在は地域・人材・企業活性のプロデューサーを手掛けるかたわら、ご自身も全国で講演・研修を行なっていらっしゃいます。

ナマの大谷さんを見るのは初めてでしたが、登場した瞬間から、笑顔に引き込まれました。最初のうちは緊張されているのか、ずーっと笑顔だったのですが、講演が進むにつれて、真面目な表情の合間に絶妙なタイミングで、素敵な笑顔を見せてくださいました。

「人を元気にできると、人も仕事もお金もついてくる」
「持つべきものはアホな友達」
「30代以降になったら、スキルを若い世代に伝えていくべき」

アホな友達なら、たくさんいますがね。

入場時には「ハッピーの法則2008」という、名刺サイズのカードが配られました。早速、毎日開く手帳に挟んでみました。

2008030308172720080303081952
休憩時間に本を買って、サインをしてもらいました。
そして、終了後に、チケットに振られている番号で抽選があるというので確かめてみると……グレープシードオイルが当たっていました!
主夫の僕には、一番嬉しい賞品。ありがとうございました!
その他にも、お土産付き。

こんなに得して帰っていいのだろうか? と、心配になるくらいでした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.01

確定申告は、e-Taxで?

別称「フリーランスのボーナス」、確定申告の季節です。取られすぎた税金を取り戻すために行ってきました。一年分たまった領収書類をせっせと分類し、計算したら一日かかりました。
しきりとすすめられる電子申告ですが、いきなり最初の欄から、どの金額を記入していいのかわからない、というていたらくでしたので、今年も例年通り、税務署へ。

会場のレイアウトが去年までとは大きく変わっていました。
パソコン入力を自分でするコーナーと、入力から全部お任せコーナーの二つに分けられています。
でも、相変わらず混んでますねえ。

「自分で入力」コーナーへ行き、まずは収支内訳書の記入。経費の計算はしていったのですが、一部よくわからないところがあったので質問して、わりとすんなり終了。
すると、パソコンコーナーへ案内されます。アルバイトの女の子が、各パソコンに一人ずつついています。

僕は株の譲渡があったので、まずはそこから。
実は「50万円の元手で、2ヵ月間でいくら儲けられるか?」という実験の、素人サンプルをさせられることになり、泣く泣くキャッシュローンでお金を借りて、株を買ったのでした。
ちなみに2ヵ月間の成績は5000円ほどの儲け。判定は「典型的な素人」でした。

で、アルバイトのおねえちゃんに教わりながら画面に入力するのですが、変なエラーがずっと出ます。
「ちょっと、聞いてきます!」とおねえちゃん。
係りの人に来てもらったら、一番最初の選択画面で間違えていました。

そして控除関係。「生命保険の支払いをこれだけもらったのですが」
「ちょっと、聞いてきます!」
また別の係りの人がやってきて、「ああ、これは無視していいです」

あれやこれやと入力して、最後のボタンをクリックしたら「あなたの還付金は0円です」って、おいおい!
いや、そんなはずはない、絶対に返ってくるはずだ、と、僕、もう必死。1ヵ月分の生活費を見込んでいたものですから。
「ちょっと、聞いてきます!」
またさらに別の係りの人が来たので、一生懸命、おかしいのだと主張したところ、「ああ、これ、源泉徴収税額が入力されていませんね」。入力しなおしたら、やっと無事に税金が戻ってくることになりました。ふー。

しかし、アルバイトのおねえちゃんについててもらってこれでは、とてもe-Taxで自分で申告、なーんて気にはなれませんね。もらいそこねるわけにはいきません。
二人くらい我が家に来てくれて、手取り足取り説明してくれるんならできるかもしれませんが。できれば若いお姉さんをおねがいします。

ところで、職業欄に「文筆業」と入力しようとしたら「分泌業」と変換されました。これ、なんかAV男優みたいで、いいなあ、と思ったのですが、やっぱり直してしまいました。
僕って、まだまだ小者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »