« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.31

チキンラーメンとサラダ

先日、僕が仕事で夜出かけることになり、夕飯はいつものように、レトルトの丼モノにしようと思いました。
「カレーは飽きただろ? 牛丼とか、中華丼とかにする?」
「うーん、それもなぁ……。チキンラーメンとか食いたいなぁ」
「いいねえ、チキンラーメン! 食べたい!」
確かに、チキンラーメンって急に食べたくなりますよね。

「じゃあ、お前ら自分達で作って食べる?」
「ああ、いいよ」
「でもさ、チキンラーメンだけっていうのも寂しくない?」
「……じゃあ、サラダつけるとか」
「自分達で作れる?」
「サラダくらいなら、なんとかなるでしょ」
「何入れる?」
「レタスに、キュウリ、トマト……」
「オクラも! オクラ食べたい!」

昼間のうちに、野菜類とチキンラーメンを買っておきました。
「じゃあな、父さん出かけるから。メシ食って、風呂入って、先に寝とけよ」
午後一番で出かけました。

帰宅は22:30くらい。アパートの電気は消えていました。
ちゃんとエアコンの電源も切っているので、暑い暑い。
部屋を覗くと、長男・次男とももう寝ていました。

「こいつら、ちゃんとメシ食ったのかな?」
流しに食器の山がありました。
冷蔵庫をチェックすると、レタスが半分になり、キュウリが一本減り、プチトマトがほとんどなくなり、オクラも減っていました。それからタマゴも二個減っていました。

ラーメンの丼と、サラダを盛ったらしい皿が二つ。お湯を沸かしたやかんもそのままでした。なぞだったのは、あと二枚平皿があったこと。
あー、こいつら、はじめて自分達でご飯作って食べたんだなー、次は洗い物もしてもらわなきゃな、と思いながら皿を洗いました。

次の朝、聞いてみました。
「ご飯、ちゃんと食べたか?」
「うん」
「うまかったか?」
「うん」
「○○(次男)も手伝ったの?」
「レタスちぎって、お皿に盛った。ドレッシングかけた。キュウリはお兄ちゃんに切ってもらった」
「サラダ、多かったんじゃない?」
「すげー多かった」
「ところでさ、お皿が二枚余分にあったのは、何に使ったの?」
「チキンラーメンのふた(なるほどー!)」
「タマゴ乗せる穴が小さくて、タマゴがぐにゃ~ってずれるんだよ」
「自分で作ったご飯はおいしいよねー」
「うん、うまかった」

写真撮っといてもらえばよかったなー。はじめての料理。
見たかったなー。
次は、僕の分も作ってもらわないと。
あー、楽しみ楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.29

赤いズボン

次男の小学校の夏休みの宿題に「市内のどこかへ行ってくる」というレポートがありました。うーん、これは困った。どこかないかなー。
「市内」っていうのが、微妙なんだよなー。

ちょうど年金の手続きがあったので、一緒に市役所へ行くことにしました。自転車でも行けなくはないのですが、あえて電車で行きました(「○駅から○駅、△線」みたいな欄があったので、電車かバスで行きたかったみたいです)。

駅からの道々、地図を確認しながら歩きました。「ほら、この道をまっすぐあっちへずーっと行くと、うちの近くの消防署の前につながるんだよ」。
僕が手続きをしている間、彼は住民課の受付の椅子に座って、スケッチ。
さて、せっかくきたのだから、なにか話を聞きに行こうということになり、飛込みで広報課へ。
「○○小、3年3組の△△といいます。夏休みの宿題なので、教えてください。市役所は、なにをするところですか?」
窓口のお姉さん、最初困ってましたが、一生懸命、親切に、わかりやすく教えてくれました。
次男も満足。いやー、よかったよかった。宿題がひとつ終わったねー。

「父さん、ちょっとタバコ吸ってくるから、待ってて」「僕もついていく」。
思いがけず、市役所の喫煙コーナーまで見学することになりました。
職員は勤務時間中は禁煙だって。でもそりゃそうだよなー、こーんな庁舎のはじっこまで勤務時間中に来てたら、時間がもったいない。

帰り道にジーンズショップに立ち寄りました。僕のズボンが足りなくなっていたので、いいのがあったらほしかったのです。
漠然と「赤いズボンがいいな」と思っていました。特に意味はないのですが。そしたら、手ごろなお値段で、ちょうどイメージに近い、赤いダメージジーンズがありました。
「父さんが履くとして、ここにある色の中でどれがいいと思う?」
「赤以外ならいい」
「どうして?」
「赤いズボンを父さんが履いてると、一緒に歩くのがちょっと恥ずかしいかも」
はい、迷わず赤いズボンを買いました。

父さんな、いかした大人になんかなりたくないんだよ。
いかれた大人になりたいんだよ。
悪いな、付き合ってちょうだい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.07.27

ドラマ『正義の味方』のスネアドラム

JUNO/ジュノ』の記事を書いてあらためて思ったのですが、映画やテレビドラマでの音楽って、かなり重要ですよね。
関連して思いついたのが、このところ気に入っているテレビドラマ『正義の味方』日テレ系、水曜夜10時。
志田未来と山田優の演技は、まあ狙いなんでしょうが、実にバラエティチック。ドタバタコメディ。
なんにも考えずに見ていられるところが好きです。

お母さん役は田中好子。
同じ日テレ系、前夜の火曜夜10時『学校じゃ教えられない!』には伊藤蘭が出ているので、元キャンディーズ対決が楽しめます。
今のところ、田中好子の圧勝かなあ。

さて、この『正義の味方』、劇中に流れる音楽がすごくいいんです。スネアドラムの音が耳にこびりつきます。さりげなくて、おしゃれで、独特で。
この音楽がなかったら、ちょっと見るの辛いかもしれない、と思うくらい。
全体のコミカルで、「ありえねぇー」という感じを、音楽がうまくまとめているように思います。
調べたら、音楽は小西康陽でした。なるほどー。

主題歌っていうのは、レコード会社とのタイアップがあるから、へんてこりんな曲がくっついてくるのはしょうがないとして、『正義の味方』の音楽は、すっごくいいと思います。
拍手。
やっぱり、こういうところにお金をかけてほしいですねー。
ちなみに、主題歌は全然印象に残ってないや。ごめん。

さて、『正義の味方』、原作は聖千秋さんのマンガだったんですね。懐かしー。
大学時代、「LaLa」で始まった僕の少女コミック生活に、「別マ」と「ぶ~け」を持ち込んだのは、友人のガールフレンドでした。その子の一押しが聖千秋だったんだよねー。
他にも女の子に、「少女マンガを語るなら、くらもちふさこの『東京のカサノバ』を読んでからにしてちょうだい!」と言われたこともありますな。

残念ながら、僕は聖千秋にははまらなかったんですが。当時の聖マンガに出てくる男の子はみーんな尾崎豊だった。よっぽど好きだったんでしょうね。
僕はいくえみ稜に走っちゃっいました。
読んでみようかなー、『正義の味方』原作マンガ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.25

映画『JUNO/ジュノ』面白かったー!

カウンセリングの帰りに映画を観てきました。子ども達には「仕事」と言ってあるのですが。
まもなく上映終了となる、『JUNO/ジュノ』 。
アカデミー賞最優秀脚本賞受賞作だそうです。

正直、半信半疑だったので、ギリギリまで『百万円と苦虫女』と迷ったのですが、久しぶりに洋画にしようと、行ってきました。

主人公のジュノは、イギー・ポップとストゥージズとパティ・スミスが好きな、ちょっとユニークな16歳。興味本位の一回のセックスで妊娠します。
当初は中絶を考えたものの、一転、産む決心をします。しかし、母親として子どもを育てるのは無理。フリーペーパーで里親を見つけ、産んだ子どもを養子に出すことにします……。

と、このあたりまでは、公式サイトの予告編やストーリー紹介でわかるので。
その先には、なんともいえずさわやかで、ジーンとする展開が待っています……。

お父さんが、かっこいい!
お義母さんは、もっとかっこいい!
妊娠のパートナーとなったクラスメイトの男の子のとまどいは、わかるような……。
里親の母となる女性は、素敵。
里親の父となる男性は……バカ。上映中に思わず「アホか、お前は!」とつぶやいてしまいました。
そして、ジュノ。いいよ、ジュノ!

エンディング近くで流れる音楽が、とても心に残りました。
「シー・オブ・ラブ」。演奏はキャット・パワーです。アコースティックな演奏と、歌声が、とてもいいなあ。
『Sea of Love』Cat Power

この曲、元々は古いスタンダード・ナンバーですが、僕はハニー・ドリッパーズで知りました。ロバート・プラントとジェフ・ベックが共演したやつです。
『Sea of Love』The Honey Drippers

音楽は全般によかったなあ。ちょっとサントラ欲しくなりました。

まもなく公開終わっちゃいますが、ぜひ観てほしい映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.24

カウンセリングで棚卸し

今日は月に一度の精神科カウンセリングに行ってきました。
行きの電車の中で手帳を見返し、この一ヶ月間に自分に起きたこと、現時点で困っていること、不安に感じていることを整理して書き出します。

今の一番の悩みは睡眠。子ども達が夏休みに入ったので、なかなか昼間自宅で仕事ができません。で、夜中に仕事をすることになるのですが、二時、三時まで仕事をしても、朝は長男が部活に出かけるので、7時前には起きて朝ごはんを作らないといけません。
そうすると、昼間眠くて、つい寝ちゃいます。生活が不規則だと、身体がだるくて、結局ずっと、ボーっとしています。

てなことをつらつら話していたのですが、ふとした会話のはずみに、先生がいきなり核心を突いてきたんですねー。
今まで話したことがなかった、たぶん僕の奥深くにあるトラウマのような部分。
不意をつかれて、問われるままに答えているうちに、あー、オレはまだこのことを引きずっているのだなー、と気が付き、びっくりしました。

ちょうど今、『コンサルタントの「質問力」』という本を読んでいるのですが、臨床心理士の基本は「傾聴」と「共感」だそうです。
相手の話をありのまま受け止め、「そうでしたか」「それは大変でしたね」と肯定し、そこから仮説を立てて、本質を探る。
目の前でそのワザを見せられて、なんか感心しちゃいました。

まだ若いおねえちゃんなんですがね。正直、先生が替わってから、「大丈夫かな、この先生?」と思うこともあったのですが(失礼!)、案外すごい人かも。

まあ、だからといって、薬が変わるわけでも、何かがすぐに解決されたわけでもないのですが、信頼度はグッと高まりましたねー。
でも、カウンセラーって、給料安いんでしょ? 歩合制?
それにしても、「プロって、すごい!」と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.22

明日、ハリー・ポッター最終巻発売です

7/23、『ハリー・ポッター』の最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』が発売になります。本屋さんではずいぶん前から予約を受け付けていますね。最終巻ということで、全巻入るケースも発売になります。

本屋さんの粗利って、出版社や本屋さんによっても違いますが、定価の約25%くらいなんです。1500円の単行本が一冊売れて、375円の儲け。500円の雑誌が一冊売れて125円の儲け。
そこから家賃や人件費、固定費を引いたら、町の小さな本屋さんの経営がいかに厳しいかわかりますよね。しょっちゅうレジが鳴らない本屋さんは、バイト一人雇うのも大変なんです。
かといって、レジにいつも人が並んでいる大きな本屋さんにしても、そのぶん家賃や人件費は多くかかっているわけですから、決して楽な商売じゃない。

僕が引っ越すときの条件は、徒歩圏内にそこそこの本屋さんがあること。今住んでいる町には、駅前に3軒の本屋さんがあります。
やっぱり本屋さんが好きなのです。なくなると、困る。
だから、できるだけ包装は断り(包装紙は本屋さんの持ち出しの場合がほとんど)、できるだけ雑誌もコンビニを使わず、行きつけの本屋さんで買います。

そこで、『ハリー・ポッター』。上下巻セットで税込3990円。これがいきなり180万部売れるわけですから、本屋さんにとっては実にありがたい商品。さっきの計算で、1セットあたり997.5円の粗利は、ものすごーく魅力的です。

だから、予約合戦、早朝販売合戦で盛り上がるわけです。
できるだけたくさん予約を集めて、できるだけたくさん仕入れて、できるだけたくさん売りたいわけです。
しかし、全国同時発売。隣りの店で買われたら大変だから、本屋さんも必死です。初日から3日間くらいが勝負でしょうね。できるだけ売ってしまいたい。
なぜなら、約75%の仕入れ代金は、すぐに払わなければならないからです。売れ残りを大量に抱えたら、即、経営が厳しくなります。

アマゾンの初回予約は8万部だとか。たしかに、重いし、送料はかからないし、発売日には届くし、通販向きの商品なのですが、僕としては、ここはあえて近所の本屋さんで買ってほしいのです。それもできるだけ早く。

僕は『ハリー・ポッター』を買う本屋さんを決めています。(そのへんのいきさつは、過去記事をどうぞ
明日は電車に乗って買いに行きます。

さまざまな思惑が絡まった『ハリー・ポッター』。でも、本屋さんが盛り上がって、売上げが上がるのは、とてもいいことだと思います。
しかしこれが最終巻。出版界の『ハリー・ポッター』祭りも、今回で最後です。来年以降の売上前年比は、落ちることでしょう。

さあ、まだ予約していないみなさん、どうせ読むんだから、ひいきの本屋さんへGO!
スイカぶらさげて帰ることを考えたら、軽いものじゃないですか。
「本屋さん、がんばって!」の気持ちも込めて、明日は『ハリー・ポッター』を買いに行きましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.20

ほおずき市のパトロール

昨晩、今晩と、地元で「ほおずき市」が行われています。僕は中学校のPTAの腕章をつけて、パトロール。
お母さん達と一緒に一時間交代なのですが、みなさんが協力的で、とっても楽。ありがたいことです。

僕は今のアパートに引っ越す前に、会場のすぐ近くに住んでいたので、すっかりおなじみのイベントなのですが、お母さんの中には初めて来たという人もいました。
昼間は大変な暑さだったのですが、パトロールが始まる頃にはちょうど涼しい風が出てきて、まさにお祭り日和。

パトロールといっても、担当時間帯に腕章をつけて会場内にいてもらうだけ。家族連れも大歓迎。たこ焼き食べてもいいですよー。ビール飲むときだけは、腕章はずしてねー。楽しんでねー。

中学生達、結構来てましたね。部活仲間で集まってる子が多かったかな。
ちょうど総体のタイミングなので、ばっさり坊主刈りにしてる子とか。似合ってるじゃん。
女の子は浴衣で来てる子もいましたね。男の子達は、同級生の女の子の浴衣姿にドキドキしたりするのかな? 恋せよ、中学生。

そんな中、遭遇しちゃったんだよねー。子どもを家において、旦那さんと手をつないでデートしてるお母さん。
いいねー。
そんなに恥ずかしがらなくても。堂々とデートしてください!

うちの息子達も行ってきました。「知ってる人に会った?」と聞いたら「会いまくり!」だそうです。
次男は、お手玉を的に当てる屋台に300円投資。中学の野球部の知り合いに代わりに投げてもらって、いい賞品をゲットしていました。調子いいヤツ!

お祭りはいいですね。子ども達がみんなニコニコしている。
さあ、今夜もパトロールだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.18

兄弟で帰省・ふたり旅

長男の中学校の8月の部活のスケジュールがようやく出たので、帰省の切符を買いました。
8月は僕のお仕事がタイトに入っているので、はじめて息子達二人だけで島根へ帰します。
長男に、みちのくひとり旅させといてよかったなー。お兄ちゃんがいれば、大丈夫。

残念ながら姉家族との日程が折り合わず、ほぼ行き違いになってしまいました。中学生になったとたんに、部活があるのでスケジュールが決めにくくなります。
地元の同級生達から「部活があって」「受験があって」なかなか帰省ができなくなった、と聞いていましたが、こういうことなのねー。

長男は中学生になったので、本来なら学割適用なのですが、スマン、今年一年間は、まだ小学生でいてくれ。
子ども(小人二人)だけの移動だと、安くあがるね。ウシシ。

次男が産まれる前、長男をおんぶ紐で抱っこして、飛行機で二人で帰省したこともあったなー。本人は全然覚えていないみたいですが。
着陸態勢に入ってから、トイレに行きたいと言い出して。子どもって、急にトイレに行きたくなって、行きたくなったら待ったなしなんだよなー。
しょうがないので、座席に備え付けの「汚物袋」におしっこさせましたがな。

あの頃を思えば、大きくなったものです。ついこないだみたいな気がするのに。

小学校、中学校とも、本日が最終日。実質明日から夏休みです。さて、彼らにとって、どんな夏休みになるんでしょうか?
兄弟二人旅も、いい思い出になることでしょう。

今日はこれから、次男の担任の先生と個人面談です。
学校で、僕が知らないことをいろいろしでかしてくれているんではないかと、心配。
では、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.16

ゆっくり待っている

忌野清志郎への、仲井戸麗市からのメッセージ
「ゆっくり」
「あせらず」
「ちゃんとな」
「ゆっくりでいいんだぞ」
「俺は待ってる」

きっと清志郎は、僕が見に行った7/11のチャボのライブが終わるのを待って、チャボに告げたのだと思う。ライブの前に動揺させないように。
「大丈夫だから」
「うん、待ってる」
僕もキヨシローを信じて、待っていよう。

山口冨士夫が、ライブの試運転を始めたらしい
ようやく病状がよくなりかけたところへ、追突事故によるムチ打ち。
それでも、川崎クラブチッタでのライブを目指して、病気と闘っている。
フジオちゃんを信じて、待っていよう。

大切な人が音信不通になった。この1ヵ月、連絡がない。
とんでもなく忙しくて、目の前の仕事に追われて余裕がなくなっているのだと思う。たぶん。
そんな時こそ、連絡してきてほしい。愚痴でもバカ話でも、なんでもいいから相手をするから、それでちょっとでも楽になるなら。なーんて考えるのは、僕の思い上がりなんだろう。
いつ返ってくるかわからないメールを信じて、待っていよう。

「ゆっくり」
「あせらず」
「ちゃんとな」
「ゆっくりでいいんだぞ」
「俺は待ってる」

待つほうも、待たせるほうも、信じてる。
だから、ゆっくりな。あせらず、ちゃんとな。
俺は待ってる。
俺は待ってる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.14

MONEY

**************
忌野清志郎のガンが転移したらしい。
夏の一連のフェスも、9月の野音もキャンセル。
祈るしかない。
公式サイトは、今現在つながらないまま。
**************

さて。今日はお金について書いてみようと思って、いろいろ書き始めたのですが、ダメですね。ブログに書けないことばっかり。
自分の恥をさらすのは一向に構わないのだけれど、お金が絡むと他人が絡む。どうしても誰かのことを悪く書くことになっちゃうことに気がついて、いったん書いた原稿を全部消しました。
フィクションとしてなら、面白い話がいっぱいあるんだけどなー。
お金がない人がお金がないことを語ると、どうしても卑屈になるんだなー。

結論だけ言えば、僕の通帳はこの10年間くらい、ずっと残高がマイナスです。いくばくかの最後の定期預金があるので、一定限度までは安い利息でマイナスでいられるのです。
だから正確には借金ではないのだけれど、あまり気持ちのいいものではありません。

サラリーマンで給料は上がっていったけれど、全然解消されなかった。上がったぶんだけ出費も増えていった。
毎月、住宅ローンを支払い、家庭に金を入れ、各種公共料金等が引き落とされ、前月のクレジットカードの精算が終わると、ほとんど何も残らなかった。てか、赤字だった。
こつこつ貯めていた「ヘソクリ」も、さまざまな事情で全部使い果たしました。マンションも処分して、今の僕の財産は「子ども」だけ。通帳記帳をするたびに、「ま、しょうがないか」とため息をつきます。

僕のクレジットカードは、独身時代に作った「Piaカード」だけ。ローリング・ストーンズの先行チケットが欲しくて入ったカードを、いまだに使っています。
その後、あちこちの銀行やクレジット会社からしつこくDMが来るので、何度か試しに申し込んでみたけど、一度も審査を通りませんでした。「ブラックリスト」ってやつですかね。

9/26、シーナ&ロケッツのチケットを結局買っちゃいました。ゲストは仲井戸麗市。
きっとチャボは『MONEY』を歌うと思う。浜田省吾じゃないよ。ビートルズ。
チャボと鮎川誠の『マネー』を聴いて、元気になりたいよ。
カネ、ねーか!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.12

Monthly CHABO Vol.2

昨夜は、南青山MANDALAに仲井戸麗市のライブを見に行ってきました。たまたまチケットが運よく取れたら、なんとゲストは早川岳晴(Bass)さん! ライブタイトルは「と・も・だ・ち」。こりゃあ、いい日に当たったなぁ。
先月、早川さんに会ったときに「来月のチャボさんとのライブ、行きますよ!」と言ったら、「あんな高いライブによく来るねー」なんて言われちゃいました。6700円。うーむ。

チャボは新しい「ギブソン・チェット・アトキンス・モデル」を弾いていました。盗まれたのとは色違い。
「いろんな思いを込めて」歌った『ギブソン』、ビートルズの『While My Guitar Gently Weeps』。「オレのギターがどこかで泣いてる……♪」
ギターを盗まれて落ち込んでいるときに、J.J. Caleを聴いていたそうです。『気分はJ.J.ケイル』という新曲もありました。

入場したときにアレッ? と思ったのは、ベースの立ち位置にマイクスタンドがあったこと。「今夜は早川さんも歌うんだ」と思っていたら、チャボに無理矢理(?)コーラスを歌わされて、早川さんすっかり困っていました。なんだか、昨夜の一番の見所だったような。ウキウキ♪

印象に残った曲は『ガルシアの風』『ジャングル』『さまざまな自由』、アンコールラストの『ホーボーズ・ララバイ』でしょうか。
早川さんのベースの表現はものすごく豊かで、チャボの世界を広げてるなー、と感じました。早川さんの曲『Ethology』をバックにしたチャボのリーディングも、キマッていました。

「MONTHLY CHABO」の今後の予定は、あと二回。
2008.08.10. with片山広明(sax)+たつのすけ(key)
2008.09.10. with新谷祥子(マリンバ)
(いずれも、南青山MANDALA)

新譜「Poetry」

9/26にはシーナ&ロケッツのライブにゲスト出演! う~ん、どうしようかな~。

早川岳晴さんのバンド「HAYAKAWA」は、4thアルバム『螺子 neji』発売。
ライブ予定は、
2008.07.16. 高円寺 Show Boat
2008.07.19. 名古屋 得三
2008.07.20. 京都 磔磔
2008.07.21. 大阪茨木 Jack Lion
2008.07.30. 江古田 BUDDY
2008.08.05. 横浜 Stormy Monday
興味ある方は、ぜひ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.07.10

いまさらながら『JUMP』

しばらく前の曲なのですが、忌野清志郎の『JUMP』という歌を繰り返し聴いています。

♪なぜ悲しいニュースばかり TVは伝える
 なぜ悲しい嘘ばかり 俺には聞こえる♪

用事があって中学校へ行ってきました。休み時間の校庭では、子ども達が、野球やサッカーをしていました。男子と女子がまざってバレーボールやってるチームもいたな。
なんか、すっかりたくましくなったなー。

♪世界のど真ん中で ティンパニーを鳴らして
 その前を殺人者が パレードしている
 狂気の顔で空は 歌って踊ってる
 でも悲しい嘘ばかり 俺には聞こえる♪

ネットに殺人予告を書き込むって、どんな感情なんだろう?
歩行者天国にトラックで突っ込むとき、彼は快感を覚えたのだろうか?

しばらく前に我が家のエリアにも小学生を殺すという掲示板への書き込みがあり、小学校は集団下校となりました。
今増えているのは、不審者。早朝、部活に通う女子中学生が狙われています。朝のすがすがしい空気の中、カッターナイフを持って。ニュースにはならない悪意が、身近なところに息をひそめています。

♪何が起こってるのか 誰にもわからない
 いい事が起こるように ただ願うだけさ
 眠れない夜ならば 夜通し踊ろう
 ひとつだけ多すぎる朝 うしろをついてくる♪

本当に、悪い事が起こらないように、いい事が起こるように、ただ願うだけです。
いつからこんな世の中になったんだろう?
でも、その世の中には、僕も含まれている。

♪Oh 荷物をまとめて 旅に出よう
 Oh もしかしたら君にも会えるね
 JUMP 夜が落ちてくるその前に
 JUMP もう一度高くJUMPするよ♪

君達が今校庭でそうしているように、高くジャンプしてくれ。
絶望する前に、ジャンプしてくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.08

切り替えスイッチがほしい

気温の変化が激しいですねー。昨日まであんなに暑かったのに、今朝は少し肌寒い。子ども達を送り出してから、身体がだるくて、午前中ぐったり、ゴロゴロしてしまいました。
どんな天気だろうと、徹夜明けだろうと、二日酔いだろうと、毎朝同じ電車に乗って通勤していた自分が信じられません。
あれはなんだったんでしょうね? スーツという戦闘服に着替えるとスイッチが入ってたんでしょうか?

そういえば、昨日は久しぶりにスーツを着てお仕事に行ったのですが、電車の中を見回すとみんなノーネクタイですね。そのかわり、ワイシャツがおしゃれになってる。
僕はクールビズの流れが本格化する前にサラリーマンをリタイアしたので、やっぱりノーネクタイには違和感があるのですが。

在宅フリーランスで仕事をしていると、今日みたいな「だるい日」が一番困ります。切り替えがないんですね。
図書館へ行こうかとも考えたのですが、大量の資料を持ち運ぶ大変さを考えて断念。
そう考えると、オフィスがあるって、いいなー。仕事専用の机があって、OA機器が揃っていて。

今の仕事をはじめて、一番困るのが、大量のプリントアウトです。我が家の家庭用インクジェットプリンターでは、時間はかかるし、インクはすぐになくなるし。
当初はわざわざ電車に乗ってキンコーズへ行っていました。でも、結構混んでるんです。「3人待ちです」と言われても、それがどれくらい待つのかは前の人の仕事量次第。
で、今は近所のインターネット・カフェに行っています。USBメモリーのデータを出力するだけだから、レーザープリンターなら10分ほどで終わります。プリント代の他に利用料がかかるのですが、電車賃を考えたらあんまり変わらないんです。

さて、仕事しなきゃなー。
でも、調子が出てきた頃には子どもが学校から帰ってくるんだよなー。
今夜は『モンスター・ペアレント』見たいから、昼間のうちに仕事を進めとかないと。
あ、市役所に行く用事もあったな。
あれ、次男の集金日はいつだっけ?
……などと考えているうちに、時間はどんどん過ぎていくのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.06

暑苦しい!(ギター一家、その後)

長男がこんな本を買ってきました。

地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ (愛と昇天のテクニック強化編)

楽器屋さんで見つけて、表紙のインパクト(ロングヘアーの大仏が「イエ~イ」と言っている)に衝撃を受け、中学生のハートがわしづかみにされたようです。

要はヘビメタの速弾きギターフレーズ集。付属CDにはワンフレーズずつ、サンプルとカラオケが入っています。
最後には練習曲が一曲入っているのですが、メタル!って感じ。僕にはプロレスの選手入場曲にしか聞こえませんが。

ようやく「F」のコードが押さえられるようになったばかりのくせに、目指すは「最速」だそうです。うーん、メタルときたかぁ。
パラパラめくってみても、出てくるギタリストは、ザック・ワイルド、ポール・ギルバート、ダイムバッグ・ダレル、アレキシ・ライホ、リッチー・コッツェン、ジェイソン・ベッカー、スラッシュ、ジョン・ペトルーシ、って、かろうじてスラッシュしかわからんじゃないか! ジミヘンはどうした! クラプトンは! ジェフ・ベックは!

この土日、彼は扇風機のある六畳間で、ひたすらCDをかけなおしながらギターに取り組んでいました。風を求めて、僕も次男も同じ部屋に集まってくるものですから、ヘビメタが実に暑苦しい。
よりによって、一番暑くなる季節に、我が家にヘビメタがやってきてしまった……。

長男のギターが置きっぱなしになっているので、次男も触ってみます。彼はなぜかいま「三宅伸治ブーム」。小学校で「好きな音楽は?」という質問に「三宅伸治の『ギターマン』!」と答えて、先生に「へんな子」と言われたそうです。へんな子。
『月がかっこいい』という曲のイントロを教えてやりました。兄が弾いていない隙を見て、ちょっとずつ練習をしています。

『月がかっこいい』を家族でセッションできたら、楽しいだろうな。次男がボ・ディドリー風のリズムギター。長男には、ブラスセクションをギターにアレンジして弾かせましょう。僕はスネアドラムかな。
とりあえず、僕一人の、我が家の目標。


↑一曲目が『月がかっこいい』だよ。Black Bottom Brass Band 、甲本ヒロトとのセッションバージョン。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.07.04

手術モノはダメーッ!

「夜10時からのテレビドラマ愛好家」としては、新番組が始まり、早速チェックしています。

火曜日の『モンスター・ペアレント』。米倉涼子演じる、タカビーなやり手弁護士がこれからどう変わっていくのか、楽しみですね。佐々木蔵之介がポイントになるんでしょうね。
毎回「モンスター」役の親がゲストで交替するみたいです。一回目は木村佳乃、二回目は南野陽子みたいです。この趣向は面白いなー。これは、次回も見ますね。

そして木曜日の『コード・ブルー』。医者のタマゴの話かと思ったら、違うんですね。すでに医師になっている若者4人が、「ドクター・ヘリ」(ヘリコプターで現場まで飛んでいく医師)を目指して研修を受けるお話。

しかし僕は新垣結衣の顔が覚えられないなー。駅前ですれちがっても気がつかないと思う。戸田恵梨香はもう覚えたから大丈夫だけど。
そして、杉本哲太。こないだまで一升庵の板前さんで、さしみをひいていたじゃないですかー。もう脳外科医ですよ。このへんが、「夜10時からのドラマ」定点観測しているささやかな喜びです。

最初に山下智久が外科手術を行うシーンあたりで、イヤな予感はしていたんです。
そして、機械に巻き込まれた患者の腕を「切断します」と言ったシーンと、ほぼ同時に糖尿病の女の子の腕を切断するシーン。もうダメ。すぐにスイッチを切りました。
足元がフワフワして、脂汗がダーッと出てきて、タバコを吸っても味がしなくてすぐ消し、立っているのがつらくなり、とうとうトイレでもどしちゃいました。

ダメなんです、こういう外科手術モノ。人間の身体を切ったり刺したりするリアルなシーンはダメ。耐えられません。
スプラッター映画とか、レンタル屋さんでもコーナー避けて通りますもん。
ドラマとしては面白そうなんだけど、残念、もう見れない。

「一回子どもを産んでみたい」と常々思っているのですが、こんなんじゃ無理かなー。注射のときも、針の先、見られないしなー。

ところで。
番組改編期に見るものがなくて、『爆笑レッドカーペット』を見てしまいました。確かに面白いのもあるよ。でも気になるのは、うちに遊びに来る小学生達が結構見ているらしいこと。あと『エンタの神様』とか、みんな見てるみたい。一発芸の真似とかしてますねー。
でもねー、なんか違うと思うんです。あれは、小学生が本気で面白がって見る芸じゃないと思う。だからこそ夜遅い時間に放映してるんだし。

小学生は『8時だョ!全員集合』を見るべきなのです。『吉本新喜劇』を見るべきなんです。
やっぱり買おうかなー、新しいDVDセット↓

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.02

taspoカードって、磁気弱くない?

中学生の長男とマクドナルドに入る機会がありました。おいしくなったアイスコーヒーを二人で飲みました。缶コーヒーより安くておいしいんじゃないかな?
毎度のことで、僕が注文している間に、長男が2階の喫煙席をキープして待ってくれています。

コーヒーを飲んで、タバコに火をつけたら、長男から質問。
「父さん、タスポって持ってるの?」
「ああ、持ってるよ」
「見せて」
「イヤだ」
「……タスポって、みんな持ってるのかなー?」
「喫煙者でも作っていない人はかなり多いみたいだねー。そうすると、どうなる?」
「……タバコが売れなくなる?」
「そうだね。taspoをきっかけに、禁煙する人も増える。他には?」
「タバコの自動販売機がなくなる」
「近い。taspoを持つのが面倒な人はコンビニに買いに行くから、コンビニは売上げが上がる。自動販売機はガクンと売れなくなる」
「……父さんは、一箱1000円になっても、タバコ吸うの?」
「吸う」
「……そういうと思った」
「……でも、本数は減らすかなー」
「それって、国がタバコをやめろって言ってるのと同じことだよね」
「タバコを値上げするのは、その分税金を上乗せして、国の収入を増やすためなんだよ。でも、taspoや値上げで禁煙する人が増えたら、タバコの販売数は減るよね。だから、一箱1000円にしても、国はそんなに儲からないっていう人もいる」
「なるほどー」
「それに、タバコが売れることで生活している人たちもいるよね。タバコ屋さん、タバコメーカー、タバコ農家。その人たちに対してどうするのかも同時に考えとかないといけないよね。
今タバコの葉っぱの輸入の割合ってどれくらいなんだろう? お前、帰ったら調べといてくれよ」
「やだよ、めんどくさい」

財布に入れたtaspo、何回押し付けても自販機が認識しません。今日はわざわざ取り出してタッチしました。Suicaは100%OKなのに。
磁気、ケチってんじゃないの?
あ、これも、こんなに面倒な思いをしてまでタバコ吸うな、ってこと?

ちなみに、taspo(タスポ)の語源は「たばこアクセスパスポート」、6/24現在の推計喫煙人口に対する普及率は、約24.6%だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »