« 赤いズボン | トップページ | 長男、はじめてのアルバイトは小学校3年生のときでした »

2008.07.31

チキンラーメンとサラダ

先日、僕が仕事で夜出かけることになり、夕飯はいつものように、レトルトの丼モノにしようと思いました。
「カレーは飽きただろ? 牛丼とか、中華丼とかにする?」
「うーん、それもなぁ……。チキンラーメンとか食いたいなぁ」
「いいねえ、チキンラーメン! 食べたい!」
確かに、チキンラーメンって急に食べたくなりますよね。

「じゃあ、お前ら自分達で作って食べる?」
「ああ、いいよ」
「でもさ、チキンラーメンだけっていうのも寂しくない?」
「……じゃあ、サラダつけるとか」
「自分達で作れる?」
「サラダくらいなら、なんとかなるでしょ」
「何入れる?」
「レタスに、キュウリ、トマト……」
「オクラも! オクラ食べたい!」

昼間のうちに、野菜類とチキンラーメンを買っておきました。
「じゃあな、父さん出かけるから。メシ食って、風呂入って、先に寝とけよ」
午後一番で出かけました。

帰宅は22:30くらい。アパートの電気は消えていました。
ちゃんとエアコンの電源も切っているので、暑い暑い。
部屋を覗くと、長男・次男とももう寝ていました。

「こいつら、ちゃんとメシ食ったのかな?」
流しに食器の山がありました。
冷蔵庫をチェックすると、レタスが半分になり、キュウリが一本減り、プチトマトがほとんどなくなり、オクラも減っていました。それからタマゴも二個減っていました。

ラーメンの丼と、サラダを盛ったらしい皿が二つ。お湯を沸かしたやかんもそのままでした。なぞだったのは、あと二枚平皿があったこと。
あー、こいつら、はじめて自分達でご飯作って食べたんだなー、次は洗い物もしてもらわなきゃな、と思いながら皿を洗いました。

次の朝、聞いてみました。
「ご飯、ちゃんと食べたか?」
「うん」
「うまかったか?」
「うん」
「○○(次男)も手伝ったの?」
「レタスちぎって、お皿に盛った。ドレッシングかけた。キュウリはお兄ちゃんに切ってもらった」
「サラダ、多かったんじゃない?」
「すげー多かった」
「ところでさ、お皿が二枚余分にあったのは、何に使ったの?」
「チキンラーメンのふた(なるほどー!)」
「タマゴ乗せる穴が小さくて、タマゴがぐにゃ~ってずれるんだよ」
「自分で作ったご飯はおいしいよねー」
「うん、うまかった」

写真撮っといてもらえばよかったなー。はじめての料理。
見たかったなー。
次は、僕の分も作ってもらわないと。
あー、楽しみ楽しみ。

|

« 赤いズボン | トップページ | 長男、はじめてのアルバイトは小学校3年生のときでした »

コメント

自立の第一歩って「自炊」かも。
一人暮らしを始めた時に、自分はそう思った。見よう見まねでやって、これは完璧!!と思ってもおふくろの味にはならない・・・。「う~ん、これは手強い!」と思ったのが大学一年生の春でした。

投稿: | 2008.08.02 01:19

一人暮らしの自炊、最初は後片付けが面倒だったな。いまだに、できるだけ洗い物が少なくなるようにするクセがついています。

そうだねー、中学生は自立の準備期間かもね。

投稿: まろ | 2008.08.02 07:53

まろさん、こんにちは。
まろさんのお宅には、素敵なシェフが3人も
いらっしゃるなんて、うらやましいです。
以外と、子ども達に任せるっていう事も大切ですよね。
子ども達は、任せられた=信頼されているって
感じるんでしょうね。
私も、仕事でちょっと遅くなる時に、
(中3は部活と塾で家にいません)下の二人に頼むんです。
帰ってみると、頼んだ以上のことをしていてくれて
感激~~!!って事あります。
小2の息子が、
「お母さんっ、これやったのぼくだよ!!」
って、すごくうれしそうに報告してくれます。

投稿: ふうたん | 2008.08.02 10:44

子どもに任せるって、大事だとは思いながら、難しいですね。つい、自分でやっちゃう。そのほうが早いから。

今は長男はご飯を炊くこと、次男はお風呂を沸かすこと、が毎日のお仕事です。
あ、ゴミ出しもさせてるな。

おこずかいあげるときは、「はい、いつもごくろうさま」というようにしています。
「働く」ことが習慣になってほしいですね。僕も楽になるし。

投稿: まろ | 2008.08.02 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/42020918

この記事へのトラックバック一覧です: チキンラーメンとサラダ:

« 赤いズボン | トップページ | 長男、はじめてのアルバイトは小学校3年生のときでした »