« プリンターおだぶつ | トップページ | 「六九共闘宣言vol.6 ヴィヴィアン三十路感謝祭」 »

2008.09.05

忌野清志郎の『マザー』

忌野清志郎のDVD『ブルーノートブルース LIVE at Blue Note Tokyo』の中で、一番強烈だったのは、ジョン・レノンの『Mother』でした。

♪お母さん、どこにいるの? 僕を抱いて
 Ah どうしたらいい? お月様が笑ってる
 もういいのさ お母さん、もういいのさ
 さよなら さよなら♪

収録は、2007.12.8.「ジョン・レノン音楽祭2007 Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライブ at 日本武道館」(長い!)。
メンバーは、忌野清志郎(Vo.)、仲井戸”チャボ”麗市(Gt.)、新井田耕三(Dr.)、厚見玲衣(Key.)の4人。
「ドアーズみたいなことをやりたかった」と清志郎が言っています。

イントロは鐘の音のかわりに、ハモンドオルガン。
そしていきなり「おかあさあん♪」と歌い始めます。ちょっと鳥肌が立ちました。
キヨシローの替え歌の中でも、出色じゃないでしょうか。

キヨシローのお母さんは複雑で、産みの母親と育ての母親が違うはずなんですが、たぶんそこまで深読みした歌詞じゃないと思います。直訳でしょう。
「夢を信じて!」という歌詞も出てきます。ガンが発覚したとき、転移が見つかったときにファンに向けて送ったメッセージ。でも、これもたぶん、深読みは必要ないと思います。ウケがよかったから使っただけでしょう。

RCサクセションには『カバーズ』という、洋楽替え歌アルバムがあります。

チャボや三宅伸治は、今もライブに取り入れています。
最近の傑作は、チャボの『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』かな?

僕の「替え歌ライブ」の根本はそのあたりにあります。
だって、英語で歌っても、自分でも何歌ってるかわからないし、聴いてる人はもっとわからないだろうし。
英語、覚えられないし。あ、日本語の歌詞も覚えられませんが。

久しぶりに秋に都内でライブをやることになりそうです。10月と11月。
キヨシローの『Mother』を聴いて、おおいに刺激を受けました。これだよ!
しばらくサボっていた(飽きた?)替え歌作り、またやろうかな……。

ライブは決まったら告知しますね。
どうぞ、よろしく。

|

« プリンターおだぶつ | トップページ | 「六九共闘宣言vol.6 ヴィヴィアン三十路感謝祭」 »

コメント

ライブ情報、楽しみにしてます( ̄▽ ̄)。。。

投稿: moepiko | 2008.09.05 12:53

はーい。詳細決まったらブログに掲示します。
つっても、狭い酒場でのぐちょぐちょのアコースティックバージョンが一回。
ライブハウスのほうはゲスト出演なので、せいぜい2~3曲の出番でしょうけど。

投稿: まろ | 2008.09.05 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/42383806

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎の『マザー』:

« プリンターおだぶつ | トップページ | 「六九共闘宣言vol.6 ヴィヴィアン三十路感謝祭」 »