« 次男のシブい趣味 | トップページ | マケインの顔を思い出せない »

2008.11.04

山口冨士夫アルバム『みどりの中へ』

復活間近、フジオちゃんの新しい音源が届きました。

山口冨士夫『みどりの中へ』TEARDROPS another takes / Aoki Shinichi Selection
6357180as

1 いつでも来いよ(TEARDROPS out takes)
2 いい時ばかり(TEARDROPS 未発表曲)
3 いい夢みてね(TEARDROPS out takes)
4 オンボロ(TEARDROPS out takes)
5 水たまり(TEARDROPS Live/Vo.チャー坊)
6 冷たい雨(TEARDROPS out takes)
7 Try to me(TEARDROPS out takes)
8 終わりのダンス(TEARDROPS out takes)
9 君が君に(TEARDROPS Live/後楽園ホール)
10 みどりの中へ(TEARDROPS out takes)

[1]
→TEADROPS 2ndアルバム『らくガキ』収録曲

[3]
→TEADROPS 3rdアルバム『MIXIN' LOVE』収録曲

[4][6][8][10]
→TEADROPS 4thアルバム『Look Around』収録曲

[2]が未発表曲、[5]は村八分(ボーカル、チャー坊!)、[7][9]は???(どこかで発表されてますか?)。

こうしてみると、このアウトテイクス集は、TEARDROPSの東芝時代の、ある意味「ベスト盤」的な位置づけにもあります。
1stアルバムのアウトテイクスはすでに発表されているので、これはありそうでなかった、なかなか聞き応えのある一枚。

僕がTEARDROPSのライブによく通っていたのも、この頃です。後楽園ホールにも行った記憶がありますが、[9]はそのときの音かな?

この頃のTEARDROPSは、山口冨士夫の存在感プラス、青木眞一(青ちゃん)のクールなたたずまいが相まって、かっこよかった。
このアルバムでも青ちゃんボーカルの曲が2曲入っています。フジオが、出るときは出る、引くときは引く、というバランスでした。
で、青木真一の曲が、いいんだなぁ。やっぱり「冷たい雨」は名曲だよな。

TEARDROPSのライブは、いつも妙な緊張感が漂っていました(怪しい「香り」も漂っていましたが)。
山口冨士夫が、客一人ひとりの目をにらみつけてる感じ。実際、野次に怒ってステージ降りてきたこともあったな。
冨士夫さんに会った時、「あれ、怖いんですよ」って言ったら「思惑通りだな!」って言ってましたが。

今はなき、新宿の日清パワーステーションの隅っこに座り込んで聴いた、泉谷しげるの『土曜の夜、君と帰る』にはびっくりしたなぁ。
市川のクラブ・ジオに来たときは、「ここにはオレが来なくちゃいけねえだろ。なんたって、フジオのジオ、だからな」って言ってましたね。
天風会館のライブでは、前にいた女の子が、酒だかなんだかわからないけどぶっ倒れちゃって、気が気じゃなかったな。

発売直前になって曲目の大幅変更があったり、予約特典の変更があったり、ドタバタしましたが、僕は結構気に入りました。

購入は、Fjo Recordsから。通販のみ1000枚限定。
「あの頃」のTEARDROPSにもう一度触れてみたい人は、ぜひ、お早めに。

|

« 次男のシブい趣味 | トップページ | マケインの顔を思い出せない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/43009276

この記事へのトラックバック一覧です: 山口冨士夫アルバム『みどりの中へ』:

« 次男のシブい趣味 | トップページ | マケインの顔を思い出せない »