« この算数、教えられる? | トップページ | 2008.11.18.クロコダイルでのライブ動画をアップしています »

2008.12.02

「コップ半分の水」と「石鹸」

次男がお風呂上りに、鏡を見ながら半ベソをかいていました。
「ここがイタイ~」
見ると、まぶたのすぐ横に、細~い引っかき傷があります。お風呂に入ったら沁みたみたいです。
「え、どうしたの、これ?」
「今日ね、ひとりでアパートの前の電柱に登ったのね。降りようとしたら横から針金みたいなのが出ててね、ひっかいたの」
弱気なときは、語尾に「ね」が増える次男。わかりやす~。

「よっしゃ! 父さん、すごくよく効く薬持ってるから、すぐ塗ってあげよう。ほら、オロナイン軟膏だよ。名前、聞いたことがあるだろ?」
「あ、知ってる! テレビで見た!」
「これ、ものすごくよく効くからね、すぐ痛くなくなるよ。あれ~、ホントに眼の横ギリギリだよー。眼に入らなくてよかったねー」
「メガネしてたからだと思う……」
「あっそう! メガネしててラッキーだったねー。メガネしてなかったら、針金が眼に入って大変なことになるところだった。よかったねー、お前はラッキーだねー」
「でもね、メガネしてて損するときもあるよ! ものすごく汗かいたときに、急いでタオルで顔を拭こうとして、メガネしてるの忘れてて、ワーッみたいな。ウフフ」
だんだん笑顔が戻ってきました。

「でも今日みたいに、いいこともあるよねー。よかったねー、お前は今日はついてたんだね」
「……父さん、それって、コップに水が半分あるときに、もう半分しかないって思うか、まだ半分あるって思うか、に似てるね」
「(ドキッ!)ほう、そうだね。でも父さんは、まだ半分ある、のほうが断然いいと思うな」
「自分(僕)もそう思う!」
その後は機嫌よく寝てくれました。
子どもって、たまに親の手の内をいきなり突いてくるのでビックリします。
でも、なぜ電柱に??? ま、いっか。

-------

話は変わるのですが、忘れないうちに次男から聞いたエピソードをもうひとつ。
彼はまだクリスマスプレゼントを決められないでいます。
『先月の誕生日に奮発したから、セコくいくぞ~』という念力を僕が送っているせいかもしれません。
「じゃあさ、今年は『サンタさんにお任せ』にしたら?」
じっと考えた次男。
「やっぱり、やめとく。自分で考える」
「なんで?」
「クラスの○○くんが、去年、思い切って『サンタさんにお任せ』にしたんだよ。そしたら届いたのが、石鹸だったんだって。『主婦の味方!』って書いてあったって、すごくがっかりしてた」
久しぶりに涙が出るほど笑いました。お母さん、ナイス!




コネタマ参加中: クリスマスの泣き笑いエピソードを教えて!


|

« この算数、教えられる? | トップページ | 2008.11.18.クロコダイルでのライブ動画をアップしています »

コメント

不覚にも「主婦の味方」でモニターの前で吹いてしまいました。

本当にナイスなお母さんですね!( ^ー゜)b

投稿: わき | 2008.12.03 23:10

いいでしょ?
でも、お母さんじゃなくて、サンタさんがナイスなんですけどね。
よい子のみなさーん、お母さんじゃなくて、サンタさんですよ~。

投稿: まろ | 2008.12.03 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/43297846

この記事へのトラックバック一覧です: 「コップ半分の水」と「石鹸」:

« この算数、教えられる? | トップページ | 2008.11.18.クロコダイルでのライブ動画をアップしています »