« 「ぎゃふん!」 | トップページ | インフルエンザ、その後 »

2009.01.18

インフルエンザで母性に目覚める、の巻

中一長男、インフルエンザ、来ましたー!
金曜日の段階で、クラス34名のうち12名欠席、うち6名がインフルエンザ。金曜日は午後の授業と部活は中止。月曜日は朝の部活と1時間目の授業は中止、という連絡網が昼間のうちにまわってきました。

土曜日の朝、いつものように05:30に起きてランニングに出かけようとしたのですが、ムリ。
熱を測ったら、40.6℃! 苦しくて一回目が覚めたのが夜中の一時頃だったというので、その時間には発症していたのでしょう。

さあ、大慌て。とにかく病院が開くのを待って駆け込みました。検査の結果は、A型インフルエンザでした。
処方された薬は、吸入タイプの抗インフルエンザウイルス剤「リレンザ」。
20090118104457
「リレンザ」吸入の有無に関わらず、異常行動が発現することがあるそうです。異常行動? 長男は寡黙なので、「東京音頭」でも踊ってくれたら十分異常です。

で、落ち着いて考えてみました。
僕が主夫になってから、子どもがインフルエンザに罹ったのはこれが初めてです。
僕が年末から手掛けていた仕事は、ちょうど金曜日に終わって、ちょっとヒマになったところ。次男の発熱が回復してからの発症。
これって、すごくラッキーなんじゃない?

まずは子ども達をほめてやりました。
「お前ら、エライ! 実に見事な連係プレーと、タイミングだった。父さん、助かった。ありがとう!」
「お兄ちゃんはたぶん、三日間くらいは熱が続く。大変だけど、それはウイルスと君の身体が戦っているからなんだ。でも、お前はふだんから身体を鍛えているから、大丈夫!」
「父さんと●●(弟)は、もしかしたらもうウイルスをもらっているかもしれない。潜伏期間は1~3日。狭い家で一緒に暮らしてるんだから、それはしょうがない。でも、よその人にできるだけうつさないよう、しばらくはマスクをして外出しよう」

長男、幸い少しは食欲があります。りんご、バナナ、みかん、ゼリー、レトルトのお粥、アクエリアス……。病人用の買い物をしながら、正直、なんかウキウキ。
りんごの皮をむいて、布団の枕元に置いてやったときに確信しました。
これはきっと「母性」だ!
オレの中にも「母性」があったんだ!
やった!

高熱の間、ヘンな夢を見るそうです。ふだんは言わない寝言を言ったりします。でも、それすらも、なんか嬉しい……。

よーし、もう大丈夫だ!
インフルエンザ、なんぼのもんじゃい! どっからでもかかってこんかい!
父さんは、一段階パワーアップした気がするのだ!

|

« 「ぎゃふん!」 | トップページ | インフルエンザ、その後 »

コメント

まろさんの母性か~。
主夫として、後は出産だけですね。
出産は楽しいよ~~。

投稿: haco | 2009.01.18 21:40

いや~、自分が産んだわけでもないのに、我が子ってこんなに無条件で可愛い。
これで自分のお腹から出てきた子だったらと思うと……やっぱり、産んでみたーい!

投稿: まろ | 2009.01.18 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/43774604

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザで母性に目覚める、の巻:

« 「ぎゃふん!」 | トップページ | インフルエンザ、その後 »