« 1999年生まれの『スモーク・オン・ザ・ウォーター』 | トップページ | 輸入盤をカリカリ »

2009.01.10

はじめまして。「あすっこ」と申します

相変わらず、「ブロッコリー 茎 食べられる?」といった検索ワードが増えています。
[過去記事]
ブロッコリーはどこまで食べられるのか? 
続・ブロッコリーはどこまで食べられるのか? 

先日、たまたまテレビでブロッコリー農家を取材していたのを見たのですが、ブロッコリーの旬って冬なんですね。春だとばかり思っていました。
埼玉のその農家では、葉っぱは捨ててました。
よいブロッコリーの見分け方は、
・花房部分がこんもり盛り上がっている
・茎の断面が広い
と紹介していました。
厚めに皮をむいた茎は、生で野菜スティックのように食べられるそうです。試してみましたが、けっこうおいしいです。

お正月に島根に帰省した際、母親が見たことのない葉野菜を持ってきました。家庭菜園で作ったとのこと。
バカでかい葉っぱ(ジャイアント馬場の顔くらい!)と、太くて長い茎。

実はこれ、島根県産オリジナル野菜「あすっこ」というのだそうです。
ビタミン菜とブロッコリーを掛け合わせたもので、見た目は菜の花に似ているが苦味はなく、甘みとアスパラガスのような食感がウリ。ビタミンCが多く含まれているんだって。
Asukko

実家では油いためで食べたのですが、太い茎の部分はやっぱりブロッコリーを感じます。葉っぱ部分も柔らかくて、食べやすいです。
うん、おいしいおいしい。

2月の終わり頃から出荷が始り、3月から4月にかけて本格的に出回るそうです。
ただし、今のところ出荷先は島根県内と広島、大阪に限られているようです。関東まで来るかな~?
実家では食べませんでしたが、葉っぱの中心には菜の花のように、ブロッコリー系の花房がつきます。

「ブロッコリーの茎って、食べられるの?」
→ はい、食べられます!
「ブロッコリーの葉っぱって、食べられるの?」
→ 通常は食べませんが、島根県産の「あすっこ」は「食べられるブロッコリーの葉っぱ」です!

なかなかおいしいですよ。
「あすっこ」、がんばれー!

|

« 1999年生まれの『スモーク・オン・ザ・ウォーター』 | トップページ | 輸入盤をカリカリ »

コメント

一昨日、ブロッコリーの茎をぬかみそに漬けようかと思ったのですが、生じゃ食べられないよな~と思い、温野菜にしてしまいました。
次は糠漬けに挑戦してみます。

投稿: haco | 2009.01.10 13:00

糠漬け、いいかもねー。
かんたん浅漬けでもよさそう。

でも、えらいね、自分で糠漬け。さすがです、先輩!

投稿: まろ | 2009.01.10 14:20

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

「あすっこ」???
早速、調べて試してみます。

投稿: いさお | 2009.01.13 02:41

僕が食べたのは家庭菜園のだったんで「ジャイアント馬場」でしたが、出荷されてるのはそんなに大きくはないと思います。
なんか、「まだ種を他県に持ち出してはいけないって言われてる」みたいなことを言ってましたよ。

投稿: まろ | 2009.01.13 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/43695302

この記事へのトラックバック一覧です: はじめまして。「あすっこ」と申します:

« 1999年生まれの『スモーク・オン・ザ・ウォーター』 | トップページ | 輸入盤をカリカリ »