« 赤いメガネの効用 | トップページ | 確定申告に行ってきました »

2009.02.25

『スクール・オブ・ロック』がとまらない!

このネタは先延ばしにしようと思っていたのですが、もうガマンできない。次男(小学3年生)たちのクラスのロックバンドが、パワーアップして帰ってきます!

そもそも1月に友達と2人で『スモーク・オン・ザ・ウォーター』をやったのが始まりだったのですが、その後教室に「メンバー募集」の張り紙をしたところ、少しずつ「オレも!」「私も!」と集まってきたのだそうです。

昨日、帰宅したら玄関に小さな靴がいっぱい。女の子も1人来ました。おいおい、女の子がアパートに来たの、初めてだよ! やるねー。

今回の演奏曲は『20世紀少年』。ちゃんと「マネージャー」の子がクラスでアンケートをとったところ、ほとんどの子がタイトルは知っていて、かなりの子が「聞いたことがある」と答えたそうです。
映画を観に行った子もチラホラ。さすがにコミックを全巻読んだ子はほとんどいなかったようですが。
しかし、すごいね、辣腕マネージャーだ。

「20世紀の最後の年は何年か知ってる? 2000年だよ。2001年からが21世紀。君たち3年生は、1999年生まれの子と2000年生まれの子だよね。20世紀少年だ。でも、ひとつ下の2年生は、2000年生まれと2001年生まれがまざってる。つまり、君たちは最後の20世紀少年の学年なんだよ。だから、君たちがこの曲を演奏することに意味がある!」
ウンウンとうなずいて聞いています。その場で思いついた出まかせなんだがね。ウソじゃない。

「発表会は3月だ。昔から日本では、1月は行く、2月は逃げる、3月は叫ぶ、と言います。3月はみんなで叫ぼう!」
すいません、ヘンなこと教えちゃって。これはウソです。

毎日メンバーのスケジュールを表にして確認して、その日その日に集まれる子だけで練習しています。これがまた、どんどんさまになっていくんです。面白ーい!
昨日来てた女の子は、ピアノとダンスを習ってるというだけあって、リズム感とノリがすごくいい。
「誰か誘ってもいいから、女の子でダンスとバックコーラス、やんない? 振り付けはまかせるから、かっこいいの考えてよ」
まんざらでもなさそうでした。「ハイ!」だって。

バンドの名前は「リザード&トータス」。たまたま最初の2人が持っていたピックに、それぞれ亀とトカゲの模様が描いてあったからです。自分たちで考えました。
あるお母さんが、英語の自己紹介を作ってくれました。僕がそれに日本語を足しました。
「●●、ショウ、ガコウノ、メナサン、コン、ニチワ! We are Lizard & Tortoise ! Now,playing "20th century boy". Listen!」
2ヶ月ぶりの来日です。叫べー!

|

« 赤いメガネの効用 | トップページ | 確定申告に行ってきました »

コメント

んがー!!すんごい事になってきましたなぁー!?見たいなぁライヴ。

投稿: いさお | 2009.02.26 20:41

見たいよねー、ライブ。
でも今日は、バンドのメンバー(女の子含む)で公園で遊んできましたよ。
鬼ごっこだって。
そういうとこも、面白いよねー。

投稿: まろ | 2009.02.26 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/44172745

この記事へのトラックバック一覧です: 『スクール・オブ・ロック』がとまらない!:

» ピアノ講師の求人 [ピアノ講師の求人]
高待遇なピアノ講師の求人募集転職情報のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2009.02.25 17:23

« 赤いメガネの効用 | トップページ | 確定申告に行ってきました »