« 痛くない注射針、か? | トップページ | やっぱりロッド・スチュワートが好き! »

2009.04.06

「お花見」に行かなくてもハッピー!

この土日はお花見日和でしたねー。
我が家の近所はお花見スポットがいくつかあるので、お出かけ家族をたくさん見かけました。テポドンの心配してても、しょうがないもんね。

しかし、長男は「花より団子」、次男は「花より遊び」のお年頃。そんな二人を連れて、ヤロー三人でお花見っていうのもなー、と特に出かける予定はしていませんでした。
僕はといえば、街中に咲いている桜や、出かけた際に電車の窓から見える桜ですませました。女の子が一緒じゃないお花見なんて、つまんないじゃん。「花より女子」。

ところが土曜日、次男のお友達の一家が近所にお花見に行くというので、次男を誘ってもらいました。
「行ってもいい?」
「どーぞ、どーぞ」
こんなふうにご近所の方から声をかけてもらえるなんて、とても幸せなことだな、と嬉しく思いました。もっとも子ども達は花なんか関係なく、ずっと走り回って遊んでいたみたいですけどね。

帰ってきたので、お母さんにお礼のメールを送りました。そしたら返事に、
「預けてもらって嬉しかったです」
と書いてありました。
なるほどねー。そういう考え方もありますね。その言葉が、また嬉しかった。素敵な人だなー。

「預かってくれてありがとう」
「預けてくれてありがとう」
お互いに「ありがとう」を言い合えるって、すごくいいです。我が家は本当に「人」に恵まれているな、とあらためて感謝しました。

次男もきっと、うちの男三人で出かけるより、お友達と一緒のほうが楽しかったでしょう。
みんながハッピー。
お花見には出かけませんでしたが、それ以上に嬉しかったな。
ありがとう。

|

« 痛くない注射針、か? | トップページ | やっぱりロッド・スチュワートが好き! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/44584280

この記事へのトラックバック一覧です: 「お花見」に行かなくてもハッピー!:

« 痛くない注射針、か? | トップページ | やっぱりロッド・スチュワートが好き! »