« 「お花見」に行かなくてもハッピー! | トップページ | PTA楽しかったー! »

2009.04.08

やっぱりロッド・スチュワートが好き!

先月武道館に ROD STEWART を観に行ったのですが、その際にもらったチラシにあった『アンプラグド(Unplugged...and Seated) コレクターズ・エディション』を買ってしまいました。CDはもう持っているんですが……。ボーナストラック2曲(「ガソリン・アレイ」!)とDVD付と言われちゃーねー。

「アンプラグド」シリーズは、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、KISSのCDを持っていますが、実は一番好きなのはロッドだったんです。
なんでかなー、と考えてみると、選曲が僕好みなんですね。古い曲が多くて、「セイリング」「アイム・セクシー」が入っていない。
「セイリング」は最初っからあんまり好きじゃなかったんです。いい曲かもしれないけど、他にももっといい曲はあるのにー、と思っていました。
「アイム・セクシー」で、しばらくロッドから離れました。

付属のDVDは、MTVのTVショーなんですが、初めて見ました。1993年収録。16年前だ。ロッド・スチュワートも、ゲストのロン・ウッドも、若い!
CDでは聞けない、曲間の二人の会話も楽しめます。あ、デフォルトでは日本語字幕がオフになってますから、気をつけてくださいね。

当時、22年ぶりの競演。やっぱり、ロッドの隣りにはロニーが似合う。ストーンズとはまた違うロン・ウッドの表情が見られます。フェイセズ再結成のウワサも楽しみです。

ライナーノーツによれば、当日の演奏曲目は以下のとおり。
1. Hot Legs
2. Tonight's The Night
3. It's All Over Now
4. Reason To Believe
5. Cut Across Shorty
6. Every Picture Tells A Story
7. Maggie May
8. People Get Ready
9. Handbags And Gladrags
10.Killing of Georgie
11.Have I Told You Lately
12.Tom Traubert's Blues (Waltzing Matilda)
13.Forever Young
14.The First Cut Is The Deepest
15.I Was Only Joking
16.Gasoline Alley
17.Highgate Shuffle
18.Sweet Little Rock 'N' Roller
19.Mandolin Wind
20.Stay With Me
21.Having A Party

「マンドリン・ウインド」のバンジョーは、ロッドが弾いてたんですね。6弦でギターと同じチューニングのバンジョーみたいでした。

高校生の頃、本で見つけた「マギー・メイ」の歌詞を、辞書をひきひき訳してみたんだけど、よくわからなかったな。
「トゥナイツ・ザ・ナイト」も、ずいぶん後になるまで、こんなにセクシーで美しい曲だったんだと知りませんでした。しかし「今夜きめよう」って邦題はあんまりだよね。
2曲とも、童貞くんには難しいよね。

ロッド・スチュワートを聴くと、いろんな女の子のことを思い出します。
高校生の頃、好きなあの子の前で「It's Not The Spotlight」を歌ってみたかった(まったく意味ないですね! 何を考えてたんだ、オレ)。
大学生の頃、ロッドが来日するので、気になる女の子に「一緒に行かない?」と勇気を振り絞って誘ったのですが「ロッド・スチュ……? しらなーい」と言われたので、さっさと見切りをつけてひとりで行きました。
『ストーリー・テラー』という4枚組みのすばらしいベストアルバムボックス(ロッド本人によるライナーノーツが、またいいんだなあ)は、当時のガールフレンドにプレゼントしてもらいました。
みんな、どうしてるのかなー。

やっぱりロッド・スチュワートが好き。かっこよくて、やんちゃで、いかがわしくて、でも本当は寂しそうで。
『アンプラグド デラックス・エディション』は「完全生産限定盤」だそうです。お早めに。

|

« 「お花見」に行かなくてもハッピー! | トップページ | PTA楽しかったー! »

コメント

「ロッドが好き」と宣言する男性ってあまりいないので驚き。ひと昔前は女々しいとか言われたからかな。
私は年とってからのロッドが結構好き。「Great American Song Book」はたまに聴きたくなります。
5年ほど前、テレビでロッドが「Have I told you lately that I love you?」を歌っていました。スタジオに来ていたのは50~60代のおば様方。目にお星様がキラキラしていました。その中のひとりの手をとってロッドが間奏でダンスを始めたら、そのおば様はまるで少女のように目に涙をためてロッドを見つめて踊っていました。それを見てなんだこっちもうるっときちゃいましたね。
こういう人を「青春のスター」って言うんでしょうね。

投稿: shoko | 2009.04.10 01:52

オレ、いま半分女性だからさ。ヒゲが生えたお母さん。

時代にあわせていろんなイメージで売ってきた(売らされた?)人ですよね。
でも、ロッドの本質(のある一面)は「I Was Only Joking」にあるんだと思っています。
「やり手」そうに見えて、実は意外と誠実な人なんじゃないかなあ。

武道館も年齢層、高かったですよ~。

投稿: まろ | 2009.04.10 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/44603777

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりロッド・スチュワートが好き!:

« 「お花見」に行かなくてもハッピー! | トップページ | PTA楽しかったー! »