« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.30

CHUCK BERRY『JOHNNY B.GOODE』

台所でトントンと夕飯を作っていたら、隣の部屋で次男がかけているCDの音が漏れ聞こえてきました。カッコイイ!
「今かけてるの、なに?」
「チャック・ベリー!」
おーっ!

あらためてちゃんと聴いてみました。うーん、かっこいい。
チャック・ベリーのステージは、たぶん3回観ています。一番印象に残っているのは中野サンプラザの単独公演。18:30開演だったのかな? まだ埋まりきっていない客席の前に、開始時間ぴったりに現れた御大。
おなじみの曲目を淡々と演奏して、60分ぴったりで終演。アンコールもなし。素っ気ないステージ。あっけにとられました。本当にビジネスライクなおっさんなんだ……。

ツアーではバンドのメンバーを現地調達。ヘタなら、すぐクビ。昔、BOROの曲に「友達が今夜チャック・ベリーのバックで演奏するらしい……」という歌詞がありました。

「ジョニー・B・グッド」はセッションの定番曲です。でも、これまでちゃんとコピーしたことがありませんでした。
キーはB♭。Aでいいじゃん! だいたいこんな感じだろ! としか考えていませんでした。
が、あらためてスタジオ録音盤を聴いて、愕然。なんだ、このギター! ムダがなくて、ものすごくきれいなピッキングで、あのすごいリズム感。イントロの4小節がこんなに深いとは……。今さらながら、正直すまんかった。

キース・リチャーズがプロデュースした還暦祝いライブ「ヘイル! ヘイル! ロックン・ロール」が映画になっています。チャック・ベリーを尊敬するミュージシャン達がゲストで出てくるコンサートなんですが、チャック・ベリーがまた生意気で、ガンコで、偉そうなんです。キースも苦笑い。新宿の映画館で観たな。手元にはサントラのCDしかありません。DVD、欲しいなー。

子ども達には、
「これまではロックン・ロールの代表曲は”ジョニー・ビー・グッド”でよかったんだけど、これからは”雨上がりの夜空に”になるんだから、コード進行と歌詞は覚えておくように」
と話していたのですが、いやいや、ジョニー・B・グッド、すごいわ。

45歳にしてはじめて真面目にチャック・ベリーのギターをコピーしています。いやー、深い。キース・リチャーズって、本当にチャック・ベリーが好きだったんだな、本気でコピーしてたんだな、と納得しました。

お父さんは「ジョニー・B・グッド」。
長男は「天国への階段」。
次男は「テレグラム・サム」。
あー、うるさい家!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.28

長男「村上春樹プレイ」開始

昨日の午前中、いつもの「週刊プロレス」を買いに、いつもの本屋さんに入ったところ、レジの上に村上春樹の新刊『1Q84』上下巻が3冊ずつ積んでありました。

本日発売。おぉー、っと思ったのですが、ちょっと躊躇して「週刊プロレス」だけ買いました。
2冊で結構な出費だしー。
今月、厳しいしー。
これから出かけるのに、重いしー。
読まなきゃいけない本がたくさんあるしー。

その後電車で移動しながらも、ずっと気になっていました。ウーン、やっぱり買おう!
夕方、帰りに同じ本屋さんに入ったら、レジの上には残り1冊ずつ。ください!
が、ふと横を見ると、午前中にはなかった山積みが。ま、そりゃそうだ。

部活から帰ってきた中2の長男に、分厚いハードカバーを2冊、渡しました。
「これ、父さんが買ったんだ。今日発売。お前、先に読め。ただし、だ。父さんの本だから、きれいに読んでくれ。オビやカバーも大事にしてくれ」
「ん。わかった」
早速読み始めました。

彼はものすごく本を読むのですが、扱いは非常に暴力的です。オビはすぐに取れ、読者カードは部屋の反対側の隅に飛び、カバーはよれよれ、パンパンの本棚に不自然な体勢で無理矢理押し込まれた本はねじれて悲鳴をあげます。読書界の団鬼六先生のようなヤツなのです。おねがい、かんにんして。

しかしこの鬼六先生、本を読むスピードは異常に速い。夕飯前の小一時間の間に、上巻の四分の一以上は読んでいました。
で、斜め読みでもないんです。ものすごくしっかり読んでいます。荒々しい仕打ちの中にも、洗練されたテクニック。新潮社vs.長男の「プレイ」の様相を呈しています。

伊坂幸太郎も東野圭吾も全部読破してしまった彼は、とにかく「長い」本に飢えていたところでした。久しぶりの大物。鬼六先生、本気と書いて「マジ」とルビをふるモードに入っています。「ご飯にしよう」と呼びかけても聞こえていません。

たぶん、今夜か明日あたりには上下巻読み終えるでしょう。
どんな話だったか、なんて、絶対聞いてやんない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.26

運動会のお弁当

土曜日は次男の小学校の運動会でした。僕も前日夜にてるてる坊主をぶら下げました。晴れ。てるてる坊主は、効くんです。
とにかく運動会は、天気がよくてケガがなければOK。暑いくらいでした。風は強かったけど。

まずは午前中、お父さんたちが交代で駐輪場の整備。今年もたくさんのお父さんが参加してくださったので、各自30分ずつですみました。
この地域は、おじいちゃん・おばあちゃんも総出でいらっしゃる家庭が多いので、駐輪場は早々に満車。なんとかスペースを作るのは大変でした。でも、30分ならね。
お母さん達はみんな大きな荷物を積んでいます。お茶のタンクに、シート、そして大量のお重箱。おつかれさまです。

お昼は体育館の前で次男と待ち合わせ。中学生の長男は午前中部活があるので、時間が合わず別行動。
体育館の中はにぎやかです。重箱を広げると、お母さん達はみんなやさしい顔になるのね。
隅っこで次男と二人で、地味~なお弁当箱を広げます。すまんな。父さん、「おにぎり」というものを作るのがどーも苦手なのだよ。いつもと同じお弁当。

二人で黙々とお弁当を食べます。僕は食事をしながらしゃべるのが苦手です。酒飲みながらなら大丈夫なんですが。
でも、運動会だしなー。周りはみんなアットホームだしなー。しゃべってみました。
「うまいか、おいしいか?」
これ、僕の祖母がよく言っていた台詞です。強引な二択。
「うーん……、うまい!」

食べ終えた頃、携帯が鳴りました。知らない番号。長男でした。
「あのさー、家のカギ持ってくるの忘れちゃったんだよ。いま、コーチの携帯、借りてる」
バカヤロー! 結局この日は、途中スーパーに買い物に行ったりもしたので、小学校まで三往復しましたよ。

終盤は本部テントの後ろで見物してたのですが、うちに遊びに来たことがある女の子が、テントの中で何かの係りをしていました。
「よう!」
「こんにちは!」
最後の種目は、高学年リレー。抜きつ抜かれつ。その女の子が思わず立ち上がり、背伸びして机を叩きながら「ガンバレー!」と叫びました。
ドキッ! か、かわいい!
もしかして、これが「萌える」ってヤツ? 初めての感覚でした。

しかし毎年思うのですが(前にも書きましたね)、騎馬戦と最後のリレーは、馬券と新聞作ったら売れると思うなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.24

魅力のある女性の条件?

僕の仕事は、「この人に会ってみたい!」と思った人に「僕と会ってもらえませんか?」とお願いすることから始まるケースが多くあります。
職業「ナンパ師」ですな。

新聞や本やインターネットなどで気になる人がいたら、その人の本を読み、セミナーに行き、あいさつをし、そのうえで「やっぱり、この人、いい!」と思ったらナンパするわけです。

もちろん、10人に8人くらいは断られますよ。まだまだ僕(または僕のキャリア)に魅力が乏しいから、僕に会うことに特別なメリットを感じてもらえないからですね。
断られてもしつこく追いかけることもあれば、一発であきらめることもあります。

これは相手が女性の場合に限られるのですが、僕が魅力を感じる方には共通点があることに気がつきました。
男性の場合はまた基準が違うようで、まだまとめられないのですが。

[魅力 その1]
笑顔がいい人。
常に満面の笑顔を湛えている人がいいとはかぎりません。会話の中の表情が豊かで、感情を顔で表わせる人。その中でも、笑顔が顔にしみついていて、自分の最高の笑顔を自覚している人。作り笑顔は、わかります。

[魅力 その2]
ありがとうをたくさん言う人。
さりげなく「ありがとう」を言うのが習慣になっている人。これは一緒に食事をすると、とてもよくわかります。お店のサービスに対して「ありがとう」をたくさん言う人。たぶんそういう人は、自分も「ありがとう」をたくさん言われているのだろうと思います。
あと、素直に喜ぶ人。ちょっとしたことでも「嬉しい! ありがとう!」と言う人。

[魅力 その3]
知的に貪欲な人。
好奇心が豊かで、例えば僕が「そういえば、こういう人が、こんな本にこんなことを書いていましたよ」とちょっと話しただけで、一週間後にはもうその本を読んでいたりします。
気になることや人について、「もっとよく知りたい!」と思って、実際に行動する人。
貪欲な生き物は美しい、と思います。

[魅力 その4]
よい意味での「人たらし」であること。
人に何かを頼むのが上手な人。または、周囲が勝手にその人のために動いてしまう人。自分が不得手なことを、いつのまにか周りの人がかわりにやってくれてしまう人。
僕が「先日のお話の件、調べてみました」と資料を渡すと、「ありがとう! 嬉しい! これが知りたかったの!」と言われます。もちろん悪い気はしませんから、もっと何か役に立とうと思ってしまいます。お願い上手でもあるんでしょうね。

成功している女性の経営者は、だいたいこの4つの条件をクリアしているように思います。社長さんじゃなくても、「いい女!」と感じる人も同様。
もっと他にも条件はあるのかもしれませんが、今のところ僕がお付き合いしてきた方は、みなさんクリアしています。

さあ、次は誰をナンパしようかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.05.22

だってインフルエンザでしょ?

新型インフルエンザの影響で、長男の中学校の3年生、修学旅行(関西方面)が延期、または中止、になったそうです。
うーむ。

全国を研修でまわっている講師の方の仕事(企業研修)が、キャンセルになったそうです。
うーむ。

その方によれば、ある大手航空会社は、インフルエンザが理由であることがわかれば、無料でチケットをキャンセルしてくれたそうです。
が、もう一方の大手航空会社では、通常のキャンセル料をとられたそうです。
うーむ。

また、別の講師の方は、その人が関西在住だという理由だけで、セミナーがキャンセルになったそうです。
うーむ。

首都圏に住む僕の近所のスーパーや薬局には、「マスク品切れ」の張り紙がしてありました。
うーむ。

新しい感染者が出るたびに、入院先の病院前に集まり、「こちら、○人目の患者が入院する病院です!」とレポートするテレビ局。
うーむ。

新聞では毎日、最新の世界の患者数を国別に掲載しています。
うーむ。

さいわい、今回の新型インフルエンザは、特別にひどい症状が出るわけじゃないんですよね?
一般の人々にとっては、毎年の季節インフルエンザと変わらないんですよね?

この冬はインフルエンザが大流行、長男が寝込み、中学校は学級閉鎖になりました。
主婦・主夫にとって、インフルエンザはやっかい者。熱が下がって元気になっても、お医者さんの許可が出るまで、子どもが家にいるわけです。結構なストレスです。
だからお母さん達は、学校のインフルエンザ情報に敏感なのです。

今朝の新聞によれば、日本で感染が確認されたのが292名。
じゃあ、こないだ大流行した季節インフルエンザの感染者は何人? と思うのですが、少なくとも日本経済新聞はその報道をしていていないはずです(見落としていたらゴメンナサイ)。
うちの子ども達が通う小・中学校だけでも、100人近くはいたと思うよ。

子ども達に、
「少なくともこれまでのインフルエンザは、空気感染はしないこと」
「感染と発症は違うこと」
「うがい、手洗いは必ずすること」
を話しました。
しかし、インフルエンザでこの騒ぎなら、本当に危険なウイルスが入ってきたときには、完全にパニックでしょうね。

冬に買った紙マスクが、まだ残っています。
これ、東京駅あたりだったら、一枚300円でも売れるんじゃないかな?

関西で8割の人がマスクしてるのなら、マスクに広告載せられるんじゃないかな?

でもさー、インフルエンザでしょ?
毎年のことじゃん?
と思うのは、僕だけ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.05.20

プラスチックゴミをスリムに

僕が住んでいる地域のゴミの分別は、あまり厳しくありません。それがいいことなのかどうかはよくわかりませんが。

月:燃やすゴミ
火:プラスチックゴミ
水:燃やすゴミ
木:資源ゴミ(ビン、カン、紙類など)
金:燃やすゴミ
土:不燃ゴミ

問題は「プラスチックゴミ」なんです。ペットボトルや食品のトレーなど。おもちゃなどの硬いプラスチックは「燃やすゴミ」。
我が家では「プラスチックゴミ」がだいたい週に一袋半のペースで発生します。ということは、週のうちのどこかで「火曜日待ち」の袋が滞留して、台所の隅に転がっていることになります。

暑くなってきて、子ども達がたくさん水を飲むようになりました。お茶を沸かしてもとても追いつかないので、ミネラル・ウォーターの2リットルのペットボトルを買っています。そのペットボトルの量がバカになりません。

先日しげしげと、台所で滞留しているプラスチックゴミの袋をながめていて考えました。
「これ、かさばっているけど、ほとんどが空間なんだよなぁ」
実際、プラスチックゴミの袋はとても軽いのです。

忘れないうちに、楽天で「ペットボトル つぶす」というキーワードで検索しました。ありましたー、「ペットボトルつぶし器」。

「SMILE KIDS ペットボトルつぶし APE-30」
そんなに高くないし、楽天ポイントを結構持っていたので早速購入。ペットボトルをセットして、足でグッと踏むだけです。

20090520140430
まさにこういうのが欲しかったんですー!

次男がすっかり気に入ってしまったので、「空になったペットボトルつぶし係」に任命しました。ただ、早くつぶしたいので、いつもより多くミネラルウォーターを飲んでいるような……まあ、いいか。
あ、フタははずして集めています。ワクチンになるんだよね。

今のところ、プラスチックゴミのスリム化効果が出ているように感じます。いっぱいになるのが遅くなっています。これなら、週に一回の回収でも大丈夫かも~。
なんか、うれしい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.05.18

傘がない

中二の長男の傘が学校でなくなりました。今年度に入ってこれで2本目です。部活が終わって帰ろうと思ったら、傘立てになかったって。
傘持ってなかった誰かが持って帰ったのかなぁ。

「傘立てに置いておくと、なくなるらしいよ」
だそうです。うちの子だけじゃないらしい。
うーん。
事務室に予備の傘が用意してあるらしいのですが、部活が終わった頃には「ひどいデザイン」の傘しか残っていなんだそうです。
うーん。

学校で起きている子ども同士のことに首を突っ込みたくはないので、家族会議。
「勝手に傘持って帰られたら、困るよね。君たちは、黙って人の傘使っちゃだめだよ。それよりも濡れて帰ってくる方がずっといいと思う」
「じゃあ、どうしようか?」

折り畳み傘を持っていって、傘立てに置かないようにする、という案もあったのですが、やっぱり折り畳みって小さいから濡れるしね。
「傘の内側に、”使ったら返してね”と書いとこうか」とも言ってみたのですが、即却下。失礼しました~。
結局もう一回、大きい傘を買うことにしました。今度はちゃんと名前を書いておきます。

でもねー。
これ、中学生だけの話じゃないんですよ。大人もやってる。
もう時効だろうから書きますが、以前いた会社で、お昼ごはんを食べに行く(または買いに行く)時に、誰もいない玄関の傘立ての前で、「この傘借りますよー」と大きな声を出している人がいました。いやいや、それはダメでしょ。
別の人は傘立てに向かって独り言を言っていました。「借りていくよー」。ダメでしょ。僕の置き傘を貸してあげました。

どちらも僕よりずっと先輩、というか年配の男性です。そういえば、一時的に傘がなくなることがあったのですが、こういうことだったのね、と思いました。
ちなみに、女子社員は、お気に入りの傘は傘立てではなくて、自分のロッカーにしまうのが常識なのだそうです。

傘って、微妙な品物なんでしょうね。黙って借りていってもいいのか、悪いのか、その境界にあって、人によって価値観が違うのかもしれません。

しかし、おそらくはこの風潮のせいで、悲しいことが起きました。
大事な取引先の方がいらして、ちょうどお昼時にお見送りをするとき、お客様の傘がありませんでした。恥ずかしかったなー。
で、社員用とは別に、来客用の傘立てを買ってくれ、と総務にお願いしたのですが、社長の「ムダ!」の一言で却下となりました。

あのさー。
傘がなくて困ったら、みんなに「誰か貸してくれない?」と聞きましょうよ。
傘立てに向かって言ったって、意味ないから。

子ども達が傘をなくして濡れて帰ってきたら、「大変だったね」といって着替えさせよう。
誇り高く生きようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

子ども達のCD大人買い

定額給付金がそろそろ振り込まれます。子ども達は各々2万円ずつ。使いみちを自分で考えることにしたのですが長男は結局、3000円分のCDを買って、残りはギター貯金することにしました。
僕のアカウントでアマゾンで買って、残額を長男の通帳に預金する、ということで話がまとまりました。

長男は早々にそう決めたので、しばらくアマゾンを物色。近所のTSUTAYAでレンタルできないCD、という条件で、選んだのが Radiohead と AC/DC 。昨日届いたので、早速聴いています。

次男はずーっと、使いみちを決めかねていました。小学4年生にとって2万円って、現実味がないですよねー。
「食べ物とか、なくなっちゃうものはイヤだ」
ということで、結局長男と同じ方式でCDを買うことにしました。

いま、兄貴に教わりながら、アマゾンを検索しています。1枚は T-REX に決まりました。もう一枚、あれこれ悩んでいます。
「ハウリン・ウルフは父さんが持ってるしー、あ、デビッド・ボウイはどうかな?」
し、しぶい。

「オレは新しいほう、新しいほうを選ぶんだけど、お前は古いほうに行くんだな」
とは長男のセリフ。はい、まさにそういう傾向があります。
「ローリング・ストーンズの『NOT FADE AWAY』の元歌はバディ・ホリーなんだよねー。聴いてみたいなー」
し、しぶい。

二人で使っているラジカセの上には、僕が貸してやったCDが山積みになっています。ビートルズからホワイト・ストライプスまで。なかなかいい趣味のガキができあがりそうです。
ただ、長男が借りてくるデス・メタルは僕は受付けないのですが。

次男がピグノーズのミニギターで、ラモーンズの『電撃バップ』を弾いています。とりあえず、「ロックでパンク」な2DKにはなりつつあります。
次はボブ・ディランを溯って、あとはニール・ヤングあたりを聴かせようかな? ザ・バンドもあるでよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.14

アスパラガスのミイラ

あー、またやってしまいました。
昨日の夕飯。おいしそうなアスパラガスを売っていたので、ゆでて食べようと思ったのです。太めで元気そうなやつを丸ごと、一人一本。
しかしコンロがふさがっていたので、皿に盛ってラップをかけて電子レンジでチンしました。

そこではたと手がとまりました。
アスパラガス3本、何分レンジにかければいいの?
1分? 3分? 5分? 7分?

我が家の電子レンジは500W。悩みます。
で、とりあえず「自動メニュー」の「ゆで野菜」にセットしました。しかし、過去の経験から、このメニューを使うと毎回長すぎるんです。
まずはレンジにゆで時間を感知させて、だいたいのめどをつけたところで、いったんレンジを止め、あらためてその表示よりずっと少ない時間にセットするつもりだったのです。

が。が。が。
他の料理を作っているうちに、すっかりタイミングを逃がしてしまいました。
「チーン」
レンジの中は湯気でもうもう。あっちゃー。
おそるおそる皿を取り出してみると(かなり熱い……)、アスパラガスはすっかりしなびて原型をとどめておらず、皿の底に3本並んでへばりついていました~。

はじめて札幌に出張に行ったのは、ちょうど今くらいの季節だったと思います。宿泊先のビジネスホテルの近所の居酒屋にひとりで夕飯を食べに入りました。そこで何気なく頼んだアスパラガスがおいしくて、感動! おー、さすが本場だ!
最近は季節になると、近所のスーパーあたりにも太くておいしそうなアスパラガスが出回るようになりました。で、「あのとき」の味を求めて、ルンルン買ってきたのにー。

「ごめん、アスパラガスがこんなんなっちゃったー」
もう笑うしかありません。
「父さん、先に食べてみてよー」
まあ、食べられなくはありません。しかし、こんなにやせ細ってしまって、皿にくっついて……ごめんな、アスパラガス……。

「あれ、でもこれ、コーンの味がしてうまいよ!」
「ほんとだ!」
子ども達、文句も言わずに食べてくれました。すまぬ。今度はちゃんと、プリプリのを食わせてやるから……。

しかし、電子レンジ。手ごわい。まだ使いこなせないなー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.05.12

2ちゃんねるの作法

忌野清志郎特需(失礼)で、このブログのアクセス数が通常の2倍になっております。バブルですな。そろそろ落ち着くでしょう。
アマゾンのアフィリエイトをたくさん貼っておけば、結構売れるだろうなとチラッと思ったのですが、ちょっとねー。

NHKの特番2番組、
「愛し合ってるかい ~キング・オブ・ロック 忌野清志郎 ~」
「SONGS 忌野清志郎ライブ完全版」
をビデオに録画しました(HD録画ができないものでね)。子ども達に見せてやろうと思います。な、ホラ、かっこいいだろ?

さて、訃報から告別式まで、正直なところ仕事が一切手につかないGWでした。
テレビのニュースやワイドショーなんか見るもんか! と思いました。アナウンサーが淡々と低い声で読むナレーションの原稿や、知ったかぶりでお仕着せのコメントなんか聞きたくない、と思ったのです。

で、2ちゃんねるというものに、初めてハマッてしまいました。これまでこんなに継続的に読んだことはありませんでした。
いろんな人の書き込みを読んで、ウーンと思って、CDやDVDに手を出し、YouTubeを検索し、ふとまた2ちゃんねるを開くと、あっという間に新しい書き込みがびっしり。それを繰り返す毎日でした。

幸いなことに、とても大人な「スレ」でした。
地方から告別式に来る人のために地下鉄の乗り換え方法を教えてあげたり、バスの時刻表を調べてあげたり。インターネットって、すげー。

前の記事に返信するときには「>>」という「アンカー」をつけると、その記事にリンクすること。

悪意のある書き込み(「荒らし」)は、相手にせず無視(「スルー」)するのが一番いいこと。

僕が使っている、プロバイダー提供のセキュリティソフトは、2ちゃんねるへの書き込みを禁止していること。

記事内のURLから他サイトへ飛ぼうとすると確認画面があらわれるのですが、そこにアダルトサイトの広告バナーがあること(子どもは注意、ですね)。

などなど、2ちゃんねるならではの仕組みや作法を知ることができて、勉強になりました。
でも、まだよくわかんないこともたくさんあります。「乙」って何?

しかし、こんな生活を続けていたら廃人になりそうだったので、告別式を機に「お気に入り」から削除しました。
全部が全部そうとは限らないのでしょうが(むしろ今回が特別だったのかもしれません)、2ちゃんねる、意外に感じよかったです。お世話になりました。どうもありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.10

忌野清志郎青山ロックンロールショー

2009年5月9日。
僕は地下鉄千代田線乃木坂駅へ向かいました。青山葬儀所で、ひとつの言葉を叫ぶために。

昨夜から、子ども達に説明しました。
「忌野清志郎が死んじゃっただろ。父さんは、お葬式に行ってこようと思います。たぶんすごい人数が集まるから、何時間も待つことになるかもしれない。でも、父さんは行ってくる。
晩ご飯は、帰ってきて作るつもりなんだけど、もしかしたら予想以上に時間がかかっちゃうかもしれない。そのときは電話するから、よろしく頼む」

服装はいろいろ考えましたが、黒いジミヘンのTシャツに黒のジーンズにしました。それにサングラスと、黒のラスタカラーラインが入ったベレー帽。
「お葬式だから、黒なんだよ」
まあ、普段着でもあるんですが。

昼食のうどんを茹でて、みんなで食べて、タバコを一本吸って出かけました。
「よっしゃ。じゃ行ってきます!」
そしたら次男に言われました。
「キヨシローさんに、よろしく伝えてね!」
おい、もう泣いちゃったじゃないかよ。

乃木坂駅に着いたのは、15:00過ぎ。係りの人が看板を持って立っていました。地下鉄出たらいきなり列。よくわからないけど、最後尾に並びました。

とにかく、人が多い!
「清志郎に最後に会うんだ」
という目的がなかったら耐えられなかったと思います。どこまで続くのか、いつまで待つのかわからない。ひたすら、行列。途中、広場みたいなところに並んだり、ぐるーっと遠回りしたり。

だんだん日が落ちてきました。
でも、行列の間は木陰があったし、少し風も吹いていたので、持参したミネラルウォーターには結局口をつけず。
昨日までは雨模様だったのに、雨上がりの夜空の翌日は晴天で、過ごしやすい5月の一日。ここまで演出するとは、さすが清志郎。

斎場に入ったときには、すでに5時間以上たっていました。東京タワーの脇に、低く満月が出ていました。
途中で自宅に電話。
「ごめん、まだ清志郎に会えないんだ。レトルトのカレー、あっためて食っててくれるか」「うん、わかった」
ようやく祭壇が見えて献花をもらったとき、会場には、「宝くじは買わない」「僕の好きな先生」が流れていました。

「キヨシロー! サイコー!」

ありがとう、でもない。さようなら、でもない。やっぱり「最高!」と言いたかった。バラの花を献花台に置き、思いっきり叫びました。

「キヨシロー! サイコー!」

ちょうど「スローバラード」が流れ始めました。会場の隅っこで聞きました。警備の人が「ここで立ち止まらないでください」と言っていましたが、この曲だけは最後までここで聞かせてくれ。

生き残った僕にできることは、清志郎に刺激を受けた生き様を貫くこと。そして、子ども達にも清志郎の歌を伝えていくこと。
サングラスしていったけど、結局泣いたのは、家を出る瞬間だけでした。

長い長い行列、長い長い時間でしたが、不愉快なことは何もありませんでした。集まった人たち、みんな大人でした。
子連れの方もたくさんいらっしゃいましたが、なぜかむずかる子や、はた迷惑な子には一人も会いませんでした。くたびれたよね。清志郎の歌、これからたくさん聴いてね。

係員の人たち、とても感じがよかった。ありがとう。
遺族の方、スタッフの方、すごいショーをありがとう。

キヨシロー、最高!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.05.08

キヨシローの告別式に行くことにします

いろいろ迷い、考えたのですが、5/9の忌野清志郎の告別式に行ってこようと思います。たぶん、「万」単位の人が集まって、ずいぶん待たされたりするんでしょうが、やっぱり行こうと決めました。

誰かが亡くなると、残された方がつらいです。
生き延びている僕にできることは、自分の「生き様」を貫くことなのかな、と思い至りました。
「生き様」を教えてくれた人に、僕の決意を伝えること。そして生き続けていくこと。

以下は完全に私的な内容です。ブログに書くことじゃないかもしれません。でも、自分のけじめのために書いておきます。

------------------

1986年12月9日。
僕はいろんな事情が重なって、大学を卒業したものの就職をせず(できず)、神戸でバイトと就職活動をしていました。多くの人と同じように、僕も「大人のやり方」「大人の都合」という壁にぶち当たって、つらかった。苦しかった。僕にはそのとき、いくつかの選択肢がありました。でも、そのどれにも「夢」も「希望」も感じませんでした。安定はするのだろうけれど、「終わっちゃうな」という、何かをあきらめなければならない選択しか残されていないように感じていました。そんな僕の様子を案じて、東京の大学に通っていた古い友人から「東京に来ないか?」という手紙をもらいました。東京に行くなんて、思いつきもしなかった。でも、何の当ても伝手もないけど、東京に行けば何かがあるのかもしれないな、と思いました。「安定」と「希望」、どちらを選べばいいのか、すごく迷いました。どちらを取っても、失うものはありました。どちらにしても、迷惑をかける人たちがいることも考えました。東京行きには「希望」はあったけど、結局同じことかもしれませんでした。僕は最終的に、コインの裏表で決めることにしました。
1986年12月9日、大阪厚生年金会館、RCサクセション「THE TOUR OF A CLOWN」。
この日清志郎が「自由」という曲を歌ったら東京へ行く。歌わなかったら行かない。そう決めて地下鉄に乗りました。
♪短いこの人生で一番大事なもの、それはオレの自由、自由、自由♪
イントロが始ったとき、目の前が真っ白になりました。「おいボーズ、もう自分でもわかってんだろ? 自由は自分の手でつかむもんだぜ」。ぶっ飛んだ頭のままの帰り道、梅田駅売店の夕刊の見出しが目に入りました。「たけしフライデー襲撃・逮捕」。夕刊をあるだけ買いました。間違いなく、何かが起きている。行かなきゃ。僕はその夜、面接の通知とリクルートスーツを全部捨てました。

よかったのか悪かったのか、それは今でもわかりません。
ただ、あの日がなかったら今の僕ではないことは間違いありません。
RCサクセションに運命をゆだねたことに、後悔はいっさいない。

そんなことを思い出しながら、青山葬儀所へ行ってこようと思うのです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.05.06

チャボが

いつまでも清志郎のことを引きずるのもどうかと思うのですが、やっぱりこんな記事を読んじゃうと……。

「清志郎さんの名曲流してロックンロール葬」(nikkansports.com)

「OK、チャボ!」。清志郎さんの仲井戸への掛け声に続いて歌声が流れた瞬間。それまで沈んでいた仲井戸が棺の前に飛び出した。言葉にならない声とともに両手を上げ、一心不乱に跳びはね続けた。

家族以外では仲井戸だけが清志郎さんの最期をみとっていた。共通の友人伊藤明夫氏は「ぎりぎり間に合ったチャボは、必死に清志郎を揺すって『おい、起きろよ!!』って声をかけていた。本当に最後まで最強最愛の名コンビでした。だからこそ、清志郎さんを亡くした悲しみが伝わってくる…」と話した。

(以上、上記記事より抜粋引用)

チャボの喪服姿……それだけで悲しい。
5/22、CHABOの南青山MANDALAのチケットを持っています。奇しくも、初めてファンの前に姿を現す日になるのでしょうか……?

5/9の告別式、行こうかどうか、まだ迷っています。どうやら大音量の「ロックンロール葬」になるみたいです。
でもチャボのこのときの気持ちを思うと、安易に騒ぐ気持ちにはなれないな。

なんでも密葬の際、清志郎のハミングバードを高く掲げたチャボに向かって、「(遺族が映らないから)下げて!」と言ったカメラマンがいたらしい……(東スポ記事より)。バカヤロー!

しかし新聞もな……。
我が家に届く日本経済新聞の追悼記事には、清志郎のキメ台詞として「愛しあっているかーい」と書いてあった。
バカヤロー、「愛しあってるかい?」だよ! 「いるかい?」なんて言ったこと、ねーよ。
無記名の記事だから日経の記者が書いたんだろうけど、校閲も含めて、日経新聞には清志郎の本当のファンなんていなかったことがわかった。適当なこと、書き飛ばしてんじゃねーよ! 株価か為替相場でも睨んでろ!

それにな、清志郎は長い間「愛しあってるかい?」のコール&レスポンスは封印してたんだよ。「愛してまーす!」だったんだよ。
わりと最近になって「愛しあってるかい?」を復活させたのは、三宅伸治なんじゃないかと勝手に想像しています。「ボス、久しぶりにアレ、やりましょうよ」「ああ、そうだね」って。

テレビのニュースなんて、はなから信じちゃいないから、いっさい観ていない。ネットの過剰な情報の中から真実を探すほうがよっぽどましだ。ワイドショーは盛り上がってるみたいだね。へんてこりんなコメント、流すなよ。

amazonも、hmvも、追悼特集だ。amazonの「ミュージック」のトップ10を見てみろよ。RCサクセションや忌野清志郎が、あれ以来ずっと上位に入ってる。

生きてるうちに買えよ!

と言いながら、買いそびれてたり、ビデオしかもっていなかったDVDを2セットも注文してしまいました。同じ穴のなんとかです。
まあ、CDやDVDが売れるのは悪いことじゃない。
僕がレコード屋さんだったら、集めて売るだろうしね。

初めて「2ちゃんねる」というものに投稿したよ。
忌野清志郎 Part.34

> ちょっと思いついたんだが……
>
> 便乗商法のamazonやhmv(まあ、CDやDVDが売れるのは結構だけど)
> がリコメンドしない、
> キヨシローがゲスト参加したり
> 楽曲提供した作品をみんなで集めてみないか?
> せめてもの追悼と、ちょっとしたレコード会社への反骨の気持ちで…
>
> オレは
> 「TEARDROPS」の2曲。
> 「ピッカピカダイヤモンド」と「グッ・モーニン」。
> 思いつくままでいいんだけど。

せめて何かしたい、と思ったんだけど、伝わるかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.05.04

水筒の内蓋を洗う

子ども達に毎日水筒を持たせる季節になりました。
最初のフタを取ると、コップになります。問題は、次の内蓋。ボタンを押すと出る仕組みになっているのですが、これがうまく洗えません。どうやっても届かないところに茶渋がこびりつきます。
いつも「ちゃんと洗わなきゃなー」と思うのですが、ついつい先延ばしにしてしまっています。

思い立って、久しぶりに水筒を全部、滅菌・消臭・漂白剤(キッチンハイターのことね)に漬けました。CMみたいにガンコな汚れが落ちてくれればいいのですが。

そこまでやったら、何もする気がなくなったので、RCサクセションの『シングル・マン』を聴きました。「ヒッピーに捧ぐ」は辛いなぁ。

お別れは突然やってきて すぐにすんでしまった♪

僕は、大事な人の身内が亡くなったとき、何もしてあげられなかった。その人が悲しみの底に沈んでいるのを、ただ見ているだけだった。
キヨシローは歌を唄ったんだね。君に聞こえるように、声をはりあげて。
僕は何もできないよ。

半日漬けておいたけど、水筒の内蓋は完全にきれいにはなりませんでした。
次男の水筒は「水が漏る」ことがわかったので、新しく買い換えることにしました。チェックポイントは、内蓋が洗いやすいこと!
新しい水筒を買ってもらって、次男はとても嬉しそうです。

日本のロックが喪に服した日。子ども達は相変わらず走り回っています。
幸せそうな日々の隣りには、いつも大きな悲しみがあります。
ごめんな、何にもできなくて。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.02

あぁ……

訃報

かねてより病気療養中であった忌野清志郎ですが、
癌性リンパ管症のため5月2日午前0時51分享年58歳にて逝去いたしました。
ここに生前のご厚誼に深謝し謹んでご通知申し上げます。
追って告別式は下記のとおり執り行います。

1.日時 5月9日(土) 12時~13時 葬儀
 13時~15時 告別式(一般の方の弔問も受付いたします)
2.場所 東京都青山葬儀所(東京都港区)
3.喪主 栗原景子(妻)

なお、近親者のみで密葬を執り行いますので、
取材等はご遠慮いただけますようよろしくお願いいたします。

公式HP、「地味変」より


まだ、実感がわかない。
もう、あの声を聞くことはできないんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

井戸端会議から抜け出す方法

主婦は話好き。PTAのちょっとした集まりの後など、なかなか帰りません。井戸端会議、ってヤツですな。
みなさん、毎日ほとんど家族としか会話がなく、おそらくそのほとんどが子ども相手なのでしょう。たまにお母さん同士が集まると、おしゃべりがしたいんでしょうね。

二人で話しているときは、切り上げるのはわりと簡単。話題の終わりにすかさず「じゃあ、お先に」と言えば抜けられます。
三人以上、特に三人になったときは危険。抜け出すタイミングがなかなか難しいのです。
別にたいした話をしているわけでもないんですが、ひとつの話題から「そうそう、そういえばね……」と次の話題にすぐ移ります。

僕も聞きたい話もあるし、井戸端会議そのものはそんなにイヤではありません。むしろ、
「こんにちは。この間○○くんがうちに来たけど、しっかりしてますね!」
などと話しかけるほうです。
でも、エンドレス会議になると、「もう、いいかな」と思うこともしばしば。

で、抜け出す方法に気がつきました。
三人以上のときは、「もう、いいかな」と思ったらしばらく黙る。ニコニコ聞くだけにしておきます。話題を振られても、最小限の答えだけにして、笑顔で相槌を打っておきます。
すると自然に僕抜きで話が続きます。で、頃合いをみて「じゃあ、そろそろ」と言って抜け出すわけです。

お母さん達も、誰かが「じゃあ、そろそろ」と言ってくれるのを待っているフシもあるように思います。僕が「じゃあ、そろそろ」と言うと、「あ、わたしもそろそろ」って言う人がよくいますから。
誰も「じゃあ、そろそろ」って言わないから、ズルズル長引くんじゃないかなぁ。

そういえば、逆のパターンもありますね。立食パーティ。
知り合いがいない、または参加人数は多いのに知り合いが少ない立食パーティ。うまく参加できずに壁際にひとりで立ってると、長いですよね。

そんなときは、とりあえず近くにいる人に話しかけて、まず二人の会話を始めるわけです。ただし、三人目が入りやすいように、正面から向き合うのではなく、ちょっと斜めに立つ。三人目の人が入って来やすい工夫をしておくわけです。

近くにポツンとひとりで立っている人に、「このシュウマイ、おいしいですよ」とか何とか言って、三人グループを作っちゃう。
三人になれば、「そろそろ話題も尽きたな」という頃に、しばらく黙っておく。すると「では」と言ってその場を抜けやすくなりますよね。

で、料理を取ってきて食べながら、また別のひとりの人、あるいは二人で話している人に近づいて、話しかけるわけです。
三人以上のグループを作るのがポイントなんじゃないかなぁ。

もっとも僕の場合、立食パーティに出る機会は当面なさそうなんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »