« プラスチックゴミをスリムに | トップページ | 魅力のある女性の条件? »

2009.05.22

だってインフルエンザでしょ?

新型インフルエンザの影響で、長男の中学校の3年生、修学旅行(関西方面)が延期、または中止、になったそうです。
うーむ。

全国を研修でまわっている講師の方の仕事(企業研修)が、キャンセルになったそうです。
うーむ。

その方によれば、ある大手航空会社は、インフルエンザが理由であることがわかれば、無料でチケットをキャンセルしてくれたそうです。
が、もう一方の大手航空会社では、通常のキャンセル料をとられたそうです。
うーむ。

また、別の講師の方は、その人が関西在住だという理由だけで、セミナーがキャンセルになったそうです。
うーむ。

首都圏に住む僕の近所のスーパーや薬局には、「マスク品切れ」の張り紙がしてありました。
うーむ。

新しい感染者が出るたびに、入院先の病院前に集まり、「こちら、○人目の患者が入院する病院です!」とレポートするテレビ局。
うーむ。

新聞では毎日、最新の世界の患者数を国別に掲載しています。
うーむ。

さいわい、今回の新型インフルエンザは、特別にひどい症状が出るわけじゃないんですよね?
一般の人々にとっては、毎年の季節インフルエンザと変わらないんですよね?

この冬はインフルエンザが大流行、長男が寝込み、中学校は学級閉鎖になりました。
主婦・主夫にとって、インフルエンザはやっかい者。熱が下がって元気になっても、お医者さんの許可が出るまで、子どもが家にいるわけです。結構なストレスです。
だからお母さん達は、学校のインフルエンザ情報に敏感なのです。

今朝の新聞によれば、日本で感染が確認されたのが292名。
じゃあ、こないだ大流行した季節インフルエンザの感染者は何人? と思うのですが、少なくとも日本経済新聞はその報道をしていていないはずです(見落としていたらゴメンナサイ)。
うちの子ども達が通う小・中学校だけでも、100人近くはいたと思うよ。

子ども達に、
「少なくともこれまでのインフルエンザは、空気感染はしないこと」
「感染と発症は違うこと」
「うがい、手洗いは必ずすること」
を話しました。
しかし、インフルエンザでこの騒ぎなら、本当に危険なウイルスが入ってきたときには、完全にパニックでしょうね。

冬に買った紙マスクが、まだ残っています。
これ、東京駅あたりだったら、一枚300円でも売れるんじゃないかな?

関西で8割の人がマスクしてるのなら、マスクに広告載せられるんじゃないかな?

でもさー、インフルエンザでしょ?
毎年のことじゃん?
と思うのは、僕だけ?

|

« プラスチックゴミをスリムに | トップページ | 魅力のある女性の条件? »

コメント

「でもさー、インフルエンザでしょ?毎年のことじゃん?」
と思っているのは、きっとまろさんだけではないでしょうね。
でも、私は、そういう声を聞くと、あまりよい気持ちがしません。
ちょうど、それについての感想をさきほど書いたところです。
よかったら、ご意見をお聞かせください。
http://moepiko.exblog.jp/11592993/

投稿: moepiko | 2009.05.22 17:44

moepikoさん、コメントありがとうございます。

今回の新型ウイルスの脅威は「未知の病原体」が「短期間に大流行する」おそれがあった(結果として今回はたまたま弱毒性であったが)、という理解でよろしいでしょうか?
それに対して、季節性のインフルエンザは、「既知の病原体であり」それなりの対応の体制ができている、という違いがある。今回は、人間にとって(フタを開けてみたら)たまたまラッキーだった、ということですかね。

moepikoさんが、冷静な意見をブログに書いていらっしゃいます。僕なりになるほど、と思いました。
新しい視点が生まれました。

投稿: まろ | 2009.05.23 01:25

今回の新型インフルエンザについては
国や行政も手探り状態で初めての体験として精一杯やっているのは理解できるのですよ。

だったら、何がおかしいのか・・・というと、やっぱりマスコミなのでしょうか。

そしてそれに安易に踊らされる一般の人なのでしょうか。

ニュースにピックアップされる庶民はマスコミに従順そうに見えるけど、ちょっと裏に回るとみんな陰では「これおかしくない?」と言ってる。
結構流言蜚語とかも飛び交ってて
何を信頼したらいいのか分からなくなります。

そんな中、まろさんが書いてらっしゃること、私は同感なんです。

昔トイレトペパーがなくなったときも
こんな感じだったなぁ・・・って
あの時に親に頼まれてスーパーを走り回ったいち国民としては
「あ~あ、またか~~」って感じてしまうのです。

もうちょっと冷静になりませんか、と私も思います。

投稿: 小径 | 2009.05.23 17:32

僕もマスコミの報道には大きな問題があると思います。

新聞もテレビも、我々は連続ドラマの途中の回だけ見るようにしか見ないわけですから、今回のようなケースでは、
「これまでに何が起きていて」
「いまどのような状況で」
「どのように行動すべきか」
を、しつこく、途中から見た人にもわかるように報道する必要があると思います。

「冷静に対応しましょう」とCMで麻生さんが言っていましたが、「冷静」の基準はみんなバラバラです。

「まだどんな相手かわからないから、念のため、ここまでの対応をしましょう」
「今日の段階でここまでわかったから、対応のレベルをここまで落としましょう」
といった、具体的な行動方法を国が示すべき、マスコミはそれを伝えるべきじゃないか、と思います。

投稿: まろ | 2009.05.23 20:04

同感です。
あ。私のほうにもコメントいただいてありがとうございました。
(半ば強要だったか?;笑)
まろさんのおっしゃるように、
マスコミの報道のあり方とか、
国が国民に向けてどのように働きかければよかったのかを振り返ることは、
「感染しなくてよかったわ~。」
で終わらずに、今後自分にとってどのような情報の取捨選択をすべきか考えることになりますよね。
「でもさー、インフルエンザでしょ?毎年のことじゃん?」
で終わらずに考えていただけたのは、
私にとってはとてもうれしいことでしたよ。

投稿: moepiko | 2009.05.23 23:01

新しい視点を得て、一歩踏み込んで考える機会を与えていただいたmoepikoさんには感謝しております。
どうもありがとう!

投稿: まろ | 2009.05.23 23:13

私もブログに書いたのですが、企画していた研修がインフル対策のために中止になってガッカリでした。

私もこういう時、のんきに構えてるクチです。
随分前ですが、お米がなくなる!とタイ米が出回ったり、皆さんが買い占めていた時も、
なくなったら、その時考えよう~的な。

今回のインフルに関しては、
このまま終われば全然問題ないけれど、その後の展開が読めないことと、
突然変異、亜種?が出てきたときに弱毒性のままの保証がない、という事もあるんでしょうね~。

マスクはどうしてもスキマができてしまうので、
どうせ吸い込むじゃん、と今まで効果を信じてなかったのですが、
花粉症になってから、効果を実感できるようになりました(^^;

でも、どうしてものんびり構えちゃいます。

とりあえず、寝不足になり気味なので、
早寝早起きを心がけてます~

投稿: Nakanishi | 2009.05.24 19:57

マスクは必要なときがあると思います。家族が発症したときは、確実に家庭内では感染していると思うので、外出時はウイルスを撒かないように、マスクをします。
あとは満員電車、人ごみですかね。

何が起きていて、いまどうなっているのか、いまどうすればいいのか、を考えることが大切なんでしょうね。鈍感にならず、過敏にはならず。

投稿: まろ | 2009.05.24 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/45091691

この記事へのトラックバック一覧です: だってインフルエンザでしょ?:

« プラスチックゴミをスリムに | トップページ | 魅力のある女性の条件? »