« キヨシローの告別式に行くことにします | トップページ | 2ちゃんねるの作法 »

2009.05.10

忌野清志郎青山ロックンロールショー

2009年5月9日。
僕は地下鉄千代田線乃木坂駅へ向かいました。青山葬儀所で、ひとつの言葉を叫ぶために。

昨夜から、子ども達に説明しました。
「忌野清志郎が死んじゃっただろ。父さんは、お葬式に行ってこようと思います。たぶんすごい人数が集まるから、何時間も待つことになるかもしれない。でも、父さんは行ってくる。
晩ご飯は、帰ってきて作るつもりなんだけど、もしかしたら予想以上に時間がかかっちゃうかもしれない。そのときは電話するから、よろしく頼む」

服装はいろいろ考えましたが、黒いジミヘンのTシャツに黒のジーンズにしました。それにサングラスと、黒のラスタカラーラインが入ったベレー帽。
「お葬式だから、黒なんだよ」
まあ、普段着でもあるんですが。

昼食のうどんを茹でて、みんなで食べて、タバコを一本吸って出かけました。
「よっしゃ。じゃ行ってきます!」
そしたら次男に言われました。
「キヨシローさんに、よろしく伝えてね!」
おい、もう泣いちゃったじゃないかよ。

乃木坂駅に着いたのは、15:00過ぎ。係りの人が看板を持って立っていました。地下鉄出たらいきなり列。よくわからないけど、最後尾に並びました。

とにかく、人が多い!
「清志郎に最後に会うんだ」
という目的がなかったら耐えられなかったと思います。どこまで続くのか、いつまで待つのかわからない。ひたすら、行列。途中、広場みたいなところに並んだり、ぐるーっと遠回りしたり。

だんだん日が落ちてきました。
でも、行列の間は木陰があったし、少し風も吹いていたので、持参したミネラルウォーターには結局口をつけず。
昨日までは雨模様だったのに、雨上がりの夜空の翌日は晴天で、過ごしやすい5月の一日。ここまで演出するとは、さすが清志郎。

斎場に入ったときには、すでに5時間以上たっていました。東京タワーの脇に、低く満月が出ていました。
途中で自宅に電話。
「ごめん、まだ清志郎に会えないんだ。レトルトのカレー、あっためて食っててくれるか」「うん、わかった」
ようやく祭壇が見えて献花をもらったとき、会場には、「宝くじは買わない」「僕の好きな先生」が流れていました。

「キヨシロー! サイコー!」

ありがとう、でもない。さようなら、でもない。やっぱり「最高!」と言いたかった。バラの花を献花台に置き、思いっきり叫びました。

「キヨシロー! サイコー!」

ちょうど「スローバラード」が流れ始めました。会場の隅っこで聞きました。警備の人が「ここで立ち止まらないでください」と言っていましたが、この曲だけは最後までここで聞かせてくれ。

生き残った僕にできることは、清志郎に刺激を受けた生き様を貫くこと。そして、子ども達にも清志郎の歌を伝えていくこと。
サングラスしていったけど、結局泣いたのは、家を出る瞬間だけでした。

長い長い行列、長い長い時間でしたが、不愉快なことは何もありませんでした。集まった人たち、みんな大人でした。
子連れの方もたくさんいらっしゃいましたが、なぜかむずかる子や、はた迷惑な子には一人も会いませんでした。くたびれたよね。清志郎の歌、これからたくさん聴いてね。

係員の人たち、とても感じがよかった。ありがとう。
遺族の方、スタッフの方、すごいショーをありがとう。

キヨシロー、最高!

|

« キヨシローの告別式に行くことにします | トップページ | 2ちゃんねるの作法 »

コメント

まろさん、お疲れ様でしたm( _ _ )m

私は清志郎より2学年下で
RCの時代には子育てと自分の生活のことで必死だったから音楽聞く時間なんてなくて
その部分が空白になっているのです。

でも、友人達の多くは彼を好きで
詩集を持っていたり、コンサートに行ったりしていました。

だから先日からそんなメールのやり取りばかりしています。

みんな泣いています。
「好きだったよねぇ~、早すぎるよねぇ~」って。

まろさんの下の文章読んで、まろさんほど深い自分とのかかわりがあったわけでもない私がしゃしゃり出るのは申し訳ないような気持ちですけど、やっぱりいつもロックシーンには清志郎がいたのは事実ですから。
「居て」当たり前だったのですから。

長時間並んで「キヨシロー、サイコー」って叫んできてくれてありがとうございました。

投稿: 小径 | 2009.05.10 11:06

小径さん、思いっきり叫んどきましたから。他にも、途中友達から電話がかかってきて、「会場まで行ったけど、仕事があるから並べそうにない。頼む」って。
来られなかった人のぶんまで、思いっきり叫んどきました。

忌野清志郎は、これからもっとたくさんの人に聴き継がれていくのだと思います。
日本のロックで初めて、10年、20年、30年たっても色あせずに、新しいファンを作り続ける人になるのだと思います。

大丈夫です。みんなで清志郎を聴き続けましょう。

投稿: まろ | 2009.05.10 12:35

まろ、本当にありがとう。
「まろ、サイコー!!」weep

投稿: いさお | 2009.05.11 01:20

サンキューベイベー、サンキュー!

投稿: まろ | 2009.05.11 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/44960920

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎青山ロックンロールショー:

» 改めて忌野清志郎 [名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳]
東京は青山葬儀所で行われた忌野清志郎さんの告別式、すごい数のファンに見送られたようだ。 うちの読者さんの中にも、GAKOさんみたいに名古屋から青山葬儀所まで清志郎さんを送りに行った人もいる。 テレビでみた献花や弔問にならぶ長い列、改めて大きな星を失った感も強い。 生前にはアルバム販売中止や放送禁止な... [続きを読む]

受信: 2009.05.10 08:54

« キヨシローの告別式に行くことにします | トップページ | 2ちゃんねるの作法 »