« ぬれねずみ、どろねずみ、どぶねずみ | トップページ | 甘いもの »

2009.06.09

行きつけのスーパー閉店

我が家に一番近いスーパーがまもなく閉店します。「建物の老朽化に伴い」と張り紙には説明してありましたが、最近駅前に新しくできたスーパーの影響が本当の原因なんじゃないかなぁ。

僕は週に三日、このスーパーに買い出しに来ていました。4年間以上ですね。毎週。
2フロアなんですが、あまり広すぎず、他の店よりも買い物がしやすい印象でした。でも品揃えは僕には十分。割引クーポン券も出たので、お得感もあったし。
なにしろ、品質とか価格よりも、とにかく近くて便利だったから重宝してたんだけどなー。

閉店が決まってから、店内の在庫がどんどん減っていきます。アルコール類、加工食品、米、菓子類などの棚がみるみるうちにスカスカになり、棚の高さが低くなっていきます。
野菜や肉、魚、あとタマゴや豆腐類などは、まだ補充があります。でもさすがにもう、この店だけでは全部済ませるのは難しくなりました。
これからは駅前まで買い出しかー。遠いなー。重いなー。

このスーパー、お母さん達に評判がいい理由がありました。駐輪場です(僕は近いので徒歩なんですが)。店の前に駐輪スペースがあり(今度から行く駅前の店にはありません)、そこの整理をしてくれているおじさんが、ものすごく感じがいいんです。いつも笑顔で、お年寄りや小さい子連れのお母さんに、とても親切。雨の日には、自らお客さんの傘を傘袋に入れてくれます。
入店前に、すでにポイントが高いんです。

あと、時々やる「冷凍食品・全点4割(5割)引き」の日。その日を狙って遠くからまとめ買いに来るっていうお母さんもいましたね。

レジのお姉さん、お母さんの接客は、まちまちでしたが、ひとり「この人、いいなー」と感じるお母さんがいました。
まず、声がいい。ハキハキしているだけじゃなくて、声が常に笑っているんです。その人のレジにあたると嬉しかったな。去年のクリスマスシーズン、レジの人が全員サンタ帽をかぶっていました。「その帽子、かわいいですよ」って言ったら、「えーっ」って照れてましたな。もう会えないのね。ナンパしとけばよかった。

いよいよ閉店一週間前。売場はもうガラーンとして、お客さんもまばら。ポイント付与も、クーポン券も終わりました。
なんか、残念。
新しいスーパー、慣れるまでには時間がかかるだろうなー。

|

« ぬれねずみ、どろねずみ、どぶねずみ | トップページ | 甘いもの »

コメント

行きつけのお店が閉店するのって
悲しいですよね。

最近では普通に「閉店」が多発してて
当然のように行ってみたらお店がなくなってたりして「あれ?」って一瞬戸惑って、
「確かここにあったはず・・・」と記憶も定かでなくなった今日この頃、「あれは夢だったのかな?」なんて思ったりして。

新しいお店に慣れるまでにまたしばらく時間がかかって大変ですね。売り場うろうろする時間が勿体ないですものね。

投稿: 小径 | 2009.06.09 20:18

そうなんですよ。行きつけのお店って、品物の陳列が頭に入ってるから、買い物の時間にムダがないんですよね。
あんまり品揃えが多いと、迷う時間が長くなります。
広すぎるお店も、「あ、トーフ買い忘れた!」っていうときに、フロアの端から端まで歩かなければならなかったりします。
僕はサッと行って、サッと買って、サッと帰りたいんですが。

投稿: まろ | 2009.06.09 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/45286110

この記事へのトラックバック一覧です: 行きつけのスーパー閉店:

« ぬれねずみ、どろねずみ、どぶねずみ | トップページ | 甘いもの »