« アマゾンの謎 ~その3 カスタマーレビューを鵜呑みにするな! | トップページ | キングジム「ポメラ」ヒットの裏側 »

2009.07.12

「SIMON & GARFUNKEL」に行ってきました

2009.7.11.の東京ドーム公演に行ってきました。水道橋駅を降りたあたりから、いつもと違うただならぬ雰囲気。
年齢層が高くて、それも夫婦が多いんです。僕のかなり先輩方、といった感じ。なるほどねー。
びっくりしたのは、男性トイレも長蛇の列だったこと。ふだん、女性用は普通に並んでますが、男性用がこんなに並ぶのって初めて見たような気がします。やっぱり近いんですかねー。いえ、先輩方、どうぞお先に。僕はまだ大丈夫ですから。

サイモン&ガーファンクルの初来日公演は、1982年。1981年の「セントラル・パーク」での再結成コンサートからの流れでやってきたのでした。

僕はそのとき、ちょうど島根から関西に出てきたばかり。同時に社会人になった姉と同居しておりました。
ちょっとだけ都会っぽいムードを漂わす姉に、「サイモンとガーファンクルのコンサートがあるから、整理券を取りに並ぶように」と言われ、「おー、都会に出てきて最初のコンサートはいきなり外タレかー。それもいいなー」と、ルンルン気分で大阪駅前第何ビルだかに並んで、整理券をもらいました。
コンサート当日、いそいそとお出かけの準備をする僕に、姉がひとこと「お前、どっか行くの?」。
はい、僕のチケットはありませんでした。ただのパシリでした。都会って、厳しい。

サイモン&ガーファンクルは、僕がラジオを聴いたり、ギターに触ったりする頃にはすっかりスタンダードでした。姉が『明日に架ける橋』のシングル盤を持っていました。
ギターの練習曲に『サウンド・オブ・サイレンス』は必須だったし、音楽の教科書には『コンドルは飛んで行く』が載ってたんじゃないかなあ。

だから、サイモン&ガーファンクルのレコードを特に熱心に聴いたという記憶はあんまりありません。ラジオの特集を録音したりして、たいがいの曲は普通に聴いてたし。
でも『明日に架ける橋』『スカボロー・フェア』『コンドルは飛んで行く』は、イマイチ、そんなに好きじゃない。大げさすぎない?

僕があらためてポール・サイモンに打ちのめされたのは、高校生のときクラスメイトが貸してくれたLPレコードでした。
『THE PAUL SIMON SONG BOOK』

「サイモン&ガーファンクル」としてデビューしたものの、まだ売れなかったときに、ポール・サイモンがひとりで録音したアルバムです。
コーラスなし、一人だけの弾き語りなんですが、これがいいのよ。ギター、うまいしね。
で、それ以降、ずーっとこのアルバムを探し続けていました。僕が借りたのは日本盤だったんですが、どうにも手に入らず、輸入盤も探しましたが見つからず。
約8年後くらいに、中野駅前の中古レコード屋さんで、普通に1000円で売ってるのを見つけたときは嬉しかったなあ。8年間探してたんだ。たしか『SIMON BEFORE GARFUNKEL』っていうタイトルの輸入盤でした。
それが、2004年にCDで復刻されたのが、これです。一番聴いたなあ。

さて、今夜のコンサート、席は遠かったですねえ。スクリーンも小さいし。
開演しても、客席のライトは半分着いたまま。薄暗い感じです。途中でトイレに行く人のためかなあ。やっぱりトイレ問題は重要ですね。
『OLD FRIENDS』『Hazy Shade of Winter』でスタート。やっぱり、ほとんどの曲知ってます。『I Am a Rock』も『Boxer』もやりました。アンコールのラストは『Cecilia』でした。こんだけやってくれれば、満足です。
あ、『Mrs. Robinson』の間奏ではバディ・ホリーの『NOT FADE AWAY』を歌いました。ラッキー!

そして、僕が感激したのは、解散後のポール・サイモンのソロアルバムから『STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS』と『MY LITTLE TOWN』が演奏されたこと。大好きなアルバムなんです。
『時の流れに』

『STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS』が今夜聞けるなんて思っていませんでした。
---------
I met my old lover
On the street last night
She seemed so glad to see me
I just smiled
And we talked about some old times
And we drank ourselves some beers
Still crazy after all these years
---------
うーん、好き。歌えるし。
こうなりゃ『恋人と別れる50の方法』も聴きたかったのですが。まあそこまでは言いません。帰ってきて聴きました。

帰り道、隣りの先輩夫婦の会話。
「おっ、JCBホール。ここで株主総会やったんだよ」「あら、そうだったの」
先輩、お疲れさんっす。

|

« アマゾンの謎 ~その3 カスタマーレビューを鵜呑みにするな! | トップページ | キングジム「ポメラ」ヒットの裏側 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/45604299

この記事へのトラックバック一覧です: 「SIMON & GARFUNKEL」に行ってきました:

« アマゾンの謎 ~その3 カスタマーレビューを鵜呑みにするな! | トップページ | キングジム「ポメラ」ヒットの裏側 »