« 打ち上げ花火を見ながら生について考える | トップページ | 「LIFE 井上陽水」 »

2009.08.23

なぜキャバクラ嬢になりたいの?

先日テレビのCMを見ていてびっくりしました。「キャバ嬢育成ゲーム キャバ嬢っぴ」っていうゲームのCMでした。
洋服や髪型を選び、接客のシミュレーションゲームをして、稼いだ収入を競うんだそうな。
え~っ!?

そのうち、小中高校生の将来の夢に、「日本一のキャバクラ嬢」とか出てくるんじゃないだろうな?

ある講演会で、女性の講師が「ナンバーワンキャバ嬢の会話のテクニック」について話していました。「話すより聴く」「あいづち上手になる」といった内容でした。

あの~。
それはピンからキリまであるキャバクラのうち、ピンの話だと思うのですが……。
僕らが行ける「キリ」のキャバクラは、大変なんですよ……。

僕は自分からキャバクラに行こうとは思いませんねー。
理由は、とにかく疲れるから。

「チース」と言って隣りに座ったっきり、何も話そうとしないキャバ嬢。ひどいときは、勝手に自分の携帯でメール打ちはじめたりしますよ。
で、一生懸命、「今日は暑かったねー」とか「ボルト、すごかったねー」とか「出身はどこ?」とか「水割りおかわりする?」とか「今日はお客さん、多いほう?」とか「タバコ吸う? 火つけてあげようか」とか、必死になって話題を作らなければなりません。
「フーン」とか「へえ」とか「あ、そう」しか言わない敵を切り崩して、なんとか時間内を友好に過ごすことが、どれだけ大変か。

60分もこの苦行を続けると、ホント、ヘトヘトになりますよ。
こっちがお金をもらいたいくらいです。

あ。
もちろん、そうじゃないお店もあるんだと思いますよ。気を使わなくてもいいお店。でも、たいがいそういうレベルのお店に入れるお金はありませんから。

どうしても入らなくちゃいけなくなったときには、「修行」だと自分に言い聞かせます。
そういえば、友達と二人で入って、2時間、「じゃんけん大会」だけで盛り上げて帰ったことあったな。つらい修行でした。

どんなによくできていたとしても、ゲームはゲームだからね。コツを覚えた気になって、「私、キャバ嬢ならいつでもできるかも」などと、かんちがいしないでほしいです。
どうせなら「日本一のホステスになって、いつか銀座に自分のお店をもつ」くらい大きな夢をもってください。
キャバ嬢じゃ、話が小さすぎるよ。
ところで、プロのキャバクラ嬢って、いるのかな?

|

« 打ち上げ花火を見ながら生について考える | トップページ | 「LIFE 井上陽水」 »

コメント

最近の女の子の「なりたい職業」の上位にキャバ嬢があった気がしますよ~。
親は泣くよね~。

投稿: haco | 2009.08.24 21:02

調べてみたのですが、2008年で、15~22才の女性の人気職業の12位がキャバクラ嬢ですね。20%。
親も公認で、実家に仕送りしてる子も多いんだそうですよ。

投稿: まろ | 2009.08.24 21:22

あの・・・すみません。キャバクラ好きです。ホント、すみません。
「楽に稼げる」という意識があるのでしょうか、最近のキャバクラはメチャクチャ質が落ちています。
今の狙い目は、六本木あたりのスナックです。銀座から移った女の子が六本木のキャバに入り、心太方式でそこそこ会話ができる若い子がスナックに移っている感じです。
料金は「スナック」。女の子は「キャバクラ」。う~ん、これは、結構、嬉しい感じが・・・。
ホント、すみません。

投稿: いさお | 2009.08.24 23:45

いくか! 突撃するか!
金ならないぞ!
元気も……最近ないぞ!

投稿: まろ | 2009.08.25 00:15

>60分もこの苦行を続けると、ホント、ヘト>ヘトになりますよ。
>「フーン」とか「へえ」とか「あ、そう」

ららららら そんなに接客酷いんですか。
お疲れ様です。(^^;

せめて、お決まりの会話でも、気持ちよく話させて欲しいですね。

キャバ嬢って、綺麗な格好してチヤホヤされて、
お金が沢山もらえて、プレゼントももらえる
ってイメージはありますよね。

勝手な想像ですが、
スカウトの人がそう言って誘うのかなーなんて。

女の子は「若い」「新しい」だけが売りで、
店も女の子を教育するとかの意識はなく、
どんどん入れ替える使い捨てなのかも、、
とか、色々考えちゃいました。

こういう価値観を持った子が、
30代、40代と大人になった時、
自分を肯定できるんだろうかって心配になります。

根本的な不安や不満を感じつつ、
それでいて責任転嫁している気がします。

自分が選んだ仕事のはずなのに、
自分の仕事に不満を感じていて、
その八つ当たりをお客さんにしているように感じます。

女の子にプロ意識のあるキャバ嬢との会話なら
きっと楽しいと思うんですけどねー。
なぜか、私も行った事があります(笑)

でも、キャバクラ行くより、
サルサの方が楽しいですよ。(笑)

投稿: Nakanishi | 2009.08.30 20:22

『女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか?』という、ズバリのタイトルの本があったので、読んでみました。
背景には、格差の拡大、非正規雇用の増加、地域社会の解体、高齢化、ジェンダーフリー、離婚の増加、などを挙げていました。
特に、大卒未満の女子には非正規の安い仕事しかないのが現状なのかもしれません。
専門学校出ても、東京で一人暮らしはできないことが多いみたいです。なるほど。
「いまのうちにキャバクラで確実に老後のお金を貯めておかないと」というのも、切実な選択なのかもしれないな、と思いました。

ただ、水商売がナメられてる気はしますね。カネを払ってしまう男が悪いんですかね。

投稿: まろ | 2009.08.30 22:00

月収一千万円超えのキャバ嬢がいるって
知ってますか?!
スゴイ裏ワザ公開してました!
  ↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/gold_miraiya/

投稿: | 2010.06.22 23:33

むむむ、情報商材ってやつですね。
『一日15分の作業で時給2万円~10万円以上稼ぎ引退後の人生も勝ち取る方法』
だそうです。
まだあるんだねー、こういう商売。
面白いから、コメント削除しません。
リンク先でのご購入等は、ご自身の責任でお願いします。

投稿: まろ | 2010.06.22 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/46006215

この記事へのトラックバック一覧です: なぜキャバクラ嬢になりたいの?:

« 打ち上げ花火を見ながら生について考える | トップページ | 「LIFE 井上陽水」 »