« アメブロとエキサイトブログはへそまがり? | トップページ | わかるわかる。小説『しあわせと勘違いしそうに青い空』 »

2009.08.01

耳鼻科の看護師さん

次男の中耳炎を根絶するために、今日も耳鼻科へ行ってきました。3週間近く経ちました。
この間、錠剤を2つずつ、散剤を3種類5袋ずつ、毎食後に飲みました。小学生にはこの量は大変。大人だってめんどくさい。
「できれば錠剤にしてください」
と頼んでみたのですが、小児用の分量では錠剤はない、とのことでした。

5つの袋を、2つと3つに分けて、2回で飲みます。
一口水を含ませて、口の中に「水たまり」を作って、その上に粉薬を浮かべるように入れます。グッと飲み込んだら、すぐに残りの水を飲む。口の中で何が起きているのか、イメージさせながら飲ませました。
「水たまり」が大きすぎると、粉末が口中に広がって苦い味がします。小さすぎても、うまく飲み込めません。
毎食後に繰り返すうちに、次男は少しコツがわかってきたようです。
「自分でやってみる!」
途中からはひとりで飲めるようになりました。
薬を飲ませるのって、けっこう負担。自分で飲んでくれると、助かります。

今朝は少し早めに行ったので、そんなに待たずに順番がきました。耳の中はきれいになっているそうです。鼓膜の検査をしてもらって、問題なし。よかったー。
しかし、アレルギー性鼻炎が発覚。鼻にプシュッとする噴霧剤と、粉薬が1種類。まあ、これくらいならねー。

今日次男についてくれたのは、若い女性の看護婦さんでした。
ふと見ると、病院サンダルのつま先の、右足の親指にだけ、ちょっとした飾りが入ったペディキュアをしていました。
正直に言います。最初は「血豆」だと思いました~。ストッキング履いてるから、わかりにくかったんだよ~。

職業柄、流行のネイルアートとか、やりたくてもできないんでしょうね。病院の中でも下っ端だから、ギリギリが片方の足の親指だけだったんでしょうね。でも、ちょっとだけでも、おしゃれがしたかったんでしょうね。

病院からの帰り道。
「女心って、難しいねぇ」
「難しいねぇ」
「苦労するよねー」
「するねー」
と、しみじみ会話。45才と9才でも、話は通じるもんだ。

|

« アメブロとエキサイトブログはへそまがり? | トップページ | わかるわかる。小説『しあわせと勘違いしそうに青い空』 »

コメント

某ERのナースの方と知り合ったんですが、
しばらくして、渋谷で声を掛けられたら、分かりませんでした(お洒落すぎて)。
でも、女性が綺麗な事は良いことだと思うなぁ。
大変なんだろうけどね~。

投稿: いさお | 2009.08.02 00:40

そうですね。おしゃれはしてほしいです。
で、なんだよ、そのナースさんって!
合コンしようぜ。

投稿: まろ | 2009.08.02 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/45801162

この記事へのトラックバック一覧です: 耳鼻科の看護師さん:

» 看護師の奨学金制度 [看護師情報ナビ]
看護師の奨学金制度や准看護師試験についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009.08.13 21:52

« アメブロとエキサイトブログはへそまがり? | トップページ | わかるわかる。小説『しあわせと勘違いしそうに青い空』 »