« 便乗本 | トップページ | 赤羽のうなぎや »

2009.10.14

次男が泣いたワケ

今日は小中学校ともに、先生方の「研究会」かなにかで、兄弟2人とも早く帰ってくる日でした。先に帰ってきたのは、中2の長男。
「先輩が遊びに来るけど、いい?」
ギターを持ってくるそうです。
やや遅れて小4の次男。すぐに何人かに電話して、遊びに飛び出していきました。

夕方5時過ぎに次男が帰宅しましたが、中学生2人は、まだまだギターに夢中。次男は自分も一緒になってギターを弾いていました。

何かのはずみで、長男が、
「あ、お前の今日のおやつ、食っちゃった」
と言いました。えーっ!と抗議する次男に、
「大丈夫。昨日のせんべい、一枚残してあるから」
え?
「あれ? あのせんべい、父さんが食べちゃったよ」
次男の顔がみるみるゆがんで、涙がポロポロこぼれ、そのままトイレにこもってしまいました。

いつもなら、せんべい1枚で泣く子じゃないと思うのです。
・遊び疲れていて、いっぱいいっぱいだった
・お客さんがいたことで緊張していた
・ちょっと疎外感を感じていた
などが、重なり合ったのかなあ。

中学生ギターマンが帰ってしばらくした頃、トイレからそーっと出てきました。20分くらいはがんばったのかな。
一緒に寝転がりました。
「せんべい、すまなかったな」
再び、ジワーッ。ヒックヒックしているので、背中をさすってやりました。
そうしてしばらく触れ合っていたら、涙が止まりました。
子どもって、不思議。

|

« 便乗本 | トップページ | 赤羽のうなぎや »

コメント

ごぶさたです。

子供の気持ちをストレートに受け取る、
すてきなパパですねー^^

自分でもどうにもコントロールできない、
こういう時に親にヒステリックに怒られたり、
馬鹿にされたりしたら… つらいですよね。


投稿: Nakanishi | 2009.10.15 01:14

いやあ、せんべい食べたの、僕ですからー。
次男もきっと、せんべいが惜しかったんじゃないと思うんです。
おっしゃるように、きっと「自分でもコントロールできなかった」んでしょう。
子どもの頃って、そういうこと、ありますよね。

投稿: まろ | 2009.10.15 06:22

こんにちは。
次男君、なんかギューーって
抱きしめてあげたくなるなぁ。
嫌がられそうだけど(笑)
子供っていろいろあるけど、
その後どう接してあげるかですよね。
うん、いい親子関係だなぁ。
なんかじーーんってしてしまいましたよ。
私もいまだにコントロールできなくて
困ってます。

投稿: ミキ | 2009.10.16 15:41

泣き止んだ後の、お互い居心地の悪い時間。
隣りに寝転がりながら、そのまま「くすぐりっこ」に移行しました。
一緒に大笑い。

投稿: まろ | 2009.10.16 19:31

こどもだって~♪ってCMありますね。

こどもだって、外で戦ってるんですよ。
なにも7人の敵がいるのは大人の男だけじゃない。

だから帰ってきたらせんべい1枚で泣いてしまうこともあると思うんです。

せんべい食べちゃったお父さん
素直に謝れる親って素敵です。

最後は「くすぐりっこ」も読んでいてホンワカとしましたよ。

投稿: 小径 | 2009.10.17 19:49

「こどもだって、外で戦ってる」
そうですよねー。
まもなく10歳。
もう、人間のいろいろな機微を、十分に感じ取ることができます。
だから、疲れたり、困ったり、悲しくなったりすることも増えるのかもしれません。
外でストレスがあるぶん、家族が受け止めてあげないといけないですね。

投稿: まろ | 2009.10.17 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/46486154

この記事へのトラックバック一覧です: 次男が泣いたワケ:

« 便乗本 | トップページ | 赤羽のうなぎや »