« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

『ぶっつぶせ!!』村八分 1971 北区公会堂 Live

闘病中の山口冨士夫から、新しいCDが届きました。村八分の、たぶん最後のリリースとなるであろうライブアルバム。

「ある時、降ってきたんだよ、このテープがさ。俺にはそう思えたんだ。」

村八分というバンド名になってから、半年か一年経ってないかの頃のライブ。村八分というバンドがなんであったのか、これまでのどの音源よりも明確に伝わってくるアルバムです。

メンバーは、
Shibata Kazushi/Vo.
Yamaguchi Fujio/Gu.
Asada Tetsu/Gu.
Aoki Shinichi/Ba.
Uehara Yukari/Dr.

みんな、19とか20歳。

「面白いバンドを作ろうと思って、面白いメンバーを集めてたら、村八分になっちゃったんだ。それで、メンバーがだんだんミュージシャンじゃない奴らになっちゃってさ(笑)。だって、そのほうが面白いんだもん」

「ストーンズのパクリじゃん!」
って批難することに、全然意味がないことが確信できました。そんなことはどーでもいい。この時期にこのメンバーが集まって、化学反応した結果がすべて。
こういうバンドって、そうそうは出てこない。まして今の時代には。

村八分CD「ぶっつぶせ!」―1971北区公会堂Live―
購入は、Fjo Recordsまで。
山口冨士夫のオフィシャルサイトは移転しています。

■曲目
01 どうしようかな
02 ぶっつぶせ!(未発表曲)
03 のんだくれ
04 機関車25
05 裸の街
06 ドラネコ
07 操り人形
08 はなからちょうちん(原曲)
09 「あっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.26

twitter、はじめてみました

ツイッターなるものに関心はあったのですが、なんじゃらほい? とずっとほったらかしにしていました。
ブログもそうでしたが、ネットの新しい仕組みって、結局自分で使ってみないとよくわからない。いくら本を読んでも、人に評判を聞いても、自分でやってみてはじめて納得できるわけです。

僕は「mixi」をやってないんですね。↑でこういっといてなんなんですが、どうも SNS というものは敷居が高くて。ブログで十分かな、と思って。

ツイッターも、「いったい、何をつぶやいてんだよ」「つぶやくくらいなら、でかい声でいいたいこと言えよ」くらいのつもりでした。
が先日、ふとしたはずみで、アカウントを登録してしまいました(無料)。登録しちゃったからには、つぶやきますよ~。

ブログとの違いは、
・ブログほど原稿が整理されていない(文字数制限。140文字まで)
・いったん「つぶやく」と、修正はできない
・フォローしないとフォローされない=読者が広がらない
というあたりでしょうか。

「フォロー」というのが、キーポイントのようです。気になる人や知り合いなどをさがして、フォローする=「つぶやき」の定期購読を申し込む。たいがい、相手がフォローし返してくれる=自分の「つぶやき」を読んでくれる人が増える。という仕組みです。

でも、実際問題として、いくら仲がいい人や好きな人であっても、「つぶやき」を全部読んでもいい、っていう相手なんて、あんまりいないのが普通じゃないかなぁ。
「移動のタクシーなう」
とかってつぶやいてるのを、いちいち追っかけるのもねー。ストーカーじゃないからさ。

お客さん相手の商売つぶやきなら、できるだけ読者を増やす努力をするんでしょうが、そうでない場合、困るんですね。
面白いことを言ってる人、気になる人はいる。でも、その人の「つぶやき」まで全部聞きたいわけじゃない。でも、聞いてあげないと(フォローしないと)、こちらのつぶやきも読んでもらえない(フォローしてもらえない)。
このあたりが最大の垣根なのかなー。

で、僕のお気に入りは、bot(ボット)というヤツ。
これは、robot(ロボット)の省略で、誰かが作ったプログラムによって、登録された発言データベースから自動発言するツイッターです。
本人じゃないことはわかっているけど、あたかも本人のつぶやきを聞いたような気になれる、というものなんです。
たとえば、僕が登録した中でのお気に入りは、テレビドラマ「不毛地帯」の登場人物、近畿商事・大門一三社長のbot
登録すると、
「ワシは少なくとも壹岐君を、君らの思うほど過大評価しとらんわ!」
「壹岐君、君が大本営参謀だったとき、君が立てた作戦で何千何万の兵が死んだことがあるだろう。そのとき君は退職願を書いたか?」
「ほんなら、ぐずぐずせんと早いことまとめたらええやないか」
と言った、原田芳雄チックな名言をランダムにつぶやいてくれるのです。
しかも、フォローを返してくれたり、返事に返事をくれたりもします。おもしれー!

他には、村上春樹botアントニオ猪木bot などに登録しています。楽しみ~。猪木、何を言ってくれるんだろう?
まあ、「菊池桃子がやさしく起こしてくれる目覚まし時計」と同じなんですけど。

あ、僕のつぶやきのアカウントは「chkmaro」です。たいしたことはつぶやいていませんが、よろしかったらフォロー・ミー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.24

「さいたま市」の「さ」

小4の次男が、日本の都道府県の勉強をしていました。白地図に番号が振ってあって、47都道府県を正しい位置に、正しい漢字で書く、というテストです。今日2度目のテストにチャレンジして、やっと合格したようです。

昨日は、長崎県と佐賀県を逆に書いてしまって、不合格だったそうです。
長崎県・佐賀県のみなさん、すみません。

しかし僕の出身地である島根県も、相当です。関西の人はそうでもないのですが、東京に来てみると、島根と鳥取の区別がつかない人が、多い多い(前にも書きましたね)。
二つセットで覚えられているようです。

------------
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」
2月22日21時30分配信 読売新聞
民主党の石井一選挙対策委員長は22日、都内で開かれた川上義博・同党参院議員(鳥取選挙区)のパーティーであいさつし、「鳥取県とか島根県と言ったら、日本のチベットみたいなもので、少し語弊があるかもわからないが、人が住んでいるのか。牛が多いのか。山やら何やらあるけど、人口が少ない所」と述べた。

民主・石井議員のチベット発言:「地方軽視甚だしい」 県市長会が抗議声明 /鳥取
2月24日15時26分配信 毎日新聞
民主党の石井一選対委員長が「鳥取県とか島根県は、日本のチベットみたいなもの」と発言したと一部で報じられたことに関し、県市長会(会長=竹内功・鳥取市長)が23日、抗議声明を出した。
自民党県連も同日、民主党県連に抗議文を郵送した。抗議文は「チベットに対する侮辱であるとともに、両県民に対する侮辱。強く抗議するとともに謝罪と撤回を求める」との内容。自民党県連の山口享会長は「発言が事実ならば、許されない」と批判した。
------------

うーん。「人が住んでいるのか。牛が多いのか」。どっちが多いんでしょう? 心配になってきました。日本のチベット出身でーす。

次男が
「埼玉県の県庁所在地って、さいたま市、だよね」
「そうだよ」
「さいたま市、の”さ”は、”ち”の逆さまの”さ”じゃないとダメなんだよ。線が途切れちゃ、ダメなんだよ」
「え? 線が途切れた”さ”でも、いいんじゃないの? 先生が言ってたの?」
「ううん。○○君が言ってた。だから絶対だよ。知らなかったの?」

さいたま市民のみなさん、どうなんですか?
新たなる都市伝説ですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.22

フリーザー開けたら鶏だらけ

最近、楽天市場をちょくちょく使っています。以前よりも頻度が上がったような気がします。
楽天から届くDMメール。最低限のものだけを受け取っていますが、ついつい読んじゃいます。DMって、楽しい。

で、見つけたのが、
「宮崎産若鶏むね肉(2kg)最終1000円」。
2kgで1000円っていうことは、100gあたり50円。これは安いんじゃないかい? 鶏肉なら冷凍庫に常備しといても大丈夫でしょ。
なんて思ってよく見ると、
「さらに! 2袋以上購入で送料無料!」

「送料無料」。なんてすばらしい言葉なんでしょう。
ネット通販での買い物って、妙にハイになってるんですよねー。たくさんいろんな商品を見すぎて、頭がマヒしてる。
深く考えずに2袋注文しました。ラッキー! てなもんで。

数日後、クール宅配便が届きました。鶏肉4kgの量は、僕の想像を超えるものでした。あー、写真撮っておけばよかったなー。「ひと抱え」って感じですよ。

さすがにちょっとショックが大きかったので、とりあえず箱ごと冷蔵庫に入れてみました。よかった、なんとか入りました。
しばらく経ってから、タバコを吸って、深呼吸をして。覚悟を決めて箱を取り出し、封を切りました。エイッ!

そこからは、何も考えず、機械的にひとかたまりずつをフリーザーバッグに入れる作業です。とにかく、片付けちゃおう。見なかったことにしよう。なんとか冷凍庫に収まりました。

いい肉だと思いますよ。噛み応えがあるし。でも、毎日鶏肉ってわけにもいきません。
食っても食っても、まだ鶏があります。

↓宮崎からおいしい鶏肉を産地直送。エビス通販。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010.02.20

デッドヒート@バレンタインデー

常日頃から、
「バレンタインにもらうチョコレートの数は、君たちよりも絶対に父さんのほうが多い!」
と豪語しております。
昨年までは、チョコレートをもらっていない息子二人に、
「チョコレート、食べたい? でもこれ、父さんのだから」
と見せびらかし、
「あー、なんかチョコレート、飽きてきちゃったなー。え、なに? そんなに食べたいの? もてない君たちが? うーん、しょうがないなー。少し分けてあげよう。ホレホレ」
と、かわいがってやっていました。

今年も2/14、得意げにチョコを見せました。
「ホラ、父さん、チョコレートこんなに。4個ももらっちゃったー」
ひとつももらっていない小4の次男は、うらやましそう。
ところが、中2の長男がボソッと、
「オレ、5個もらったんだけど」
えーっ!

2/13の土曜日に部活の練習試合に出かけていたのですが、その際に後輩の1年生女子達からもらったのだそうです。
えーっ!
それ、すごーく困るんですけど。

「どこにあるんだよ。見せてみろよ」
「全部、食っちゃった」
今度は次男と二人で「えーっ!」

しかし。大人の世界の付き合いというのはいろいろあってですね。昨日、お仕事をご一緒する予定の女性から、「遅くなりましたが……」とチョコレートをいただきました。
「ありがとうございますっ! この1個が、ものすごーく重要なんです!」

夕飯時にカバンからサッと包みを取り出しました。
「ジャーン! 父さん、5個目! これで並んだな!」
フフフ。面目躍如。
ところが。
「あー、言ってなかったけど、あのあと6個目もらったんだよね」
えーっ!
そういうのは言ってくんなきゃ!
もっのすっごく、くやしいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/22(月) 倉島麻帆さんによる「笑顔」のセミナーご案内

倉島麻帆の「元気でポジティブになる!あなたが最高に輝く笑顔セミナー」

Kurashima_2

笑顔にはトレーニングが必要だって、知ってましたか?
あなたの笑顔は、本物ですか?

以前の僕の体験レポート

表情筋を鍛えると、「本当の」笑顔ができます。
いい笑顔って、いいものですよね。
フリーアナウンサー&スマイルボイスカウンセラーの倉島麻帆さんの、毎回大好評なセミナーです!
(残席わずか。お急ぎください!)

【日 時】:2010年2月22日(月)19:00~21:00

【場 所】:志縁塾セミナールーム『ふらっと』
都営地下鉄・浅草線 宝町 徒歩1分 A6出口
営団地下鉄・銀座線 京橋 徒歩3分 4番出口
JR東京駅(八重洲口)  徒歩10分
<住所:東京都中央区京橋2-11-5 パインセントラルビル2F>

【参加費】:3,000円(一般)

詳細・お申し込み・会場地図等は→コチラから!


|

2010.02.18

紫色屋さん

夕方、小4の次男と買い物に出かけました。

「ねぇ、父さん。なんでおばあちゃんになると、髪の毛をムラサキ色に染める人が多いの?」

素朴な疑問ですねぇ。
しかーし。
父さんは今日のこの日のために、何年も前からそのことに気がつき、考察を深めていたのだったよ。即答ですよ。長いけど。

まずね。髪の毛を染めるのは美容師さんだよね。で、美容院ってみんなで組合、っていうのをつくってるんだよ。「ケンカしないで、お互いにルールを決めて仲良くやりましょう」っていうわけ。
そうすると、例えば髪の毛を染める染料を買うときにも、「みんなでたくさん買うんだから、もっと安くしてよ」って言えるじゃん?

次はまた別の話ね。染料をつくってる人たちがいるはずだよね。
で、父さん考えた。たぶん、茶色は「茶色屋さん」、赤は「赤屋さん」、金色は「金色屋さん」が作ってると思うんだよ。そうすると、話の辻褄が合う。

で、さっきの美容院と同じように、染料屋さん同士も仲間になってるのね。
昔は髪の毛を染める人があんまりいなかったから、みんな貧乏だった。でも、急にみんなが染め始めたから、染料屋さんは大忙し。いきなりもうかりはじめたんだね。

ところが、だ。みんながみんなもうかったわけじゃない。
「紫色屋さん」は、貧乏だけどとってもやさしくて、働き者だったから、他の染料屋さん達からもとっても慕われていた。
だけど、髪の毛をムラサキに染めたがる人がいなかったんだね。「茶色屋さん」や「金色屋さん」はものすごくもうかったのに、「紫色屋さん」は貧乏なままだったんだ。

でな、仲間って大事だよな、って話になるんだけども。染料屋さんの代表が美容院組合にこう言ったわけ。
「茶色や金色を注文するときには、必ず紫色も一緒に注文してください。でないと、売りません!」
こうして「紫色屋さん」ももうかって、子どものお誕生日にはWiiを買ってあげたらしいんだ。

さて、するとどうなるか。
美容院には、お客さんからの注文がないムラサキ色の染料がたまっちゃうよね。茶色や金色はすぐになくなるけど、紫色は残っちゃう。
困った美容師さんたちが集まって考えた。「余っちゃった紫色の染料をどうしよう……」。

そこで思いついたのが、「おばあちゃん紫色作戦」。
お姉さんやお母さんは、最初から「茶色にしてください」「金髪にしてください」って言ってくる。でも、おばあちゃんは「若く見えるようにして」って言うことに気がついたんだね。
「おばあちゃん、ムラサキなんてどう?」
「えーっ、派手じゃないかい?」
「ううん、歳をとればとるほど、派手ぐらいでちょうどよくなるのよ。ホラ、おしゃれな色でしょう?」
「そうかねぇ」
「大丈夫大丈夫。……あらあ、すっかり若くなっちゃった! ほら、ねえ?」
「おやまあ、そうかい」

というわけで、おばあちゃんになると髪の毛を紫色に染める人が増えたのでした。とってんぱらりのぷう。

「父さん、それ、ホントの話なの? いつものホラ話なの?」
「いやこれホント! 信じないならおやつあげないよ!」
「はい、お家に着いた。手洗って、うがいしておいでー」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.16

電話のコードはなぜねじれるのか?

今日テレビドラマを見ていて、おかしなことに気がつきました。登場人物たちがしきりと携帯電話を使うのですが、右手で持つ人と、左手で持つ人がいるのです。
さて、どちらが正しい? どちらでもいい?

正解は左手(のはず)です。少なくとも僕の携帯も、長男の携帯も、左手で持ったときに自然に耳に当たる位置にスピーカーの穴があります。開いた状態で正面から見て、右寄りに穴があるんですね。
右手で持った場合は、いったん耳にあててから、少しずらさないとベストポジションにならないはずです。

ではなぜ、携帯電話は左手で持つように設計されているのか。
これはたぶん、固定電話からの名残だと思うのです。
固定電話の受話器は、左手でとるようにできています。必ず本体の左側に受話器がありますよね。
あるいは、昔の黒電話でも、受話器のコードは本体の左から出ていました。公衆電話も全部、受話器は左側です。左手で受話器をとって、右手でダイヤルする。あるいはメモをとる。
会社のデスクの上に電話機を置くときには、机の左上に置くのが原則です。

これを逆に、右手で受話器をとるとどうなるか。
「毎度ありがとうございます。○○商事です」(右手で受話器を持つ)
「いつもお世話になっております。ご注文の内容をお願いします」(左手に受話器を持ち替え、右手でメモをとる)
この、右手から左手に持ち替えるときに、受話器が180度回転しているのです。で、受話器を戻すときに、さらに同じ方向に回転。これで、コードが360度ねじられたことになります。
この動作を何度も繰り返すうちに、電話のコードがねじれて、絡み合って、ぐにゃぐにゃになってしまうわけですね。

受話器は左手で!
演出家のみなさん、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

日本に観光に来る外国人のこと

日本人って海外旅行に行く前には、たとえば英会話の本とか買って、ちょっとは準備するじゃないですか。
「エクスキューズ・ミー」とか、「ハウマッチ・イズ・ディス?」とか。
で、汗をかきながら頭を下げて買い物をする。

それに対して、日本に来る外国人って、あまりにも日本語を勉強してなさすぎると思いません?
いきなり英語で話しかけてくる。それもネイティブのスピードで。
で、なぜだかこっちが汗かきながら、
「えーっと、ゴー・ストレイト。アンド、えー、セカンド・コーナー、ユー・ゴー・レフト、OK?」
優しすぎないか、日本人。
道を聞かれただけなのに、卑屈になっちゃったりして。

よく考えると、ヘンじゃないですか?
キミ達も、日本に来る以上は「コンニチハ」「ドコデスカ?」「イクラデスカ?」くらいは勉強して来いよ! と思いませんか?
ミック・ジャガーを見習いなさい!

しかし、こっちもこっちで、堂々と日本語で通せばいいものを、なんか慌てちゃって。
「ああ、そこならね、まっすぐ行くのね、そんで2つ目の信号を左折したらすぐだから」
本来はこれでもいいはずなんですよね。日本に来て日本語がわからないのは、そっちの勉強不足なんだから。
外国に行って、「ねえちゃん、これ、なんぼや?」って聞いても、相手にしてくれないくせに。

でもそういえば、中国・韓国あたりから来た人から、いきなりそんなふうに聞かれたことはないような気がするなぁ。
やっぱり、欧米か?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.12

ヒゲのハゲ

2年ほど前に、後頭部に10円ハゲができたことがあるのですが、このたびアゴヒゲにハゲができました。大きさは、1円玉よりも小さいです。認印くらいでしょうか?

前回の10円ハゲのときは、「見せてあげる代わりに10円ちょうだい!」という作戦だったのですが、今回は小さすぎて、銭にはなりません。
アップで写真を撮ってはみたのですが、どうにもグロテスクな図だったので、アップロードは控えます。

昨夜寝る前には、「みっともないから、あごひげを全部剃っちゃおう! 明日の朝には剃るゾ!」と決意して布団に入ったんです。
でも今朝起きてみて、しみじみと鏡でハゲを観察していたら、なんか愛おしくなっちゃって。
特に女性が相手の場合、「ヒゲにもハゲができるって、知ってました? ホラ、ここのところが。ネ?」というネタにしたら、2~3分の話題にはなるかなー、なんて欲も出てきちゃって。

少しだけネットで調べてみました。「頭のハゲは男性ホルモンに因るものだが、アゴの場合はそうではない」という記述が見つかりました。
僕のホルモンは、いまどういう状況なのでしょうか?
あー、おいしいホルモン焼き、食べたいなー。

というわけで、今夜もアゴの先をさすりながら、「おお! ハゲてるハゲてる!」とつぶやきながら、ブログを書いたりしちゃったりしているわけなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.10

永作博美が好きだー!

今夜の22:00ドラマ『曲げられない女』、泣いてしまいました。菅野美穂も好きです。でもやっぱり、永作博美が好き~。

ちょうど今日、打ち合わせでランチをご一緒させていただいた女性に、「まろさんはどんな女優さんが好きですか?」と聞かれて、「うーん……」としばらく考えて、「永作博美!」と答えたところでした。

ところで。
なんで女の人は「好きな女優さん、誰ですか?」って聞くのかなあ?
なぜ???

もとい。
映画『人のセックスを笑うな』が、すっごくよかったんだよなー。ちなみに、この映画の挿入曲『ANGEL』(武田カオリ with HAKASE-SUN)も大好き。YouTubeにも上がっています。いいよなー。

NHKの『トップランナー』に出てたのを観て、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』をレンタルして観ました。やっぱり、ステキ!

無念なのは、芝居『幸せ最高ありがとうマジで』を見逃したことです。気がついたときには、終わっていましたー。

どうも芝居というのは敷居が高くて、なかなか行かないのですが、永作博美が主演なら観てみたい。
もっと観たいぞ、永作博美!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.08

家族で漢検を受けてきました

昨日は、「日本漢字能力検定」の試験日でした。心配していた長男の部活とのバッティングも免れ、さらに受験会場は我が家から徒歩10分! ラッキー!

一番手は、僕の準二級。11:50から60分。高校生が多かったなー。でも中には「いかにも小学生」もいました。すげーな。

二番手は、次男の七級。13:40から60分。一度帰宅してから、会場まで取って返して連れて行きました。
「時計がないから、腕時計持って行きなさい」「暖房がしっかり効いてるから、寒くないよ」「トイレは入り口の左手」。

そして、最後は長男の四級。15:30から60分。ひとりで行かせたら遠回りしちゃって、試験前の説明の途中で入室したそうです。だから、一度下見に行こう、って言ったのにー。

子ども達は、学校以外でテストを受けるのは初めてでした。受験人数もそんなに多くなかったので、試験デビューにはちょうどよかったのかもしれません。

で、終わっての手ごたえは……全員OK! 埋められなかった問題は一問ずつくらいしかなかったというので、たぶん大丈夫でしょう。

三人とも、公認テキストを一冊全部やり切りました。合否よりも、こっちのほうがすごい経験かもしれません。
まあ、今回受けたのは「合格して当然」のレベルだったので、こんなもんでしょう。次からは「まだ習っていない漢字」が出てきます。
「じゃあ、次の級のテキスト、買ってこようか?」
と言ってみたのですが、しばらくはあの黄色い表紙を見たくないそうです。まあね。

合格発表は40日後くらい。「家族受検表彰状」がほしいなあ。みんなでひとつのことをやるのって、楽しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.02.06

花王「めぐりズム 蒸気の温熱シート」

先日来のアカラシアの再発は、ややおさまりつつあります。ご心配いただいたみなさま、ありがとうございます。
しかし、首・肩・背中のこりと痛みはまだ続いており、時折頭痛がします。

そういえば、15年くらい前のこと。肩こりがひどいので、整体院にいきました。
「あれー、首の○番目の骨がずれちゃってますよ。ほっとくと、10年後くらいに40肩とかが出てつらくなりますよ」
と言われて、えぇ~! と思いました。
しかしそれに続けて、
「今のうちに定期的に通ってもらえば治りますよ。今なら、回数券がお得なんです」
ときたので、「チッ、営業かよ!」とそのままにしていたのでした。

それ以降、いろんな整体やマッサージ、鍼灸などに行きましたが、首の骨云々は言われたことがありませんでした。すっかり忘れていました。
しかし。
自分で首の後ろを押すと、1カ所、妙な痛みがあります。もしかして、これが「○番目の骨」? もしかして、あのときの先生、名医?

真相はわからないままなのですが、冷えの季節、なんとかしたいなーと思っていたのです。でも首の後ろって、ホカロンをうまく固定できないので困っていました。

今日、スーパーの薬局で発見しました。肌に直接貼るタイプの温熱シート。

花王の「めぐりズム」
目にあてるタイプのもあります。今週の「人志松本の○○な話」で、ケンドー・コバヤシが絶賛してましたね。

いま、首の後ろに貼っているのですが、じんわり温かくて、とりあえずは気持ちいいです。これで頭痛がおさまってくれればいいのですが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.02.04

傘がない

次男がまたカサを壊しました。取っ手の根元から、きれいにバキッと折れています。あーあー。兄弟二人で、一年間に何本の傘を買わされているんでしょうか?

でも、セコく安いのを買うと、すぐに骨が折れたりするんですよね。100円ショップは論外。500円クラスのも怪しい。そうすると、出費もバカになりません。

今回の折れ方は、たぶんチャンバラ遊びだと思います。もー、まったく。
まあ確かに、雨が上がってしまえば、傘って子どもの通学時には、もってこいの「棒」ですもんね。自分のことを思い出しても、しょっちゅう壊して怒られてたなー。

そういえば。
子どもの頃、「傘屋さん」がありました。新品の傘を売ってるんじゃなくて、修理専門。路地裏のフツーの民家に持っていくと、おじいちゃんがその場で壊れた傘を直してくれました。

折り畳み傘の先っぽ(「石突き」というようです)を取り替えてくれたり、骨の突端の小さなパーツ(「つゆ先」というようです)を縫い付けてくれたり、折れた骨を直してくれたりしました。
小物と道具がきれいにしまってある引き出しから部品を取り出して、目の前で鮮やかな手つきで「ちょいちょい」っと直してくれるのを見ているのが大好きでした。

だから、傘を壊しちゃうと、怒られるのはイヤだったけど、小銭を渡されて「傘屋さん」にいくのは楽しみでした。高くても100円くらいだったんじゃないかなー。

そのことを思い出したので近所のスーパーとディスカウントショップ、100円ショップで尋ねてみたのですが、傘の修理用品は扱っていませんでした。
ネットで調べると、ホームセンターブリコというショップで扱いがあるようです。でも送料がねー。

あっ、こういうときは東急ハンズですよね、きっと。絶対ありそう。近くに寄ったときに、少しまとめて買っておこうかな。

少しいい傘を買って、修理して長く使う。時代にもマッチしてます。
まもなくダイソーあたりも扱うようになるんじゃないかなぁ。

しかし、「傘屋さん」か。
ちょっといい職業かもしれない。なーんて、思ってみたりして。

※おまけ 井上陽水の「傘がない」を忌野清志郎が歌ってる動画を発見しました。
 → こちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.02.02

映画『おとうと』

昨日の月曜日は、中2の長男が参観日の振替休日でした。「特に何も予定はない」と言うので、2人で映画を観にいきました。「映画の日」だったしね。
そういえば、去年の同じ日も『おくりびと』を観にいったんでした

僕が観たかった『おとうと』。若い人たちはみんな『ゴールデンスランバー』でしたね。案の定、『おとうと』には息子以外に中学生は見当たらず。そりゃそうだよなー。

やっぱり、笑福亭鶴瓶はすごかった!
きちんと落語をやってるからこそできるんでしょうね、ああいう演技が。役者さんとはまた違う味があるように思います。
ディア・ドクター』もすっごくよかったのですが、役柄としては今回のほうが好きかなぁ。しばらくは映画にひっぱりだこになるでしょうね、師匠。そんじょそこらの芸人さんとは、懐の深さが違います。さすが。
撮影前に15kgの減量をしたんだそうですよ。15kgだよ、15kg!

そして、吉永小百合。1945年生まれですって。信じられなーい!
先日ある女性から、「首筋と手は年をごまかせない」と聞きました。でも吉永小百合の手の甲、アップになったんですが、きれいなんですよー。鶴瓶とのコンビは、絶妙ですな。

蒼井優、加瀬亮の若手も好演。安定感があります。
こういう役者さんたちがいるなら、日本映画の将来も明るいのではないでしょうか。何様だ、オレ。

これから観る人のために、できるだけネタバレは避けたいのですが、もうひとつ、これだけは言わせてください。

「池乃めだか、フォーエバー!!」

ベタといえばベタな映画なのかもしれません。でも、ベタでもいいじゃん。泣かせるシーンは、泣けばいいじゃん。
映画だもん。
ただし、隣りの息子には気づかれないようにな。

あー、鍋焼きうどん、食いてー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »