« 『BECK』過去最高のロックマンガが映画化 | トップページ | お医者さんのファインプレー »

2010.09.23

矢野顕子『ひとつだけ』

9/22放送のNHK「SONGS」は、やもり(矢野顕子&森山良子)でした。


『あなたと歌おう』

『旅の宿』が妙に色っぽいのは、やはりこのお二人だからでしょう。
お父さんだって、温泉に行きたい!

しかし、ヤラれたのは矢野顕子の名曲『ひとつだけ』でした。
残念ながら、アルバムには入っていないのね。今のところ、動画もないみたい。
ぜひもう一回観てみたいテイクでありました。

♪ほしいものはたくさんあるの
 きらめく星屑の指輪
 寄せる波でくみ立てた椅子
 世界中の花あつめ作るオーデコロン♪

♪けれどもいま気がついたこと
 とってもたいせつなこと
 ほしいものはただひとつだけ
 あなたの心の白い扉、ひらく鍵♪

これを、忌野清志郎と歌ってるバージョンが、いくつかYouTubeにあがっています。
昔っから、矢野顕子とキヨシローが組むときの定番曲でした。
僕はキヨシロー35周年の大阪のライブバージョンが好きです。
キヨシローが後半を歌うときは、1番の歌詞「あなたの心の白い扉」を、「キミの心の黒い扉」に­変えてました。ぐっとブルースになりますね。

♪離れている時でも僕のこと
 忘れないでいて欲しいよ ねぇ、お願い
 悲しい気分の時も僕のこと
 すぐに呼び出しておくれよ ねぇ、お願い♪

ずっと昔は「僕」じゃなくて「オイラ」って歌ってたような気がします。
あと、交代で歌うパートも、2パターンどっちもありだった。

♪けれどもいま気がついたこと
 とってもたいせつなこと
 一番楽しいことは、あなたの口から
 あなたの夢、聞くこと♪

この歌詞です。
矢野顕子が歌うと、僕にはわかりにくい、恋する女の子の複雑な気持ち。
清志郎が歌うと、男の子の素直でかわいい気持ち。
そして、やもりが歌うと、もっと時間の奥が深い、「愛」のようなものを感じました。それを「愛」と呼ぶのならね。

歌う人によって、ニュアンスが変わって聴こえる。
こういうのを名曲と呼ぶのではないでしょうか。

-----------
この曲を一度だけ、人前で演奏したことがあります。ギターを弾きました。
アコギ一本で伴奏。
んだが、現地に用意されていたアコギが実にナンパなギターで、すっごく細い弦を張った、生音が全然出ない、「ふざけんな!」的ギターであったのでした。
でも、その頃には僕も大人になっていたので、ゆるゆる、へにゃへにゃのギターをがまんして弾きましたよ。
「バーン!」って弾きたいところも、「ビョーン」ってしか鳴りませんでした。
うーん、汚点だ。せっかくギター用のかっこいいアレンジを考えていったのに。
みなさん、ギターの弦は強く張ろうよ。世界が変わるぜ。

|

« 『BECK』過去最高のロックマンガが映画化 | トップページ | お医者さんのファインプレー »

コメント

10日ほど前に友人から「矢野顕子の『ひとつだけ』は名曲だわ。やっぱり矢野顕子は天才だと思う」とメールが来ました。

私は興味を持ったことの無い人だったので
「あらそう」で終わったのです。

でも清志郎とのコラボなら聴いてみたい!!と思いました。

早速聴いてみますね。

投稿: 小径 | 2010.09.23 19:55

ぜひ聞いてみてください!
いろんなときのデュエットが、YouTubeとかにあると思います。
あ、あとこの「SONGS」の再放送、NHKのBS2、9月27日(月)午後5:30~5:59だそうですよ!

投稿: まろ | 2010.09.23 21:31

私も見ました。
アッコちゃんはずっと好きなんですが、
やっぱ、あのお二人は、
歌を歌う為に生まれてきた、
って感じがしますね。
「ひとつだけ」名曲ですねー。
キヨシローさんとのデュエットも凄くいいですよね。
今度カラオケで歌おうと思いました(笑)
アッコちゃんの歌にGirl Friend Forever
という曲がありますが、
やもりで歌って欲しいです。
私はよく友達とアカペラで歌ってました。
ライブ行ってみたいな~。

投稿: ミキ | 2010.09.29 13:56

やもり、もっと見てみたいですよねー。
温泉にピアノ持ち込んでの演奏、気持ちよさそうでしたね。
アルバムもいいけど、ライブでみたい二人組でした。

投稿: まろ | 2010.09.29 15:06

今から30年くらい前(?!)、
小6で「在広東少年」に衝撃を受け、
あっこちゃんが大好きになったんですけど、
中学時代は「ひとつだけ」を一番よく聞いていたことを思い出しました。
今聞いても、30年前に聞いたときの瑞々しさがあります。
名曲だからこそ!ですよね。

投稿: パンプルムース | 2010.11.17 01:09

こんにちは。
中学時代の「ひとつだけ」と今の「ひとつだけ」は、きっと違って聞こえるんでしょうね。
ひさしぶりに「今」の矢野顕子を聞いてみたくなりました。

投稿: まろ | 2010.11.17 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/49532262

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野顕子『ひとつだけ』:

« 『BECK』過去最高のロックマンガが映画化 | トップページ | お医者さんのファインプレー »