« アザラシのためのコンサート! | トップページ | ギターオヤジにおすすめの本『僕らが作ったギターの名器』 »

2010.12.18

「ありがとう」を言う習慣

※この話、以前にもこのブログで書いたような気もするんです。もしそうだったら、「オッサン、ボケよったな!」とコメントをお願いします。

今から20数年前、生まれて初めての海外旅行は、ニューヨークでした。
もちろん、英語なんてしゃべれませ~ん。まあ、なんとかなるだろうと気楽に旅立ちました。

そして、ありがちですが、UA機内の「Tea or coffee ?」にいきなりつまづきました。
「コーヒー!」
「カフィー!」
「カーフィー!」
はあ、コーヒー一杯もろくに頼めないのかオレは、とがっくりしました。
(で、この旅の間中、コーヒーは飲まずに、発音が簡単な「コーク」だけを飲んでいたのでした)

また、道端の簡単なピザ屋さんに入ったときも、苦労しました。出口で支払いの金額がわからない。
店員さんがイタリア訛りみたいで、数字が聞き取れないんです。
運の悪いことに、金額が表示されないタイプのレジでした。
(もっとも、レジがあるお店でも、税込の表示をしてくれないので、カンで払っていたのですが)
これも後で落ち込みました。おいおい、数字もわかんないのかよ!

そんな初めての海外経験だったのですが、帰る頃にはようやく会話のコツがわかってきました。
ふつうに買い物して、街をブラブラするのであれば、
「Thank you」
「You're welcome」
「Excuse me」
の3つでだいたい事足りるんです。あとは笑顔。
ニュー・ヨークにいた短い期間に、いったい何回「サンキュー」を言ったんだろう、と思いました。

で、思ったんです。
オレは日本で「ありがとう」って言ってるか?

NYでは「サンキュー」と言っていたシーンを、
「すみません」
「ああ、はい」
「どうも」
といったあいまいな言葉で濁していることが、いかに多いかに気がついたのです。

たとえば、閉まりかけのエレベーターのドアを、中の人が開けて待っていてくれたとき。
たとえば、ラーメン屋さんで、店員さんがお水のお代わりを持ってきてくれたとき。
たとえば、買い物をして、包装された商品を受け取るとき。
明確に「ありがとう」とは言っていなかったんです。

で、僕は「ありがとう」をできるだけ言ってみることにしました。
「すみません」と言いそうになるのを、ぐっとがまんして「ありがとう」。
「ありがとう」は不思議な言葉で、ニッコリ笑ったほうが言いやすいんです。
だから、笑顔で「ありがとう」。
「ありがとう」と言われて怒る人はいません。できるだけ使うようにしていると、習慣、口癖になるんです。

誰かにほめられることもなく、自分ひとりで「ありがとう」運動を続けてきました。
あのニューヨーク以来、ずっとです。

そしたら。
思いがけないところに、思いがけない効果が表れました。

子どもたちが先に眠っている寝室に、仕事を終えてそっと入ります。
隣りの次男が、布団を蹴飛ばして、妙なところに転がっています。
「やれやれ」
抱きかかえて元の位置に戻し、布団をちゃんとかけてやりました。
すると、彼は眠ったまま、寝言のように、
「ありがとう」
って言ったんです。

おー、こりゃすげえ。びっくりしました。
父さんは気がつくのがずいぶん遅かったのですが、このまま「ありがとう」が口癖の大人になってほしいものです。

|

« アザラシのためのコンサート! | トップページ | ギターオヤジにおすすめの本『僕らが作ったギターの名器』 »

コメント

ここ数年ですが、私も意識して「ありがとう」と「ごめんなさい」を言うようにしています。
「ごめんなさい」はちょっと子供っぽいですが、「すみません」より、その後に続く「大丈夫ですか?」という気持ちが伝わるような気がします。

スーパーでカゴがぶつかっちゃった時とかね。
「ごめんなさい」の方が余裕をもって相手に迷惑をかけていないか、観察できるような気がします。

ラッドウィンプスの歌詞に
「ごめんねとありがとう繰り返してればいいんだよ。」
っていうのがあって、まさにその通り!って思います。

投稿: hako | 2010.12.19 05:43

ああ、「ごめんなさい」も大事ですね。子どもがなかなか言えない言葉。
「ごめん!」なら言えるんですけどね。
おっしゃるとおり、「すみません」と「ごめんなさい」の違いを子どもたちに教えなきゃいけないですね。

投稿: まろ | 2010.12.19 09:04

いいお話ですね・・・あ、いえ
良いお話ありがとう・・・です(⌒∇⌒)

私は「ありがとう」は結構いえますけど
「ごめんなさい」は難しいですね。

「すみません」「ごめん」「ごめんね」「悪かったね」とかなら簡単に口から出るのに、なぜか「ごめんなさい」は難しい。

素直な気持ちになれたらきっとさらっと言えるでしょうに、素直じゃないんですね。

まろさんがニューヨークで苦労して獲得したその成果はちゃんと息子さんの無意識に伝わっていたんでしょうね☆

投稿: 小径 | 2010.12.19 09:33

確かに「ごめんなさい」は言うのも、言わせるのも、難しいですね。
NYで、もうひとつ気がついたことがありました。「I'm sorry」って、ホントに聞かなかったんです。だいたいが「Excuse me」。「ごめんなさい」と「ごめんね」の違いに似ているのかもしれませんね。

投稿: まろ | 2010.12.19 19:56

今日も~明日も~
あり~がとう~~~~♪

ありがとう、いい言葉です。

私の友達は、買い物でお店に入るとき、
「こんにちは~」
出るときは
「ありがとう。」
と必ず言います。
あなたたちの大事なもの、
見せてくれてありがとう、
そんな気持ちよね。
確かに何にも言わないで出たり入ったりって、
土足で人のおうちに入るみたいだもんなぁ。
私も心がけてます。

投稿: ミキ | 2010.12.21 15:23

食事のあとにお店の人に「ごちそうさま」と言って店を出るのは、関西人だと聞いたことがあります。

水前寺清子の「ありがとう」、DVD-BOXが出るみたいなんですよ!
真剣に悩んでいます。

投稿: まろ | 2010.12.21 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/50336777

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」を言う習慣:

« アザラシのためのコンサート! | トップページ | ギターオヤジにおすすめの本『僕らが作ったギターの名器』 »