« ムチャもしないとね | トップページ | 私がおじさんになっても »

2011.01.17

いかれてるぜ、ジェフ・ベック!

ことの始まりは、先週のテレビ「カンブリア宮殿」。
あるシーンでバックに流れた音楽に、「ウッ!」と腹を殴られたような衝撃。

それは、ものすごいソリッドなスライドギターと、体をねじりながら絞り出すような女性ボーカルによる、ブルースの名曲「ローリン&タンブリン」でした。

「絶対これ、聴いたことある。でも、誰だっけ???」

インターネットはすごいね。
すぐにツイッターに、「いまカンブリア宮殿で流れた『ローリン&タンブリン』、誰のバージョンかわかる方、いませんか?」と書き込んだところ、優しい方々が情報をくれました。
クリーム? 違う。
マディ・ウォーターズ? 違ーう。
もっと新しくて、ギラギラしてる。
ジェフ・ベック?
え、ジェフ・ベックって『ローリン&タンブリン』やってましたっけ?
『ユー・ハッド・イット・カミング』ってアルバムに入ってますよ。
アマゾンで試聴。これだ! ツイッター、すごすぎる!

『YOU HAD IT COMING』は、2000年発表だから、10年以上前のアルバムです。
ライブを観に行ったから、そのときに聴いたのかもしれません。
でも、このCDは持ってなかった。
しょうがないですよね。ポチ。これを「ツイッター貧乏」と呼んでいます。

『YOU HAD IT COMING』JEFF BECK

このアルバムでは、打ち込みやループサウンドなどを大胆に導入しています。
しかーし。
ジェフ・ベックのすっかりイカレたギターサウンドがのっかると、そんなこたぁ、どうでもいい。

一曲目からいきなり、「5/4」の変拍子。
でも、違和感がないのは、ジェフのギターリフのせい。
んげげげ。
なんだ、このアルバム! ぶっとんでる!

---------
高校受験を控えた長男は、いつも音楽を流しながら勉強しています。
ちなみに、僕はダメ。音楽が鳴っていると集中できなくて。喫茶店でもスピーカーの近くの席だと、本が読めません。
「ジェフ・ベックのCD買ったよ。隣りの部屋で鳴らしてもいい?」
「ああ、いいよ。オレも聴きたいし」

ところが3曲目あたりで、ふすまを開けて長男がやってきました。
「父さん、これ、何! すごすぎて、勉強できない!」
うおー。わかるか!

よしよし。後で貸してあげるから、ゆっくり聞きなはれ。
いかれたジェフ・ベックの音楽は、「ながら族」(って、今でも言うのかな?)もノックアウトしたのでありました。

|

« ムチャもしないとね | トップページ | 私がおじさんになっても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/50612930

この記事へのトラックバック一覧です: いかれてるぜ、ジェフ・ベック!:

« ムチャもしないとね | トップページ | 私がおじさんになっても »