« 「マジックカット」のどこがマジックなのか? | トップページ | まだ迷っている »

2011.04.22

山口冨士夫クロコダイルライブ 2011/04/21

山口冨士夫が病気に苦しんでいると知ったのは、2008年のはじめでした。
その後、少しずつ、CD、DVD、書籍のリリース。
そしてなんと、その年のうちに復活ライブ! 2008/11/08、クロコダイルの夜は忘れられません。

その後、僕が行ったライブは、2010年暮れの吉祥寺。
すんげーパワーアップしてて、びっくりしました。TEARDROPSのベースマン、カズも出演しました。
というわけで、「復活」後、僕にとっての3回目のライブが、このたびのクロコダイルだったんです。

しかし……。
3回のライブ、どんどんすごくなってる!
すげー! かっこいい!

だってさ、
ダイナマイツも、村八分も、『ひまつぶし』も、タンブリングスも、TEARDROPSも、『アトモスフィア』も、全部聴けちゃうんだぜ!
すげー、すげー!

見た目には、ずいぶん元気そうに見えました。
それに、歌が、声が、みょうによく聴こえました。
言葉が突き刺さる感じ。
ストーンズの『ギミー・シェルター』もやりました。
ジョニー・ウインターの来日公演を観に行ったようなので、インスピレーションで演奏したのかもね。

んで、あのギター。
ミストーンは多いんですが、そんなことよりも、なんていうか、こちらが油断している意識の隙間にズカッと入り込んでくるようなタイミングのギター。
これだよ、これなんだよ!

息子がギターを弾いていますが、まったく足りないのは、これなんだよね。
正しく弾けばいいってもんじゃない。
あの「間」っていうか、「空気」っていうか。わかるかなぁ。

プライベーツの延原達治がゲストで2曲参加しました。
そうか、『君が君に』は、共作だったんだ……。

たまたま隣に座った方と少しお話をしたら(何しろ、開場から開演までに2時間もあったんでね)、なんと、ボ・ガンボスや、TEARDROPSの、舞台演出を手伝っていた方でした。
『アトモスフィア』ライブのときの演出が、すごく好きだったんです、と話したら、なんと、その方が担当されたのだそうです。
うわぁ、こんなことって、あるんだなぁ!
ウイスキー一杯、おごらせてもらいました!

CDとかDVDとか、アマゾンでも各種手に入るようですが、いろいろあるようなので、WEB SHOPのリンクを張るだけにしておきます。

山口冨士夫HP
Fujio Online Shop
↑ショップのページには、最近のライブ動画へのリンクがありますよ~!

|

« 「マジックカット」のどこがマジックなのか? | トップページ | まだ迷っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/51466736

この記事へのトラックバック一覧です: 山口冨士夫クロコダイルライブ 2011/04/21:

« 「マジックカット」のどこがマジックなのか? | トップページ | まだ迷っている »