« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.22

山口冨士夫クロコダイルライブ 2011/04/21

山口冨士夫が病気に苦しんでいると知ったのは、2008年のはじめでした。
その後、少しずつ、CD、DVD、書籍のリリース。
そしてなんと、その年のうちに復活ライブ! 2008/11/08、クロコダイルの夜は忘れられません。

その後、僕が行ったライブは、2010年暮れの吉祥寺。
すんげーパワーアップしてて、びっくりしました。TEARDROPSのベースマン、カズも出演しました。
というわけで、「復活」後、僕にとっての3回目のライブが、このたびのクロコダイルだったんです。

しかし……。
3回のライブ、どんどんすごくなってる!
すげー! かっこいい!

だってさ、
ダイナマイツも、村八分も、『ひまつぶし』も、タンブリングスも、TEARDROPSも、『アトモスフィア』も、全部聴けちゃうんだぜ!
すげー、すげー!

見た目には、ずいぶん元気そうに見えました。
それに、歌が、声が、みょうによく聴こえました。
言葉が突き刺さる感じ。
ストーンズの『ギミー・シェルター』もやりました。
ジョニー・ウインターの来日公演を観に行ったようなので、インスピレーションで演奏したのかもね。

んで、あのギター。
ミストーンは多いんですが、そんなことよりも、なんていうか、こちらが油断している意識の隙間にズカッと入り込んでくるようなタイミングのギター。
これだよ、これなんだよ!

息子がギターを弾いていますが、まったく足りないのは、これなんだよね。
正しく弾けばいいってもんじゃない。
あの「間」っていうか、「空気」っていうか。わかるかなぁ。

プライベーツの延原達治がゲストで2曲参加しました。
そうか、『君が君に』は、共作だったんだ……。

たまたま隣に座った方と少しお話をしたら(何しろ、開場から開演までに2時間もあったんでね)、なんと、ボ・ガンボスや、TEARDROPSの、舞台演出を手伝っていた方でした。
『アトモスフィア』ライブのときの演出が、すごく好きだったんです、と話したら、なんと、その方が担当されたのだそうです。
うわぁ、こんなことって、あるんだなぁ!
ウイスキー一杯、おごらせてもらいました!

CDとかDVDとか、アマゾンでも各種手に入るようですが、いろいろあるようなので、WEB SHOPのリンクを張るだけにしておきます。

山口冨士夫HP
Fujio Online Shop
↑ショップのページには、最近のライブ動画へのリンクがありますよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.17

「マジックカット」のどこがマジックなのか?

たとえば、カップラーメンのソースが入った小袋。
コンビニのお弁当に入っている、袋入りの醤油。
お持ち帰りのお寿司についてくる、袋入りのワサビ。

「こちら側のどこからでも切れます」

もう一回、口に出して読んでみてください。

「こちら側のどこからでも切れます」

違和感を感じない方は、もう一回、読んでみてください。

「こちら側のどこからでも切れます」

これって、すごく断定的で、生意気な文章じゃありませんか?

いいっすか、これ、すっごい発明なんですからね!
なにしろ、どこからでも切れちゃうんですよ!
今まで苦労したでしょ?
切り口が見つけにくくて、大変だったでしょ?
もう安心。まかせてください。
こちら側の、ど・こ・か・ら・で・も、切れちゃうんですよ!
どうよ、奥さん。
僕たち、偉いでしょ、がんばったでしょ?
ありがたくこれからは、ど・こ・か・ら・で・も、切ってください。
ま、僕たちにかかれば、たいしたことじゃないんで、特にお礼はいりませんよ。
ホント、たいしたことじゃないんで。
ただ、今までの人たちは、なんでこんなことに気がつかなかったのかなぁ、な~んて思うこともありますけどね。
世代の違い? っていうんですかねぇ。
あ、もちろん、アイデアはあったのかもしれませんよ、これまでにも。
でも、製品化に成功したのは僕たちなんですよ。
こういうのはね、思いついただけじゃダメ。
製品化して、コストダウンまでできないと、マーケットでのヴィクトリーはない、っていうんですか。
あ、ここ、ビクトリー、じゃなくて、ヴィクトリーね。
細かいこと、ごめんなさいね、海外留学が長かったもので。
でもね、これは、日本人ならではのこだわりですよ。
海外じゃ、こんな小さいところに工夫しようなんてありえませんもん。
そういう意味では、あれですね、欧米的な柔軟性と、日本独自のメンタリティの、ミクスチャー?
今の時代だからこそ実現した、っていうんですかね。

先手を取られてるんです。マジックカットに。
先に言われちゃったから、うまく切れなかったときに、
「あ、しまった」とか、
「うわ、だめだ、情けねー」
とか、こちらが委縮してしまうんです。
まるで自分たちが「失敗」をしてしまったかのように、つい考えさせてしまう。これこそが、マジック、だったのです。

よく考えてみてください。
「こちら側のどこからでも切れます」って言いきってるのに、実際には切れないのだとしたら、悪いのはむこうじゃないですか?

えぇーい、うるさいわいっ!
偉そうにいうわりに、切れないこと、あるじゃないかっ!
何が「どこからでも切れます」だっ!
「どこからでも、切れる、と思います」とか、
「どこからでも、切れるはずです」とか、
もうちょっと言い方があるだろっ!

これくらいは、消費者にも言う権利があると思うんです。

だから、マジックカットがうまく切れなかったときには、コソコソするのではなく、堂々とハサミを使えばいいのです。
罵倒しないまでも、「ウソつき……」とつぶやくくらいは、当然だと思うのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.04.14

日本版「We Are the World」か? サントリーCM!

実はまだ、オンエアで見たことはないのですが、サントリーのCMが、すごいです。

-------
3月11日の東日本大震災後、日本が明日に向かって前進するためにサントリーグループとして何かメッセージをお届けすることはできないか。

そこで、弊社の広告宣伝にご登場いただいている方々のご協力をいただき、希望の歌のバトンリレーを行うことで、少しでもたくさんの人の気持ちに絆の和を広げていくことが出来ればと考えました。

日本中で幅広く愛されている名曲『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』の2曲を、ご厚意で参加いただいた総勢71名の皆さん一人一人が、心を込めて歌い上げてくださいました。
-------

うーん、これはすごい。贅沢だ。
「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」の動画一覧

広告代理店の仕業でしょうが、こりゃ、まいった。
こういう仕事なら、大歓迎です。

で、立て続けに動画を見ていると、どうしても「We Are the World」を思い浮かべて、重ねて見てしまうのであります。
マッチがブルース・スプリングスティーンなのか?
じゃ、ショーケンはボブ・ディラン?
レイ・チャールズは、矢沢永吉でいいのか?
意表をついて、水前寺清子がシンディ・ローパーかな?
堺正章は、サルつながりでマイケル・ジャクソンでどうでしょう?

とまあ、楽しみは尽きないのであります。
すべてのバージョンをテレビで見るのは難しいと思います。
また、これを書いている時点で、新しいバージョンが日々追加されています。
ぜひ、こちらからどうぞ。
「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」の動画一覧

----------

『上を向いて歩こうA』篇 60秒
和田アキ子/近藤真彦/竹内結子/富司純子/檀れい/本木雅弘/小栗旬/ベッキー/堺正章/宮沢りえ/岡田将生/松田聖子

『見上げてごらん夜の星をA』篇 60秒
矢沢永吉/宮沢りえ/萩原健一/ベッキー/近藤真彦/小雪/堺正章/三浦友和/本木雅弘/松平健/檀れい/永瀬正敏

『上を向いて歩こうA』篇 30秒
三浦友和/高島彩/小林克也/堀北真希/近藤真彦

『上を向いて歩こうB』篇 60秒
やくみつる/松平健/三浦友和/小林克也/中村獅童/石原さとみ/左右田一平/三浦雄一郎/笠浩二/ムッシュかまやつ/おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)/袴田吉彦/山崎樹範/高良健吾/大塚寧々/佐々木希/吉高由里子/坂本龍一

『上を向いて歩こうB』篇 30秒
竹内結子/高橋克実/榮倉奈々/小栗旬/大森南朋

『上を向いて歩こうC』篇 60秒
坂本龍一/永瀬正敏/萩原健一/松田翔太/高島彩/トミーリージョーンズ/三吉彩花/八嶋智人/高橋克美/桐谷健太/テリー伊藤/榮倉奈々/矢沢永吉


『上を向いて歩こうC』篇 30秒

大滝秀治/本木雅弘/ベッキー/加藤茶/仲本工事/堺正章

『上を向いて歩こうD』篇 60秒
堀北真希/水前寺清子/大森南朋/ゴスペラーズ(北山陽一・黒沢薫・酒井雄二・村上てつや・安岡優)/鶴田真由/及川光博/吉川淳/加藤茶/仲本工事/村田兆治/浜美枝/小雪/マギー司郎/コンドルズ(鎌倉道彦・近藤良平・藤田善宏)/石井正則/カンニング竹山/仲里依紗/桐島かれん/大滝秀治/佐藤健/蝶野正洋/光浦靖子/トミー・リー・ジョーンズ

『上を向いて歩こうD』篇 30秒
和田アキ子/光浦靖子/カンニング竹山/石井正則/テリー伊藤/松田聖子

『上を向いて歩こうE』篇 30秒
及川光博/吉永淳/左右田一平/三浦雄一郎/仲里依紗/蝶野正洋/桐島かれん/桐谷健太/水前寺清子

『上を向いて歩こうF』篇 30秒
永瀬正敏/宮沢りえ/矢沢永吉

『上を向いて歩こうG』篇 30秒
松田翔太/中村獅童/鶴田真由/マギー司郎/コンドルズ(鎌倉道彦・近藤良平・藤田善宏)/笠浩二/ムッシュかまやつ/やくみつる/石原さとみ


『上を向いて歩こうH』篇 30秒

小雪/おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)/袴田吉彦/山崎樹範/ゴスペラーズ(北山陽一・黒沢薫・酒井雄二・村上てつや・安岡優)/富司純子/萩原健一/吉高由里子


『上を向いて歩こうI』篇 30秒

坂本龍一/檀れい/堺正章/村田兆治/浜美枝/松平健/トミー・リー・ジョーンズ

『上を向いて歩こうJ』篇 30秒
岡田将生/大塚寧々/佐藤健/佐々木希/高良健吾/三吉彩花/八嶋智人

『見上げてごらん夜の星をA』篇 30秒
榮倉奈々/檀れい/堀北真希/竹内結子/小雪

『見上げてごらん夜の星をB』篇 60秒
坂本龍一/小栗旬/堀北真希/桐谷健太/中村獅童/高橋克実/和田アキ子/榮倉奈々/やくみつる/大塚寧々/蝶野正洋/富司純子/石原さとみ

『見上げてごらん夜の星をB』篇 30秒
和田アキ子/ベッキー/テリー伊藤/本木雅弘/宮沢りえ

『見上げてごらん夜の星をC』篇 60秒
大滝秀治/竹内結子/岡田将生/カンニング竹山/佐々木希/松田翔太/大森南朋/仲里依紗/村田兆治/浜美枝/左右田一平/三浦雄一郎/仲本工事/加藤茶/テリー伊藤/マギー司郎/コンドルズ(鎌倉道彦・近藤良平・藤田善宏)/おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)/袴田吉彦/山崎樹範/水前寺清子

『見上げてごらん夜の星をC』篇 30秒
水前寺清子/三浦雄一郎/左右田一平/浜美枝/村田兆治/仲本工事/加藤茶/堺正章

『見上げてごらん夜の星をD』篇 60秒
松田聖子/佐藤健/吉高由里子/桐島かれん/光浦靖子/高良健吾/トミー・リー・ジョーンズ/三吉彩花/石井正則/八嶋智人/鶴田真由/ムッシュかまやつ/笠浩二/ゴスペラーズ(北山陽一・黒沢薫・酒井雄二・村上てつや・安岡優)/高島彩/及川光博/吉永淳/小林克也


『見上げてごらん夜の星をD』篇 30秒

佐藤健/八嶋智人/やくみつる/高島彩/高橋克実

『見上げてごらん夜の星をE』篇 30秒
大滝秀治/三浦友和/大塚寧々/高良健吾/吉高由里子

『見上げてごらん夜の星をF』篇 30秒
富司純子/三吉彩花/石原さとみ/佐々木希/松平健

『見上げてごらん夜の星をG』篇 30秒
中村獅童/松田翔太/大森南朋/岡田将生/小栗旬

『見上げてごらん夜の星をH』篇 30秒
近藤真彦/小林克也/永瀬正敏/ゴスペラーズ(北山陽一・黒沢薫・酒井雄二・村上てつや・安岡優)/萩原健一

『見上げてごらん夜の星をI』篇 30秒
矢沢永吉/坂本龍一/トミー・リー・ジョーンズ

『見上げてごらん夜の星をJ』篇 30秒
松田聖子、桐島かれん、笠浩二、ムッシュかまやつ、マギー司郎、コンドルズ(鎌倉道彦・近藤良平・藤田善宏)、永瀬正敏、仲本工事、小林克也

『見上げてごらん夜の星をK』篇 30秒
仲里依紗/カンニング竹山/及川光博/吉永淳/おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)/袴田吉彦/山崎樹範/蝶野正洋/桐谷健太/鶴田真由/石井正則/光浦靖子/宮沢りえ/和田アキ子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.09

Maropediaより「ローガンの法則」

閲覧される皆さんへ: マロペディア日本語版に記載されている内容には、未確認の情報や誤りがある可能性があることを考慮してください。

ことの始まりは、1867年、『ヘラルド・トリピューン』紙に掲載された一人の読者からの意見広告だった。

「貴紙を購読して30年近くになるが、とても憤慨している。
最近貴紙は、読者になんの説明をすることもなく、記事の文字を小さくしているではないか。
読みにくくてしかたがない。
このような紙面変更にあたっては、前もって読者に予告するのが、新聞社の責務であり、
今回の貴紙の行動は、道徳的にも社会的にも、許されるべきことではない。
強く抗議するとともに、今後いっさい貴紙を購読しないことをお伝えする」

この広告に、大きな賛同と、同様の非難がいっせいに持ち上がった。
事態を重く見た『ヘラルド・トリピューン』紙は、
「本紙では、指摘されるような、文字を縮小したという事実はいっさいなく、当惑している」
という、異例の社告を掲載する騒ぎとなった。

この事態に関心を寄せたのが、イルノイ大学で社会学を研究する、デイヴィッド・J・ローガン博士であった。
そして、2年間にわたる調査の結果、以下のような結論を学会に発表、世界中から注目されることになる。

「新聞の文字が小さくなって読みにくくなった、という不満は、多く40歳を過ぎた年齢の男女から訴えられる傾向がある」

これが、いわゆる「ローガンの法則」である。

なお、この法則について、
「アフリカ大陸においては、本法則が当てはまらないケースが多い」
「凸レンズを用いたグループでは、不満が激減する」
といった追加研究が、世界各国でさかんにおこなわれており、現在にいたる。

【参考リンク先】
「ローガンの法則を追う」
「デヴィッド・ローガン その生涯」
「活用事例 ローガンの法則」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »