« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011.05.25

ニラ考

台所で、細切りの豚肉と、モヤシとニラを炒めながら、考えていました。
ニラって、男か、女か?

太宰治の『人間失格』に、いろいろな言葉を、「喜劇名詞か、悲劇名詞か?」に分ける遊びがありました。対義語(アントニム)、同義語(シノニム)遊びっていうのもありました。
そこに、こう書いてありました。
「名詞には、すべて男性名詞、女性名詞、中性名詞などの別がある」

ニラってヤツは、いまいち性別がわからない。
モヤシは、男。草食系。ひきこもり。
ニラは?

色合いは、日の光を存分に浴びた、健康的な感じです。
でも、火が通るとすぐにシュンとなる。
個性的な香りだけど、あると頼もしい。いま炒めている中華鍋の中に、もしニラがなくて、豚肉とモヤシだけだったとしたら、それはかなりさみしい。
でも、その香りが仇となって、「午後からも外回りだから、ニラタマ定食はやめとこう」なんて避けられたりもします。

ニラレバ炒め、という料理があれほどポピュラーなのも、ニラのおかげだと思います。
「レバ炒め」じゃ、パンチに欠けるでしょう。
かといって、「ニラ炒め」では成立しない。
そう考えると、「男を立てる、やや旧いタイプに見える、しっかりものの女性」が正解のような気がしてきました。

あくまでも、レバーを主役に立てながら、自己主張はしっかりする。
キャリアウーマンかもしれません。総合職だな。
子どもができても、仕事は続けるでしょう。会社からの信頼もあつい。

でも職場の同僚女性からは、ちょっと浮いてるかもしれません。
「だって、レバー専務がいなくなったら、あの人、たいした仕事できないよね」
「しょせん、ホルモン派閥だもんね」
などと、陰口も叩かれているかもしれません。ああ、こわいよな、給湯室の会話。

だけど、ニラはしぶとい。
ちょっとやそっとのことでは、へこたれません。
だって、考えてみてください。
ニラほど、歯の間にはさまる食べ物って、なかなかないです。
どんなに用心しても、かならずどこかにはさまって、それがまた、なかなか取れない。
あの根性には、「本気」を感じませんか?
会議でも、決して声をあらげたりすることはないのだけれど、しぶとく自分の意見を主張する、とみました。

かつては、ニラにとって、つらい時代もあったのかもしれません。
今でも、環境は決してよくないかもしれません。
しかし、すべての働く女性のモデルとして、まだまだ最前線でバリバリ働いてもらいたい。
そんなニラを、僕は応援します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.15

「出版プロデューサー」とは、ネズミ男であった

今頃になって、ドラマ「龍馬伝」と「ゲゲゲの女房」のDVDを少しずつ借りてきては、少しずつ観ています。
「龍馬伝」は、最終シーズンがまだ「新作」扱いのままなので、このところはもっぱら「ゲゲゲの女房」。
まだ、最初の子どもが産まれたあたりなんですけどね。

「ゲゲゲの女房」は、先に原作本を読んでいて、宮藤官九郎の映画版は観ていました。
あらためてNHKの朝ドラ版を、ようやく今頃観ているというわけです。

で、最近見た回の中で、気になるシーンがありました。
杉浦太陽演じる、「ゲゲ」こと水木しげるの境港の幼馴染、「イタチ」こと浦木克夫が、「出版プロデューサー」を名乗る場面が出てきたのです。

浦木が、茂と布美枝に得意げに単行本を2冊差し出す。
「オレは、こんな本の出版にかかわって、大儲けしとるんだわ」
見ると、当時のベストセラー!
しかし、よーく見ると、カバーとタイトルをそっくりに真似た、トンデモ本。
さすが、のちに「ネズミ男」のモチーフとされる男。

ネズミ男が、小さい頃から好きですね~。
なんだかんだ、新しい商売を思いついては、金儲けしようとする。
ときには、鬼太郎を利用したりもする。
でも、たいがい頓挫して、窮地に陥ったところを鬼太郎に助けられることになるわけです。
「ネズミ男、お前もう、いい加減にしろよな」
「そうじゃそうじゃ、金に目がくらみおって!」
「そうですよね、お父さん」
みたいな会話と後ろ姿でエンディング、っていうパターンが多かったような気がします。

一番最初のアニメの、サントラ盤があったらほしいなぁ~。
「闘い」のときの音楽、かっこいいよなー。

……。
で、「出版プロデューサー」でしたね。
今、まさに現在、「出版プロデューサー」を名乗る人って、けっこういるんです。
(あ、ホントにいろんな人がいますから、一概に否定はしませんよ。特定の人を攻撃するつもりもありませんよ)
「本を出したい!」
っていう人を集めて、「私の言うとおりにしたら、本ができます」と誘って、コンサル料を取る。
そして、首尾よく商業出版できたら、さらに印税の中から少しもらう。

これって、すごく「ネズミ男」的発想だと思うんです。
「本を出したい人が、世の中にはたくさんいる。それに、そういう人は金もってる!」
なんか、「ウッシッシ!」な商売だと思いませんか?

仮に商業出版してくれる出版社が見つからなくても、事前のコンサル料はもらっているわけです。
うまく出版できたとして、売れなかった場合のリスクは、全部出版社持ちです。
リスクを背負ってないんです。

あ、繰り返しますが、いろんな人がいますからね。
中には、良心的な「出版プロデューサー」もいるはずですからね。
言いたいのは、「出版プロデューサー」っていう肩書きって、ネズミ男っぽいよね、ということなんです。
特定の人を指して、非難しているわけじゃないんですよ。
「ネズミ男」的、っていうのも、そもそも僕、ネズミ男好きですから。

……こんくらい断っとけば、誰にも怒られないかな。
よくわからない記事になってしまったお詫びに、僕のネズミ男写真を再掲しておきましょう。
これで堪忍しとくんなさいませ。
Mouseman


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.12

びろうな話題で恐縮ですが…

えーっと。
いわゆる「下ネタ」系でありますので、苦手な方は読まないでください。

今日、次男の小学校で、「男子と女子が別々の教室で保健の授業を受けた」のだそうです。
6年生ですから、性教育もはじまりますわな。

で、帰宅した彼がこんなことを言い出したのです。
「ち○毛って、においを保つために生えるんだって、知ってた?」

は? なにそれ?
「いや、においが残っちゃ、まずいんじゃないの?」

「えーっとね、なんか、オスがメスを引き寄せる、みたいな意味があるにおいなんだって」
「で、そのにおいが飛び散っちゃわないように、毛がはえてるんだって」

ん? 
「つまり、フェロモン、みたいなこと?」
「そうそう、それ!」

ウソ、知らんかった。
今まで、一度も聞いたことないぞ、そんな話。
ってか、いまの小学校ではそう教えているわけだ。
え? ええっ?

じゃあ、あのとき、あんなことになったのは、毛のおかげ?
あんなことにならなかったのは、においが足りなかったせい?

じゃあ、ズボンのチャックをこっそりおろして歩いたら、女の子がよってきたりするんだろうか?
そういえば、手術で入院して剃毛していた間、看護婦さんにはさっぱりモテなかったなぁ。
それが原因か!

インターネットで、少し調べてみました。
夜中に「陰毛 なぜ生える」で検索するのは、なかなか切ないものです。

しかし、いろいろな回答が寄せられていました。
よろしかったらぜひ、検索してみてください。Wikipediaの記述は、冷静を装っていて、なかなか楽しいです。

どうやら、「フェロモンキープ」説も確かにあるみたいです。
しかし、確証はないみたい。他にもいろいろな説がありました。

学校も、そういうふうに教えちゃったら、もてようと思ってパンツ履き替えない子とかでてくるんじゃないかな?
心配です。
あ、次男は、今夜パンツ替えましたよ。自分で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.10

神様、オヤジ様

常々思っていることがあります。
オヤジギャグの灯は、消してはいけない、と思うのです。

緊張感あふれる場面での、つい「しょうもな!」とツッコみたくなる、オヤジギャグ。
ケンカしてたはずなのに、つい「プッ!」と吹き出してしまう、くだらないダジャレ。

昨今の、練りに練られたコント。
勢いだけの一発ギャグ。
とんねるず以降の、クールな笑い。
まあ、それもいいんだけど。
やっぱり、「オヤジギャグよ、永遠なれ!」と思うのです。

しかし現状は、
「さむぅ」
のひと言で終わりにされてしまう、オヤジギャグ。
軽蔑さえされかねません。

いやいや。
日本のオヤジギャグは、深いよ。
俳句に通じるような、わびさびの心があるから。

どうですか、みなさん?
『パーティ・ジョーク集』みたいなの読んで、面白かったことがありますか?
海外のテレビ番組見てて、「何がそんなにおもしろいのん?」と思ったこと、ありませんか?

ありがちなパターン。
「アメリカ人がこう言った。それを聞いたイギリス人が、こう答えた。ドイツ人はこう答えた。その間に日本人は…」
みたいなジョーク。
面白いとおもったことがありますか?
オレが認める、外国人のお笑いは、デイブ・スペクターだけだね(ホントか?)。

オヤジギャグの基本は、ダジャレだと思います。
ダジャレ…っていうと、くだらなく聞こえるけど、歌詞で使うと「ダブル・ミーニング」なんて言われて、高尚なテクニックのような扱いになる。
同じだよ!

オヤジギャグを後世に伝えるために、僕にできることは何だろう? と考えました。
子どもたちが、ナイスなダジャレを言ったときには、ほめちぎることにしました。

今日は夕飯時、次男(11歳)に、ダジャレの神様「オヤジ様」がおりてきました。

『名言ダッツ・アイスクリーム!』

ナイスです。すばらしい。
ほめまくりです。よくやった! うまい! 天才だ! 明日学校で使おうね!

でも同時に悔しくもあります。
「オレもそんなダジャレを思いつきたかった…」
「オヤジ様」は、不公平だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.06

2011年4月期、22:00ドラマ

HDDレコーダー付きのデッキを使い始めると、録画したドラマがたまりますねー。
ようやく、一通り見ることができました。

【月曜日】「鈴木先生」
コミックが原作です。主人公の長谷川博己、ちょこちょこ見かける気がするのですが、いまいちどの役だったのか印象に残っていません。
しかし、こりゃまた、ヘンテコリンなドラマが始まった!
富田靖子が、妖怪っぽいです(すみません)。わーい、田畑智子だぁ。

【火曜日】「グッドライフ」

反町隆史は、最近の「BOSS」「GOLD」のイメージが強いです。井川遥って、幸薄い役が多くないですか?
子どもが病気になる話は、ちょっとつらいです。

【水曜日】「リバウンド」
相武紗季、ついにはじけました! ここまでやるか! ぜひ、これで一皮むけてください!
栗山千明がいいなぁ。
女性ファッション雑誌の、恐い女編集長(若村麻由美)っていうのは、もはや定番ですね。プラダを着た悪魔。

【木曜日】「BOSS」

帰ってきましたぁ。初回スペシャルは、新旧メンバーの引き継ぎ。
吉瀬美智子と戸田恵梨香が、長谷川京子と成海璃子にタッチ。いいんじゃないでしょうか。
吉瀬美智子「私、ハガネの女になりますんで」。一方、ドラマ「ハガネの女」の初回スペシャルでは、日本酒のラベルに「ボス」「天海勇気」の名前がちらっと。局を超えて、エールの交換。

【金曜日】「生まれる。」
TBSのこの枠は、わりとシリアス。
堀北真希は、先日の「A-Studio」で興味をもちました。すっごくしっかりした人なんですね。
そして、脇を固めるのは、鈴木亮平、戸田恵子、酒井若菜、そして大杉漣と、22:00ドラマの常連さん。
大倉忠義が、関ジャニ∞の人。中島健人が、ジャニーズ Jr.の人。って、覚えられそうにないね。
田中美佐子は、島根県出身だよ~。


一番人気は手堅く「BOSS」。
展開次第で「生まれる。」。
大穴が「鈴木先生」ってところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.03

新曲(洋楽意訳替え歌)歌詞

2011/05/02 国立 NO TRUNKS

せっかくライブで歌うために、何曲か新しく用意したのですが、考えてみれば、たぶんもう歌う機会はないだろうと思うので、歌詞を記録しておきます。


【BORN TO BE FUKINSHIN】←元歌にリンクします

節電したって 誰も救えない ならいっそのこと 電力を使おう
あることないこと 流言飛語
デカい声で流そう 風評被害

ライトを当てろ マイクをつなげ ボリュームを上げろ 電力を使おう

オレはボーン・トウ・ビイ・不謹慎
オレはボーン・トウ・ビイ・不謹慎

インターネットで 井戸端会議で 街角で ライブハウスで
ウワサ話なら 出所不明
かまうことないさ 匿名希望

デタラメやスパム なんでもいいから 小さくつぶやけ でっかく叫べ

オレはボーン・トウ・ビイ・不謹慎
オレはボーン・トウ・ビイ・不謹慎

ゆれてるゆれてる 曖昧模糊
もれてるもれてる 五里霧中

深刻なニュースより 笑えるデマを流せ 画面のこちら側でヘラヘラ笑うぜ

オレはボーン・トウ・ビイ・不謹慎
オレはボーン・トウ・ビイ・不謹慎


【売れ売れ売れ】←元歌にリンクします

水がないらしい 電池もないらしい
紙もないらしい 納豆もないらしい……

売れ売れ売れ! 全部売れ!
売れ売れ売れ! あるだけ売れ!

今すぐ売れ、早く売れ、高く売れ、とにかく売れ!


【こんなとき音頭】

こんなときだからデートをしよう
こんなときだから経済を回そう
こんなときだからホテルに行こう
こんなときだから電気を消そう

こんなときだからひとつになろう
こんなときだから経済を回そう

アソレ、ダイジョブダイジョブ
アソレ、イタクナイ
アソレ、ガンバレガンバレ
アソレ、アトスコシ

こんなときだからイチャイチャしよう
こんなときだから温めあおう
こんなときだから延長しよう
こんなときだから経済を回そう

こんなときだから行動しよう
こんなときだからジシュクはやめよう

アソレ、計画停電
明るい家族計画
アソレ、ひとりなら
ちょいと、自家発電

------
もう一曲あったんだけど、まだ使えるかもしれないので、書かないでおきます。
タイトルは、『コンデルは混んで行く』っていうんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.02

まだ迷っている

『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace』のチケットをもっています。
2階席だし、たぶん、角度も悪そう。
買うのにもずいぶんためらいがあったのですが、とりあえず買ってしまいました。

でも……。
オレ、どうしようかなぁ……。

【日時】 2011年5月2日(月) OPEN 15:00 / START 16:00
【会場】 日本武道館
【出演】
忌野清志郎
泉谷しげる / 奥田民生 / 金子マリ / 斉藤和義 / ザ・クロマニヨンズ / サンボマスター(アコースティックバージョン) / 東京スカパラダイスオーケストラ / トータス松本 / 仲井戸"CHABO"麗市 / ハナレグミ / 浜崎貴司+高野寛 / 原田郁子 / 細野晴臣 / 真心ブラザーズ / 宮沢和史 / 矢野顕子 / YUKI / ゆず / ※五十音順
※出演予定でしたUAですが、本人の体調の都合により残念ながら出演出来なくなりました。
※出演予定でしたスティーブ・クロッパーですが、震災の影響により残念ながら出演出来なくなりました。
<BAND MEMBER>
仲井戸麗市(Gt) / 新井田耕造(Dr) / 藤井裕(Ba) / Dr.kyOn(key) / 梅津和時(A.Sax) / 片山広明(T.Sax) / Leyona(Cho)

バンドメンバーに、チャボが入っていたので、「それなら……」と思って買いました。
でも、そんなに興味ない出演者もたくさんいます。

チャボが出るって決めたんなら、そう間違いもないだろうと信じたいのです。
……でもなぁ。
2年前の今日のことを思い出すと、浮かれる気持ちにはどうしてもなれなくてなぁ。

当日昼間、国立のライブハウスでイベントをやるから出ませんか、ってお誘いをいただいたんです。ツイッターの人たちから。
そのまま、武道館へみんなで行きましょうって。

これも、うーん、ってすっごく迷ったんだけど、まあ、自分が歌う分には、自分の好きにやればいいわけだから、と思って、参加させてもらうことにしました。
僕なりのスジは、ここで通せるかな、と思って。

だからよけいに、このイベントがなあ。まだ迷ってる。

なんか、ちょっとでも違和感を感じたら、すぐに帰ろうと思っています。
たとえ、それがチャボでも。

だめなんだ、まだまだ、まだまだ。

あの日以降、「いつまでもひきずってんじゃない!」って友達に怒られたことがあります。
だけど、そいつは、当時誘ったって、RCなんか見に行かなかったじゃないか。
それなのに、ずっとあとになって再会したら、「やっぱりキヨシローはすごい!」って、清志郎は急にすごくなったわけじゃないよ。あの頃からずっとすごかったんだよ。
それをさ、エラソーに「いつまでもひきずってんじゃない」って、君と一緒にすんなよ。

この際、はっきりさせとこう。
1980年代の関西地方で、テクノポップやニューウエイブ、MTVが全盛の時代、RCサクセションのファンでいることは、誰もに受け入れられることじゃなかった。
マイノリティだったんだよ。
「ああ、テレビで坂本龍一とキスした人?」
って、そんな程度だった。「気持ち悪い~」って。

少なくとも、関西にいた僕の周りには、RCのファンなんていなかった。せっかく田舎から出てきてみたのに、何も変わらなかった。
「忌野清志郎」よりも、圧倒的に「桑田佳祐」だった。「松任谷由実」だった。「松田聖子」だった。
とくに、女たちはひどかった。彼女たちの多くは、ライブハウスになんか行かなかった。
大阪球場のサザンオールスターズのチケット、彼氏に買ってきてもらって、ヘラヘラしてたじゃないか。
「ユーミンのコンサート、行きたい~」って、男に甘えてたじゃないか。

そういうヤツにかぎって、この数年になって急に「清志郎は日本のロックの金字塔だった!」みたいなこと言う。
あの日、武道館の完全復活祭だけは見に行ってたりする。
いろんなアーチストがRCに、清志郎に影響を受けていて、それを口にするようになったからだと思う。
君たちは、自分でキヨシローを選んだんじゃなくて、山崎まさよしや、ゆずや、ボ・ガンボスや、ブルー・ハーツや……、そういう人たちの言葉を聞いて、「また聞き」で崇めはじめたんだよな。
いろんなメディアでキヨシローが取り上げられた。それを見て、「忌野清志郎」が「旬」だとか、「流行ってる」とか、「シブイ」とか、「好きだっていっといたほうが音楽通っぽい」とか、「押さえといたほうがよさそうだから」、聞きはじめたんじゃないの?

みんながみんな、そうじゃないってこともわかっています。
キヨシローを遅れて好きになることは、けっして悪いことじゃない。
これからファンになる人が出てくるのは、いいこと、うれしいことだと思う。

だけど、他人に「キヨシローが死んだからって、いつまでもくよくよするな」なんて言う資格は、君にはないと思うんだよ。
この際、そこんとこははっきりさせとこう。

とか、そんなことも考えちゃったりして~。
別にケンカしたいわけじゃないんだけど(無視するから)、今日だけは言わせてもらおうかな、と思って。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »