« 麗と蘭と僕 | トップページ | 「はい!」といい返事をする子(人)が陥る2つのパターン »

2011.06.03

最後の運動会

5/21(土)は、次男の小学校の運動会でした。6年生なので、「運動会」はこれが最後。中学になると、全然別のものになりますからね~。

何よりも、天気に恵まれました。風はありましたが晴天。
長男5年生、次男1年生の運動会は、少雨の中、決行。しかし雨脚がどんどん強まり、途中で中止。後日、全部やり直しになりました。
「運動会に一番必要なものは、天気だ」
とわかりました。

次の年からは、PTAで「てるてる坊主」をつくることにしました。
そしたら、それ以降は全部晴れ。
やっぱり、てるてる坊主は、効果があるんです!

さて、運動会。僕は本部席のうしろに立って見ていました。
高学年の子たちは、いろんな係の仕事をこなしながら、自分も参加するのですから、競技ごとにみんながバタバタしています。

途中、本部席に、4~5歳くらいの男の子が、迷子で連れてこられました。
砂埃で汚れた顔に、涙の跡が何本も。
放送で迷子の案内が流れました。

そしたらね。
椅子に座って、まだヒックヒックしているその子の脇を通り過ぎる小学生たちが、何にも語らず、その子の頭にポンと手を乗せたり、肩にタッチしていったりするんです。
「大丈夫だよ!」のメッセージを、言葉じゃなくて伝えてるんですね。

「あ~、この小学校の子たち、みんな、見せかけじゃない本当の優しさを知っているんだなぁ」
と思ったら、泣けてきました。
あの日、本部テントの後ろで、柄にもなく泣いていたヒゲのおっさんが、僕です。

さて。
フェイスブックに、衝動的にページをつくってしまいました。
題して「親バカ!ミュージアム」。

すべての子どもは芸術家である。を前提に、わが子のアートを自慢し、ほめあう、というコンセプトです。
よろしかったら、のぞいてみてください。
ホンワカしますよ。

親バカ!ミュージアム

|

« 麗と蘭と僕 | トップページ | 「はい!」といい返事をする子(人)が陥る2つのパターン »

コメント

うわ・・やられちゃいました。
私も(@@ うるる

>その子の頭にポンと手を乗せたり、肩にタッチしていったりするんです。

こういう温かい感覚、すごくいい。
人を励ましたり、慰めたりする方法って、
教わらなくてもできるんですよね

投稿: nakanishi | 2011.06.05 15:12

ね。誰かに教わったんじゃなくて、身についてるんですよね。
すばらしい!

投稿: まろ | 2011.06.05 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/51843220

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の運動会:

« 麗と蘭と僕 | トップページ | 「はい!」といい返事をする子(人)が陥る2つのパターン »