« 石見神楽を、初体験! | トップページ | 年末、帰省とスマホの事情 »

2011.12.18

「家政婦のミタ」で敬語を考える

水曜日22:00ドラマ「家政婦のミタ」、絶好調のようです。
第9話、10話は、最終回でもないのに15分拡大スペシャル。
12/21の最終回も、もちろん拡大枠。さらに21:00からは特別版放映と、実にあわただしい日テレ。
今年のドラマ視聴率、「JIN」の最終回をおさえて、一位になったそうです。すごい。確かに、周囲にも見てる人が多い。

どうしても比較されてしまうのが、某局の「南○物語」。ウワサでは、初回以降、毎週5%ずつ視聴率が下がっているとか。
それは極端としても、「お金をかけました」感満点。脇役もシブイし、ロケも大がかり。テーマ曲は中島○ゆきのオリジナルだし。
「家政婦のミタ」は、○島みゆきよりは安くつくってくれそうな、斉藤和義のテーマ曲だけど売れてるし。いい曲。
まあ、誰に聞いても同じ答えが返ってきますね。
「キ○タクでさえなければ、けっこうよさそうなのに」
おそるべし、キム○ク。

「家政婦のミタ」を観ていて、気になることがあります。敬語です。
三田さんは、「業務命令」を言いつかったとき、必ず、
「かしこまりました」ではなく、
「承知しました」
と答えます。

「ミタさん、二日酔いの薬、持ってませんか?」
と聞かれると、トレードマークのドクターバッグから出してくるのですが、そのときも必ず、
「ございます」ではなく、
「あります」
と答えます。

家政婦と、雇い主との関係だと、こういう言葉遣いになるんでしょうね。
雇い主の指示にしたがって動くけれども、けっして服従しているわけではない。
あくまでもビジネスライクな人間関係、というニュアンスが伝わる、敬語の選び方だと思うのです。
ドラマ上の設定とも関連するのですが、絶妙な敬語選びなのではないでしょうか。


最近、ちまたで、というかネット上で、違和感を感じる敬語があります。
しばらく前から、たまに見かけていたのですが、どうやら拡大傾向にあるような。
「○○されてください」
という表現です。

「知り合いが本を出版しましたので、ぜひ読まれてくださいね」
「来月、講演会をおこないます。よろしければ参加を検討されてください」

うーん、気持ち悪い。
しかし、わりとよく見かけるんですよね、特に最近。
「知り合いが本を出版しましたので、ぜひ読んでみてくださいね」
「来月、講演会をおこないます。よろしければ参加をご検討ください」
じゃないのかな?
過剰で間違った敬語の使い方だと思うのですが、どうでしょう?

「正しい敬語の使い方がわかる本とか、ないよね?」
「あります」
「あのさ、この敬語、やっぱり変だよね?」
「それは、あなたがお決めになることです」
「じゃ、書き直しといてくれる?」
「承知しました」


|

« 石見神楽を、初体験! | トップページ | 年末、帰省とスマホの事情 »

コメント

はい、確かに過剰で間違っていておまけに相手に不快感を与えていると思います。

この前電話で

「社長様はご在社ではなかったでしょうか。」

って言われたんだけど、何が言いたいのかわからないし、わざわざ電話してきて不在を確かめるのもどうかと…。

気持ちが悪いので
「いません。」
ってすぐ切っちゃった。取引先なんだけど…(汗)

ワーズハウス http://www.ntv.co.jp/wordshouse/introduction/index.html
の字引いろはさんのくしゃみが止まらなくなっちゃう気がします。

投稿: hako | 2011.12.19 13:39

「ワーズハウス」、知りませんでした。面白そうですね。
バックナンバー見ても、ほとんど知らないことですねぇ。エラそうなことは言えませんわ。

日本語ってややこしいですね。日本語ペラペラになった外国人の方々、あなたたちはスゲーよ。

投稿: まろ | 2011.12.19 13:48

ワーズハウス
バレリーナの前は、亡き児玉清さんが出演されていましたね。新配役難しかったのでは?


最近学校の先生からの文書に
「・・・してくださりましてありがとうございます」と書かれていることが多いです。

「くださりまして」でなく「くださいまして」じゃないのかな?と毎度ひっかかります。

はぁ?くしょい。

投稿: まろ姉 | 2011.12.20 22:09

はあ。そりゃまた、微妙な「こそばい感」ですなぁ。

しかし、世界の草刈民代を「バレリーナ」呼ばわり。姉は強し。

投稿: まろ | 2011.12.20 23:14

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ビジネスマナーの敬語 | 2012.03.19 14:30

うわ、プロの方ですか?
間違ってたらゴメンナサイ。

投稿: まろ | 2012.03.19 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/53516178

この記事へのトラックバック一覧です: 「家政婦のミタ」で敬語を考える:

« 石見神楽を、初体験! | トップページ | 年末、帰省とスマホの事情 »