« 忌野清志郎『瀕死の双六問屋』、完全復刻版発売! | トップページ | 遅くなりました! 2012年1月始まりの22:00ドラマ »

2012.02.03

青春スポーツSF小説、かな?『コロヨシ!!』


コロヨシ!! (角川文庫) 三崎 亜記

”「掃除」が競技!? 前代未聞の奇想青春小説”という惹句にひかれて、手に取りました。
青春モノ、好きなんです。
もう我が子が高校生だっていうのにねぇ。

前半、わりと普通の高校生スポーツもののタッチで進みます。
ただ、何しろ時代も国も、近未来(?)の設定なので、「これ、日本の話だよな?」と何度も不安になります。
何しろ題材となるスポーツが「掃除」。
羽子板の羽のような「塵芥」を、長い棒(ま、箒ですね)でコントロールして、その技術や芸術性を評価するという、奇想天外なスポーツなんです。

まあ、よくこんなこと、思いついたもんだ。

複雑で、謎の歴史を持つ競技、というあたりは、万城目学の『鴨川ホルモー』等の一連の作品に通じるところがあります。

『鹿男あをによし』は未読なんです。すんません。

しかし。後半になると、主人公はぐいぐいと「掃除」の謎に巻き込まれていきます。
青春スポーツの典型である、「道を究める」という世界にとどまらないのが、この本の特長です。
大人たちの都合に振り回され、いつのまにか駒として動かされている。
その中で、自分の「掃除道」を追求することによって、主人公が「自由」について考え、自分なりの回答を見出すところは、ビンビンきました。

500ページを超える分厚い文庫本なのですが、後半に行くにつれて加速して読めました。

しかし、謎はいくつも残したままになっています。
うーん、続編が出たら、読まなきゃなー。

いろんな意味で、異色の青春スポーツ小説。好き嫌いはある程度分かれるかもしれませんが、僕はオススメします。

|

« 忌野清志郎『瀕死の双六問屋』、完全復刻版発売! | トップページ | 遅くなりました! 2012年1月始まりの22:00ドラマ »

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2012.03.30 16:32

藍色さん、トラックバックしました。ありがとうございます。
しかし、トラックバックっていう機能、けっこういい仕組みだと思うんですが、すっかり廃れてますよね~。

投稿: まろ | 2012.03.31 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/53890167

この記事へのトラックバック一覧です: 青春スポーツSF小説、かな?『コロヨシ!!』:

» 「コロヨシ!!」三崎亜記 [粋な提案]
20XX年、掃除は日本固有のスポーツとして連綿と続きつつも、何らかの理由により統制下に置かれていた。高校で掃除部に所属する樹は、誰もが認める才能を持ちながらも、どこか冷めた態度で淡々と掃除を続け...... [続きを読む]

受信: 2012.03.30 15:54

« 忌野清志郎『瀕死の双六問屋』、完全復刻版発売! | トップページ | 遅くなりました! 2012年1月始まりの22:00ドラマ »