« 「なぜ主婦の井戸端会議は脈絡がないのか?」 | トップページ | ホッピーはけっして僕を裏切らない »

2012.05.16

長男のライブステージをはじめて

昨夜ふと見ると、テーブルの上に長男のバンドのライブ記録らしきDVDが、何気なく置きっぱなしになっていました……。
どうしよう、見ちゃおかな??? やめとこっかな???

って、見るに決まってんじゃん!!

はじめて見る、ライブハウスのステージ上の長男は……。
メッチャ、かっこいいじゃん!

ドラム、ベース、ボーカルに、ギター2人の5人編成。
高校生イベントの主宰者バンドだったようで、7組目のトリ。
長男はだるそうにのそっと出てきて、1979年製ギブソン・レスポール・スタンダードを、低い位置に構えました。

声を拾うマイクがないのは、うちの息子だけ。まあ、しゃべりは向いてないよな。
ライブハウスに備え付けのマーシャル・アンプのスイッチが入りました。
おお、かっこいいじゃん!

音は大きめ。足元のエフェクターで歪んだ音を使い分け、音色系はワウペダルのみ。
フィードバックも使いこなしてるし。
基本タテノリの曲ばっかりなんだけど、彼のギターは妙に「70年代」。
彼はもくもくと、しかし非常に興味深いギターを弾いていました。
その組み合わせも、なかなかいいじゃん! いいじゃん!

ベースとリズムギターのベースラインに乗って、縦横無尽にリフをかましまくり。
ギターソロは少なめですが、メタル系じゃなくて、ハードロック系。
彼らのオリジナル曲もたくさんありましたが、それにギターのリフをかっこよくアレンジできるなんて、すごい!

うーん、まあ強いて言えば、ジミー・ペイジみたいな? 言いすぎですね。
クールに弾きまくる彼は、その夜、ほとんどノーミスだったように見えました。
たぶん、彼がアレンジとか、リズムパターンとか、構成とか、考えたんじゃないかなぁ?
途中、ドラムがもたってしまう場面がありましたが、おろおろしないで自分のリズムをキープしてました。うわぁ、「オレ様」だぁ~。

なーんか客席も盛り上がってて、高校生たちがフロア前方に押し寄せ、モッシュにダイブと大騒ぎ。
それをクールにギターの音で煽る長男。
ほうほう。

はじめてライブを観たけど、がんばってんだな。
おまえ、かっこいいよ。

|

« 「なぜ主婦の井戸端会議は脈絡がないのか?」 | トップページ | ホッピーはけっして僕を裏切らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/54727842

この記事へのトラックバック一覧です: 長男のライブステージをはじめて:

« 「なぜ主婦の井戸端会議は脈絡がないのか?」 | トップページ | ホッピーはけっして僕を裏切らない »