« ホッピーはけっして僕を裏切らない | トップページ | やるな、マーク・ザッカーバーグ! »

2012.05.23

父親はいつ子どもに怒るのか?

息子たちのCDや本が増えてきました。たまたま楽天市場で手ごろなラックを見つけたので、衝動買い。

長男はバイトに出かけていたのですが、帰宅した次男がさっそく組み立て始めました。
手伝おうかとも思ったのですが、まあ、やらせてみよう、とほったらかしにしておきました。
途中でのぞいたら、案の定、板の向きを間違えていました。でも、きっとそのまま黙っていても気がついたと思います。

その後、二人で夕飯を食べながら、いつのまにか僕は自分の話をしていました。

------------------
父さんが小学生だった頃、近所にたくさん家が建ち始めていて、大工さんの仕事を離れて見てるのが好きだったんだ。
木の切れっぱしをたくさんもらってきてさ、自分で釘打ってつなげて、自分のおもちゃを作ってた。
釘の打ち方とか、道具の使い方は、お前のおじいちゃんが教えてくれたんだよ。

ある日、丸のまんまの太い棒が落ちてたんだ。父さん、「これを縦に半分に切ったら、飛行機の羽根が作れるんじゃないか」と思ってさ。
で、たぶん、のこぎりで切るより、ナタで割った方が早いだろうと思ったんだよ。
だけど、ナタの使い方は、まだ教わってなかった。
左手で棒を押さえて、右手でナタを振ったらさ、左手の親指の爪の先を切っちゃったんだ。
血はたくさん出てくるし、なによりも、勝手にナタを使ったことを怒られるんじゃないかと思って、父さん泣き出しちゃったのね。
そんとき、おじいちゃんは、何にも言わずに自転車の後ろに乗せて、病院に連れて行ってくれたんだ。

とうとうおじいちゃんは、ナタを使ったこと、怒らなかった。
そのかわり、「お前、ナタをどうやって使った? ああ、それじゃあ危ないな。こうするんだよ」って教えてくれた。
飛行機の羽根を作ろうかと思ったんだと話すと、
「おお、なるほどなあ。いいかもしれんなあ。でも、この羽根をどうやって胴体にくっつけるつもりだったんだ?」
って、すっかり工作の話になっちゃってな。

お前がいま、工作や大工仕事をしててケガをしたとするよね。たぶん、父さん、そんときには怒らないと思う。もちろんケガは心配するけど、ケガした理由については怒らないと思うんだよ。
あのときのおじいちゃんも、きっとこんな気持ちだったんだろうな。
------------------

僕、たぶん、子どもたちを怒ったことって、7年間くらい、ないと思います。
あ、一回だけ、長男がヤキソバに文句言ったときにキレたな。それくらい。
女の子だったらどうなのか、想像できませんが、なんか、あのときの父(おじいちゃん)の感じなんです。
腹を立てる理由がないんだよなあ。

長男が学校で他の生徒にスリーパー・ホールドをかけて、絞め落としそうになって、学校から電話があったときは、「帰ってきたら叱らなきゃ!」って思ってたんだけど、先生の話と本人の話を総合すると、どうやら圧倒的に相手に非があったようで、結局、
「スリーパー・ホールドとか、アンクル・ホールドとかは、相手をケガさせる技だから、使っちゃいかん。使うんなら、足四の字固めだ。あれは、まずケガはしない。痛さでギブアップさせる技なんだ。今度から、プロレスを見る時には、そういうところまでよく見なさい」
って、なんだかしまらない説教で終わっちゃったもんなぁ。

父親と男の子って、共犯者、なのかも。
上下関係、って気はしないもんなぁ。

「お父さんがいつも厳しくて、息子のことをしょっちゅう叱るもんだから……」って言ってたお母さんがいたなぁ。
厳しくなったほうがいいのかなぁ。でも今さら、なぁ。まあ、いいか。

足4の字固めといったら、1995年10月9日東京ドーム、武藤敬司対高田延彦でしょう!
Index

|

« ホッピーはけっして僕を裏切らない | トップページ | やるな、マーク・ザッカーバーグ! »

コメント

きっと3人とも共通の感覚をお持ちなんですよ!だからイライラしないのでは?

親子でも性格や趣味、好みとかが違うと、どうしてもぶつかってしまうように思います。
怒ったことがほとんどないなんて、うらやましいです!(^^)/

投稿: suickey | 2012.05.24 09:53

まろさん、ステキ!!(^◇^)

世の中にこういうお父さんが増えたら
日本ももっとよくなるでしょう。

投稿: 小径 | 2012.05.24 20:11

suickeyさん。共通の感覚っていうか、僕が押し付けてる面も大きいと思います。
子どもがやりたいことには、必ずしもつきあいませんが、僕がやりたいことにはつきあわせますからね~。
ま、結果オーライ?

投稿: まろ | 2012.05.24 23:32

小径さん。イヤイヤ、そんなことないです。照れ隠しじゃなくて、本当に「これでいいのか?」と自問自答の毎日なんです。

投稿: まろ | 2012.05.24 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/54784431

この記事へのトラックバック一覧です: 父親はいつ子どもに怒るのか?:

« ホッピーはけっして僕を裏切らない | トップページ | やるな、マーク・ザッカーバーグ! »