« 2012/06/03 ライブのセットリスト | トップページ | 『円周率1000000桁表』 »

2012.06.08

「とりあえずビール」が通用しない飲み会

今夜は、長男の中学卒業時のメンバーによる「謝恩会」に出席します。
3月に震災が起きて、中止になっていたものです。
「ま、これは出なくてもいいだろう」と思っていたのですが、知り合いのお母さんからメールで誘われ、出席することにしました。
当時の担任だった先生も、幾人かいらっしゃるようで、楽しみであります。

しかし。
おそらく出席者のうち、男性は僕と先生、3人くらいでしょう。あとは全部お母さん、だろうと思います。
こわいもので、僕は「お母さんたちの飲み会」のほうが、「お父さんたちの飲み会」よりも気楽に参加できます。主にPTAで一緒に活動していた方々との会話に慣れてしまったので、「男の飲み会」のほうが緊張します。何を話せばいいのか、よくわからない。
あと、子どもとの関係も、僕はたぶんお母さんたちに近いポジションなので、他のお父さんたちとはスタンスが違う、とも感じているのかもしれません。

お母さんたちの飲み会、参加したことがない、という方々も多いと思います。
会社の飲み会、同級生との飲み会とかとの、一番大きな違いは、「とりあえずビール」という概念がないことだと思います。

わかぎゑふさんのエッセイで読んだことがあります。
劇団の打ち上げの席で、もっとも大事なのは、いかに早く最初の乾杯をするか。
とりあえず全員ビールを頼んで、最初の一杯を飲み、以降はお好きな飲み物をどうぞ、というのが正しい姿勢であって、いきなり「僕はレモンハイで」とか、ややこしいオーダーをする新人がいたら、
「あんたな、最初はビール。空気読まんかい!」
と先輩が指導するのがあたりまえ、という内容でした。

しかし。
お母さんの飲み会には、そんな概念はありません。
阿部寛が戸田恵梨香に教えたように、「ビール以外の人は手をあげてください、と聞いた方が早い」という社会人ルールも通用しません。
阿部寛、敗れたり。

「わたし、生グレープフルーツサワー!」
「わたしは、ウーロン茶」
「この、オレンジなんとかっていうのは、何ですか?」
「あらいやだ、それ、おいしそう! すみませーん、生グレープフルーツサワー一個キャンセルして、トロピカルサワーに変更!」
「あら、じゃ、わたしはそのキャンセルした生グレープフルーツサワー、いただくわ」
……わけわからん。
……ものすごくめんどくさい。

しかし、わーわー言いながらメニューを確かめるのも、お母さん飲み会の楽しみのひとつなのでしょう。
アルバイトの店員さんには酷ですわなぁ。

お母さん飲み会に参加したら、全員そろって最初の乾杯ができるのは、20分後、くらいに思っていたほうがいいでしょう。
僕はそれを眺めながら、先に頼んだ生ビールに口をつけちゃったりします。
社会人飲み会ではタブーとされる「乾杯前に飲んじゃう人」ですが、お母さん飲み会でそんなことやってたら、いつ飲めるのかわかりません。

これからお母さん飲み会に出席される方々の、参考になれば何よりです。

|

« 2012/06/03 ライブのセットリスト | トップページ | 『円周率1000000桁表』 »

コメント

私の周辺のお母さん飲み会では「まずはビール飲む人~!」から始まりますよ~(笑)
ずら~っと手が挙がるので、「じゃ、ビール飲まない人~」となりますね。
阿部寛、正しいです。

地域性なのでしょうか?
本題に早く入りたい(おしゃべりに集中したい…(^-^;)ので、飲み物食べ物は詳しい人におまかせする人が多いですよん。

投稿: suickey | 2012.06.09 14:04

ほう、貴重なコメントですね。ありがとうございます。
どうやら、お母さんに限らず、「とりあえずビール」文化が失われつつあるようです。
札幌の「とりあえずビール」、希少かもしれません。

投稿: まろ | 2012.06.09 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/54906958

この記事へのトラックバック一覧です: 「とりあえずビール」が通用しない飲み会:

« 2012/06/03 ライブのセットリスト | トップページ | 『円周率1000000桁表』 »