« 「刑事コロンボ」をあらためて | トップページ | ★フォークでロックでパンクな主夫「まろ」9月ライブのおしらせ★ »

2012.08.08

「いなば ツナとタイカレー」

雑誌の『ダ・ヴィンチ』かなんかで見つけたのかなぁ。『週刊アサヒ芸能』連載中(まあ、まず読まないだろうなぁ)の、このマンガ。
『めしばな刑事(デカ)タチバナ』

家族でハマって、みんなで読んでいます。
舞台は警視庁。独身・ダメダメのオッサン刑事が主人公。しかし、彼にはたったひとつの得意分野があった……。

ま、ようするに、ジャンクフードのうんちくモノ。って言いきってしまうと愛がないなぁ。でも、まさにそんな感じ。
「B級グルメ」がすでにメジャーになったいま、あえて、チェーン店、コンビニ系の食べ物にこだわりつくします。
立ち食いソバ、牛丼にはじまり、カップヤキソバ、アイス、持ち帰り弁当、……などなど、「B級」にすら入らない、だけど実はみんながしょっちゅう口にしている食べ物についての、奥深い調査と考察、なのです。

けっこう細かくて詳細なので、これは調べるの、けっこう大変だろうなぁ。

第5巻に「ツナとタイカレー」という缶詰めが紹介されています。ネット上ではすでに有名らしいこの一品。メーカーはツナ缶で一定のシェアを誇る、いなば。
「”本場タイで製造”の表記は、トレーサビリティではなく、自信の表れなのだ!」

要するに、カレー味のツナ缶なんだけど、妙に本格的に完ぺきなタイカレーの味で、思いがけずイケル! という話なんですけどね。
「タイカレーに必須の香辛料、”こぶみかんの葉”がちゃんと入っている!」
「主に100円ショップなどの激安店でしか見かけない」

へぇ~、どんな味なんだろうね~、食ってみたいね~。
なんて言ってたら、いつも行くスーパーに山積みとなっていたのです。先週。98円で、2種類が。

「いなば ツナとタイカレーグリーン(やや辛め)」、そして、
「いなば ツナとタイカレーレッド」。

とりあえず1個ずつ買ってきて、先日家族で食ってみました。缶詰めなので、いったん小鉢にあけ、レンジでチン。普通にご飯にかけて食ってみました。

「おまえさん、うまいじゃないの!」

確かに、タイカレー。子どもたちはそもそも「タイカレー」を知らないので、これがタイカレー初体験(いいのか?)。
スパイシーで、適度な辛み。スープはサラサラで、メインの具はツナのかたまり。
3人で2缶しかなかったので、いわゆる普通のレトルトカレーと3種類を食べ比べたのですが、「タイカレー」「タイカレー」と食べて「普通のレトルトカレー」に戻ると、全員一致で「おお、なるほど!」。
それくらい、異質かつ本格的な、東南アジア風カレーなわけです。

スーパーが下げちゃう前に、追加で買ってきました。
長い夏休み、あと2回くらいは、子どもたち、この「ツナとタイカレー」でお昼をすませられるでしょう。
ありがとう、メシバナ刑事。ありがとう、いなば。

アマゾンで調べたら、こんなのもあるのね。
「いなば チキンとタイカレーイエロー」

まあ、24缶まとめ買いしようとは思わないけど、いつか必ずお前を味見してやるぜ。


|

« 「刑事コロンボ」をあらためて | トップページ | ★フォークでロックでパンクな主夫「まろ」9月ライブのおしらせ★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/55380939

この記事へのトラックバック一覧です: 「いなば ツナとタイカレー」:

« 「刑事コロンボ」をあらためて | トップページ | ★フォークでロックでパンクな主夫「まろ」9月ライブのおしらせ★ »