« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013.01.31

ROCK'N'ROLL GYPSIES スペシャルゲスト:カルメン・マキ/金子マリ

2013.01.30.
@下北沢GARDEN
“GYPSY-GARDEN vol.1”
ROCK'N'ROLL GYPSIES スペシャルゲスト:カルメン・マキ/金子マリ

734221_419026351505156_355736022_n

ロックンロール・ジプシーズのライブは、前回いつ観たのか、記憶があいまいです。何かのイベントだったことは間違いないんですが。
正式メンバーは、
Vocal&Guitar : 花田 裕之
Guitar&Vocal : 下山 淳
Drums : 池畑 潤二
「THE ROOSTERS」あるいは「THE ROOSTERZ」のメンバーによる、骨太なロックバンド。
花田裕之のギターリフに、下山淳のアイデア抜群のオリジナルなギターが絡みつく感じは、後期ルースターズのようであり、実に好みなのであります。

思わず、ライブCDを買っちまいました。
Same Old BackBeat~Live at LIQUIDROOM ebisu 2006.11.24~
RRG-0001¥3,500 (tax in)
Rrg0001jacket122

なんか、ライブ会場じゃないと手に入りにくそうだったので。

下北沢ガーデンは2回目だったんですが、わりとすぐに入れました。壁際にもたれるスペースもあったのですが、一瞬迷って、ステージ前に。前から3人目くらいの位置をキープしました。

第一部は、ジプシーズの演奏。始まって気がついたのですが、下山淳のギターアンプの正面。音が直撃する位置でした。
しかし。花田裕之も、下山淳も、おそろしいくらいルックスは変わってないねー。間近で見ることができて、非常にうれしい次第でありました。

一時間ほどの演奏の後、休憩をはさんで第二部。
ジプシーズで一発かましたあと、いよいよ金子マリの登場です。くわえ煙草で、出てきました! ちょっと酔っ払ってる?
2曲ほどやったんですが、MCがウケまくり。
「元ルースターズの下山さん、ありがとう。あなたが花田さん? どこのバンドにいたの?」
「このお店にははじめて出たんだけど、店出すとき、あたしにあいさつあった? 恵比寿に行くとこだったわよ」
「リハーサルのとおりにやるなんて思うなよー!」
「マキさん、出てこないかもしれないよ!」

3曲目のイントロ。あれ? この曲、もしかして?
そして、カルメン・マキが呼びこまれます。2人で歌う曲は「それはスポットライトではない」。バックスバニーのライブ盤に収録されています。
元は、Gerry Goffin。ボビー・ブランドや、ロッド・スチュアートもカバーしています。マリさんの日本語バージョンは、浅川マキによるもの。
うひゃあ。これ、土曜日のライブで歌おうかと思ってたんだが、ちょっと気がひけちゃうなあ。

そして、金子マリがはけて、カルメン・マキのボーカルで2~3曲ほど。この2人の歌声をいっぺんに聞けるとは、ジプシーズ、エライ。
カルメン・マキは、正直いって最近はまともに聞いていませんでしたが、ちゃんと歌ってるんですね。現役バリバリでした。おっと、最新のアルバムで、先ほどの「これはスポットライトではない」を歌ってるんだ。うわ、ほしいぞ。

カルメン・マキが退場して、ジプシーズで数曲。そして、アンコールでは、2人のゲストが再び呼ばれます。
「誰でも知ってる曲、やります」と下山淳が言って、はじまったのが、「アイ・シャル・ビー・リリースト」。それもキヨシロー・バージョン!

日はまた昇るだろう、このさびれた国にも……。
母たちは、怒っている……。

そして、ホストのジプシーズが演奏して、終演。
ゲストが強烈過ぎたんだけど、ロックンロール・ジプシーズ、かっこよかったー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.25

卓球はピンポンではない

中学生の次男のクラスで、何人か発熱による欠席者がいるそうです。確実にインフルエンザだと診断されたのは2名。学級閉鎖になるのかならないのか、今朝は2人出てきて2人休んだ、という膠着状態が続いているとか。
そこで、学校側としては感染拡大を防ぐための最低限の措置として、次男のクラスに関して、朝と放課後の部活動参加を停止としたわけです。「様子を見てね、ムリしないでね、熱出たら、すぐに病院行ってね」。

これが次男にとってはツライ。彼は卓球部でがんばっていて、なんだかチームの雰囲気もよくて、先日は県大会の団体戦で、関東大会出場まであと一本(あと一人じゃなくてね)というところまでいき、全員で号泣してきた、という、まあ、正しい中学生活を送っているわけです。
いまが一番、卓球やりたいとき。週末の練習試合や遠征も増え、他校生徒にも知り合いができ、次の日曜日にはなんだか大会もひかえているのです。
部が盛り上がっている最中に、「学級閉鎖」になってしまったら、試合には出られません。彼のクラスだけ、今はその手前、出られるんだか出られないんだかはっきりしないし、練習もできない。
これはちょっと、気の毒だなぁ。

卓球という競技を息子二人がやることになったんですが、一度だけ長男の最後の試合を見に行きました。
なんか、ゲームはすごくあっさりして見えました。
なんとなく始まって、「え、これ、もう試合なの?」と思っていると、なんとなく終わってる。で、すぐに次の試合が始まる。
ルールもどんどん進化しているんだそうです。松本大洋の『ピンポン』という歴史に残るマンガがあって、もちろん僕は読んでいないのですが、最近読んだわが子らは「今とはルールが違うよね」って言ってました。
つまり、どっぷりはまっていないと、置いてきぼりになっちゃう競技みたいなんです。

そういえば、長男が最初に卓球部に入ったときのレクチャーのレジュメに「温泉卓球と競技卓球のちがい」って書いてあって、父ははじめて、「卓球とピンポンは違うのものなのであるか!」と驚いたものでありました。

さて、日曜日、うちの子は試合に行けるんでしょうか。お弁当の都合もあるんだよなぁ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.24

2013年1月始まりの22:00ドラマ

22:00ドラマって、「9時ドラ」にはできない、社会的問題、シリアスな表現が可能なのがウリなんでしょう。学校、医療、家庭を、深くえぐるか、おもいっきり笑い飛ばすか。
今クールも、各曜日出揃いました。

【火曜日】サキ(フジテレビ系)
かつて、『美しい隣人』で、檀れいとの死闘を演じた、あの「サキ」こと仲間由紀恵が帰ってきた! 前作で渡部篤郎を翻弄し、町中を恐怖の底に陥れた仲間由紀恵の、次なる標的は?
注目は、三浦翔平でしょう。先月まで、武井咲に振り回される役柄でした。いま振り回されっぷりなら、この人。22:00ドラマに欠かせない、重要な役者さんです。

【水曜日】シェアハウスの恋人(日本テレビ系)
水川あさみ、ひさしぶりに「自然な」役柄じゃないでしょうか。なんか、この人って、いつも「ムリ」な役ばっかりやらされてる気がします。大泉洋、谷原章介と役者がそろいました。この時点で想像できちゃう世界を、ぶち壊してくれるのか、それとも「あー、やっぱり」なのか、見逃せません。
川口春奈も気になりますが、木南晴夏が地道に22:00ドラマに定着してくれていることがうれしいです。

【木曜日】最高の離婚(フジテレビ系)
瑛太、綾野剛、尾野真千子、真木よう子っていうラインアップは、ちょっとズルい気がします。
しかし、真木よう子がこの時間帯のドラマに出るのって、『わたしたちの教科書』以来? そういう意味では新鮮ですが、真木よう子は真木よう子。
市川実和子と市川実日子、よく混同するのですが、これに出てるのが、姉・実和子。これを機会に覚えましょう。

【金曜日】夜行観覧車(TBS系)
出た~、湊かなえ。もっとも「9時ドラ」になりにくそうな原作者。こわいよ~、湊かなえが来たよ~。
鈴木京香、石田ゆり子に、夏木マリ。こわいよ~。そりゃこの3人、ご近所づきあい難しそうだもの。杉咲花は、『黒の女教師』に、宮崎香蓮は『GTO』に、中川大志は『家政婦のミタ』に、と、子役はみんな最近見慣れた顔。唯一知らない顔、安田章大は、関ジャニ∞の人だそうです。へえ。「関ジャニ∞」は「カンジャニエイト」と読むのであって、「カンジャニムゲンダイ」と読んではいけません。

まとまりのよさでは、水曜・木曜。飽きなきゃいいんですが。ひきこまれちゃうのは、怖いけど金曜かなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

2月2日のライブに向けて

あけました~。
すみません。ブログをさぼっています。
ライブの告知です。息子に負けてるわけにはいかないんで。

2013年最初のライブは、千葉県市川市から。
洋楽名曲の意訳替え歌を中心に、弾き「怒鳴り」をお届けします。
突発的デュオ「じゅんとまろ」も登場予定!
みなさま、お誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

【演奏予定曲目 ご参考までに】
サティスファクション(ローリング・ストーンズ)
アナーキー・イン・ザ・UK(セックス・ピストルズ)
ピンボールの魔術師(ザ・フー)
デトロイト・ロック・シティ(キッス)
やせっぽちのバラッド(ボブ・ディラン)
ワイルドサイドを歩け(ルー・リード)
ウエイト(ザ・バンド)
などなど。
※すべて日本語替え歌です。

2013.2.2.土曜日
19:30くらいからスタート予定(出番はトップです)
場所:市川真間 アルマナックハウス
千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
TEL:047-323-7271

京成線「市川真間」南口出てすぐ
JR総武線「市川」北口から徒歩10分

まことにおそれおおいのですが、忌野清志郎の文章から言葉を拾って、替え歌にして歌うつもりです。
『地震の後には戦争がやってくる』
Aahk9dcuaeuwb9jpg_large

本当は、ライブの内容なんて、事前に告知したくはないんです。
「この歌、歌います!」なんて宣言、したくはない。
でも、ちょっと、決意表明。

「地震の後には、戦争がやってくる
軍隊を持ちたい政治家が、でかいことを言う」

僕は、自分の子どもには、銃を持たせたくない。
死なせたくない、殺させたくない、うちの子もよその子も。

それだけです。ピース。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »