« 2013年7月始まりの22:00ドラマ | トップページ | 「孤独のグルメ Season3」 »

2013.07.26

「the fighting mens chronicle エレファントカシマシ 劇場版」

エレファントカシマシの、デビュー25周年記念 ドキュメンタリー映画を観ました。
限定の映画館での公開でしたが、たまたま近所の映画館でもやっていたので。もうしばらく前の話なんですけども。
特報の動画はこちら。
予告編の動画は、こちら。

観終わって、茫然としてしまいました。
会場で配布されたアンケートに、「この映画がDVDになったら買いますか?」という質問があって、思いっきり「いいえ!」と答えてしまいました。
すさまじい。
このひと言しか言えない。観てよかったのかどうかも、よくわからない。そんな気持ちでした。

バンドメンバーは、一貫して4名。
宮本浩次(Vo,G)、石森敏行(G)、高緑成治(B)、冨永義之(D)。
宮本・石森・冨永は、中学の同級生。高緑は冨永と高校の同級生。
つまり、中学生バンドがそのままプロデビューし、いまだに同じメンバーで活動を続けているわけです。

「やっぱり、中学生くらいからの同級生って、あうんの呼吸があったりするんだろうなー」くらいに思っていたのです。
しかし。
この映画で、そんな甘っちょろいものではないことがわかります。古い友達だからこそ、シビアな現実がある。

映画は、さまざまなゲストによる、エレファントカシマシへの思いを語るインタビュー、メンバーへのインタビューが収録されていますが、メインは、スタジオでのリハの風景です。

2012年10月2日、宮本の難聴のためライブ活動の無期延期が決定。その直後に予定されていた恒例の日比谷野音のライブは中止となりますが、宮本がひとりでステージに立ち、歌います。その様子は、アルバム『THE BEST 2007-2012 俺たちの明日(初回限定盤A)(DVD付)』のDVDに収録されています。

映画の主なシーンは、そんな宮本のアクシデントを経て、再活動に向けて行われる、最新のリハーサル風景なんです。
しかし。
これがすごい。
宮本が完全に現場を仕切っています。メンバー(中学からの友達だよ)への罵倒、ダメ出し。
「今日この曲やるって言ってたのに、なんで練習してこないの? これ、同窓会か?」
「こんな演奏じゃ、歌えねーんだよ!」
「とにかくさー、練習が足りないよ」
あげくの果てに、ギターの石くん、がに股ポーズの姿勢を直されたり、スタジオの中で腕立て伏せ、やらされます。他のメンバーが演奏してる間、腕立て伏せだよ!
しかし、メンバーは口ごたえをするわけでもなく、たんたんと「ミヤジ」の言うことを聞きます。
これって……。
ひとつ言えることは、「オレにはできない」。

エレファントカシマシの歴史は、けっして順調なものではありませんでした。しかし、いまや誰もが認めるバンドです。マキタスポーツ氏が言いました。
「エレファントカシマシの音楽は、たとえば全然言葉の通じない、アフリカの奥地とかに行って聞かせても、何かが通じる、そんな音楽だと思う」
たしかに。しかしその背後には、こんなリハーサルの積み重ねがあったんです。

すさまじい。

映画公開後、継続しているリハーサルの映像を、山下敦弘が撮っています。
エレファントカシマシ 現在進行ドキュメント「めんどくせえ(仮) 2013.7.8 = the day after the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版 」 監督:山下敦弘

すさまじい。
今後のエレファントカシマシ、心して聴きます。
エレファントカシマシ公式サイト

|

« 2013年7月始まりの22:00ドラマ | トップページ | 「孤独のグルメ Season3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82042/57868014

この記事へのトラックバック一覧です: 「the fighting mens chronicle エレファントカシマシ 劇場版」:

» エレファントカシマシ 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
エレファントカシマシ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2013.08.01 07:37

« 2013年7月始まりの22:00ドラマ | トップページ | 「孤独のグルメ Season3」 »